人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

<   2017年 08月 ( 56 )   > この月の画像一覧

藤田八束の鉄道写真@東北本線、山裾を走るカシオペア、八戸で嬉しい出会い・・・八戸駅でカシオペ

今日は本当に素晴らしい日になりました。
ホテルの窓から山裾のを見ていました。実は貨物列車が走る姿を待っていました。ところがちょっと様子が変なんです。機関車部分は貨物列車のようですが良く見ると金太郎ではありません。とりあえず写真を撮っておくことにしました。

d0181492_21312087.jpg
d0181492_21313913.jpg
貨物列車ではないようですよ。旅客車のようです。何なんでしょうか。とっても綺麗です。天気も最高緑の中にとっても綺麗に映えていました。
d0181492_21315751.jpg
d0181492_21321856.jpg
d0181492_21324145.jpg
d0181492_21325763.jpg
カーブして八戸駅へと入ってきました。とにかく急いでホテルを出て八戸駅へ向かいました。幸いにもホテルの前から駅のホームが見えます。
d0181492_21145988.jpg
こんな感じですよ。良いでしょう。どうやら臨時のリゾート列車のようです。・・・カシオ゜アではないですか。びっくりやら嬉しいやら懸命に写真を撮りました。やがてゆっくりと八戸駅を離れていきました。
d0181492_21151550.jpg
d0181492_21152755.jpg
d0181492_21153958.jpg
d0181492_21155174.jpg
こちらから手を振ると男の子が手を振ってくれました。夏休みの素晴らしい思い出がきっと彼には出来たでしょうね。このブログ見てくれるといいのですが。
d0181492_21363076.jpg
カシオペアとっても綺麗でした。手入れがとっても行き届いているのでピカピカでしたよ。素晴らしい!
d0181492_21163386.jpg
d0181492_21164716.jpg
快晴の中をカシオペアは子供達そしてお客様にきっと楽しい心に残る思い出を作ってくれたことと、私も稼働しています。私のために八戸駅に一時停車したとまで思ってしまいました。又、どこかで会えるかもしれません。・・・

by fujitakikaku | 2017-08-31 07:00 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@大阪モノレールガンバ(GAMBA)ラッピングが超可愛い

大阪モノレールが伊丹空港へ向かう時に乗りますが、この大阪モノレールの中にこんなに可愛い、素敵なラッピングがされているものが有ります。いくつかありますがこれまでにもご紹介してきましたが今日は夏休み中のモノレール、ガンバ大阪の応援モノレールです。子供たちに大人気となっています。

d0181492_18154523.jpg
d0181492_18160873.jpg
とにかく元気なガンバ大阪らしいと思います。綺麗ですよね。子供たちはモノレールに乗って興奮していますよ。
d0181492_18163847.jpg
d0181492_18165179.jpg
d0181492_18170730.jpg
d0181492_18181072.jpg
記念写真を撮っていましたが夏休みの思い出として最高でしょう。
d0181492_18183657.jpg
d0181492_18190314.jpg
d0181492_18192546.jpg
d0181492_18194905.jpg
ただの移動手段ではないですよね。こうして移動中でも楽しいことが展開するとこれが加わることで観光へと結びついていくと思います。飛行機から可愛いモノレール見つけたらこれもいい感じと思います。頑張ります。

by fujitakikaku | 2017-08-31 06:59 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@夕日の鉄道写真、山陽本線を走る列車達・・・鉄道は輸送手段として観光の役者として絶対に活躍するときが来た

夏の夕日は美しい、・・・真っ赤に染まる空の雲、素晴らしい情景を創ってくれます。そんな絶景の中列車がやってきました。まるでメルヘンの世界です。
d0181492_07585362.jpg
陽が落ちかけた駅舎には一斉に灯りか付きました。そんな中を貨物列車がやってきました。
d0181492_07591146.jpg
d0181492_07592789.jpg
燃えるような赤色に変わった夏の夕日は最高です。逆光ですから全く列車の姿か見えません。列車の写真を撮ったと思ったのですが・・・。
d0181492_07594034.jpg
ここは東北本線・青森駅での夕暮れ時です。青い森鉄道の列車が八戸から青森へと向かおうとしていました。学生さんたちで満員でした。
d0181492_07595574.jpg
夕暮れの中を貨物列車が入線してきました。仙台へと向かっていました。下の写真は三陸、久慈へと向かう列車です。この列車も学生さんたちで満員です。
d0181492_08001123.jpg
d0181492_08003044.jpg
ここは陸奥市川駅、終戦直後に出来た駅だそうです。アメリカ軍の基地がここらに作るという人でたくさんの進駐軍がこの駅を利用し、それはそれは大きな賑わいの街が出来たそうです。しかし、その基地が三沢に移りこの駅も人が少なくなっていったそうです。青い森鉄等にはどうやら面白いお話があるようです。興味深々です。
d0181492_08004467.jpg
空にはウロコ雲がとっても綺麗でした。やがて列車が来るはずです。・・・・しばし待つことにしました。
d0181492_08005651.jpg
八戸方面から下りの貨物列車がやってきました。貨物列車「金太郎と一寸違った感じがします。・・・・・・」
d0181492_08010982.jpg
d0181492_08012692.jpg
この貨物列車、どっかで見たような監視がします。し寝台列車ではないでしょうか。札幌千歳線ではなかったでしょうか。

d0181492_08015675.jpg
d0181492_08021435.jpg
d0181492_08022807.jpg
素敵な出会いがありました。ここ陸奥市川駅はとっても歴史がありそうで私は気に入ってしまいました。この駅のことをもっと知りたいと思っています。駅にはできた経緯があり、特に町の人との深いかかわり合いがあると思います。その当時の様子が知りたくなりました。鉄道が語る日本の歴史が大きな観光の目玉になると思います。

by fujitakikaku | 2017-08-30 07:00 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@沖縄の経済復興そして地方創生は可能か・・・沖縄は観光の街としてもっと発展の可能性を秘めている

私が沖縄知事なら、そう考えて沖縄に豊かな街になってもらえるなら…。確かに沖縄の終戦は悲しい話がいっぱいです。戦争の悲劇です。敗戦のつらさを良く知っているのが沖縄です。平和とは何か、それは豊かになることです。沖縄は所得も日本水準からはるかに下の方である。お金は必要なものである。そのためには素晴らしい優良企業が沖縄に来てもらう必要がある。それには経済特区がベストである。世界一軍備の整った街、企業が結集する町としたい。そして徹底的に防衛についての最先端の街とする。日本の軍用機、軍用艦の基地として、関連企業の工場を誘致し税金を優遇する。オスプレイはこれから絶対に必要なものです。災害が多発する日本には欠かせない輸送手段でもあります。軍用艦はそれは見ていただけでも素晴らしいものが有りす。沖縄には関連する大学も設置する。幼稚園から大学まで更に充実させる。そのためには素晴らしい指導者を世界から求める。

d0181492_22400676.jpg
神戸は新工業地帯です。川崎重工、神戸製鋼所、三菱重工があります。必要な物資資材を運んでくれるのは
この列車達です。
d0181492_22410523.jpg


d0181492_22411111.jpg
d0181492_22413642.jpg
d0181492_22415112.jpg
d0181492_22380110.jpg
線路が数本入り込んでいます。街の人たちは笑顔が皆さん素敵でした。神戸から列車が参りました。
d0181492_22374558.jpg
後ろ姿でその人の今が分かるそんな感じもします。女の子とっても可愛いですね。特にこのリックサック姿が可愛いです。
d0181492_22373216.jpg
d0181492_21480337.jpg
ちょっと足を運べばどんなに小さな町にもこうした素晴らしい風景があります。歴史探訪が出来るものです。我が町を愛し、歴史を知ることはとっても大切なことです。先人たちの知恵も見えてきます。


by fujitakikaku | 2017-08-30 06:59 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の北海道活性化計画@石破茂、前原誠司氏に北海道知事をお願い・・・北海道は地力が有るのに発揮できない経済力

北海道経済が今一つ元気がない。北海道へ行っても札幌、函館だけが元気で後はひとがいないくらいの感じすらする。北海道は観光も生活する場所としても魅力ない所なんだろうか。北海道の開拓の歴史を調べながらこれからの北海道の在り方を考えて見ればいい。
最も大切なことは国が直接北海道開発を手がけることだと思う。それも期限を決めた政策を責任者を決めて実行させるといい。
出来たら石破茂氏又は前原氏をわしは進めたい。彼らの本当の力も知りたい物゛ある。二人は期待できそうなんだが確実な実績がない。北海道でその実績を示すといい。そうすれば将来の、次の総理大臣でもいい。実績のない人にこの国の行くへを託すほど日本に余裕はない。ほっかいどうは酪農、農業、水産業を中心に経済の組み立てを考える。原料の生産地てはなく、これらを加工して最終商品を北海道で作り上げる。例えば牛乳を売るのではなく、ヨーグルトを作って売るのである。そのための会社を誘致する。税制を軽減する特区をどんどん導入していく、研究機関行政を北海道に移管させる。大学を北海道一円に国立系の学校を作る。先生は世界からトップレベルを入れ、英語での教育を導入していく。よするに世界に通用する学校の新設である。
地方都市を形成し、その間を列車で結ぶ、生産物の移動を列車と船、飛行機を中心とする。公的機関、会社、学校、保育所の強化を図れば家族が移住することを考え、企業が有れば生活は安定する。交通移動は自家用車を禁止して交通機関を使うにする。路面電車、JRの徹底した設置である。

d0181492_23033203.jpg
伊丹空港を飛び立つと左手に日本の地形を方ちどった池があります。昆陽池(こやいけ)といいますが今最も綺麗な時です。青々と茂った元気な日本が見えてきます。
d0181492_23035360.jpg
d0181492_23040761.jpg
伊丹空港も結構緑が濃く綺麗です。空港も花を植えたり、芝生を植えたりしてもっと綺麗にしていくといいと思います。下の写真は貨物列車が走っている様子を飛行機から撮影したものです。分かるでしょうか。
d0181492_23041940.jpg
よーく見て下さい。貨物列車が走っているのが分かりますか。貨物列車「桃太郎」が走っています。(上の写真です。東海道本線)
d0181492_23043513.jpg
青い森鉄道ですが、列車が青森駅に入線してきました。
d0181492_23045095.jpg
d0181492_23050441.jpg
運転手さんのカバンについている赤いもの、これはお守りではないでしょうか。安全を願ってのお守りだと思います。この赤いお守り、これが人気のお土産になること間違いなしと思います。日本の発展はこのお守りにあると外国からの観光客は言っています。「神様が身代わりになってでもお守りします」という考え方が注目されると思います。そして赤と金、この組み合わせが最高だと言います。外国の子供たちがカバンにこのお守りをつけて登校する姿が見られるかもしれません。全国の神社仏閣は準備に入ることをお薦めします。これは大変なことになりそうです。
d0181492_23051821.jpg
d0181492_23053277.jpg

d0181492_23054544.jpg

d0181492_23055904.jpg
線路の美しさが目に付きシャッターを押しました。いいと思います。
d0181492_23061479.jpg

d0181492_23065298.jpg

青い森鉄道も外国のお客様で大賑わいでした。モーリー君も元気いっぱいで頑張っています。
d0181492_23071820.jpg

d0181492_23073532.jpg
貨物列車が突然顔を出してビックリ、こんなこともあります。
d0181492_23075256.jpg

d0181492_23080512.jpg

d0181492_23081887.jpg

d0181492_23083886.jpg
八戸駅での様子ですがなかなか元気のいい八戸駅でした。(東北本線八戸駅にて・・・)

by fujitakikaku | 2017-08-29 07:00 | 地方創生 | Trackback | Comments(0)
北朝鮮は何を望んでいるのか、韓国はどうしたいのか、沖縄はドンナ街にしたいのか・・・人間目標をもって努力せよ、為せば成る

北朝鮮のアメリカに対する挑発はいつまで続くのか、何をアメリカにお願いしたいのか。きっとアメリカに相談したいことがあるような気がする。北朝鮮は世界と仲良くして、治安を安定させれば韓国よりも発展が期待できます。
韓国は何を日本にさせようとしているのか、慰安婦の銅像を作り、その横に徴用工のやせ細った像を造り・・・こんなことして当時の人たちは喜んでいるのだろうか。私が当事者だったら別の解決方法を考えます。相手が嫌がることをやっても交渉はうまくいくはずがありません。一部の活動家のためにやっているとしたら韓国は根本的に世界から相手にされなくなっていくでしょう。
沖縄は軍事基地を取っ払ってもらい、どんな街にしたいのでしょうか。見えてこない沖縄行政は国民の税金でしか生活できないとしたら情けない。
いずれにしても指導者に恵まれた国は国民も幸せになっていると思います。指導者選びは本当に大切です。

貨物列車「桃太郎」が快走していきます。今日も沢山の荷物をけん引していました。・・・・東海道本線「芦屋駅」付近にて

d0181492_11254675.jpg
d0181492_08343293.jpg
世界が平和であればいいのですが…世の中難しいものですね。みんなが平和を願っているはずなのに争いは絶えませんよね。不思議です。
d0181492_07511616.jpg
神様にお願いしました。争いのない世が来ますように。



by fujitakikaku | 2017-08-29 06:59 | 世界の平和を願って | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@東北本線八戸駅付近からの貨物列車写真、貨物列車金太郎が山裾を走る

青森県八戸市へ仕事で参りましたがホテルの窓からの絶景です。5時41分に早朝の貨物列車が盛岡方面からやってきました。猛暑の今ですが緑が濃く山々が綺麗です。天気も最高で、すで朝日は上がっていて、貨物列車金太郎の赤いボディを美しく輝かせていました。緑の中に赤いボディの金太郎、長く続くコンテナがとっても美し生えていました。
d0181492_19425523.jpg
d0181492_19431509.jpg
d0181492_19433512.jpg
d0181492_19435305.jpg
d0181492_19440818.jpg

貨物列車がこうして全景みえるのもなかなか私にはないので、ちょっと興奮しています。横に並行に走って、そしてカーブして八戸駅を通って八戸貨物ターミナルへと向かいます。ターミナルが近いのでスピードを落としますから写真を撮っている私には最高の条件です。
d0181492_19442083.jpg
d0181492_19443679.jpg
d0181492_19445617.jpg
八戸駅をゆっくりと通り八戸貨物ターミナル―と向かいます。ターミナルはもう5分とありません。
d0181492_19451202.jpg
d0181492_19453144.jpg

とってもいい条件で写真が撮れました。東北は今年は例年になく天気が悪く今日のように快晴の日は少ないと町の人は言っておられました。




by fujitakikaku | 2017-08-28 07:00 | 鉄道の旅、鉄道写真スポット紹介 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の憂鬱@若者との研究、研究の基本を考え指導するが・・・その指導方法に悩む今日、鉄道写真で余暇を楽しむ、久保貴大君との研究

若者たちと仕事ができる喜びがあります。しかし、世の中楽しいだけでは渡世は渡れない。若者の指導に当たっていますが自分の指導力に陰りが出来てきたようで悩んでいます。自分で分かっていることをなぜ若者に伝える、教えることが出来ないのか。私の限界だろうか。・・・そんなとき家内が言った言葉「お父さんは自分のレベルで話をしている。」・・・・この言葉にハッとしました。私は72歳、若き研究員は25歳、経験も浅いし技術も今から学んで行く年齢かもしれない。しかし、研究は未知の分野を追求する。指導のまずさと、自分自身の力不足が研究成果を出せないことになってしまってはこんなに申し訳ないことはない。いろいろと考えています。でも何とか今までの経験と予知能力を発揮してうまくいけばこの若き研究員を育てるだけでなく、会社としての利益に大きく貢献できると思います。そこに目標を置いてこの若き研究員と成果を出したいと決意した次第です。久保貴大君頑張るぞ!
d0181492_20591476.jpg

d0181492_20585053.jpg
子供を見ていると「この子はどんな大人になるだろう、その時日本はどうなっいるだろうか。」可愛いと思うだけに少し心配しています。幸せな世であって欲しいものです。

d0181492_20592906.jpg

d0181492_20594527.jpg
同じ貨物列車でも環境次第で大きくイメージが変わります。人間も同じです。働く環境、生活環境は幸せに暮らすために最も大切な要因と思います。
d0181492_21000298.jpg

d0181492_21002280.jpg
曇り空、雨の日にこの場所の写真を撮ってこの写真を比較したら別々の場所だと思うでしょう。
d0181492_21003814.jpg

d0181492_21005667.jpg

d0181492_21011623.jpg

d0181492_21012803.jpg

d0181492_21014593.jpg

d0181492_21020260.jpg

d0181492_21022289.jpg

d0181492_21023882.jpg
研究はまあまあの成果でした。でも問題は山積みです。ともに研究する中で若者の力量が大きく向上することをただ願うだけである。
d0181492_21025348.jpg

d0181492_21031119.jpg
今日も一日が終わろうとしています。日々の努力はどんな成果となって掴むことが出来るのでしょうか。努力しないものには成果はないと思います。
d0181492_21032995.jpg
懸命に、全精力を傾ける場面が人生には幾度かあります。この若者にとってその一つのチャンスだと思っています。私は必ず成功に導いてあげたいと楽しみにもしています。実に研究は楽しいものである。分からなかったことが少しずつでも、やればやってみるだけ分かってくるのが楽しいのです。


by fujitakikaku | 2017-08-28 06:59 | 日本の若者を育てる | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@青い森鉄道の鉄道写真、りんごの笑顔が見える岩木山、貨物列車「金太郎」と青い森鉄道

青森からの帰りは実に綺麗な快晴の日となりました。津軽平野の畑には緑の美しい色稲がみえました。そして、リンゴの木もいっぱいに広がっていました。

d0181492_21452066.jpg
d0181492_21454118.jpg
稲穂とリンゴ畑がとっても綺麗でした。黄緑色が稲畑、濃いい緑がリンゴ畑です。豊かな津軽平野が実に輝いて見えて綺麗でした。
d0181492_21455654.jpg
d0181492_21461554.jpg
d0181492_21463750.jpg
d0181492_21465552.jpg
津軽平野の夏、霊峰岩木山の存在感は雄大です。とっても神々しい感じがします。素晴らしい霊山です。
d0181492_21472749.jpg
d0181492_21474322.jpg
d0181492_21475548.jpg
この半島が男鹿半島、穀倉地帯が広がります。昨日の大雨で川の水が濁り、海に流れ込んでいるのが良く見えました。
d0181492_21480853.jpg
d0181492_21482770.jpg
この写真は青い森鉄道、奥羽線を走る貨物列車です。荷物の積み降ろしに懸命です。
d0181492_21484549.jpg
d0181492_21490177.jpg
d0181492_21492022.jpg
コンテナの中には高知からのお届け物のようです。(東北本線八戸駅にて・・・・)

by fujitakikaku | 2017-08-28 06:58 | 文化・歴史遺産の旅 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@山陽本線網干駅とその周辺・・・鉄橋と貨物列車写真、林田川の鉄道写真

山陽本線網干駅から車で5分、立派な川が有ります。その河原から鉄橋を渡る列車の写真に挑戦しました。とっても天気のいい日でしたがなにせ温度は35℃を超えた猛暑でちょっと体にはこたえました。でも大変でしたがその分良い写真が撮れたと思います。その写真を紹介します。
d0181492_21501931.jpg
真っ青な空に白い雲が気持ちよさそうでした。この鉄橋は戦前造られたと思いますがとっても大きく錆が出ていますがこの錆の出方がなかなかいい雰囲気を出していました。写真は下りの方向(岡山)を向いています。
d0181492_21503059.jpg
「スーパーはくと」が橋を渡ります。逆を向いているように見えます。姫路に向かっている上りの列車です。
d0181492_21504458.jpg
「スーパーはくと」が踏切を渡っていますがこの辺に駐車するところが有り写真を撮るには絶好の場所です。
d0181492_21511173.jpg
岡山方面からの普通列車です。通勤、通学の人たちでいっぱいです。夕日をバックにとっても綺麗な光景でした。
d0181492_21512378.jpg
姫路方面から相生へと向かう貨物列車がやって来ました。素敵なボディの貨物列車ですよ。
d0181492_21513665.jpg
d0181492_21520611.jpg
d0181492_21521900.jpg
d0181492_21523209.jpg
d0181492_21525536.jpg
d0181492_21532812.jpg
d0181492_21534623.jpg
d0181492_21540682.jpg
d0181492_21541856.jpg
d0181492_21543115.jpg
d0181492_21544417.jpg
d0181492_21545644.jpg
d0181492_21550840.jpg
これはなかなかのものです。いいタイミングでお洒落な貨物列車に逢えましたよ。夕日が沈む中に消えて行きました。この林田川はなかなか素晴らしいと思います。今日はとっても暑い日でしたがこれから秋になるとこの場所は絶好の写真スポットになりそうです。また、この付近で良い場所を見つけながら挑戦したいと思います。
by fujitakikaku | 2017-08-27 07:00 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku