人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

<   2012年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

悩ましい尖閣問題 解決法、尖閣諸島 漁業問題、野田総理の憂鬱、尖閣問題と経済活性化、原発問題

日本の総理大臣誰だかわかりますか。国会がやっと始まりましたが、この国を議員の皆様はどのように導きたいとしているのでしょうか。約90兆円の国家予算を持ち、好き放題に政治をしてあげくのはては赤字国債頼みではどうしょうもないでしょう。民間会社であれば倒産です。どっかの優秀な経営手腕のある会社に、この日本預けてみたらどうでしょう。おそらく一年で黒字の見通しを立てると思います。
国は会社だと思えばいいのですよ。会社が倒産したらみんな離散です。福島の原発も私が総理なら、復興に必要な時間と金額を出します。さてここにいてこの予算で復興をやるのか、その覚悟があるのかを確認します。一方はその予算を分配して他に移転を計画します。その土地とそこでの開発計画を立てます。そして、どちらを選ぶかは住民に考えてもらいます。被災してしまったは現実です。この現実を認識して私なら前に進みます。全国には今人がいなくなっている町や村が沢山有ります。人が集まれば素晴らしい街ができます。かって賢人たちは駄目だとわかったら新天地を求めて移住しました。私たちの町神戸からブラジルに渡った人もたくさんいます。私の友人も家族でブラジルに渡りました。人は懸命に生きるために努力をし、その努力が賢人を作り上げてきました。
仮に福島が放射能に汚染されつくされるのなら、その土地の有効利用を更に考えるべきだと思います。残る人と、移る人をはっきりとすべきと思います。今ここを去ることが卑怯だとは私には絶対に思えません。
石炭の時代でも落盤事故、一酸化炭素中毒で亡くなられた方、半身不随になられた方も現実にいます。エネルギー革命での中で犠牲者がこれまでにあったことを学校教育で徹底して教えるべきです。今起こっていることは現実なのですから。限りある予算をこれからのために有効に考え使うべきです。
原発は日本が止めても、韓国、中国はどんどん進めます。日本の技術なしにはより安全な原発ができないことも事実です。だから世界は日本の原発を導入しようとしていると思います。


d0181492_22211781.jpg

日本には素晴らしいところが沢山有ります。積極的に見つめなおすのもこれからの人生にとって幸福の道かもしれません。私は熊本が故郷ですが、今は神戸にいます。住めば都です。実に日本は素晴らしいと思います。
d0181492_22213049.jpg
d0181492_22214373.jpg
d0181492_2222379.jpg
d0181492_222222100.jpg
d0181492_22224879.jpg

冠雪の富士山は笑顔で迎えてくれているようでした。こんなに美しい山がまじかに見られます。その美しさは日本が世界に誇る最高の山ではないでしょうか。海、山、空、その美しさの中に見事な冠雪の景色です。雄姿です。
今年初めて富士山の冠雪した姿を見ることかできました。本当に素晴らしいと思います。明日への希望が湧いてきます。日本は本当に素晴らしい国だと思います。
d0181492_22253641.jpg
d0181492_22254352.jpg
d0181492_2226371.jpg
d0181492_22261326.jpg
d0181492_22263254.jpg
d0181492_22264111.jpg
d0181492_2227575.jpg
d0181492_22271559.jpg

d0181492_22275958.jpg

新幹線の技術は世界一です。他を圧倒しています。それが中国ごときにおびえてどうするのですか。中国の技術欲しいというのならそうさせたらいい。円高だから困る、そんな情けないことでどうしますか。円で契約するくらいのことをすべきです。それだけの価値はあります。なぜこれだけ強い円建てでやらないのですか。私にはわかりません。私は海外投資には円建てでやりました。強い円で喜んで海外の会社は契約しましたよ。弱いドルは出来たら避けたいといっていました。
d0181492_22323639.jpg
d0181492_22333470.jpg
d0181492_22331244.jpg
d0181492_22341311.jpg
d0181492_22335260.jpg

d0181492_2235480.jpg

東京駅がリニューアルしました。この東京駅関東大震災、第二次世界大戦、いずれも災害から生き延びています。すばらしい技術だと思います。
日本の誇りだと思いませんか。日本は真似をするのではなく、新しいものを受け入れ、それを更に工夫してより良いものを日本にあったものに作り上げてきました。今、電機会社が最悪ですが、近いうちに絶対に復活します。なぜなら日本の古い技術がただ安く提供されているからだけだからです。全部がかっての日本の技術です。部品はほとんどが日本製です。
d0181492_22403029.jpg
d0181492_2240756.jpg
d0181492_2241675.jpg
d0181492_22404428.jpg
d0181492_22413866.jpg
d0181492_22411776.jpg
d0181492_22421130.jpg

東京駅の内部です。とても綺麗です。さすが日本の技術とほれぼれしますよ。実に見事なものです。
d0181492_2243094.jpg
d0181492_2243556.jpg
d0181492_22433135.jpg
d0181492_224426100.jpg

日本の技術が世界に必要です。これくらいのことで沈没しては先輩たちにどんな顔を見せるのですか。こんな時こそ賢者の意思を発揮すべきです。
青森県むつ市に「むつグランドホテル」という素晴らしい温泉宿があります。ここには賢者の流れを組む、斗南藩の歴史を知ることができる資料があります。是非福島の人達はここを訪れてほしいと思います。賢者の歴史がここにあることを知るべきです。
日本は今こそ力を発揮すべきです。人はこんな時に、苦難に直面して乗り越えるときに大きく成長します。これもこの先の大切な財産となると信じましょう。
日本の技術、製品を世界が買ってくれないから経済が駄目になった。こんな考えおかしいと思いませんか、円高で沢山のお金が有り余っているのですら、そのお金を有効に使って、日本の生活の豊かさを思う存分表現するために使ったらいいと思います。そうすることで日本人は心身ともに豊かになり、自信を持ちます。このことが諸外国から日本を見たとき、そのまなざしは憧れとなると思います。お金のある国は日本の技術を本当に必要と考えると思います。円高なんて掲載の不調とまったく関係ありません。円高は国力の現れです。これを武器と考えないところに政治の貧困があると思います。円高で更に豊かにしていきましょうよ。この日本を。
韓国の経済状態が良くありません。仮に韓国を買収しようとしたら何ドルあったらいいと思います。買収でなく、仲良くして投資をするチャンスがそばにあると思います。みんなで希望ある未来を開きましょう。隣の国の人達とも仲良くして。ともに豊かになりましょうよ。
by fujitakikaku | 2012-10-31 20:43 | 世界の平和を願って | Trackback | Comments(0)
高齢化社会と老人の役割、菊と明石城公園、素敵な明石城、花で街づくり、子午線の町明石は花がいっぱい


兵庫県明石市、ここは子午線の町です。ここが日本の標準時間となっている町です。この街は明石市ですが、JR明石駅の前にはとても素晴らしい明石城があります。そして、海はもちろん瀬戸内海。そこには明石公園があり、瀬戸大橋はここから渡ります。とても素敵な街です。でも、少し私はこの街のつかい方に少し不満でした。それがここにきて変身しようとしています。楽しみができました。すでにブログでも何度かこの街のことは紹介しています。
d0181492_2043037.jpg
d0181492_20435587.jpg
d0181492_20433031.jpg
d0181492_20442248.jpg

お城の石垣は特徴があり、素晴らしい芸術品でもあります。私は大好きです。
d0181492_20441587.jpg
d0181492_2045845.jpg
d0181492_20444473.jpg


お城には秋は菊がつきものですが、ここ明石城もこれから菊の花の季節です。どれも豪華絢爛と思います。これからです。ワクワクしてきます。みごとな菊が沢山準備されていました。
d0181492_2045321.jpg
d0181492_20454663.jpg
d0181492_2046069.jpg
d0181492_20461265.jpg


見事な庭園です。鷺がまるで置物のようでした。とてもよく手入れされています。水面に映った太陽の光も綺麗です。
d0181492_20464049.jpg
d0181492_20465335.jpg




少子化により、子供が少なくなっています。その反面、高齢者が増えています。
高齢者が子供達の面倒を見ることで、子供が他人に接する機会を得ます。このことはとても重要です。私はこんなことを感じます。
家族におじいちゃん、おばあちゃんが居た、そして生活をして育った青年は、やがて成人したときにはとても優しい成人に育っている。このことに気づきます。そして、お年寄りのお話は初めて聞く話が多く、子供達は興味津々と聞きます。大人になってから、人の話を聞くコツを覚えているようです。話をする時も相手が分かっていることに注意を置いて、わかってもらえない時に別の考えでまた話をしてくれたりします。幼い時のおじいちゃん、おばあちゃんとの接触はとても重要だと思います。
特に現代、いじめの問題もお年寄りとの接触の無い子供に多いように思います。そこで、この日本に、子供の成長にお年寄りを、高齢者を利用するのもとても有効な手段になりえると私は思います。幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校にも必要に応じての支援を考えてみてはどうでしょうか。そして、人生に成功した人も、いろいろあった人も「今で良し」としている人なら、子供たちのこれからの人生にとても有意義な存在になると思います。
年金を増額して参加してもらったらどうでしょうか。そうすることで保育施設の充実も進むと思います。

高齢者、老人は子供に会えることから病院通いをやめるでしょう。だって元気でないと子供達に会えないからです。じっと、家にいて、病院通い、これが最もお金を必要とします。年金の多くが医療に向います。この仕組みがこの国の最悪状態を作り上げていると思います。子供たちと遊びながら、お話をしながらこの世とおさらば出来れば、最高の幸福ではないでしょうか。いずれはこの世を去るのですから。ボケないうちに別の世界へ行きたいものです。
保育所施設が充実すればママのお仕事も更に広がります。豊かな日本です。もつと広い見方をして予算を計上して有効に使っていきましょう。
この方法が国家予算は全体として少なくなります。これが有効な税金の使い方ではないでしょうか。
おじいちゃん、おばあちゃんは家庭菜園のトマトを幼稚園に持ってきます。これも良し、かも知れません。
お礼は子供たちの「肩もみ券」です。もう最高ですよ。
幼稚園、保育所などのほんの補助員としての役割に徹します。先生方のアシスタントです。決して正規の先生の職域を脅かすことはないと思うし、逆にとても素敵なアシスタントになると思いますよ。
いじめのない社会なんて簡単にできますよ。あまりにも深刻に考えるから、逆にいじめが出てくるのです。いじめられる側、いじめられる側、・・・いずれも素敵なおじいちゃん、おばあちゃんに逢えていないと思います。そんな環境にないと思います。何かを計画するとすぐに有識者というわけのわからない人を集めて予算を立てます。そうではなく、どんな人が必要かを地域住民で考える機会を設定することこそ行政がやるべきことだと思います。
カウンセラー、専門の相談員などはただマニュアルの対応で味気なく、適切な方法とは思えません。人は人との接触の中から、真の優しさを学び取り、受けた優しさを、次は渡すための努力をしていくと思いますよ。
誰のために勉強をし、身体を鍛えていくのかも知ると思います。優しさがなぜ必要なのか、どんなことが優しさなのかも知ると思います。

私は今、子午線の町、兵庫県明石市に注目しています。それは子午線の町を花で表現しようとしているからです。随分前にこの街はせっかくいいものがあるのに、花を沢山植えて、アピールしたらいいのにと、ブログでも書きましたよね。
そんな兆しがこの度の訪問で見られ、とても嬉しく感じています。JR明石駅、明石城、天文館、瀬戸大橋、瀬戸内の朝日と夕日。この組み合わせがバラバラです。ないのです。それをつなぐもっとも簡単で実施可能なのは花で、花壇でつなぐことです。きっと素晴らしい町になると思います。歩いてみると歴史の面影を随所にうかがい知ることができます。こんなにそろった財産のある街も全国には少ないと断言します。
そんな意味で少し今日は嬉しくなりました。明石の町を応援したいと思っています。
私はこの日本を花の国にしたいと思っています。どこに行っても地域を表す花があり、それに歴史があれば最高でしょう。
いじめもなくなります。いじめをしている時ではありません。花のお世話をするのに忙しくなります。そして、花はお礼に私たちに「優しさ」を教えてくれると思います。


分かりやすいモニュメントと花壇、色の調和もとても良いと思います。とても綺麗です。
d0181492_20553039.jpg
d0181492_20554245.jpg

d0181492_23305451.jpg

元気な子供達、子供の笑顔、それを創る環境を作る。それは私たちの使命と思います。子供は国の宝物です。大切にしましょう。子供には平等にチャンスを与えたいものです。そうすることで子供達も懸命に努力すると思います。
d0181492_2331830.jpg
d0181492_23312671.jpg

d0181492_23325286.jpg


このとこやさんとてもお洒落なのにびっくりしました。何気なく中の様子を見ましたらとんでもなくおしゃれです。今度来た時に散髪お願いしたいと思っています。御主人にこのお洒落さはどんないわれがあるのか絶対に聞いてみたいと思います。とにかく清潔でお洒落です。びっくりしました。昼間はお花゛綺麗なのでそこに目が行っていましたが、夜に前を通りましたらとんでもないお洒落な様子に驚きました。山陽電鉄、人丸前駅を海に向かいます。信号を渡って「人丸花壇」の手前にあります。これは絶対に何かいいお話を聞けそうです。
d0181492_2113790.jpg
d0181492_21132176.jpg
d0181492_21133811.jpg
d0181492_21135372.jpg
d0181492_2114615.jpg

夜にすいません。写真撮らしてもらいました。びっくりするほど素敵な床屋さんです。写真がうまく撮れていなくて申し訳ありません。きっとここらでは有名だと思います。絶対にです。それほど素敵でした。
d0181492_20564129.jpg
d0181492_20565750.jpg

明石公園から、明石市立天文科学館につながるこの道路、可愛い花たちが勢ぞろいです。素晴らしい花道になりそうです。四季折々の花々が咲くことになると期待しています。
d0181492_21155881.jpg
d0181492_2116654.jpg
d0181492_21162763.jpg
d0181492_21163413.jpg
d0181492_21165775.jpg
d0181492_2117229.jpg
d0181492_21172234.jpg

d0181492_21175079.jpg
d0181492_21181273.jpg
d0181492_2118229.jpg
d0181492_21185173.jpg
d0181492_21191524.jpg

大きな明石大橋が本土と四国を結びます。瀬戸内の海はキラキラと太陽の光を浴びて輝いています。そこを沢山の船が行き交います。
d0181492_20504452.jpg

d0181492_20512939.jpg
d0181492_20513857.jpg
d0181492_2052250.jpg
d0181492_20521293.jpg
d0181492_20523942.jpg

夜になると月明かりも綺麗です。この日はとてもきれいなお月様に逢えました。明石大橋もライトアップされていて、対岸の淡路島もとても綺麗でした。
明石公園は沢山の人が散歩したり、談笑したりでとてもいい雰囲気でした。
d0181492_2053749.jpg
d0181492_20532730.jpg
d0181492_20533824.jpg
d0181492_2054427.jpg
d0181492_205410100.jpg

d0181492_20544972.jpg

この時計が日本の標準時間を知らせています。ここが子午線の町なのです。とても素敵な街だと思います。
自分たちの住んでいる町の素晴らしさを、より深く探してみてはどうでしょうか。再発見が絶対にあります。こんなに素晴らしい国は世界にないと私は思っています。人もとても優秀で、清潔好きで、優しいと思います。花をもっと大切にして利用するといいと思います。きっと、もっと、もっと素敵な街になると思います。
by fujitakikaku | 2012-10-29 23:42 | 若者達の頑張り方教えます、就活成功法 | Trackback | Comments(0)
荒尾市立中央小学校の思い出・・・府本小学校 橋本律子先生、忘れられない恩師、九州の秋、熊本の秋、素晴らしい季節の九州、素晴らしい季節の熊本

d0181492_20444781.jpg

阿蘇の外輪山を背にして、パパと男の子が何かを見つめていました。男の子はパパの膝に乗って嬉しそうでした。とっても素晴らしい光景に思えてなりません。
d0181492_204548.jpg
d0181492_20452572.jpg


小学校2年の時の思い出です。
小学校の2年生が終わり、ましたその時担任だった先生が転任されることになりました。同じ市内の学校ですが、山の方の小学校でした。私立府本小学校へ転勤が決まりました。先生のお名前は今でもはっきりと覚えています。橋本律子先生です。とても優しい先生であったことを忘れていません。先生に「行かないで、いかないで」と泣いて先生に抱きついていたことを思い出します。先生は「いつもみんなのそばにいるから、いつでも遊びにいらっしゃい。」そういって僕たちを抱きしめてくれました。それが先生のぬくもりを知った始まりだったと思います。先生は優しい人なんだと私はこの時先生の素晴らしさを知らされました。子供ながらに先生が大好きになっていました。そして、別れの時が来ました。先生も「ありがとう。」と言いながら涙を流してくれました。
その年に僕たちは3年生になりました。夏休みに隣の友達の健ちゃんと橋本先生のお家に行こうということ成りました。「そうだ先生にあさり貝を持っていこう」ということになり、二人で有明海にあさり貝を採りに行きました。その当時の有明の海にはたくさんの貝を採ることが出来ました。
あみかごいっぱいにあさり貝を採ることが出来ました。そして、その貝を担いで先生を訪ねました。当時は電話もありませんでしたから、とにかく学校へ行けば先生のお家が分かるだろうということになり、学校を訪ねました。学校は休みの日でしたが管理人のおじいさんが直ぐに先生のお家を教えてくれました。そのメモを頼りに先生のお家を探しました。先生のお家はすぐにわかりました。それからが問題です。二人で恥ずかしさのあまり、「先に健ちゃんが行けよ」、「やっちゃんが行けよ」と、なんだか変な譲り合いです。そんなこんなで大きな声を出していたら、先生が僕たちのことを知って家から出て来ました。「あら、やっちゃんと健ちゃん、まあ、来てくれたの。遠い所を歩いてきたの・・・。」先生の笑顔が僕たちにはとても嬉しかったのです。二人で「先生、橋本先生」と大きな声で走りより、抱きつきました。「よく来てくれたね。」
そして、その日、黒砂糖のシロップを付けた団子を作っていただきました。この時の美味しさは最高でした。沢山食べなさい。先生の笑顔の中で食べれるだけ懸命に食べたのを思い出します。そして、先生にあさり貝を渡すと「こんなに重たいものを採りに行ってくれたの。先生嬉しい。ありがとう」と言ってくれました。先生は涙を流していました。僕は泣かないように頑張りました。
こんな素敵な思い出が私にはあります。思い出を作っていただいた橋本律子先生のことは本当に今でも私の胸の中に、心の内にあります。そして、故郷をふと思い出すたびに思い出してなりません。素敵な思い出は私の人生の素晴らしい本当の宝物、財産なのだと思います。
今でも素晴らしい人にお会いできているし、これからもいろんな素敵な人に逢えるようなそんな気がします。それも橋本律子先生が教えてくれた私への人生教育だったのかもしれません。心よりこの素晴らしさに感謝しております。

ぼくんちから先生の家まで・・・・・
片道3時間以上かかったと思います。歩いて行ったのですが、遠いと感じませんでした。そして、帰りには二人で競争しながら走って帰っていきました。健ちゃんありがとう。
健ちゃんとは連絡取れていないけど、きっと元気で活躍していると思います。

いじめ問題が学校で問題となっているようですが、楽しかったあのころに先生はみんな同じように接してくれたといまでも思っています。そしてそこには感謝あるのみです。
自分のことを中心に考えるのではなく、自分がそうされたらどう思うか行動を起こす前に良く考えれば尖閣問題も別の方法があったと思います。
こうしたやり方は幼いことろの生活がとても重要だと思ったりする今日です。子供の教育と環境はとても重要だということです。愛情はどんな時も大切です。

d0181492_2046623.jpg

阿蘇外輪山からの夕日はとても綺麗でした。明日も今日と同じように素敵な一日になるようなそんな気がしました。
d0181492_20482234.jpg
d0181492_20483766.jpg

d0181492_20511159.jpg

d0181492_2058591.jpg
d0181492_20582893.jpg

夕日の美しさに酔いしれていました。この夕日に逢えて、明日がいい日でありますことには間違いないと思えてなりません。
by fujitakikaku | 2012-10-27 06:57 | 若者達の頑張り方教えます、就活成功法 | Trackback | Comments(0)
渡辺水産・・・むつグランドホテル 秋、恐山 秋、美味しさに健康を添えて渡辺水産の水産加工品、美味しいよ渡辺水産

d0181492_027205.jpg

有限会社渡辺水産渡辺社長とご長男大起君と一緒に記念の一枚です。松山ケンイチではないですよ。お間違えないように。勿論、松山ケンイチはここむつ市の出身なのですが。・・・・

下北半島を訪ねて・・・渡辺水産と素敵な仲間たち、渡辺水産のホタテとイカ加工品の魅力、素晴らしい食品が生まれる理由

津軽海峡は潮の流れが厳しく、四季の移り変わりもはっきりとしています。この過酷で厳しい自然環境が魚介類の豊かな漁場を造り上げているといいます。大間の鮪一本釣りも脂の乗った素晴らしい極上の鮪を造り上げているといいます。一方、鮪だけでなく、この津軽海峡は素晴らしい魚介類を育て上げています。それが津軽海峡のイカであり、陸奥湾のホタテであります。

渡辺水産はホタテとイカの加工品を製造販売している会社です。ここで生まれる商品は子供達にも大評判です。なぜなんだろう。・・・・・その理由(わけ)が解明しました。
なんといっても素材の良さです。加工場は青森県大畑市、ここは津軽海峡を前に、漁師が水揚げした原料をその日の内に加工します。漁港から加工場まで10分弱です。津軽の海で育った魚たちは健康な美味しさに満ち溢れています。それを衛生的な加工場で女工さんたちが丁寧に作り上げておられます。健康な女工さんたちの活気がその製品そのものです。
伝統的な加工がその美味しさを一段と引き立てます。「美味しさには秘伝の技術がありますよね。」と尋ねると帰ってきた答えは、「そんなものはない、ただ美味しくなるように、素材を大切にしているだけです。」渡辺社長はそうおっしゃいます。その配慮が本物の美味しさを作り上げているように思います。衛生的なこの加工場には培われた素晴らしい食品づくりの原点があるように思えてなりません。

d0181492_0273966.jpg

品質管理の総責任者の野坂さんとご長男の大起君最強のコンビです。徹底した衛生管理、品質管理が
素晴らしい美味しい食品づくりに繋がっていると思います。若い二人に会うと、「だから渡辺水産の食品は美味しく、そして身体にもとってもいいのだ」と納得できました。素晴らしいです。
d0181492_028425.jpg
d0181492_0282668.jpg

この笑顔は最高のコンビですよね。見ただけで分かります。
d0181492_0284723.jpg

有限会社渡辺水産の渡辺大起君と「むつグランドホテル」のフロントで一枚の写真を撮りました。とてもいい感じです。(松山ケンイチと一緒ではないですよ。間違わないようにお願いします。)
d0181492_029345.jpg


「むつグランドホテル」から釜臥山(かまふせやま)を望む・・・・。素敵な光景をいただいています。いつもこの山の姿を見るときに綺麗な姿が見れるほどに天気がとてもいいのですよ。何時もこの姿を拝見することが出来ます。本当にありがたいと思っています。
d0181492_03057100.jpg
d0181492_0305431.jpg
d0181492_0312023.jpg

d0181492_0311928.jpg

「むつグランドホテル」にはこんなに素晴らしい模型が沢山あります。とても素晴らしい模型です。
d0181492_0321875.jpg
d0181492_0323429.jpg
d0181492_0325581.jpg

d0181492_22545454.jpg
d0181492_22551313.jpg

貝で作られた帆船はとても上品で、素敵な感じがしました。夢を乗せて、青空へと飛んでいくような、そんな気さえしました。
d0181492_22552239.jpg
d0181492_2255377.jpg

私自身、素晴らしい、素敵な人たち、仲間に逢えることに感謝しありがたと思っています。若い人たちにとって素晴らしい未来があますようにとここから祈る次第でございます。

有限会社渡辺水産
青森県むつ市大畑町水木沢34
電話番号0175-34-4137
HPには「渡辺水産 大畑」で開けます。美味しい商品が満載です。
by fujitakikaku | 2012-10-26 06:20 | 優良食品工場紹介 | Trackback | Comments(1)
吉田沙保里選手国民栄誉賞おめでとう!!、素敵な女性吉田沙保里さん、八戸の水産業、札幌駅の子供たちの絵
d0181492_2232372.jpg

d0181492_1759590.jpg

青森県八戸市、JR八戸駅です。駅の前に立派な一位の木があります。この木は本当に枝振りもよくとても立派です。その上綺麗です。一位の木だけに気品を感じます。夜にはライトアップされます。
d0181492_17591475.jpg
d0181492_17592469.jpg

八戸は水産の町、イカは日本一の水揚げがされます。品質、量ともに日本一です。活気に満ちた素敵な水産の町です。
d0181492_1822822.jpg
d0181492_1822777.jpg

かもめが仲良くロープに並んでいました。とても珍しい光景です。
d0181492_1825679.jpg


札幌駅に子供たちの元気な列車の絵が展示されいました。元気に満ちた子供たちの姿が浮かんでくるそんな素晴らしい絵の数々でした。秋のこの季節に札幌駅中央口の広場で展示されています。たまらなく良い絵ですよ。
d0181492_2114503.jpg
d0181492_21152229.jpg
d0181492_21152869.jpg
d0181492_2116346.jpg
d0181492_21161380.jpg
d0181492_2116494.jpg
d0181492_21165695.jpg
d0181492_2117323.jpg
d0181492_2117358.jpg
d0181492_2118487.jpg
d0181492_21181974.jpg




レスリングの吉田沙保里さんが国民栄誉賞を受けられることが決定したと今日の朝日新聞(10/24)で拝見しました。オリンピックと世界大会で13大会連続の金メダル、これこそがこれまでの誰よりも偉大な記録だと思います。
若い選手がこれだけの栄誉を得るということに感動しています。素質は勿論有っての上でしょうが、努力・研鑽の賜物であると思います。心よりお祝い申し上げます。本当におめでとうございます。
若いこうした人が光り輝くことにとても嬉しくなります。テレビでの姿を見て、最近は特に女性らしくなられたなあと感心して見ていました。世界の舞台で選手として参加されるだけでも素晴らしいと思っていますのに、13回連続大会金メダルの偉業は実に素晴らしい、又これからは吉田選手の素晴らしい活躍に魅せられた子供たちがレスリングに興味を持ち頑張る姿を沢山見ることができると思います。ただ戦うだけてなく、相手の研究をしつくし、いろんな戦い方を研究し、試合に臨まれるのではないでしょうか。そして、とっさの英断が素晴らしい試合展開を作り出すのではないかと勝手に考えたりしています。
身体と頭脳を巧みに使いこなしていく、子供達にも、最も必要な体力と頭脳の鍛錬方法ではないかと思います。レスリング界にとても素敵な、美しい花が一輪咲いたように思います。日本の誇りです。
本当におめでとうございます。日本人の一人として心よりお祝い申し上げます。

スポーツは体力だけでなく、その体力の維持にも科学的な考えが、方法が取り入れられていると聞きます。健康な体の科学です。そして、スポーツ栄養学等、でもその人の努力は素晴らしいのでしょうね。みんながこうして努力しているわけですから、その上に12大会連続の金メダルですよ。若い人にとっては正に生き方そのものが鏡ですよ。
ふと、今回田中法務大臣が辞任したことを思い出しました。大臣経験者はどのくらいの年金を生涯もらうことになるのでしょうか。もっと適切な年金のつかい方を法律変えてでも実行すべきです。田中法務大臣の年金よりも吉田選手の年金が低かったとしたら悪夢と思います。こんな比較おかしいでしょうか。おかしいのがこの日本の仕組みかもしれません。
だったら仕組みを変えるしかないでしょう。それを私は若者に託しています。みなさん、若い人の時代のために仕組みを変えないといけません。
田中法務大臣の後任が決まったようですが、若い人で優秀な人いるでしょう。もういいですよ、年寄りは。吉田選手のようにはつらつとした政界の若者に頑張ってほしいと思っています。見習ってください。政治家のみなさん。
若い皆さんにできますよ。きっと。私は信じています。
吉田選手の今回の国民栄誉賞は私たちに大きなインパクトを教えてくれたように思います。

八戸港はイカ釣り船が出港の直前でした。
d0181492_183571.jpg
d0181492_1841096.jpg

d0181492_1842535.jpg

八戸市内のお寿司屋さんで綺麗なイワナに逢いました。とても綺麗でした。
d0181492_1844281.jpg

JR札幌駅中央改札口前の続きです。素晴らしい絵が続きます。子供たちが一生懸命に見ていました。
d0181492_21185569.jpg
d0181492_211995.jpg
d0181492_21192948.jpg
d0181492_21194240.jpg

d0181492_21204165.jpg
d0181492_2121048.jpg
d0181492_21211925.jpg
d0181492_21213836.jpg

子供たちの描いた電車、列車は夢を乗せて走ります。列車は希望を運ぶ素敵なものです。子供たちに思い出をいっぱい作ってくれます。列車に乗った時の楽しさがこの絵いっぱいに描かれていました。JR札幌駅で素晴らしい絵に逢えました。
by fujitakikaku | 2012-10-25 05:51 | 元気な日本を創る | Trackback | Comments(0)
鮭日本一標津町・・・標津町の秋、北海道の鮭、美味しい鮭 標津町、品質日本一の標津の鮭、小樽運河 鮭

秋本番、ここ標津町の港は沢山の鮭が水揚げされます。この秋深まる最高の季節にここで生まれた鮭たちが帰ってきます。
港は漁獲された鮭の水揚げて活況を呈します。10月は最も繁忙期になります。朝はもう3時から定置網の網起しに向かいます。そして、間もなく沢山の鮭を積んだ定置網船が戻ってきます。今日も大漁です。浜に掛け声が響き渡ります。

この写真は標津港ですでに水揚げが終了し、今日の漁が終わった定置網船が寄港する薫別港です。ここは28家系のうちの5家系の5船が停泊する港です。標津港からは車で20分くらいかかりますが、とても自然豊かな爽やかな港です。ここから見る知床の峰々はとても綺麗です。例年だと冠雪しているのですが、今年はあったかいせいか冠雪は見られませんでした。それでも海の青さはまばゆいばかりでとても綺麗でした。

薫別港の朝日です。綺麗ですね。
d0181492_1452868.jpg
d0181492_14523047.jpg

d0181492_14564090.jpg


水揚げを終えて、船が入ってきました。
d0181492_14243531.jpg

d0181492_14214737.jpg
d0181492_14222523.jpg

みさき丸では今日はこんなに大きな鮭が獲れたそうです。この鮭10キロ以上はあります。普通は3キロくらいですから3倍以上はあります。そして、こんなに大きな鮭にお目見えしたのは初めてだということでした。私にはこの鮭に神様がまたがっているように見えました。これは縁起がいい、今年は最高の漁になるだけでなく、この良い流れが舞い込んできてくれたようなそんな感じがしてなりません。これはお供えすべきです。最高の縁起物だと思います。

漁師の皆様と記念の一枚です。私は幸運です。だってこんなに素晴らしい場面にいたのですから。
d0181492_14222062.jpg

d0181492_1423030.jpg
d0181492_1423444.jpg
d0181492_14233674.jpg

今日は天気も最高、遠く水平線の彼方に国後島が見えました。豊かな海がキラキラと輝いていました。
d0181492_14232772.jpg

第三十八正栄丸も帰ってきました。お疲れ様でした。
d0181492_14542530.jpg

d0181492_15161736.jpg

水揚げとセリは標津港で行われます。すべてを終了して薫別港へと帰ってきます。
漁獲された鮭は食品として大切に扱います。沢山の氷を使って鮮度の低下を抑えます。この氷の量も確かなデータに基づいています。管理状態は毎日市場に掲示します。加工場へは何と10分以内に市場から運ばれます。早いところは5分以内です。こんな加工場他にはありません。鮮度の良さは際立ちます。
d0181492_15165785.jpg
d0181492_15165430.jpg

鮮度保持タンクの横にはたくさんの氷が常時用意されています。鮮度を維持するための懸命な努力が払われています。漁師さんたちは海を大切にします。そして、海に感謝し、得た鮭に感謝し、細心の配慮をし、沢山の氷で鮮度を保ち、加工場へと移していきます。鮮度管理は海の上から始まっています。海を汚さないように海の清掃にも懸命です。山、湖、川、海が一体になって自然環境を守ります。日本一の品質の良さは標津漁師達の誇りです。一度標津の鮭を手に取ってみてください。この美しさは鮮度が生きています。日本一の「いくら」もこの海から、漁師たちの手で生まれます。
d0181492_15173160.jpg

d0181492_14263555.jpg

田村漁業代表の田村正様と腕組んで一枚のショットをキープしました。ありがとうございます。元気をいただけます。
船の管理も非常によく、衛生的で整備の行き届いたとても清潔感あふれた定置網船です。秋晴れの美しい空の青さと船の白さが太陽の光を浴びてキラキラと輝いていました。
d0181492_1427150.jpg
d0181492_14271184.jpg
d0181492_14273154.jpg
d0181492_14274112.jpg

綺麗な神棚には「安全な操業と、漁師みんなの健康が祈られていました。そして、海の恵み、鮭たちへの感謝」がこの神棚の美しさ、祀られ方にあらわされていました。私は標津町地域HACCP審査の中でこうした神への感謝を忘れないことにしています。いつも乗船させていただくときに必ず神様へ沢山のお礼をご報告することにしています。
d0181492_1428482.jpg

私は綺麗な操舵室でご機嫌になっていました。日頃からの管理の良さがうかがえました。とても綺麗で清潔にされていました。ピカピカです。びっくりするほど綺麗でした。

海を愛し、そして海に感謝し毎日を送られる漁師の皆様は浜辺近くに住んでおられます。朝日、夕日を見て季節の変わり目を知り、鮭が又いつものように帰ってきてくれるようにと海を汚さないように、山も、川もいつまでも綺麗であり続けるようにと年間を通して多くの作業をされています。山の美しさは漁師の皆様の誇りでもあります。
今年もこれから紅葉が始まります。鮭がたくさん帰ってくるこの時期は最高に美しく、生活のしやすい季節でもあります。この時期に標津町への観光は子供さん達、学生さん達には特に最高だと思います。
標津町のホームページを参考にしてください。サーモンフィッシングだってできますよ。本当に素晴らしい漁師さんたちに逢える、鮭日本一の町です。「日本で最も美しい村」にも選ばれています。
d0181492_20201513.jpg

知床の秋もこれからです。どんどん紅葉していきます。綺麗ですよ。最高の季節を迎えます。標津町は世界遺産知床半島の玄関口に位置します。
by fujitakikaku | 2012-10-24 00:08 | 地域HACCPの町 | Trackback | Comments(0)
わさお君・・・青森の可愛い犬、ブサイクとはウソのわさお、「わさおくん」のマスコット、わさおは賢い犬

青森へ観光でいかれたら、JR青森駅を出てすぐ左手に観光案内所があります。ここでご紹介を受けることをお勧めします。とても丁寧にたくさんのパンフレット、案内の資料が用意されていて丁寧に、優しく紹介していただけます。ここの案内書は本当に素晴らしい観光案内所です。

ねぶたのお人形さんたちです。とても可愛く作られているのにびっくしました。とても良いデザインだと思います。
d0181492_061477.jpg

d0181492_011174.jpg

青森県で大の人気は可愛いブサイク犬「わさお君」です。このわさお君とんでもない大変な人気者なのですが、こんな可愛いマスコットとなってこれまた活躍中です。駅のおみやげ品売り場でも沢山関連グッズが売られていました。
d0181492_0112247.jpg

d0181492_062892.jpg
d0181492_06449.jpg
d0181492_07846.jpg
d0181492_072127.jpg
d0181492_073715.jpg

こうした工夫が、沢山の知恵をから生み出されていくことに感心しています。
わさお君がクラスターとなって関連のお土産を沢山この青森にもたらしています。
九州の熊本では今「くまモン」が大活躍中です。
いろんな形で元気のあるところが沢山有ります。私たちはもっといい場面を探しましょう。世界経済を動かす商品は作っていないし、そんな大きな売り上げはありません。だから世の中の大きな流れにそんなに左右されないはずです。
売れない理由を世界経済の悪さのそこに求めているとしたら嫌ですよね。こんな世でも、良いところ沢山あるということです。そこに目を向けて、参考にして頑張りましょうよ。
こんな時こそ、人はより成長するものです。会社が景気の良い時は案外人材は育たないものです。
by fujitakikaku | 2012-10-23 20:35 | 元気な日本を創る | Trackback | Comments(0)
白神山系「青池」を訪ねて・・・神秘的な美しさを湛えた青池、十二湖と青池の旅、美しい湖、リゾート列車の旅


青森駅から出発するリゾート列車が幾つかありますが、とも綺麗で、可愛い列車たちです。どの列車もすでに人気者ですっかり生き物となっています。ただの列車でなく、これは立派な生き物ですよ。沢山の人に喜ばれ、一生懸命に「おもてなし」をしているのがひしひしと伺える感じがしました。
この列車は「あすなろ号」どうやら竜飛岬の方にいく、リゾート列車のようです。沢山の観光客が笑顔いっぱいで乗っておられました。天気も快晴、良い列車の旅になりそうです。
私はこの列車を見送り、仕事で下北半島へと向かいますが、「青い森鉄道」に乗って楽しくいきたいと思います。この列車もなかなか可愛いですよ。そして、ゆっくりと列車に乗って行くのもなかなかいいものです。約3時間の旅です。

リゾート列車「あすなろ」号が青森駅に入ってきました。とても可愛い感じのいい列車です。
d0181492_22101558.jpg
d0181492_22105483.jpg
d0181492_22105272.jpg
d0181492_22112884.jpg


d0181492_22132590.jpg

いくべえ君は大活躍ですよ。とても可愛く愛想よし、素敵なゆるキャラくんです。
d0181492_22132689.jpg
d0181492_2214791.jpg
d0181492_221423.jpg

お客さんとこの愛想の良さです。一歩歩くにも大変です。でも、この困難さを表情一つにも出しません。
d0181492_22145629.jpg

お客さんも大喜びで、大満足の様子でしたよ。よかったね、いくへえ君。君は実に可愛いよ。
d0181492_22145729.jpg

私も記念に「いくべえ君」と一枚キープさせてもらいました。
d0181492_221537100.jpg

あすなろ号の前で、記念の一枚です。私とても嬉しいです。
d0181492_22155686.jpg
d0181492_22162953.jpg
d0181492_2216307.jpg


d0181492_22172961.jpg

いくべえ君とスタッフはお客様をお見送りです。お客様は笑顔で、大満足です。
d0181492_22172940.jpg
d0181492_2218577.jpg
d0181492_2218473.jpg
d0181492_22183974.jpg
d0181492_22183811.jpg
d0181492_22191110.jpg
d0181492_22191159.jpg
d0181492_22194611.jpg
d0181492_22194791.jpg
d0181492_22202162.jpg
d0181492_22202627.jpg

いくべえ君は愛想よく振るまっていました。その懸命さがとても可愛いかったですよ。

経済状態が低迷し、学卒の就職状況も今一つの状態の今日でが、いくべえ君の頑張りを見ていると、こんな学生がいたらまず採用です。とにかくその任されたことに一生懸命であるばかりでなく、一つ一つの歩き方、身の動かし方にしても努力がされています。観光客の反応を研究している姿が私には見れます。とかく素晴らしいと思います。いくべえ君の賢明さは実に素晴らしい限りです。学生諸君は大いに見習うべきです。学生は何のために学校に行っているのでしょうか。そして、何のために働きたいと思ってるのかということを、その考えと行動が経営者の気持ちとあっていないことにもつと気づくべきと思います。就職がないのではなく、会社側には採用したくない人なのです。会社はいつも優秀な人材を探しています。就職難なんていつの時もありません。会社は常に人材不足状態と思ってください。
by fujitakikaku | 2012-10-22 23:21 | 元気な日本を創る | Trackback | Comments(0)
津軽鉄道の秋・・・秋、素敵な津軽鉄道、お洒落な津軽鉄道と沿線の花々、津軽鉄道を応援する人たち

元気いっぱい津軽鉄道・・・実に素晴らしい津軽鉄道、津軽鉄道と沿線の花

林檎たちが、「素晴らしい日本を忘れていないの。」「そんなに下を向いて、・・・・元気を出しない。」そんな風に言ってるように思えます。リンゴの笑顔を見て元気になれます。こんな素晴らしい日本世界にないと思います。元気をもらって楽しく暮らしていきましょう。大自然恵みに感謝しながら・・・。
d0181492_937362.jpg


津軽鉄道・・・本州最北端の町、ストーブ列車とコスモス、幸福を乗せて走る津軽鉄道

津軽鉄道は青森県津軽地方を走かる電車です。極寒の中、雪をかき分け懸命に走るイメージがあります。私はこの秋深まるこの季節に五所川原の町を訪問することが出来ました。
青森駅から電車で1時間半、五所川原駅につきます。JR五所川原駅で津軽鉄道に乗り換えることが出来ます。
五所川原駅では少し形は古いのですが、良く手入れされた電車が整列していました。この様子がとても優しく、心地よく感じられました。この電車とラッセル車に気づき、駅を降りて五所川原駅付近を散策することにしました。沿線に沢山の黄色いコスモスの花がいっぱいに咲いていました。とても綺麗で、うっとりと見とれていました。こんな中を電車が走るのです。乗っていても、走る様子を見ていてもそれは心がうきうきとしてきますよ。こんなに綺麗に花が咲いている、お世話されるのはどんな人たちなのだろうと思ってしまいました。
案の定、一人のご婦人が一生懸命に草を抜き、鍬で耕して、お世話をしておられる姿にお会いできました。やっぱりね・・・。沿線の人たちがこの花たちの面倒を見ているということを知りました。花の名前が分からなかったのですが、この白い花、とても可愛い、愛くるしいほどの白い美しいこの花は夕日に染まって美しく、とても印象に残りました。
形は古いけど、とても手入れの行き届いた電車は最高に生き生きとして活気に満ちているように見えました。朝、夕は学生さん達をたくさん乗せて、又ビジネス、仕事の人をたくさん乗せて、元気に走っていると思うととても嬉しくなりました。休んでいる、今ここにいる電車もとても輝いて見えました。

三陸大震災に遭った電車は廃線です。でも、こうして廃線をせず、危機を乗り越えた電車達は今地域の活性化に大きな役目を果たし、元気な姿を見ることが出来ます。三陸の鉄道は廃線でいいのでしょうか。私は絶対に廃線にすべきではないと思います。頑強な防波堤はいりません。夢を乗せて、希望を乗せて、子供たちのために、地域のみんなに愛される電車、鉄道は絶対に復興すべきです。廃線にして栄えた町は、今、日本のどこにもありません。あなたの足元にある何でもないものが失ってみると大きな財産であったことに気づきます。大切にしないと。
函館、小樽の町は何故あんなレトロな街がお洒落に残っているのでしょうか。知っていますか、それはあまりにもお金がなく、壊すことが出来なかったそれだけの理由です。それを、朽ち果てそうになったレンガの倉庫を大切に復元し、近代化したのがこの町で観光地の代表格です。見方を変えるととんでもない財産なのです。知恵と実行力が最大の武器となります。
鉄道を廃線にして、堅牢な防波堤を作る。陸の孤島の再現は最悪のシナリオです。素晴らしい夢と希望のあるまちづくりを期待します。列車は町と町を繋ぎ、夢と希望を乗せて町に幸福をもたらします。必ずそうなります。・・・・・・
元気な若い電車、仕事を終えたレトロな電車ともにこの町に絶対に必要であり、それが町に素晴らしい明日をもたらすと思います。今でも思い出します。高校時代市内電車がありました。その中で騒いで、おしゃべりもし、期末試験のときはこの中でも勉強しました。あのころの、青春時代の素敵な思い出は電車の中で沢山生まれました。今もいい思い出となって胸の中にあります。
津軽鉄道を見ながら高校時代の九州の故郷を忍んでいました。良いですね。最高です。


青森はこのリンゴの笑顔です。丸くて笑顔で赤いほっぺ、とても可愛く愛らしいですよね。
d0181492_9374913.jpg

d0181492_9403991.jpg
d0181492_9405888.jpg

津軽鉄道の今を走る。元気に走る列車に感動を覚えます。その元気は地域住民の皆様の愛情ですよね。
沿線に咲く、花たちはとても綺麗でキラキラと輝いています。津軽鉄道の素晴らしさはこの沿線の花と素晴らしい世界を作っていることだと思います。
d0181492_942514.jpg
d0181492_9425289.jpg

d0181492_943302.jpg
d0181492_9434684.jpg
d0181492_9435898.jpg
d0181492_9441438.jpg
d0181492_9443247.jpg
d0181492_9445049.jpg

見てください。沿線には花がいっぱいです。そして、その花たちをお世話する地域住民のみなさまがいらっしゃることに本当に感動を覚えます。とても素敵です。
d0181492_9482893.jpg
d0181492_9484071.jpg
d0181492_9485565.jpg
d0181492_949141.jpg
d0181492_9493585.jpg
d0181492_9495435.jpg
d0181492_950622.jpg


昔を懐かしく思います。一世を風靡(ふうび)したお父さんたちが静かに私たちを見守ってくれています。長い、深い歴史の中に今日があることを本当に教えていただきますよね。代から代へとつながる歴史を丁寧に教えていただいているように思えてなりません。
d0181492_9453212.jpg
d0181492_9455147.jpg
d0181492_946896.jpg
d0181492_9462354.jpg
d0181492_9463595.jpg
d0181492_9465016.jpg
d0181492_947626.jpg
d0181492_9472217.jpg
d0181492_947452.jpg

鉄道、正に鉄道です。この光景今ではどこで味わえるでしょうか。とても素晴らしい光景です。私には感動の光景でございます。
d0181492_9505768.jpg

d0181492_9513479.jpg
d0181492_9515071.jpg
d0181492_952240.jpg
d0181492_9521661.jpg
d0181492_9523180.jpg
d0181492_9524369.jpg
d0181492_9525888.jpg
d0181492_9531579.jpg
d0181492_9533362.jpg
d0181492_953447.jpg

岩木山の夕日は本当に綺麗です。素晴らしい・・・・。その美しさに周りの植物たちも参加します。みんながあって岩木山なんですね。岩木山はそのことを知っているように思えてなりません。
d0181492_9543314.jpg
d0181492_9545127.jpg
d0181492_9551260.jpg
d0181492_9553036.jpg
d0181492_9554660.jpg
d0181492_9561383.jpg

津軽鉄道に逢えて本当に良かったと思います。こんな素晴らしい鉄道がここにあったということです。ありがとうございました。また、お会いしに来たいと思いました。
by fujitakikaku | 2012-10-18 23:27 | 元気な日本を創る | Trackback | Comments(0)
小樽運河 鮭・・・・・頑張れ鮭達、生き抜く姿に感動、鮭が教えてくれた生き抜く事


小樽の駅には素敵な写真、石原裕次郎さんの姿写真がありました。等身大でしょうか。さすがです、とても素敵な写真でこの駅の雰囲気を作っているようにも感じました。私達の青春時代の憧れの裕次郎さんでした。
d0181492_1231781.jpg
d0181492_12314032.jpg
d0181492_1232391.jpg
d0181492_12323392.jpg
d0181492_12325279.jpg
d0181492_12332878.jpg
d0181492_12341352.jpg


駅には楽しい子供たちの列車・電車の素敵な絵が飾ってありました。良いですね。とっても素晴らしく、素敵でした。夢をいっぱい乗せて元気に走っている姿が印象的でした。
d0181492_12355443.jpg
d0181492_12364249.jpg
d0181492_12371094.jpg

小樽の町には花も沢山飾られ、お洒落におもてなしです。
d0181492_1240375.jpg
d0181492_1240594.jpg
d0181492_1241131.jpg
d0181492_12413886.jpg

小樽運河に大量の鮭達が帰ってきました。小さな川を必死に上ろうとしています。皆はこの懸命な姿を見て、必死に声援を送っていました。「頑張れ、頑張れ!!」
d0181492_17221343.jpg
d0181492_17233270.jpg
d0181492_1724367.jpg
d0181492_17242542.jpg
d0181492_17244966.jpg
d0181492_1725650.jpg
d0181492_1725247.jpg
d0181492_17254512.jpg
d0181492_1726556.jpg
d0181492_17262458.jpg
d0181492_17264312.jpg
d0181492_17284826.jpg
d0181492_1729710.jpg

d0181492_17301682.jpg
d0181492_17303623.jpg

とにかく懸命です。力尽きた鮭は死に絶えていました。そして、白く変わり果てている姿がとても悲しさを誘いました。
d0181492_17312247.jpg
d0181492_17314649.jpg
d0181492_17321369.jpg
d0181492_17323122.jpg
d0181492_17324981.jpg
d0181492_17331064.jpg
d0181492_17343662.jpg
d0181492_17355892.jpg
d0181492_17362585.jpg
d0181492_1736576.jpg
d0181492_17372078.jpg
d0181492_17374071.jpg
d0181492_17381373.jpg
d0181492_17385434.jpg

更に頑張ります。みんなも声援です。
d0181492_17401849.jpg
d0181492_1740546.jpg
d0181492_17411873.jpg
d0181492_17413612.jpg
d0181492_1742321.jpg
d0181492_17424569.jpg
d0181492_174383.jpg
d0181492_17432313.jpg
d0181492_1744179.jpg
d0181492_1744478.jpg
d0181492_1745590.jpg

更に上流を目指しています。
d0181492_17475438.jpg
d0181492_17481899.jpg
d0181492_1748353.jpg
d0181492_17485645.jpg
d0181492_17491448.jpg
d0181492_17495048.jpg
d0181492_17501869.jpg
d0181492_17504030.jpg
d0181492_1751126.jpg
d0181492_17513665.jpg

そして、更に遡上します。
d0181492_17523851.jpg
d0181492_17535292.jpg
d0181492_17541940.jpg
d0181492_17544143.jpg
d0181492_1755027.jpg
d0181492_17551939.jpg
d0181492_17553861.jpg
d0181492_1756419.jpg
d0181492_17562826.jpg
d0181492_17565088.jpg
d0181492_1757833.jpg
d0181492_1757412.jpg
d0181492_1758641.jpg
d0181492_1758292.jpg
d0181492_17584751.jpg
d0181492_17591371.jpg

ところがこの川には上流を目指しても卵を産める場所がないのです。ここで行き止まりと言ってもいいのです。
しかも川底はセメントで固められているのです。小石、砂などもありません。ここで放流された鮭でも、ここで育った鮭でもないのです。こんな不思議な現象は初めてだそうです。
でも、懸命に子孫を残そうとする鮭達の姿に多くの観光、地元の人たちは感動していました。こんなに感動的な光景をいただいたことに感謝する次第です。命の大切さを改めて思い知らされたと思います。
子供達は大きな声で「かがんばれ鮭さん」と、大声で声援を送っていした。女子高校生は涙を流していました。
d0181492_17592678.jpg

by fujitakikaku | 2012-10-16 18:24 | 北海道経済活性を考える | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku