人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

<   2015年 10月 ( 66 )   > この月の画像一覧

藤田八束のお城探索@白鷺城の夕日、美しい秋の姫路城、姫路城の夕日

国宝姫路城はその白さから白鷺城とも呼ばれいます。仕事の帰り、夕日がきれいでした。この写真の右端に小さく姫路城が見えます。ひょっとすると夕日とお城がセットになって写真に撮れるかもしれない、そう判断し、その方角へ案内してもらいました。しかし、残念ながら日が落ちるのがあまりにも早すぎました。姫路城についたころには日は落ちてしまっていました。それでもラットアップされた姫路城は真っ白で貴婦人のような趣がありました。


d0181492_14123520.jpg
夕日とお城がとっても綺麗でした。絶景ポイントを探しに出かけたのです。
d0181492_14125231.jpg
観光のお客様がいっぱいです。姫路城はとっても綺麗でした。


d0181492_14132282.jpg
残念にも夕日は沈んでしまいました。それでも空は薄いピンク色に染まって姫路城はとっても綺麗でした。
d0181492_14133785.jpg
お城の周りには沢山の桜の木がありますが、その葉っぱが色ついていました。この紅葉と白い白鷺城は絶妙な情景を作り上げていました。
d0181492_14135722.jpg
d0181492_14141324.jpg
姫路市立美術館と姫路城がとっても調和して綺麗でした。江戸と明治の建物が絶妙に重なっていました。
d0181492_14143008.jpg
d0181492_14145315.jpg
ここ護国神社には外国からのお客様も最近は多いということでした。とっても雰囲気のいい、素晴らしい神社です。
d0181492_14151823.jpg
ここは護国神社です。
d0181492_14153311.jpg
d0181492_14154410.jpg
昔の歌になりますが「古城」という歌がありました。松風さわ~ぐ・・・・・古城よ一人何偲ぶ~・・・・・綺麗な、素敵な国宝姫路城です。
d0181492_14160025.jpg
d0181492_14161151.jpg
d0181492_14162535.jpg
姫路市のマンホールには白鷺が描かれていました。とっても綺麗になマンホールにびっくり。芸術品ですよ。姫路はこれから更に爆発的に注目されていくと思います。とっても素晴らしい歴史もあります。(ご案内いただきました八木美光様に感謝申し上げます。ご多忙の中誠にありがとうございました。姫路は今後ますます大きく発展すると思います。)

by fujitakikaku | 2015-10-31 07:00 | 美しい日の出と夕焼け | Trackback | Comments(0)
国の仕組みを変えるに命はいらない、選挙が国の仕組みを変える力となる。大山の写真の写真も紹介

国の政策がまずいから生活が楽にならない。まさにその通りである。しかるべき力量がありながらまともな仕事にありつけない。働いても、働いても生活はいっこうに良くならない。それは国の仕組みが悪いのかもしれない。江戸の末期に困窮した民は明治維新によりこの国の仕組みを変えた。武士の世から国民皆同じ・・、こんな世にした。それには凄まじい血が血で争う、命を懸けた争いを必要とした。そして、流れを変えた。
最近では自民党・公明党連合による政権を民主党に変えた。これも国民の選挙による選択の結果である。これには明治維新のような流血はなかった。しかし、交代劇も失敗に終わった。でも国民は変えることが出来た。このことが重要である。「選挙」という強い武器が今はあるということである。国民は自分たちの理想とする仕組みを考え実現することが出来るのである。目標をしっかり持てばその幸せは、平和は可能だということである。
経済的な豊かさはあの中国の現状と北朝鮮の現状を経済状態で比較すれば良く分かる。
国の仕組みを変えるだけで中国は凄まじい発展を遂げている。それを閉鎖している北朝鮮は最悪の経済に依然としてある。中国に素晴らしい技術が開発されたわけでもなく国の仕組みを変えただけである。
技術も世界にはすでにある、あとは仕組みを作り上げることである。そのためには国民は利口でなくてはならない、ずるくあってはいけない。教育を受け、良き指導者に指導を受け、勉強し成長することすることが重要である。生涯教育の重要性がここにある。
幸せになるのも不幸になるのも国の責任はない、自己の責任であると思います。一人で出来ないなら組織があります。暴力はダメです。力ずくもダメです。知恵を使い頭を使った国づくり、地域づくり、まちづくりが必要ではないでしょうか。
さてどんな町にしたいのですか?目標をしっかりと持つて仕組みを変えましょう。

ここは鳥取県と岡山県の県境です。
大山の山々を見ていました。田園風景がとっても綺麗で田舎の景色を満喫です。
d0181492_23324632.jpg
d0181492_23331332.jpg
d0181492_23333138.jpg
d0181492_23334753.jpg
この高速道路は岡山へと繋がって行きますが、この道路に沿って名所がありそうです。又列車が走っていると聞いています。この秋にチャレンジしてみたいと前から考えています。是非行ってきたいと思います。歴史が深く江戸末期の賢者たちがここから輩出していると聞いています。陽明学者山田方谷もこの付近と聞いています。
d0181492_23340213.jpg
d0181492_23345482.jpg
d0181492_23351092.jpg
「やまなみハイウエイ」を通って高知に繋がって行きます。ここには桃太郎が鯨に乗っている像がありました。桃太郎は岡山の象徴、くじらは高知です。岡山と高知のコラボを意味しているのではないでしょうか。
d0181492_23352969.jpg
d0181492_23354787.jpg
ハイウエイの売店で可愛い動物たちに逢いました。上はトイレの美しい花です。トイレがとっても綺麗でびっくりしました。このお花は自分たちで持ってきたのだとお掃除の方が言っておられました。すばらしい!! こうした気持ちが私達にはとっても嬉しいのです。
d0181492_23360513.jpg
d0181492_23362135.jpg


d0181492_23363831.jpg
牛がかわいすぎました。

by fujitakikaku | 2015-10-31 06:55 | 日本の若者を育てる | Trackback | Comments(0)
藤田八束の素敵な花鉄道@青森で出逢ったお花いっぱいの鉄道、貨物列車と素敵な花園③
トライアングルの花園へつながる道を探しました。会いたい気持ちはそれを可能としてくれました。そこにはとっても素敵な花の園がありました。一面に咲いたピンク色のコスモスはあまりにも美し過ぎました。いろんな花の仲間たちがさまざまな姿て楽しく野原にいるように感じました。きっちりと決められた場所ではなく、ここが好きです。だから私はここに居ることにしました。そんな感じがこの花園には感じがしました。ではいったいどんな方この花園を造られたのでしょうか。次はそんな知りたい、会いたい気持ちになりました。その時一人のご婦人が家から出てこられました。

d0181492_22465235.jpg
d0181492_22472983.jpg
d0181492_22454128.jpg
d0181492_22455589.jpg






d0181492_22461255.jpg
d0181492_22474729.jpg
d0181492_22472052.jpg
お家の横を貨物列車専用の線路が走っています。垣根がありません、フェンスもありません。ビックリしました。そして、たわわに実ったキイウイフルーツがこれも楽しそうにいっぱいに身を着けていました。
d0181492_22475635.jpg
コスモスの花とススキの白い穂がとってもいい感じに調和をとっていました。そこにこんなに可愛い列車特急列車「白鳥」が通っていきます。この色の織りなすハーモニーはたまらなく楽しくなってきました。ご年配のご婦人は私が話しかけるとそれは楽しそうにお花の話をしてくださいました。こんなに広いところに沢山の種類の花がありますが、その一つ一つに思い出があり、自分で探して植えたもの、素敵なお友達が送ってくれたもの、持ってきてくれたものも、そんな一つ一つがこの広いお花畑を染めているのだということが分かりました。ご婦人の顔がそれはにこやかで優しい目をされていたのがとっても印象的でした。年齢は82歳になったとおっしゃってられました。この方はいい年を重ねられている人だと本当に嬉しくなりました。
d0181492_22481459.jpg
d0181492_22484224.jpg
行き交う列車の音は決して騒音に聞こえないとおっしゃっておられました。列車たちはこのご婦人にきっとお礼を言っていると思います。又、車掌さんもここを通るたびに気持ちかよく、手を振っているかもしれません。「嬉しい」と思いますよ。そう伝えると、「そうだったら嬉しいは」と言っておられました。
d0181492_22485351.jpg
この写真を改めて見てみると列車たちがとっても楽しそうに見えます。素敵なお花たちとの触れ合いがこのトライアングルのこの素敵な花園が造りだしているように思えてなりません。
d0181492_22491224.jpg
白い孔雀草がとっても可愛く、雪が降ったように白かったのも印象に残りました。
d0181492_22492912.jpg


d0181492_22494691.jpg
d0181492_22495817.jpg


d0181492_22502693.jpg
d0181492_22505566.jpg
この小さな小路の両サイドにはブドウの木が二本有りました。ブドウのみがいっぱいついていました。ナイアガラというブドウの香りが時折漂います。この香りがまたいいのです。その香りによっていると貨物列車が静かに通り過ぎていきました。なんと素敵な、私の理想とする光景ではないですか。感動でございます。
d0181492_22511044.jpg
d0181492_22511811.jpg
d0181492_22514212.jpg
d0181492_22520257.jpg


d0181492_22523634.jpg
d0181492_22525044.jpg
d0181492_22535430.jpg
d0181492_22541232.jpg


d0181492_22542111.jpg


d0181492_22544862.jpg
d0181492_22550506.jpg
d0181492_22552841.jpg
d0181492_22554538.jpg
d0181492_22560494.jpg
d0181492_22561710.jpg
d0181492_22561710.jpg
d0181492_22562746.jpg
d0181492_22563995.jpg
d0181492_22564800.jpg
d0181492_22570071.jpg
d0181492_22571974.jpg
d0181492_22581193.jpg
次から次へと素敵なシーンを作ってくれました。気が付いたら2時間を過ぎていました。おばあちゃんにお礼を告げて別れました。別れ際に「おばあちゃんまた来てもいいでしょうか。」「何時でもおいでなさい。」そういっていただけました。いつの間にか奥様と言っていたのに、おばあちゃんと言ってなれなれしくしてしまいすいませんでした。心の中で詫びていました。

by fujitakikaku | 2015-10-30 07:00 | Trackback | Comments(0)
地方創生にハロウィンまつりを考える、地方創生と素敵なハロウィンのコラボを商店街に

秋の収穫を喜び、感謝し、悪霊を払うお祭りだとされていますが、このお祭りに参加する人々中でも子供たちの表情が良い。これからいたるところで見かけると思いますが、楽しみにしています。
ハロウィンには感謝、行動、試案等の様々な場面があります。子供の成長にとっても有意義な場面に遭遇します。
目的を一つにして大人から子供までもが知恵を出し合って、協力して素敵な祭りにしていく。この過程がとっても素晴らしいと思います。
ハロウィンはこれからの日本に瞬く間に広がっていくと思います。クリスマスよりも盛んになるほどの盛り上がりが期待できます。



d0181492_18143998.jpg
d0181492_18145517.jpg
d0181492_18150564.jpg
d0181492_18151792.jpg
d0181492_18153082.jpg
d0181492_18154227.jpg
d0181492_18155476.jpg
d0181492_18192985.jpg
兵庫県西宮市わたしたちのまちのマスコット「みやたん」です。星の世界からやってきた妖精です。ハロウインのお祭りに参加します。すっかり張り切っています。
d0181492_18194448.jpg
d0181492_18200532.jpg
西宮市は今やスーツの街として有名になってしまいました。もともとは灘の酒で有名なところです。お酒で造ったケーキが超人気となりました。又、お酒は今や化粧品となって大活躍です。、
d0181492_18202079.jpg
d0181492_18203534.jpg
d0181492_18205017.jpg
「みやたん」は子供達にもお年寄り達からも大変に可愛がられてる人気者です。イベント有れば何時も参加してくれます。
d0181492_18210769.jpg
西宮市は沢山の有名大学があり、文教都市としても人気のまちです。世界的に活躍されている指揮者佐渡裕氏が芸術監督を務めておられる兵庫県立芸術文化センターもあります。

by fujitakikaku | 2015-10-29 07:06 | 元気な商店街、頑張れ商店街!! | Trackback | Comments(0)
藤田八束の貨物列車の写真集@ 青森県青森市立千刈小学校前の踏切で貨物列車、鉄道写真に挑戦③

ススキの間から貨物列車「レッド サンダー」の顔が見えてきました。赤いボディがとっても綺麗に映え渡っています。
d0181492_17210723.jpg

d0181492_17213196.jpg
d0181492_17215098.jpg
d0181492_17220650.jpg
元気に走り抜けていきます。ここらは出発して間もないこともありややスピードも落としています。ありがたいことにゆっくりと走ってくれます。


d0181492_17222648.jpg
d0181492_17225340.jpg
車体がキラキラと輝いています。

d0181492_17235110.jpg
子供さんがパパに自転車の乗り方を教えてもらっているようです。とってもいい光景ですよね。優しそうな素敵なパパです。
d0181492_17243913.jpg
在来線、奥羽線、津軽線を走る列車たちも続々と青森駅に入ってきたり、出て行ったりしていました。

d0181492_20364241.jpg
d0181492_20370377.jpg
私にはこの花がとっても気になっています。何とかいけないものでしょうか。
d0181492_20372084.jpg
d0181492_20373527.jpg
d0181492_20381598.jpg
d0181492_20382896.jpg
d0181492_20384577.jpg
d0181492_20390128.jpg
特急列車「つがる」が青森を出て弘前へと向かっています。
d0181492_20391928.jpg
d0181492_20393910.jpg
d0181492_20400128.jpg
d0181492_20401967.jpg
d0181492_20403101.jpg
d0181492_20404689.jpg
d0181492_20405830.jpg


d0181492_20410989.jpg
d0181492_20412454.jpg
特急「白鳥」が函館から入ってきました。ボディのこの色太陽の光でキラキラと輝いていました。







by fujitakikaku | 2015-10-29 07:01 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の地方創生@ 日本経済を再生する方法: 子供を大切に育てること

日本人社会の二極化が進んでいます。経済的に豊かな人と、恵まれない人の層が広がっているという。先日は極貧の子供たちの様子をNHKの放送で見ました。これが日本の実体かと茫然としました。
老人はいい、どんなことがあってもこの世に産まれた子供達にはどんなことがあっても教育は受けさせておくべきです。高校までは必須、更に勉強したい子供にはチャンスをあたえ、更に勉強の、進学のチャンスをあたえるべきである。医療、福祉のお金が40兆円を超えました。これではダメです。どんどんお金が消えていく、生きたお金にしてほしいと思います。安倍総理お願いです。ゆたかな子供が大人になり、そして、医療の充実ではなかったでしょうか。順番が間違っています。
選挙に行かない若者がこの状態を作っていることは反省します。でも高いところから安倍総理に本当の国民の幸せに向かって呼びかけてください。医療費の使い方、国の予算の使い方がおかしくなっています。
誰かが稼がないとお金はなくなります。みんなでぶら下がっていたら、家庭だって崩壊です。子供は国が引き取っても教育をさせておきましょう。子供たちは国の宝ものです。
d0181492_21561153.jpg
頑張れ、頑張れ!!子供は応援してあげると大きく成長していきます。環境が大切だと思います。この子供達だって後15年もたてば大人です。私たちは15年前どうでしたか、今よりも良かったかもしれません。子供の成長は早い、対策は的確に早く打つべきです。安倍総理がんばれ!!国民も支えていきましょうよ。


by fujitakikaku | 2015-10-28 07:03 | 藤田八束の安倍新政権に期待 | Trackback | Comments(0)
津軽鉄道の貨物列車「金太郎」を追って、・・・美しい花園に囲まれた貨物列車そして鉄道、津軽線を走る貨物列車②

千刈小学校前の踏切は貨物列車専用の線路と津軽線、奥羽線が交差します。列車の写真を撮るにはたまらないほど素晴らしいところです。
レッドサンダーがやってきました。信号機が鳴り出しますのでみのがすことがありません。ここは良い。
d0181492_23543381.jpg
d0181492_23544450.jpg
d0181492_23545878.jpg
d0181492_23550828.jpg
レッドサンダーがススキの野原を走り抜けます。とっても風情のある良いものです。
d0181492_23551970.jpg
d0181492_23553411.jpg
d0181492_23554499.jpg
そして気になる可愛いお家の前を通っていきます。又また、可愛いお家と沢山の花たち、そこを貨物列車が通りぬけていきます。とっても綺麗です。大きな木は何の気なんでしょうか。いい感じです。
d0181492_23564720.jpg
d0181492_23571761.jpg
d0181492_23582419.jpg
今度は貨物列車「金太郎」です。これは素晴らしい、こんな光景を一度写真に撮りたいと思っていたのが思いがけないチャンスに遭遇です。


d0181492_23592958.jpg
d0181492_23594862.jpg
花も気になってきました。綺麗な花ですよ。


d0181492_00000407.jpg
d0181492_00002199.jpg
とってもいい光景です。もっと近くで撮りたいものです。どうも今一つピントが甘いように思います。何とかしたいですよね。・・・次の③へ



by fujitakikaku | 2015-10-28 07:02 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の青森を訪ねて:鉄道と花・青森で出逢った素敵な花園と貨物列車、鉄道と美しい花・ガーデニング①

青森へまいりました。青森の上空ではすでに日は落ち夕闇が迫っていました。すっかり沈んだ太陽の後に岩木山が影絵のように綺麗でした。


d0181492_23091572.jpg
とがった山が黒く見えますがこれが岩木さんです。とっても綺麗でした。
d0181492_23092574.jpg
d0181492_23093415.jpg
青森の上空からはまちの灯りがとっても綺麗で光り輝いていました。ここは浅虫温泉、丸い島は浮島ではないでしょうか。
d0181492_23094475.jpg
d0181492_23095532.jpg
d0181492_23100583.jpg
d0181492_23100583.jpg


d0181492_23101440.jpg
d0181492_23102211.jpg
青森市内の夜景はとっても綺麗でした。
d0181492_23103520.jpg
d0181492_23110522.jpg
ここは青森駅から近くで、ここには千刈小学校があります。子供たちの元気な声が聞こえてきます。
d0181492_23155720.jpg
すすきの野原から貨物列車が突然顔を上げて元気にでてきました。
d0181492_23161943.jpg
d0181492_23163134.jpg
沢山の荷物を積んで元気いっぱいです。
d0181492_23163948.jpg
d0181492_23164745.jpg
どうやらこの貨物列車は弘前へと向かうようです。
d0181492_23165951.jpg
d0181492_23173696.jpg
今度は弘前から貨物列車がやってきました。真っ赤な車体が見えます。
d0181492_23174846.jpg
貨物列車「レッド サンダー」です。真っ赤な車体は太陽の光をいっぱいに浴びて元気いっぱいです。
d0181492_23180026.jpg
赤いボディとスズキの白さがとっても鮮やかに輝いていました。秋らしい光景に逢うことが出来ました。
d0181492_23182174.jpg
d0181492_23183751.jpg
この黄色いお家一寸お洒落ではないですか。・・・一瞬レッドサンダーを追っかけていましたが、このお家可愛いですよ。気になってきました。そして、更にはコスモスの花がいっぱい咲いているのにきずきました。コスモスだけでなく、沢山の花が目に飛び込んできました。
d0181492_23190771.jpg
d0181492_23192719.jpg
d0181492_23194077.jpg
d0181492_23200261.jpg
d0181492_23202471.jpg
手前には一般の列車が・・・・向こうは貨物列車専用の線路が・・・。調べていくとここの黄色い可愛いお家、貨物専用線と津軽線と、そして八戸からの青い森鉄道がとおるトライアングル地帯になっていることにきずきました。
d0181492_23204202.jpg
d0181492_23205406.jpg
d0181492_23210661.jpg


d0181492_23211842.jpg
d0181492_23213320.jpg
いろんな列車が、貨物列車が通るとっても綺麗なところであることにきずきました。私の心はうきうきです。これは一大事です。もっと真剣に写真撮らないと。・・・・それから写真のスポットを探しました。何とかあのお家へ行けないものかと。三角地帯なので行けそうなのですが道が見つかりません。・・・・・・
d0181492_23215073.jpg
d0181492_23220981.jpg
d0181492_23224549.jpg
d0181492_23231932.jpg
d0181492_23234863.jpg
d0181492_23234863.jpg
d0181492_23240696.jpg

by fujitakikaku | 2015-10-27 07:09 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)
地方創生にハロウィンまつりを考える、地方創生と素敵なハロウィンのコラボを考える

秋の収穫を喜び、感謝し、悪霊を払うお祭りだとされていますが、このお祭りに参加する人々中でも子供たちの表情が良い。これからいたるところで見かけると思いますが、楽しみにしています。
ハロウィンには感謝、行動、試案等の様々な場面があります。子供の成長にとっても有意義な場面に遭遇します。
目的を一つにして大人から子供までもが知恵を出し合って、協力して素敵な祭りにしていく。この過程がとっても素晴らしいと思います。
ハロウィンはこれからの日本に瞬く間に広がっていくと思います。クリスマスよりも盛んになるほどの盛り上がりが期待できます。

d0181492_18192985.jpg
兵庫県西宮市わたしたちのまちのマスコット「みやたん」です。星の世界からやってきた妖精です。ハロウインのお祭りに参加します。すっかり張り切っています。
d0181492_18194448.jpg
d0181492_18200532.jpg
西宮市は今やスーツの街として有名になってしまいました。もともとは灘の酒で有名なところです。お酒で造ったケーキが超人気となりました。又、お酒は今や化粧品となって大活躍です。、
d0181492_18202079.jpg
d0181492_18203534.jpg
d0181492_18205017.jpg
「みやたん」は子供達にもお年寄り達からも大変に可愛がられてる人気者です。イベント有れば何時も参加してくれます。
d0181492_18210769.jpg
西宮市は沢山の有名大学があり、文教都市としても人気のまちです。世界的に活躍されている指揮者佐渡裕氏が芸術監督を務めておられる兵庫県立芸術文化センターもあります。

by fujitakikaku | 2015-10-27 07:00 | 地方創生 | Trackback | Comments(0)
ANAポケモンラッピング飛行機羽田空港にて・・・可愛い飛行機

ポケモンがラッピングされた全日空の飛行機とちょうど羽田空港にて出会いました。私は中標津空港から羽田で乗り継ぎの時でした。日も落ちてしまいましたので光が足らず鮮明さにも欠けましたが可愛さには変わりがありません。子供たちは大喜びでした。飛行機のラッピングだけでも子供たちには良い思い出になります。この私もとっても楽しい気持ちにさせて頂きました。

d0181492_17283603.jpg
d0181492_17282305.jpg
d0181492_17280092.jpg
東京オリンピックに向けてのラッピングが新たに登場です。
d0181492_17281264.jpg
d0181492_17274778.jpg
d0181492_17275959.jpg
d0181492_17272582.jpg
各地の飛行場もオリンピックで盛り上がるんでしょうかね。今一つオリンピックの慶びがないのはなぜでしょうか。私だけでしょうか。そのうち楽しみが湧いてくるのを期待しています。
by fujitakikaku | 2015-10-27 06:55 | 飛行場で撮った素敵な飛行機の写真 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku