人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

<   2017年 10月 ( 74 )   > この月の画像一覧

藤田八束の鉄道写真@東北の鉄道写真、青い森鉄道の貨物列車金太郎・・・下北半島列車の旅、下北駅

下北半島は本土最北端に位置します。早朝に青森を出て下北半島へと向かいました。朝早くでしたので辛かったのですが東北の秋はとっても綺麗でした。朝日の中で貨物列車にも会いました。

ここは碧い森鉄道野内駅です。前から貨物列車がやってきました。ところがなんと私の前で止まってくれました。まさに感動です。
d0181492_21483502.jpg

1分ほど止まると出発していきました。ありがとう金太郎!!
d0181492_22590075.jpg

d0181492_22592711.jpg

青い森鉄道沿線には秋の様相がとっても綺麗でした。
d0181492_22594750.jpg

ここは野辺地駅です。ここで乗り換えて下北半島へと向かいました。
d0181492_23002296.jpg

d0181492_23003555.jpg

ここが下北駅です。俳優松山ケンイチさんの出身地です。実家がこの駅の前にあります。随分と遠くへ来たんだなあと嬉しくなりました。

ここは会津藩が薩長連合の戦いに敗れ、逃れ斗南藩をこの地に作り生き延びた歴史があります。その後函館の戦いへと歴史は流れます。深い歴史は歴史の好きな方にはとっても魅力のあるところです。又、温泉も豊富で奥薬研温泉は超有名ですし、秋の紅葉は別世界の素晴らしさです。この情景は引き続きご紹介します。







by fujitakikaku | 2017-10-31 07:01 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の仕事論@仕事は楽しいものか、辛いもか・・・仕事との付き合い方

現代日本では一般人は仕事を持っていないと生きていけないでしょうね。仕事しないと生きていけないとしたら、仕事が辛かったら一生辛い思いをして過ごすことになる。神様は人間に辛いことをさせるためにこの世を与えたのだろうか。
辛いことが多かったら早くこの世を去りたいものである。逆に仕事が楽しかったらこれは逆だ。こんなに楽しい人生はない。
仕事を楽しく出来たらこんなに幸せなことはない。さて、それなら幸せに楽しくしたいと思ったら仕事を楽しくしたらいいことになる。ならばどうしたら仕事を楽しく出来るのだろうか。仕事を楽しくする方法について考えてみました。

青森駅を出発するリゾート列車あすなろ号です。偶然にも青森駅近くの陸橋で会いました。
d0181492_23192957.jpg
d0181492_23194366.jpg
d0181492_23200009.jpg
d0181492_23203227.jpg
特急「つかる」が弘前からやって来て青森駅へと入ってきました。
d0181492_23211069.jpg
d0181492_23214614.jpg
青森は秋真っただ中です。奥入瀬、十和田湖へ向かうバスは観光のお客様で大盛り上がりです。

by fujitakikaku | 2017-10-31 07:00 | 日本経済活性化計画 | Trackback | Comments(0)

藤田八束の鉄道写真@まちづくり政治経済学のすすめ、いま必要な若者達教育と学問の形

今、日本が必要としている学問は何か、私は「まちづくりに関連しての政治経済学」と考えます。

小さな町をどうして作り、生活を営むか、それをこれまでの歴史から学ぶ。日本、アジア、ヨーロッパの国々から学ぶ。その歴史に関しても国の間で時間の差が大きくある。後から追いかけ、追いつき、一流の政治・経済を営む国はどんな努力・研鑽して今日が有るかを知る。

日本の地方を県別に勉強していく。これからのそれぞれの地方はどんな仕組みのどんな形の町であるべきかを作り上げる実践教育を受ける。更に研鑚して地方行政の指導者となる。ここまでの段階的教育の場を作る、それは大学であってもいい。必要なのは過去を学び偉人たちの実績を知ることである。問題の解決方法と新たな発想はこうした教育から生まれるはずである。

政治学、経済学をいくら勉強してもまちづくりは出来ないと思う。「まちづくり学」これこそが

いま必要な学問の一つであると考えます。

                   美しい、素敵な鉄道写真を求めて・・・・

d0181492_21394030.jpg
d0181492_21384067.jpg

d0181492_21354910.jpg
d0181492_21303253.jpg

手同が有るだけでも物語は始まる。・・・・・鉄道とまちづくり・・・考えてみませんか。


by fujitakikaku | 2017-10-30 07:02 | 地方創生 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@寝台特急リゾート特別列車「瑞風」に逢いました

新大阪駅に居ましたら突然でした。瑞風がやってきたのです。慌ててカメラを出しましたがその時すでに遅し、正面からの写真が撮れませんでした。悔しくて悔しくてこの日眠れませんでした。

私の目の前を通り過ぎていく「瑞風」です。悔しすぎます。こんな時は誰かがいるのですが、何事もなかったように通り過ぎていきました。全く悲しすぎます。

d0181492_14293402.jpg
d0181492_14294946.jpg
でもかっこいいですね。その後ろ姿にも気品がありすよ。今度はちゃんと調べて待ちたいと思います。
d0181492_14300137.jpg
d0181492_14301671.jpg
d0181492_14303120.jpg
d0181492_14304436.jpg
d0181492_14311851.jpg
d0181492_14314198.jpg
京都へと向かっていきました。新大阪では停泊しませんでした。遠くになるにつれて情けなくなってきました。今度はちゃんとして迎えたいと思います。

by fujitakikaku | 2017-10-30 07:01 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@神戸空港から桜島を見ながら鹿児島へ・・・錦江湾に浮かぶ桜島、鉄道写真も追加

最近神戸空港がとっても楽しくなりました。これまで少し寂しい感じでしたが観光のお客様も増えてにわかに活気が出てきました。活気が出てくると空港会社の方も力が入るんでしょう。対応が良くなったと思います。実はもっと頑張って欲しいのですがね。何と言ってもお洒落な神戸空港なんですから。
d0181492_08131799.jpg

d0181492_08133034.jpg
可愛いキャラたちもがん貼っています。
d0181492_08134831.jpg
川崎重工の「忍者」は人気のバイクです。かっこいいですよね。
d0181492_08140558.jpg

d0181492_08144834.jpg
これから鹿児島へと向かいます。
d0181492_08150052.jpg

d0181492_08151323.jpg
神戸の街の様子が伺えます。
d0181492_08153029.jpg
高知あたりですね。・・・・
d0181492_08154717.jpg
宮崎の上空です。青島が見えてきました。
d0181492_08160375.jpg
錦江湾に綺麗に浮かんだ桜島が見えてきました。今日はとっても綺麗です。
d0181492_08162883.jpg

d0181492_08164534.jpg

d0181492_08170331.jpg
とっても綺麗で映画を見ているような気分になりました。どうやら鹿児島の仕事うまくいく予感がします。
d0181492_08172000.jpg

d0181492_08180094.jpg
空港近くの街の様子です。串木野あたりです。まもなく鹿児島空港へと着陸していきます。
d0181492_08182250.jpg
鹿児島空港には足湯が有ります。
d0181492_08183933.jpg

d0181492_08190188.jpg
開聞岳近くも通りましたが風車がとっても綺麗でした。
貨物列車の写真を追加しました。
d0181492_14581347.jpg
d0181492_14575601.jpg
d0181492_14572647.jpg

by fujitakikaku | 2017-10-30 07:00 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)

小池百合子の選択、党代表として成功する道、その秘策・・・小池百合子の力量に期待③


地方創生をより具体化する。地方創生は実にいいテーマである。地方創生は東京中心のこの日本の構造を変えることで成功すると私は考えます。東京一都市を豊かにすることは簡単。しかし、複数の都市を東京並みにするのはどうだろう。むしろ後者の方がやりやすいと思う。東京をモデルにして分解して分散する。これは可能だからである。東京都だけが膨大な黒字、地方は崩壊、おかしな政治である。納得できますか。税収は東京で吸い上げられているからです。江戸時代の天領の方がまだましである。優秀な地方の政治家が登場したら連携すればその道は開ける。


d0181492_23484893.jpg
d0181492_23473199.jpg
d0181492_23463304.jpg



by fujitakikaku | 2017-10-29 07:00 | 日本の若者を育てる | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@鉄橋を渡る貨物列車桃太郎・・・加古川鉄橋と貨物列車の写真

スーパーはくとが大阪へと向かっていました。通勤列車の前で写真にしました。朝日が正面当たっていて、いい感じの写真になりました。

d0181492_14444563.jpg
山陽本線にて、姫路に向かっていました。こんなに素晴らしいチャンスに逢えるとは、ちょうど鉄橋を渡りかけると前から貨物列車がやって来ました。鉄橋を渡る貨物列車の写真を正面から撮れるチャンスはそうはありません。見事なタイミングに感謝でございます。とってもいい写真になりました。

d0181492_14445815.jpg
d0181492_14451403.jpg
d0181492_14453089.jpg
d0181492_14454799.jpg
d0181492_14460279.jpg
d0181492_14461703.jpg
何度も見直しましたがこの写真は最高です。
d0181492_14472852.jpg
播但線の姫路発寺前行の列車です。とっても古い感じがしますがこれが良い。下の写真は姫路駅を通過する貨物列車桃太郎の写真です。
d0181492_14474433.jpg
d0181492_14480089.jpg
d0181492_14482035.jpg
d0181492_14483382.jpg
貨物列車と秋の空がとってもいい情景を作り上げていました。
by fujitakikaku | 2017-10-29 06:59 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)

小池百合子の選択、党代表として成功する道、その秘策②

地方の議員を一人ずつ検証する。国政代議士としての可能性を持っているかを検討する。そして、この若者はという人材をリスト化して口説き落とし、勉強をさせる。政治の勉強である。これまでの日本政治の変革を徹底的に専門家に教えてもらい、その時自分ならどこどうするかを考えさせ、訓練をする。今の政治に国民はどこかを納得し、どこを不満としているかを考えさせ、打つ手の政策を具体化させる。政治を動かすにどんな人材でなければならないかを自覚させ、その上で留学させる。世界の政治家と英語で渡り合えるようにする。英語で議論が出来なくてはこれからの国際社会はリードできるはずがない。とにかく出来る若者の発掘と実践教育である。資金は優良企業から支援してもらえばいい。これから人材不足はいよいよ深刻になる。企業は優秀な若者が欲しい。それにはこんな方法もありである。



by fujitakikaku | 2017-10-28 07:00 | 日本経済活性化計画 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@神戸空港の楽しいキャラ、素敵な神戸空港・・・神戸を走る貨物列車

神戸空港が最近とっても楽しい、いろんな試みがされていてその催し物が面白い。この写真は空港駅の入り口に設けられたオブジェです。なんとなくユウモラスで思わずにっこりしてしまいました。
d0181492_08124128.jpg
d0181492_08125641.jpg
d0181492_08131799.jpg
d0181492_08133034.jpg
可愛いキャラです。名前は何というだろうか。・・・・
d0181492_08134831.jpg
川崎重工の「忍者」が展示されています。カッコいいですね。
d0181492_07492046.jpg
神戸の街を走り抜けていく貨物列車「桃太郎」の写真です。
d0181492_07493760.jpg
d0181492_07495535.jpg
d0181492_07495535.jpg
d0181492_07502690.jpg
d0181492_07504372.jpg
d0181492_07505704.jpg
d0181492_07512141.jpg
d0181492_07514020.jpg
d0181492_07515426.jpg
神戸空港から瀬戸大橋を見ることも出来ます。絶景です。
d0181492_08140558.jpg
d0181492_08141843.jpg
d0181492_08143364.jpg
神戸空港からはスカイマークが多いです。この飛行機のラッピングは面白く、興味津々です。

by fujitakikaku | 2017-10-28 06:59 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)

小池百合子の選択、党代表として成功する道、その秘策①

今の安倍総理は誰が挑戦しても無理、ならば協力した方が良い。しかし誰だっていい時ばかりではない。政治と経済は表裏一体、以下に優秀な総理大臣でもうまくいかない時が来る。それは歴代の総理大臣がそうである。ならばその時が来るのを待つ、ただし安倍総理の失敗を待つのでは国民は納得しない。良き政治を引き継ぐようにすべきである。つまり安倍総理の政治もいいがもっと素晴らしい政治を用意して交代することである。否定しないということである。例えば格差社会がその問題だとすれば格差をなくすことで困る人もいるでしょう。格差がなくなることでどんな社会が出来るのかをまず考え、そんな社会の実現のタイミングを見つける。その時に政治を動かす実務屋さんを用意しておかないといけない。明治維新を見るがいい。良い参考になると思う。政治をひっくり返してもその後の指導者が変わることで国民生活が良くなったと実感してもらえる政治である。それは安倍総理の政治を問題なく引き継ぐことである。対立軸を作ってもそんな反対を考える人にこの国の政治は任せられない。何度も言うが北海道と沖縄が疲弊している。この北海道と疲弊するはずがない。ただ知事の運営がまずいだけ、チャンスはここにある。優秀な若者をその地で鍛え上げることを勧める。この北海道と沖縄はそれが可能だからである。実績は力量を作り上げるのである。

d0181492_21494282.jpg
d0181492_21492878.jpg
d0181492_21484875.jpg


by fujitakikaku | 2017-10-27 07:01 | 豊かな日本へ仕組みを変える | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku