人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

<   2016年 01月 ( 45 )   > この月の画像一覧

藤田八束のカシオデジカメ集@山陽本線神戸をリゾート特急「はまかぜ」が快走、神戸の街と可愛い花

大阪を出発したリゾート列車スーパー「はくと」が日本海へと走り抜けます。
今、神戸三宮駅につきました。岡山から米子へと瀬戸内海を通り、山を越えて米子へと向かいます。この線が伯備線といいます。この伯備線右に左にとくねくねと走ります。横揺れの厳しい鉄路です。そこでこの列車そんな揺れのひどいところを快適に走れるように振り子型の車両で構成、揺れが心地よさに変わる仕組みがあります。特殊なこの構造が人気の列車です。スタイルもお洒落でとっても人気の列車です。
d0181492_22203399.jpg
神戸の街は震災から20年を過ぎようとしています。東日本の人達にもぜひ神戸を見てほしいものです。復興はできるものだときっと確信して頂けると思いますよ。
d0181492_22204006.jpg
d0181492_22204715.jpg


d0181492_22210170.jpg
d0181492_22210870.jpg
d0181492_22211737.jpg
d0181492_22212491.jpg
神戸の復興は可愛い花に支えられてきました。可愛い花達は私たちの恩人です。















by fujitakikaku | 2016-01-13 06:55 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の薩摩の旅:南九州市知覧町を訪ねて、お蕎麦が最高「吹上庵」鹿児島市内にもあります、貨物列車の写真


ここは鹿児島県南九州市知覧町です。知覧町は薩摩半島に位置し、薩摩の小京都と呼ばれています。

第二次世界大戦末期に編成された大日本帝国陸軍航空隊の特攻に関する資料が展示されている施設、知覧特攻平和会館がありますがこれはあまりにも有名です。お城跡もあり、立ち並ぶ武家屋敷群は江戸末期の薩摩藩の全盛期の頃の様子を知ることが出来ます。

私は仕事で参りましたがなかなかお洒落なお店そば茶屋「吹上庵」がありましたのでご紹介します。手打そばの手ほどきを受けることが出来、中はとっても綺麗で木の香りが漂っていました。





d0181492_20521249.jpg
「吹上庵」です。とってもゆったりとした知覧の街にお洒落なお蕎麦の工房がありました。
d0181492_20522903.jpg
d0181492_20524592.jpg
d0181492_20525757.jpg
d0181492_20531843.jpg
d0181492_20533129.jpg
d0181492_20534371.jpg
d0181492_20535779.jpg
d0181492_20541566.jpg
d0181492_20543237.jpg
d0181492_20544379.jpg
d0181492_20545748.jpg
d0181492_20551292.jpg
d0181492_20552465.jpg
d0181492_20553967.jpg
d0181492_20555117.jpg
d0181492_20560223.jpg
d0181492_20561503.jpg
d0181492_20563010.jpg
d0181492_20564321.jpg
お城の前には栄光盛衰のその時代が蘇って来るようでした。
d0181492_20565449.jpg
d0181492_20571085.jpg
d0181492_20572484.jpg
d0181492_20573784.jpg
そば粉を使ったお菓子類も販売されていました。とっても綺麗で美味しそうでした。
d0181492_20575063.jpg
d0181492_20580498.jpg
子供さんがとってもおいしそうにおそばを食べていました。
d0181492_20582271.jpg
d0181492_20583624.jpg
お正月の雰囲気がまだ残っていました。

d0181492_17172428.jpg
貨物列車と桜島・・・・・・鹿児島駅にて
d0181492_00044332.jpg

by fujitakikaku | 2016-01-12 07:00 | 青春の思い出・我が故郷九州熊本 | Trackback | Comments(0)
成人の日、おめでとう!!若者達の夢が現実になる明るい未来が日本にはある

安倍総理は経済再生に一生懸命です。テレビで見る安倍総理の行動範囲の広いこと。地球まるごと見つめています。安倍総理だけに甘えていてはいけません。いずれは若者たちが受けなければならないことが沢山あります。今何が出来るか、そして明日・・・これからの行動が夢となり現実となっていきます。若い内に身体も脳の働きも最高に機能します。大いに行動し、勉強し、自分を鍛え上げてほしいと思います。これからは狭い地域だけではなく、地球まるごとが一興に変化していく世のなかになります。世界の国々とのコミニュケーション、お互いが歴史と文化を理解しあって共存共栄を図っていけることが平和な生活を送るのに最も必要になってくると思います。神様は生き物たちに食べることで、他からの命をもらって生きる仕組みを作りました。何時もなぜ他の命を奪ってしか生きていけないようになっているのか、不思議に思ったりします。それはその命がなくなれば自分も死んでしまいます。自分が生きるためには子孫を残すためにはその頂く命を大切にしなければならないとい定めだと考えています。
自分のために魚がいたら、魚のためにに自分は何をしているのか。魚を買う、漁師さんの生活の糧となる。漁師さんは海をまもり、魚が繁殖しやすい海を作る。魚はそこで子孫を増やし豊かな海となる。生活はサイクルとなっています。持続可能な平和がそこにあると思います。命を頂くことがこの地球を平和にしてくれているのかもしれません。
人間はいずれ病原性微生物によって死を迎えます。更に微生物によって分解され土に帰っていきます。これ全て微生物の餌になっていると言えばこれもサイクルです。
生きている自分を大切にする以上に周りに注視し、感謝を持って生きるというのも大切なように思います。

神戸の今です。JR三ノ宮駅、阪急神戸三宮駅には沢山の花が咲いてとっても綺麗です。花のある素敵な町づくりは20年前のあの大震災の復興を願って始まりました。
前を向いて、明日を見つめて素敵な町とはどんな町・・・・素敵な町づくりに取り組んでいす。
d0181492_22201559.jpg
d0181492_22202394.jpg
d0181492_22200697.jpg
希望を、目標を持つことが自分を磨き上げるのに最良の方法だと私は考えています。花で美しい街を作る、明日はどんなはなを咲かせるか・・・こんな気持ち、取り組みがあればとんどん魅力的な花園が出来てくると思います。花たちが生き生きとしています。真冬なのにこの美しさです。

by fujitakikaku | 2016-01-11 10:23 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の貨物列車写真集@山陽本線三宮駅で貨物列車桃太郎が連結、神戸の美しい花と貨物列車

今日はなんと気持ちの良い朝でしょうか。冬独特の寒さはありますが晴れ渡った空の青さは素晴らしいものです。なんかいい日になるように思いました、
伊丹空港から鹿児島へまいります。お正月も明けて少しお客さも少なめでしたが空港は観光のお客様などで大いに混雑していました。
飛行機の出発の時間が迫ってきましたので搭乗口へまいり、しばらく待っいしたら、若いご夫婦が私の前に来ました。「なんやこいつ、俺の前に立ちやがって」とちょっとムッとしました。その時です。お父さんにだっこされていた二歳くらいの男の子が肩越しに私と顔かあってしまいました。私がその子をジ~と見ているとニッタ~とそれは愛嬌のある顔で私を見つめました。ジ~とみているとこの可愛いこと、私が手を振ると、しばらく間をおいて少しだけ手を振りました。また私が手を振ると・・・まんまるおめめでみつめていました。そしてしばらく見ているうちに今度は両手で手を振り始めました。その可愛いこと。パパとママが私たちの様子に気が付いて「今日は、すいません。」と会釈をされました。そして、搭乗となった時にその男の子とハイタッチで別れました。「可愛いでね~」「バイバイ・・・」男の子は何時までも手を振って一足様に搭乗していきました。その後から私もゆっくりと搭乗しましたが、とってもいい気分のフライトになりました。子供は可愛いですよね。


d0181492_22184325.jpg
神戸三宮駅付近の光景です。神戸の街にはいっぱいの花が咲いています。大震災から21年をむかえようとしています。
d0181492_22185062.jpg
d0181492_22185713.jpg
三宮駅を貨物列車桃太郎が連結して走ってきました。
沢山の荷物なので二連になっていました。元気いっぱいの貨物列車は快晴の青空のもとで元気に走り抜けていきました。

d0181492_22190458.jpg
d0181492_22191164.jpg
d0181492_22191729.jpg
d0181492_22192537.jpg
d0181492_22193143.jpg
d0181492_22193859.jpg



d0181492_22195618.jpg
d0181492_22194792.jpg
こちらは上りの貨物列車「桃太郎」の写真です。大阪へと向かっていました。街中を走る貨物列車もなかなかいいものです。(山陽本線三宮駅にて・・・)


by fujitakikaku | 2016-01-10 09:42 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の平和論:世界の人々はみな平和を願っている、なのになぜ戦争は繰り返される。鉄道写真

サウジアラビアとイランの間に何が起こったのだろうか、突然二国間に争いが勃発している。争いにはいつも不思議な理由が付きまとう。日本も世界大戦に突入する時もそうであったようで、それは正義である。正義の御旗の前に人を集め争いが始まる。戦争が始まった。でもどうでしょう。更に深くその戦争の訳を追及して行くといく私は経済的行き詰まりが原因だと思う。サウジアラビヤとイランは石油大国である。石油の埋蔵量はダントツである。しかし、石油は暴落し安値で停滞している。イランへの経済制裁も解けて自由経済への仲間入りも近い、石油の更なる低迷が心配される。サウジアラビアにとっては深刻な問題である。経済で動く世界ではお金が回らなくなったら生活に困ることになります。つまり、ここでも経済の停滞が、貧困が原因となって行っていると思います。お金は大量にあるのに経済は悪い。つまりどこかにお金が眠っているのである。
私達だけでは世界を動かすには力が足りません。どうでしょう、日本もお金は沢山あります。地方創生がこの突破口のいい例になると思いませんか。自分の街だけの活性を考えるのではなく、地域が一つの経済圏と考えて復活を考えればそれは前に進めると思います。そんな地域がいくつも出来たら日本も元気になります。世界へとつなげればいいと思います。私の街で魚を獲るから、あなたの街で肉を作ってください。・・・必要なものをお互いが提供しあえる街づくりです。そして根底を結ぶ交通網の充実です。人は動くことで喜びを知ります。このことが大切だと思います。
争いは貧困、貧しさが原因であって宗教とは全く関係ないと私は思っています。・・・この世の中から貧困をなくせば間違いなく世界は平和になると思います。
d0181492_20390098.jpg
JR大阪駅にはこんなに素敵なスケートリンクかあり賑わっています。
d0181492_20434490.jpg
伊丹国際空港には美しい花がいっぱいです。モノレールも可愛くラッピングされています。
d0181492_20440103.jpg
d0181492_20441578.jpg
d0181492_18172097.jpg
可愛いお地蔵さんに逢いました。
d0181492_20382256.jpg
寒緋桜の笑顔に会いました。
d0181492_22064945.jpg
d0181492_22071528.jpg
貨物列車が夕日をバックに華麗に走り抜けていきました。





by fujitakikaku | 2016-01-09 22:12 | 世界の平和を願って | Trackback | Comments(0)
世界平和を願って

北朝鮮が水素爆弾実験に成功、歓喜の北朝鮮・・・こんなニュースが流れます。世界中が困惑しているニュースが流れます。株価が暴落し、世界混乱の兆候・・・・。なんだかおかしいと思いませんか。世界を混乱させ、ゆさぶり、幸せになろうとする人が居るかのようです。こんな北朝鮮の行動に反応すること程愚かなことはないと思います。無視すべきです。そして、しかるべき行動を北朝鮮が起こしたら、その時には一斉に反撃したらいいと思います。北朝鮮の人達も現在の政権に良しとしている人はごくごく一部の権力者たちと言うことはまともな人ならわかると思います。私達ももっとまともになるべきではないでしょうか。北朝鮮の行動に全く反応しないことが大切だと思います。
d0181492_20380994.jpg
窓辺に美しい桜の花が咲いていました。啓翁桜(けいおうさくら)だそうです。山形県の特産品として県をあげて力を入れており、淡いピンクが特徴で春を呼ぶ桜として人気上昇中ということです。それにしても本当に可愛い桜です。
d0181492_20382256.jpg
d0181492_20383892.jpg
d0181492_20384901.jpg
d0181492_20390098.jpg
JR大阪駅のスケートリンクでは子供たちが楽しそうにスケートを楽しんでいました。
d0181492_20434490.jpg
大坂のモノレールです。
d0181492_21542665.jpg
近江鉄道も楽しい電車があります。楽しく大好きです。
d0181492_21544434.jpg


by fujitakikaku | 2016-01-08 07:00 | 世界の平和を願って | Trackback | Comments(0)

藤田八束の安倍総理への提案@ 地方創生事業成功への道①

地方創生を成功に導く一つの方法は次のことを良く考え、実行することです。

・自分の住んでいる町の歴史を調べ上げることです。

・次に何故自分がここに居るのかをはっきりとすることです。

・更にこの街に今のままでも住み続けるのか、どんな街になってほしいのか

これだけを考えて知恵を出し合い実行することです。

日本何処へ行っても同じくらい幸せなのが今の現状です。沖縄の基地問題、福島の原発基地についてもこれだけ問題があっても、その地を離れて頑張ります。という声を聴かない。「戻りたい、」「一日も早く戻りたい」、それほどに日本人は故郷、今住んでいるところを愛しています。で有ればそのことが正に地方創生へと繋がることだと思います。

何故この街の名前がこうなのか考えたことありますか? 正確に調べてみると納得する事実がそこにあります。先人たちがこの地に腰を降ろし、足を付けてより住みやすい街づくりをしてくれた歴史があります。NHKの番組でタモリさんの紹介する「ブラタモリ」と言う番組が人気番組となっていますが、これも大いに参考になります。今日は長崎の散策でした。

原爆投下による悲惨の地となりましたが今や素晴らしい観光の街として、産業の街として復活しています。そこには古き時代より、今からすれば素晴らしい歴史があります。当時の人達は大変な苦難との戦いであったことでしょう。その苦難を乗り越えてきた知恵と勇気、実行力、高い知性が今日の長崎にあることが伺えます。そんな素晴らしい歴史的背景があっての長崎の輝き、世界の人達が今求めているものがこの街にあります。

では我が街はどうでしょう。みなさんが愛する理由は我が街にもその歴史があるということです。それを丁寧に調べ上げて歴史資料、本を作り上げることです。


d0181492_18165117.jpg
d0181492_18162356.jpg
d0181492_18160884.jpg
今年も沢山いいことがありますように。お地蔵さんにお願いをしました。




by fujitakikaku | 2016-01-07 18:19 | 地方創生 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の日本経済活性化案@18歳投票権、日本の経済活性は子供教育の方が早い、経済再生と鉄道事業の関係

お正月の初詣、なかない良いものです。手を合わせて神様へ感謝のお礼を申し上げてきました。快晴の素晴らしい日和になりました。
幸いにも私の家の近くにはお寺があります。
こうしてお参りをさせてもらうだけでとっても豊かな気持ちになります。何故なんでしょうかね。
信じることが出来事の素晴らしさに気付きます。神様に対して何の疑問も不信感もありません。ただ感謝だけであります。
もし、人が人に対してこのように対面したら何のトラブルも起きないはずですよね。相手を信じることとは神を信じることとは全く別なのでしょうか。出来ないことなのでしょうかね。
d0181492_22140818.jpg
d0181492_22142368.jpg
d0181492_22143642.jpg
d0181492_22144835.jpg
d0181492_22150081.jpg
d0181492_22151394.jpg
d0181492_22152696.jpg
d0181492_22154080.jpg
d0181492_22155274.jpg
初詣の人達もいろんな悩みがあるとは思いますが、こうして手を合わせることで救われるのではないでしょうか。神様の存在はやっぱり大切であり、大きな存在意義があると思います。

d0181492_22345267.jpg
d0181492_22355928.jpg
d0181492_22243538.jpg
美しい夕日は明日の幸せの知らせだと思えてなりません。


by fujitakikaku | 2016-01-07 07:00 | 日本の政治 | Trackback | Comments(0)

藤田八束の関西の活性化:日本で起っている普天間基地からの辺野古移設の疑惑

世のなかどうしてこんなにも嫌なことが多いのでしょうかね。聖徳太子は仏教の教えから、人々が平和に暮らすために法律を作った。一人一人に都合のいいことは集団となると不都合なことが起こる。なんだかの問題も我慢できることは我慢して、延べて平和で居れるようにしましょう。と言うものである。

道を通るのもいろいろ考えがあるが「人は右、車を右にしましょう。」そう決めたことで行き交いが容易になりました。人の中には反対の方がいいという人もいるでしょう。現に外国では逆ですよね。こうしてみんなが平和に幸せに暮らせるように約束をしていきます。普天間から辺野古へ軍事基地が移転しようとしています。そこには事業なるものが発生し、予算額938億円の内730億円の予算を獲得した会社には天下りがいるというのである。

何時までも軍事予算を膨大に一か所に投入するこの仕組み、そこに群がる集団がいる。軍事基地は移転すべきではないでしょうか。沖縄の負担軽減とは逆の発想で膨大な予算が落ちますから重要な地方創生となる可能性があります。何も嫌がるところにはいらないのではないでしょうか。

関西に軍事基地が移設するなら私は賛成です。関西の街が活気を帯びると思います。最新鋭の軍備は技術者を育てる最も分かり易いものとなると思います。軍備が充実しているから戦争とはならないと思います。中途半端だから戦争は起きます。誰も負けようと思って戦争はしかけないはずです。いまどき日本が参加する戦争は無いと思います。優れた軍備の所有は絶対的なものでしょう。周りを見てください。物騒な訳の分からない指導者がいる国があるのですから。


d0181492_22130977.jpg
お正月を迎えることへの感謝は忘れてはいけません。
d0181492_22132540.jpg
d0181492_22133788.jpg
d0181492_22134935.jpg
地方の歴史を丹念に調べ上げる、我が街の歴史を知ることはこれからの地方創生に一番の資料となる。先人たちの知恵が見えてくる。それを学び知恵を出して実行することです。


by fujitakikaku | 2016-01-06 07:03 | 地方創生 | Trackback | Comments(0)

藤田八束の安倍総理への提案@ 地方創生事業成功への道①

地方創生を成功に導く一つの方法は次のことを良く考え、実行することです。

・自分の住んでいる町の歴史を調べ上げることです。

・次に何故自分がここに居るのかをはっきりとすることです。

・更にこの街に今のままでも住み続けるのか、どんな街になってほしいのか

これだけを考えて知恵を出し合い実行することです。

日本何処へ行っても同じくらい幸せなのが今の現状です。沖縄の基地問題、福島の原発基地についてもこれだけ問題があっても、その地を離れて頑張ります。という声を聴かない。「戻りたい、」「一日も早く戻りたい」、それほどに日本人は故郷、今住んでいるところを愛しています。で有ればそのことが正に地方創生へと繋がることだと思います。

何故この街の名前がこうなのか考えたことありますか? 正確に調べてみると納得する事実がそこにあります。先人たちがこの地に腰を降ろし、足を付けてより住みやすい街づくりをしてくれた歴史があります。NHKの番組でタモリさんの紹介する「ブラタモリ」と言う番組が人気番組となっていますが、これも大いに参考になります。今日は長崎の散策でした。

原爆投下による悲惨の地となりましたが今や素晴らしい観光の街として、産業の街として復活しています。そこには古き時代より、今からすれば素晴らしい歴史があります。当時の人達は大変な苦難との戦いであったことでしょう。その苦難を乗り越えてきた知恵と勇気、実行力、高い知性が今日の長崎にあることが伺えます。そんな素晴らしい歴史的背景があっての長崎の輝き、世界の人達が今求めているものがこの街にあります。

では我が街はどうでしょう。みなさんが愛する理由は我が街にもその歴史があるということです。それを丁寧に調べ上げて歴史資料、本を作り上げることです。


by fujitakikaku | 2016-01-05 07:00 | 地方創生 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku