人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

<   2013年 12月 ( 74 )   > この月の画像一覧

恐怖にさらされる加工食品、HACCPシステム構築を確実に安全安心を確保、厚生大臣は加工食品の安全基準を


加工食品に殺虫剤が混入、回収事件となっている。
(12/30、31朝日新聞に掲載されていました。勿論、テレビでも報道されていました。)
加工工程での混入の可能性は少ない。ということでした。とにかく原因の究明が先決です。では原因究明にはどんな方法が重要かについて紹介します。
d0181492_1328245.jpg
d0181492_13281747.jpg
d0181492_13283586.jpg
d0181492_13284931.jpg
d0181492_1329483.jpg


大切なことは最終製品の検査です。包装紙と商品自身に分けます。
①包装紙については食品の接している面、食品に接していない面に分けて検査をします。
②-1食品については問題となっ食品の製造フローを用意し、共通する部分をマークします。
②-2具材を分ける前に食品のどの部分に混入しているかを先ず検査します。表面部分、内部に分けます。
均一に混入しているかしていないかを検査します。
②-3具材別に丁寧に分けて検査します。
以上でどの部分に混入したかが分かります。
・食品の原材料、副資材が用意されるまでにすでに混入していた。
・食品の加工工程で混入した。
・加熱、冷却時に混入した。
・包装段階での混入
・製品完成後出荷までの過程。
・流通時
・店舗に陳列されているまで。
となりますがすべてを並行して進めるべきです。直ぐにわかると思います。分からないときは事故ではなく、事件の可能性を考えるべきです。混入発生が全国規模になっていますので工場を出るときはすでに混入していた可能性は高いと思います。

事故の場合は原材料管理にも問題があったと考えるべきですが、この季節での殺虫剤使用の可能性は極めて低く、どこの国からどの季節に入手したかをトレースすると殺虫剤混入の可能性は考えられます。日本は今は寒い、使用しないでしょう。製造フローからの分析は非常に有効な方法です。

とにかく混入の確認した製品を丁寧に分析することです。その時、なぜこの部分を分析しているのかをよく理解して実施することは本当に大切です。

食品加工業者の方へ:この機会に自社の食品で同様な事故が起きたらどうするかを検証しておいてください。

原因究明と再発防止対策。商品回収とPL保健内容の確認をお見逃しなく。

この食品加工工場はHACCPシステム、ISO22000どちらを導入していたのでしょうか、又は自主管理を実施していたのか、それも発表してほしいものです。
by fujitakikaku | 2013-12-31 13:27 | 今日の新聞・報道から | Trackback | Comments(0)
格調高き京都知恩院の秋、京都・知恩院から気仙沼を支援頑張れ気仙沼、復興は繁栄のチャンスとだ気仙沼頑張れ

<国宝京都知恩院の素晴らしい秋>
京都を代表とするお寺、知恩院です。国宝知恩院です。このスケールの大きさ、素晴らしさ見事なものです。
d0181492_1441451.jpg
d0181492_1443016.jpg
d0181492_1444258.jpg
d0181492_1445847.jpg

神木(ムクロジ)でしょうか、とっても大きな、立派なご神木でした。何百年もの間ここから移りゆく庶民の生活と京都を見ているのでしょうね。とっても綺麗なご神木でした。
d0181492_1455032.jpg
d0181492_146620.jpg
d0181492_146194.jpg
d0181492_1463881.jpg

この法話のお言葉には目が行ってしまいました。そして、気仙沼の皆様に伝いたいと思いました。この言葉です。復興とは今いる人たち、これから気仙沼で暮らしていく人にとって良いところであるべきです。先ずは生活の基盤を造ることです。しかし、目標がないと頑張れません。どんな町にするのか「目標」を立てて、その「目標」を目指すことです。絶対に幸せな気仙沼が待っています。
d0181492_1465435.jpg
d0181492_147829.jpg
d0181492_1472482.jpg
d0181492_1474315.jpg
d0181492_148019.jpg
d0181492_148162.jpg
d0181492_1485184.jpg
d0181492_149633.jpg
d0181492_1492159.jpg

残念ながら内部の写真は撮影禁止でした。それはそれは素晴らしいものでした。さすがは国宝だと思いました。
d0181492_1493686.jpg

京都の面白さは小さな路地を入ると楽しいお店が沢山有ります。これらのお店がまた楽しいのです。京都ならではの工夫された宝物が沢山有ります。行くたびに私も発見があります。
d0181492_1412377.jpg
d0181492_14124997.jpg

修学旅行の女学生さん達でしょうか。地図を見ながら京都散策です。とっても楽しそうで大騒ぎですよ。
d0181492_1413690.jpg
d0181492_14132169.jpg

お店を散策しながら青蓮院へと向かいました。・・・・次は青蓮院です。
by fujitakikaku | 2013-12-31 09:19 | 京都の秋 | Trackback | Comments(0)
加工食品から有機リン系殺虫剤多量に検出された、食品事故の恐ろしさ、安全安心は加工食品作りの基本


マルハニチロから販売されていた加工食品から多量の農薬が検出されたという事故(事件?)が発表されました。
(朝日新聞12/30掲載の記事です。)
d0181492_143539.jpg
d0181492_14351226.jpg

検出された食品の特徴からしてこのような殺虫剤が混入する可能性は考えられません。
殺虫剤ですから、目的はあくまでも当然虫を殺すものです。
原料が農産物であればその過程で混入したか、その他牧場では…、しかも臭いがするほどに汚染するとなると・・・。でも現実に市販されている段階で混入しているのですから、どこかの段階で混入したことには間違いありません。
当然食品会社でこうした事故が起きないように現在では、HACCP方式、ISO方式によって品質管理され、安全性の確保がされています。
少なくともHACCP管理の手法でれば最終製品が出荷されて商品棚に並ぶまではこのような問題は絶対に起きません。それが一般的なHACCPシステムです。
事故と事件に分けで調査は進められると思いますが、最も避けたいのが「原因が分からない」という調査結果です。こうなると会社は取引がなくなると思います。
事故が起きても原因が分からないほど怖いものはありません。
食品の安全性は絶対に確保されるべきです。この殺虫剤、臭いがしたり、吐き気を催す特徴があってよかったと思います。もっと怖いのは無味無臭の毒物の混入です。
こうした事故が起きないように食品工場は今HACCPシステムを管理の手法としています。
どんな形の品質保証システムを取っていたのか、それが知らされると私たち消費者は今後この会社の製品を買うのをやめるか、それはやむを得なかったかとするか、改善でクリアできるのかを判断できると思いますが、調査の段階で早く明らかにしてほしいものです。
事故であれば原因が分かるものは直ぐ分ります。事件ならわかりにくいかもしれません。
by fujitakikaku | 2013-12-31 09:17 | 今日の新聞・報道から | Trackback | Comments(0)
安倍総理の靖国参拝に世界が反発、安倍総理靖国参拝と日本国民の考え 、安倍総理の描く日本の未来


d0181492_1223529.jpg

(12/2朝日新聞朝刊に各国からの批判のその様子が掲載されていました。)

安倍総理が総理大臣として、7年振りの靖国神社参拝が報じられ、世界各国から批判が殺到しています。とくに中国、韓国からは勿論ですが、米国、EUまでもが強烈に反発しています。これは想定外だったかもしれません。でもそんなことぐらい安倍総理は百も承知での参拝だったかもしれません。前回の選挙では圧倒的な支持を国民から得て、自民党が政権担当政党に返り咲き、そして選ばれた安倍総理大臣です。誰もが分かる今回の参拝には計算があっての行動であったと私は期待しています。
中国との間には何時も、何かにつけて戦後処理の問題、尖閣諸島の問題がつきまといます。そして韓国との間には慰安婦問題が付きまといます。このままではいつまでたっても相互の国に良い関係が築けません。それはお互いに良くないことくらいは政権担当者には分かっているはずです。
この靖国神社参拝で相互国の間に真剣な前向きな話し合いの場面が出来ないとも言えません。
ただ単にこじらせたかったのか、そうではなく問題を大きくして、その打開策について誠意を持ってお互いが話し合うことも一つの良策かもしれません。私はこの後者の考えに期待したいと思います。
トラブルがあって良いことは両国の国民にとっては何もないはずです。
安倍総理の真意を中国、韓国の人は勿論米国、EUの国民にも知ってほしいと思います。
あの戦争は正に侵略戦争でした。あの戦争で世界の人たちに・・・・・。と詫びた上で、日本においても若者たちを戦場に送り、・・・・。これは二度と起こしてはいけない過ちでした。とした上で、日本は永久に戦争を放棄します。
若き英霊たちの御霊を悼み、ここに両手を合わせます。としてもいいと思います。別に不幸な戦争を繰り返さないように英霊を祭る神社を造ることを世界に認めてもらってもいいと思います。必要なことはこれからこの世界で生きていく人が平和であってこそ意味があることだと思います。
日本の歴史にも戦いに明け暮れ、打ち首獄門、さらし首にされた人たちがいて今日があります。そんな歴史の事実はしっかりと勉強しておくべきだと思います。
by fujitakikaku | 2013-12-30 09:05 | 世界の平和を願って | Trackback | Comments(0)
安倍総理と常寂光寺、美しさに感動京都嵐山常寂光寺の紅葉、美しい常寂光寺の紅葉、京都の魅力と常寂光寺

引き続き京都嵐山・常寂光寺の紅葉をご紹介します。・・・・・⑦-2

常寂光寺の紅葉はこんなに豊かな華麗な色を見せてくれます。その色の豊かさは正に芸術品です。こんな紅葉の木々はどのようにして集められたのでしょうか。この山里に群生したものでしょうか。
きっと全国から集められた選び抜かれた木々ではないのでしょか。そして、京都の庭師によって見事に作り上げられていると思います。
d0181492_23424392.jpg

美しく紅葉に囲まれた本堂です。
d0181492_23425974.jpg
d0181492_23431393.jpg
d0181492_23432987.jpg
d0181492_2344191.jpg
d0181492_23441493.jpg
d0181492_23442935.jpg
d0181492_23444341.jpg
d0181492_23445965.jpg
d0181492_23451856.jpg
d0181492_23453215.jpg
d0181492_23454968.jpg
d0181492_23461897.jpg
d0181492_23463156.jpg
d0181492_23464456.jpg
d0181492_2347443.jpg

仁王門を庭から見たところです。観る角度によって美しさが変わります。
d0181492_23471829.jpg
d0181492_23473589.jpg
d0181492_23475078.jpg
d0181492_2348572.jpg
d0181492_23482079.jpg

常寂光寺の素晴らしい、見事な秋を2回に分けてご紹介しました。素敵ですよね。美しさと歴史が京都嵐山・常寂光寺を魅了します。
次は春に来ることになります。非常に楽しみです。

安倍総理にも是非京都へ来てもらい常寂光寺のこの素晴らしさの中で、ゆっくりとした時間を過ごしてもらえるといいと思います。激しい世界戦争の中でも京都だけは戦災から免れたことと、なぜ守られたかを学べると思います。国の指導者としてはとっても大切なことだと思います。戦争、争いはお互の国にとってなんの利益も無いことは誰もが知っていることです。
by fujitakikaku | 2013-12-30 09:05 | 京都の秋 | Trackback | Comments(0)
京都一の秋を奏でる常寂光寺の紅葉、日本一の紅葉は常寂光寺、秋・お寺・紅葉は京都観光の宝物、歴史が創る雅の世界


京都嵐山・常寂光寺の紅葉・・・・・・⑦-1
常寂光寺は訪れる度に素敵な光景を見せてくれます。毎年必ず参拝しますが、とにかくこの美しく素晴らしい光景を見せてくれます。「あら一寸早かった。」とか、「残念ちょっと遅かったね。」等が決してないのが不思議なくらいです。相性がいいとそう言ってもらえればとっても幸せです。大好きな京都嵐山の神社の一つです。
ここは常寂光寺の入り口、正門前です。ここから入っていきます。
d0181492_23342141.jpg

仁王門とよばれるここから参拝します。
d0181492_23343369.jpg
d0181492_23345074.jpg

d0181492_233594.jpg

d0181492_23352457.jpg
d0181492_23353714.jpg

多くの人が腰を下ろしゆっくりと庭を見ています。この庭の光景が何とも言えません。京都独特の和風庭園の素晴らしさです。紅葉とお寺、それに和風庭園がすばらしい世界を創り上げていました。
d0181492_23354918.jpg

池には紅葉がいっぱいです。
d0181492_2336242.jpg
d0181492_23361514.jpg
d0181492_23362947.jpg


竹林と紅葉とっても綺麗な組み合わせです。
d0181492_23365875.jpg

多くの人で賑わっていました。
d0181492_2337157.jpg
d0181492_23373371.jpg
d0181492_2337489.jpg
d0181492_2338044.jpg
d0181492_23381533.jpg
d0181492_23383274.jpg
d0181492_23384588.jpg

多宝塔は重要文化財に指定されており、当時の京都町衆が大檀那として献じしたのだそうです。すごい人がいたのですね。
d0181492_2339026.jpg

カメラを片手に真剣にベストショットをとらえていました。カメラ愛好者にはたまらない光景が続きます。
d0181492_23392360.jpg
d0181492_2339403.jpg
d0181492_23395315.jpg
d0181492_2340750.jpg

京都には沢山の美味しいものがありますが、そのほとんどが加工されたものです。加工食品の原点がここにあり、料理人の匠の技と知恵を知ることが出来ます。
by fujitakikaku | 2013-12-29 08:10 | 京都の秋 | Trackback | Comments(0)
小野寺大臣頑張れ、普天間基地負担と辺野古移転、沖縄基地問題・福島原発保障・防潮堤これでいいのか日本

(12/25朝日新聞朝刊です。威勢のいいお金が舞います。)
d0181492_17501555.jpg
d0181492_17502968.jpg
d0181492_17504445.jpg

防潮堤の予算を集計するととんでもないお金です。気仙沼だけでですよ。「津波が来たら逃げましょう。」日本全国にこんな防潮堤を造るのですか。三陸だけとはいかないでしょう。三陸はもう大きな津波はこれから何百年も来ないでしょう。東京は、近畿は、九州は明日来るかもしれません。防潮堤造りますか。
d0181492_17505943.jpg

政府から支給されるお金に人が集まります。全部税金です。一生懸命に働いた人達の血税です。お金です。大切に使ってほしいと思います。
支給される側も当然のお金と思ってはいけないと思います。政府からもらうからそう感じるのなら国民が窓口になったらどうでしょうか。
どんなことにどのように使われてその成果としてどうなっているのかを検証すべきです。税金は国民みんなが等しく幸福に安全に暮らせるようにするためのものです。一部の人のためではありません。直接的でなくっても回り回って国民が納税者が税金払ってよかったと思えるそんな仕組みが日本にもっと欲しいと思います。

被災地の企業も雇用促進うまくいっていますか、保護された市民によって運営がうまくいかないことはありませんか。企業があって、生活の糧があって日本経済は成り立っています。遠慮なく、声を上げてほしい、企業経営者はもっと大きな声を上げてほしいと思います。そのための支援をこれこそ国が強化すべきです。潜在する大きな力ですよ。私が総理ならここをもっと考えて指示します。日本の底力の強さが・結集がここにあるからです。
by fujitakikaku | 2013-12-29 08:09 | 頑張れ気仙沼!! | Trackback | Comments(0)
日本一の縁結びの神様と野宮神社、良縁祈願するなら京都・野宮神社、良縁と神社祈願、頑張れ安倍総理誠意で勝負

<京都野宮神社>・・・・・⑥

縁結び神社でとにかく有名です。京都・野宮神社をご紹介します。
源氏物語縁の神社とされる京都・野宮神社です。沢山の恋の話が残されています。
この神社はその縁もあり、沢山の女性たちが良縁祈願をしに参拝するそうです。いつ行ってもこの混雑ぶりです。御利益があるようです。中には男性の姿もありました。

さすが京都です。いろんなものが一級品です。竹林に紅葉、なかなか雅な世界が漂います。
d0181492_211356.jpg
d0181492_2112817.jpg

d0181492_2145530.jpg

年に関係ありません、良縁は最高です。求める人で大賑わいの野宮神社です。
縁にもいろんな形があります。
d0181492_211468.jpg
d0181492_21219.jpg
d0181492_2121824.jpg
d0181492_2123487.jpg
d0181492_2125574.jpg
d0181492_2131577.jpg
d0181492_2133182.jpg
d0181492_213457.jpg
d0181492_214453.jpg


d0181492_2152396.jpg

どんなに素敵な良縁を描いているのでしょうか。そして、祈願しているのでしょうか。良縁に恵まれるといいですね。いや、きっと恵まれると私は思います。その祈願する真剣さが物語っています。
by fujitakikaku | 2013-12-28 08:28 | 京都の秋 | Trackback | Comments(0)
震災からの復興と防潮堤問題、新しい街づくりへの喜び、復興とは子供達に笑顔のあるまちづくり、復興と税金の使われ方を考える


昨日の朝日新聞から今日はこんな記事になっていました。
(12/25朝日新聞朝刊掲載記事です。)
d0181492_1459279.jpg

沖縄の復興予算は何に使われているのでしょうか。何に使おうとしているのでしょうか。
福島の復興予算は何を目標にしているのでしょうか。その目標は夢ではないでしょうね。「実現可能な目標」でしょうか。
d0181492_14594612.jpg
d0181492_150297.jpg
d0181492_1501517.jpg

納税者は一日も早い復興を祈っています。復興したら支援者側に回ってほしいのです。この国には本当に困っている人が沢山います。

防潮堤計画で宮城県知事の指示が出たようです。どうも現場レベルが考えに甘さがあるといいたいところですが、そうはかたずけられない問題です。町づくりが住民を結集した考えとしてまとまっていない証拠だと思います。これは地域住民の問題でもあると思います。
・三陸をどう復活させるか、復興するか。(日本の仕組み、世界の仕組みから考えます。)
・各被災地はどうするのか、(三陸復興の位置づけ、国民にとっても望ましい姿を確認する。)
そして、各町内会はどうするのか(反対する人が必ず出ます。説得するのではなく、強引でも納得させ、協力させることです。)
予算配分はどうするか。実行計画は・・・・(試算と予算を明確にする。海外からの技術導入を積極的に考えて出来るだけ海外の業者に依頼する。)
何時までにどこまでをやるのか、そして、最終目標はどうなるのか。(エンジニアリング会社を共同して選択する。)
以上のことすらもないのではないでしょうか。だから防潮堤にこんな莫大なお金をかける。あげくは意味のない防潮堤に莫大な税金、支援金を投入する。
いったいどうなっているのですか「平和な日本」という感じです。
納税者は税金に追われ、生活に困窮・・・。都会の若者の生活は特に厳しくなってきています。
大企業がどんどん海外移転を進めています。連れて中小企業もグループ会社、下請け会社として移転を加速させています。加速される原因はただ一つこの国は税金が世界一高いからです。会社が利益をだせば世界一高い法人税を納めなくてはなりません。
ところが法人税を下げることには反対です。優良企業、世界を相手にしている会社は海外へ出て生きる道を探るのは当然でしょう。法人税率の低減は私は待ったなしの重要なことと考えます。


防潮堤よりも「まちづくり計画と進行状況」を確認したいですね。

福島にあふれるほどの税金を使い、沖縄には莫大な復興支援金が支払われ、農業保護のための税金・・・・‥等
この国の健常者は世界一働かなければ支えられない国になって行っています。そんな気がするのですが間違っているでしょうか。

みんなが。国民が自分は他人にぜったいに迷惑をかけない、かけたくない。だから勉強して、
食べるものは食べ、着るものは着て、人並みの家に住んで、頑張る、そして国のために出来る事があれば喜んで貢献したい。そんな国になれるはずなのに、なんだか逆のような気がしてとっても寂しい感じがします。
by fujitakikaku | 2013-12-28 08:27 | 頑張れ気仙沼!! | Trackback | Comments(0)
京都宝厳院の輝き、観光地の勉強するなら京都で、美しい京都宝厳院の秋、京都世界の観光地の理由、頑張れ小野寺大臣

京都・宝厳院を訪ねました・・・・・・⑤

京都宝厳院は素晴らしい庭園を持っています。その雅の世界を堪能ください。実に素晴らしいですよ。
京都へ来られましたら是非お寄りください。周りには国宝の天龍寺があります。絶景の嵐山もあります。
シーズンはいつでもきっと満足していただけると思います。綺麗だけでなく歴史が深く感動します。まさに古都を知ることが出来ます。

d0181492_18202855.jpg
d0181492_1820413.jpg
d0181492_18205555.jpg
d0181492_18211056.jpg
d0181492_18212337.jpg
d0181492_18213683.jpg
d0181492_18215092.jpg
d0181492_1822272.jpg
d0181492_18221676.jpg
d0181492_18222895.jpg
d0181492_18224728.jpg



d0181492_20535062.jpg
d0181492_2054995.jpg
d0181492_20542595.jpg

d0181492_20551862.jpg
d0181492_2055302.jpg
d0181492_20554779.jpg
d0181492_2056076.jpg
d0181492_20561552.jpg
d0181492_20562831.jpg

d0181492_2057115.jpg
d0181492_20572470.jpg
d0181492_20573784.jpg

by fujitakikaku | 2013-12-27 09:57 | 京都の秋 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku