人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

<   2012年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

三陸復興計画、ヨーロッパ文化の導入、ヨーロッパ文化の受入れ、・・・何でも日本の技術で復興と考えない
d0181492_9412767.jpg

熊本県の阿蘇山の中にはこんなに可愛い電車が走っています。土曜、日曜となると超満員だそうです。夢を乗せて、楽しさを載せて電車は走ります。熊本には戦後東京を走っていた電車を譲り受け大事にしている電鉄があります。ここも人気の鉄道です。北熊本鉄道がそうです。とても良く工夫をしておられます。ものを大切にしておられます。それが財産となっています。実に素晴らしいと思います。
d0181492_9414467.jpg
d0181492_942485.jpg

私が首相なら、三陸のある地に素敵な港町を計画します。そして、その計画から設計、デザインを広く世界から求めます。というよりもヨーロッパ、できたらスペイン、ギリシャ、イタリアの若者から求めます。そして、三陸の現地の若者を雇用し参加させます。ヨーロッパの文化を生かした日本の港町を作ります。ヨーロッパの歴史は深く、そこにある生活の基盤、文化は私たちが大いに学ぶべき価値があります。日本人に無く、幸福な生活に必要な財産があります。だから私は考えます。これからの復興の工程が子供達、若者たちにこれからの人生にも大きな影響を持てるようにしたいと願うからです。
そして、東京と大阪に販売店を作ります。それには商店街を買い取ります。そして、ヨーロッパの朝市を参考に、ヨーロッパの設計を採用します。これは自分たちが収穫し、作り上げる食品が、製品が消費者がどう評価するのか、直接聞けるからです。そして、真に消費者にこたえることができる商品を提供する。そんな流通体系を作りたいのです。そして、都市部を中心とした商店主たちがそんな商品なら自分たちにも売らせてほしいと、相談に来るそんな会社を作り上げていきます。そんなに難しいことではないのです。製品に愛着がないことが障害となっています。

さてこの計画でいくらの費用が必要かを概算見積もりを取ります。モデル地区が出来ます。次に三陸全体に協力地域を探します。そして、鉄道線路でつなぎます。日本で、世界で古くより使われている車両を譲り受けます。導入します。そして、リニューアルします。本線の復活です。実行から復活まで3年とします。
幸いにも今ユーロ安です。そして、ヨーロッパの復活を願い、ヨーロッパと姉妹都市契約をします。子供達の交流を促します。言葉の交流をし、文化の程度、教育水準を上げていきます。将来はこの子供たちがヨーロッパと日本を渡り歩き活躍してほしいと思っています。外国語でコミニュケーションのできる子供達を積極的に育成します。ヨーロッパの歴史の深さ、文明水準の高さは大いに子供たちに学んでほしいものです。今、経済的にはヨーロッパは大変ですが、持っている財産を考えるととても素晴らしいものを持っておられます。私たち日本人に本来必要な豊かさがあります。この計画は若者たちのモノづくりへの技術に触れることができます。最新技術でリニューアルを進めます。
これに気づくことも復興の礎になると思います。物事は計画性をもって最終目標を明確にし、それに向う、全員が懸命に頑張ることが大切です。明治維新も若者たちが立ち上がりました。今日の豊かさはあの明治維新があったからではないかと私は思っています。
先輩たちは数々の遺産をたくさんこの日本に残してくれています。そのことにも気づき、実行することが今必要なのです。
私が首相なら、強引にでも持っていきます。いやな人は別に計画し、独自の計画を立てて進めたらいい。いずれにしても、予算と計画、工程をしっかりと定めることに復興の鍵があります。瓦礫の処理保証、防潮堤建設、かさ上げ等・・・そんなことに膨大なお金をかけて復興はいつになるのでしょうか。円高はそのチャンスでもあると思います。神様は日本の復興を応援してくれているようにも思います。これが円安だったらそうはいきませんよ。
荒れた山林の材木を大いに利用すべきです。花粉症も解決します。花粉症は野放しにした山林の病気ととらえるべきです。この自然は人間だけのものでは決してありません。ましてや人間の思い通りになるはずがありません。
私たちが幼いころ、北海道、北九州は炭鉱の町で栄えていました。しかし、一方では粉じん爆発、落盤大事故などの被害が多く、沢山の方が亡くなられています。しかし、その後は石油に変わりました。あの犠牲はなんだったのだろうとは思うと悔しいものです。しかし、考えてみると長い歴史の中にはこうした悲しい事実があります。こうした事実を理解し、これからの若い人たちが知恵を使い豊かな日本を作ってほしいと思います。私たちはそんな犠牲を更に出さないように勉学に励んできました。それが犠牲になられた人に対する恩返しなのかもしれません。私たちが先輩達からもらった素晴らしい財産が更に継続的に受け継がれていくことを心から願うものです。石炭から石油への転換期には生活の面でも、犠牲者の発生にしても多くのことがありました。この歴史の事実を教育の中に反映されているのでしょうか。勉強しないことは悲劇をもたらします。是非勉強を惜しまないでほしいと思います。
原発での犠牲を無駄にしてはいけないと思います。原子力の平和利用は決して間違っていないと世界に言わせたいですよね。いかがでしょうか。
原子力エネルギーからの転換は自然界が求めているものかもしれません。今すぐに全廃とはいかないと思いますが、計画的転換の時期にあることは間違いないと思います。計画的に転換を進めるべきであり、合わせて原発の現状に沿った廃炉も進められるべきだと思います。
極端な、無理な廃炉はむしろ避けるべきです。このまま安全な原発の研究が進まないようだと世界にある、中国を中心として大規模な原発新設計画は日本だけで放射能汚染を防御できる時代ではなくなっていると思います。中国で購入した地図を見てびっくりです。中国の端よりも、日本は遥かに近いところにあります。事故が起こればその影響は日本をすっぽりと覆ってしまいます。先日中国からの黄砂が北海道の摩周湖の森林に影響の可能性があるのではないかという研究内容を報じていました。
世界的動向、規模での研究と考え方が求められています。

地図を広げて見ました。
d0181492_9172516.jpg

近隣の諸国はとても近くに位置していることが分かります。安全確保は世界レベルの問題と対応が必要なのですね。地図の見方を変えると違った何かを感じることができます。日本は韓国、北朝鮮、中国が本当に近いということです。環境保全のあり方を考えさせられます。
d0181492_9174124.jpg

追記:JR電車の中で・・・・・
「暑いわね。」「梅雨もやつと終ね。気候変動も大きくすぎますよ。」「九州も大変な被害だったけど、兵庫県でも沢山の被害が出ましたよね。」
「ところで原発の問題どう思いますか。」「私たち年寄りはいいけど、子供達、孫たちに心配ですよね。」「もしものことがあったら、福島のようなことがあったら。」
「私は絶対に反対、再稼働なんて絶対反対!!」
・・・・・・話は続きます。
「ところで奥さん、この電車暑くない。冷房効いてないんじゃない。」「暑くていやね。」「暑いの嫌い!!最悪!!」
異様なほどのお怒りぶりです。・・・・
唖然です。世の中こうです。
世界環境会議が京都で開催されたとき、終わって発生したごみの山、夜中まで続く議論・・・煌々と使われる電気・・。
もっと活動をしようとする人は全体を捉えて欲しいものです。点を見て反対ではないと思いますがいかがでしょうか。
私は食品関係の仕事をしていますが、講演も依頼されます。その時、内容として時折、テーマとは別に
有機水銀による水俣病事件、カネミ油症事件、粉ミルクヒ素混入事件を歴史の事実として話すことがあります。戦後に起こった、つい最近の事件です。この事実を知らない学生たちが食品会社に入り、品質管理の仕事をしている、この事実を知り学校教育、大学教育の未熟さを感じます。就職率が低下しているというのは自分たちの勉強の深さにも問題があります。食品会社だけでなくいろんな会社が今や最悪の人材不足時代なのです。経済状態が悪いから就職率が低いのではないのです。とにかく教育は最も大切なのです。
by fujitakikaku | 2012-07-30 00:04 | 若者達の頑張り方教えます、就活成功法 | Trackback | Comments(0)
若者の考え、そして目標・・・・目標を設定することの大切さ、雲南市、尼崎市、神話の国島根、峯寺・遊山荘

人はこの世に生まれ、生を受けて・・・。その後の生活の環境は様々だと思いますが、直面する苦難、そしてチャンスは平等にあるのではないかと私は考えています。
ただし、それらをいかに克服していくか。チャンスをどのように生かしていくかは個人差があるように思えてなりません。
今回の東日本大震災で被災を受けた人の中には、別の生き方をしたり、チャンスを得て新たな展開のチャンを得て、人生の楽しさを得ていく人もないとは言えないと思います。
d0181492_21373092.jpg
d0181492_21375867.jpg
d0181492_21393368.jpg

私もコンサルタントの仕事をしていますが、いくつかの会社の皆様とお付き合いをさせていただいています。各会社で個性があり、特徴があり、とても楽しいものです。
私の楽しみは何と言っても若者たちと話ができること。楽しい食事ができることが最も嬉しい時です。この年になりましても、ますます若い人たちからいろんなことを教えてもらうことができます。

島根県雲南市に工場を持つ本部三慶株式会社の皆様とのお付き合いも随分と長いお付き合いです。神々の住むこの工場の所在地にはたくさんの遺跡があリます。私の名前が藤田八束(やつか)と言いますが、この島根の国引きの神様が八束水臣津野尊(ヤツカミズオミツヌノミコト)とおっしゃられ、国造りの神様だったと伝えられたのを聞いています。この町の近くに八束町という所もあり、何か運命を感じています。
d0181492_21155349.jpg
d0181492_21161349.jpg
d0181492_21162188.jpg

d0181492_14593768.jpg

d0181492_21163925.jpg
d0181492_21164542.jpg

先日は、工場の若者たちと近くのお寺、峯寺・遊山荘でバーベキューパーティーをしました。日曜日でしたがみんな集まってくれました。とても楽しい話をしながら、盛り上がりました。必ずやこのスタッフたちの笑顔を見ていて、幸福がこれから先、沢山有ってほしいと願わずにはいられませんでした。月灯りが若者たちをしっかりと優しく照らしていました。

同社の研究所が大阪にあります。技術部の若者たちと食事をしました。ここでも楽しい時間を持つことができました。いろんな仕事のこと将来の目標、こうありたいなど・・・沢山の話ができました。共通することは目標をしっかり持って進んでいこうということでした。こうしてせっかくみんなが時を同じくして、こうした場面で出会っていることを人生の素晴らしい出会いとしたいと思います。
d0181492_2119672.jpg
d0181492_21192784.jpg

こうしてお逢いし、話をすることでお互いも理解することができます。とてもたいせつであり、素晴らしいことだと思います。若者たちの笑顔は最高です。大好きです。
d0181492_21195739.jpg

ブランディングの打ち合わせの後で・・・。勿論、製造計画も綿密な打ち合わせが要求されます。
d0181492_21345933.jpg

d0181492_048526.jpg

こうした関係を大切にする会社は組織として前進し、素晴らしい商品の開発、新たな生産へとつながり、商品を通して大きな社会貢献ができると思います。きっと素晴らしい製品の開発が聞かれる日も近いと期待し、若者たちの笑顔を見つめていました。幸福になってほしい。ひたすら、私は心からそう祈っています。そして、今一緒にいることを喜びとしています。ありがとう。
長い人生の中で出会った人を大切にしていくのも大きな財産となると信じています。例えいったん何かの理由で離れても、又いつしか、お会いしたいと思います。
バーベキューの途中で、今ここにいない友達に電話をしていたのを見てとても嬉しく思いました。「野間君、清原君に会いたい」といっていました。その姿を見て、出会った人はつながっている。大切にしていることに気づき、とても嬉しくなりました。
by fujitakikaku | 2012-07-27 19:29 | 若者達の頑張り方教えます、就活成功法 | Trackback | Comments(0)
藤田八束と北山緑化植物園⑤・・・・兵庫県西宮の素敵な花壇、阪急電車で北山緑化植物園へ(5/5)

被災地へ、ここ西宮からたくさんの花の苗が送られました。何度も紹介しましたように私たちは17年前、可愛い花が元気に咲く様子を見て元気づけられました。そして、復興に向いました。そんな思いを込めて、復興の願いを込めて届けられました。
d0181492_18333691.jpg
d0181492_18334424.jpg

届けれた「ゆめむらさき」はこの西宮市植物生産研究センターで誕生したものです。ここ西宮しかない花です。
d0181492_18342664.jpg
d0181492_18341086.jpg

このフクシアの花もこの西宮市植物生産研究センターで誕生した花だそうです。
d0181492_18345095.jpg


植物園では花の苗木が沢山販売されていますが、どれも本当にお洒落な感じがします。
d0181492_1835132.jpg
d0181492_18354470.jpg
d0181492_18353530.jpg
d0181492_18361910.jpg
d0181492_1836824.jpg
d0181492_18364988.jpg

皆さん本当にお花が好きなんですね。嬉しくなってきます。
d0181492_1836565.jpg

d0181492_18372626.jpg
d0181492_18374151.jpg

花に囲まれ、綺麗な植物園でとても私自身幸福です。
d0181492_1843691.jpg

d0181492_18435516.jpg
d0181492_18433943.jpg
d0181492_18442127.jpg
d0181492_1844731.jpg
d0181492_18444874.jpg

喋々もとても嬉しそうです。
d0181492_18443881.jpg
d0181492_1845254.jpg
d0181492_18451263.jpg

バラの花壇、棚の前で本当に嬉しいですよ。北山緑化植物園は私たち市民の誇りです。
by fujitakikaku | 2012-07-25 21:30 | 四季の可愛い花 | Trackback | Comments(0)
米新型輸送機「オスプレイ」導入の行方・・・・国防、災害救助として
d0181492_10545338.jpg
d0181492_1055822.jpg
d0181492_10552438.jpg

d0181492_11142437.jpg

命を守ることの大切さ、今日日本人は再認識していると思います。本当に災害が多いですよね。
そして、昨年の東日本大震災の時です。人々は助けを求めました。津波は多くの人の命を奪いました。
目の前で助けを求める人たちを見届けました。反対側からは私たちを励ましてくれていました。
d0181492_1134638.jpg
d0181492_114191.jpg
d0181492_1141350.jpg


d0181492_1144799.jpg
d0181492_115186.jpg
d0181492_1152154.jpg

小さな救助隊では、これだけの人達は救助できませんでした。一回に数人です。そんな実体でした。
d0181492_1195598.jpg
d0181492_11101380.jpg
d0181492_11102916.jpg


私は昨年の3月11日気仙沼で被災しましたが、その時合同庁舎に避難した人だけでも約250名でした。その間は3日間をここで過ごしました。ほとんど食べ物もなく、飴玉をいくつかいただいたにすぎませんでした。津波が襲い、恐怖のどん底、そんな中で「自衛隊に連絡して!!、救助をお願いしてください!!」「自衛隊は知事の要請が必要だから、そうしてくれ!!」「とにかく叫び続けてくれ!!」と市の役人たちに訴えました。「私は神戸でも震災、その時の経験から言っている。お願いだから自衛隊にお願いしてくれ!!」と大きな声で直談判した、それは必死でした。でも「通信ができない」といっていた。最悪です。通信すらも取れないということでした。
いくつかのことを思い出していました。神戸の時は電気はすぐ来た。炊き出しがあった。トイレが使えない。女性たちはたいへん・・・。でもまずは自衛隊の救助活動だ。いつ来るのだろうか。きっとすぐに、少なくとも夜半には来るとみていました。しかし、来たのは3日後でした。その間ご飯粒すらありませんでした。当然のことでした。
救助が全くできなかったということです。やがて自衛隊のヘリコプターが・・・・。しかし、救出されるのは数人ずつ、これではいつ救助がここだけでも完了するのかとても救助と言える状況ではありませんでした。もっと一度にたくさんの人を救助する手段はないのか。・・・・海外ではどうしているのか・・。
そして、今日「オスプレイの導入」が問題としてクローズアップされています。
なぜオスプレイを導入するのか。メリットとデメリットを良く評価して導入の検討はされるべきだと思います。あの時、このオスプレイがあったらと私は思いました。こんなに素晴らしい手段が開発されていることに今後の救助活動には絶対に必要だと思いました。避難が進まない中、歩ける人は海水の中を私は革靴のまま膝まで海水に浸かった状態で歩きました。その時はもうこの世との終りだとも思いました。励まし合って脱出しました。あの雪の日、海水の冷たさを感じなかったのは必死だったからだと思います。着替えもなく冷たさを感じたのは山の上の避難場所気仙沼小学校についてからでした。
若者たちに期待したいことがあります。
①なんでも人の話をよく聞く。まずは聞いてみる。
②そして、自分の考えを合わせてみる。考えを表現する。
③議論する。
④そして、方向性を決める。
⑤決まったら、実行計画を工程表にして進めていく。
目標をしっかりと持って進めることをお勧めします。これからの日本、若い人たちが決めていくべきです。しっかりと目標を持ってください。世界でも、最も高い教育を受けている若者は共通認識として話し合う力を持っていることを私はとても素晴らしいことであり、これからの社会に必要なことだと思っています。
若い人が政治に関心を持ち、政治に参加し、代表を国政に送り、自分たちの子供たちのためにも、素晴らしい日本を作りに励んでほしいのです。それには海外の技術も導入する。それは日本人だけでなく、世界の人の評価をし、認めていくということになります。人は認めてもらうことは最高の喜びではないでしょうか。

安全性の確保は最優先であることは誰でもが願うところです。
by fujitakikaku | 2012-07-23 09:40 | 若者達の頑張り方教えます、就活成功法 | Trackback | Comments(1)
素敵なバーベーキュー・・・・ログハウス峯寺遊山荘にて、絶景の峯寺遊山荘、雲海の峯寺遊山荘(3/3)

楽しいバーベキューパーティー後の続きです。
d0181492_22573149.jpg

早朝、矢倉課長は「峯寺・遊山荘」から山頂を目指しました。(矢倉課長ご推奨の雲南市の中華料理店にて、この麻婆豆腐辛くて最高の美味しさでした。麻婆豆腐は本当に大好きです。それはそれぞれの美味しさがあるからです。違ったおいしさをそれぞれに味わうことができるからです。調理の仕方にとても興味が持たれます。このおいしさどうして作るのだろう。そう思うのは麻婆豆腐を食べるときもっとも多く感じます。)
d0181492_2264029.jpg
d0181492_227084.jpg

ここからは矢倉君が山頂へ向かい写真を撮ってきてくれました。
d0181492_2283020.jpg

山の湧水が静かに流れ、森に潤いを与えているように見えます。そうだ昨夜のホタルもこんな湿地にいましたよ。
d0181492_228434.jpg

d0181492_2210274.jpg

木漏れ日がとても綺麗ですね。
d0181492_221148100.jpg
d0181492_22112720.jpg
d0181492_22122484.jpg

山頂にはお地蔵様が・・・静かにそして、雲南の皆様を見守っておられるようですね。雲海の中に雲南市の町はとても綺麗です。
d0181492_22145024.jpg
d0181492_2214285.jpg
d0181492_22152519.jpg

d0181492_22164341.jpg
d0181492_2217226.jpg

d0181492_22173198.jpg
d0181492_2217463.jpg
d0181492_2218775.jpg
d0181492_22182582.jpg
d0181492_22184228.jpg

夏椿の花が美しく咲いていました。遊山荘ご自慢の珍しい椿です。可憐でいいですね。
d0181492_22202466.jpg

d0181492_22205315.jpg

以上は矢倉君山頂へ挑戦、奮闘の傑作写真です。こんな絶景があったとは次回是非山頂へ挑戦してみようと思っています。
そして、追伸ですが、この日の夜に「大東町」へ参りましたら「赤川」でたくさんのホタルに逢うことができました。これは本当にすごい光景でした。今年は例年になく、遅くまでホタルが見られたと現地の方がおっしゃっていました。正に感動の数々でした。神々の国、神話の国・・・島根、雲南はとても素敵な町でした。

野間君にみんなが会いたいといっています。
by fujitakikaku | 2012-07-21 22:29 | 若者達の頑張り方教えます、就活成功法 | Trackback | Comments(0)
素敵なバーベーキュー・・・・ログハウス峯寺遊山荘にて、素晴らしい峯寺遊山荘、雲南市の素晴らしい峯寺遊山荘にて(2/3)
朝日の出が5時ころ、起きましたよ。お日様が目の前に出ると期待していましたので少しがっかり、でもすてきな雲海が私の目の前に広がっていました。なんと素晴らしいのでしょうか。朝日に照らされると薄いピンク色に染まりました。感動的な美しさでした。もうこの美しさに感動してしまいました。
d0181492_22392034.jpg
d0181492_22393589.jpg
d0181492_22395664.jpg
d0181492_22401519.jpg
d0181492_22403411.jpg
d0181492_22404781.jpg

朝日が出てくると霧がピンク色に染まり始めました。
d0181492_22411961.jpg
d0181492_22413699.jpg
d0181492_22415161.jpg
d0181492_2242643.jpg
d0181492_22422558.jpg

朝日の出です。町全体に霧が立ち込め遠くの山々にも・・・そしてピンク色に染まりました。それはそれはとても素晴らしい光景でした。
d0181492_2243260.jpg
d0181492_22432096.jpg
d0181492_22433742.jpg

雲海は町の上にいろんな姿をつります。
d0181492_2244612.jpg
d0181492_22442365.jpg
d0181492_22443820.jpg
d0181492_22445657.jpg
d0181492_2245951.jpg
d0181492_22452481.jpg
d0181492_22453882.jpg
d0181492_22455730.jpg

昨夜ホタルに出会ったのはこのあたりでした。緑の木立に木漏れ日が差し込んでいました。涼しい、心地いい風がそっと通り過ぎるのが分かりました。
d0181492_22461127.jpg
d0181492_22462720.jpg

雲海はいつまでも私の前から消えずに美しい光景を見せてくれました。
生きていることはとても素敵なんだと思ったりしました。
ここ雲南市峯寺・遊山荘からの景観は、正に神々の国、神話の国を思わせるにふさわしい絶景でございます。
by fujitakikaku | 2012-07-21 21:49 | 若者達の頑張り方教えます、就活成功法 | Trackback | Comments(0)
素敵なバーベキュー・・・・ログハウス峯寺遊山荘にて、素晴らしい峯寺遊山荘、雲南市の素晴らしい峯寺遊山荘にて(1/2)

会社(本部三慶株式会社)の若者たちと懇親会です。この若者たち大好きです。その上に更に、この場所がまたとても素晴らしいところでした。
前にも紹介しましたが、前回訪問時のその時に、ここで若い人たちと研修ができたらと思ったのです。ログハウスの素敵な研修会場もあります。そして、雲南市を一望出来る庭があり。、ここでバーベキューをすることにしました。峯寺遊山山荘(島根県雲南市三刀屋町給下1586-1 電話番号0854-45-5800)はとても素晴らしい所です。ここからの眺望は何よりのごちそうでした。それだけでなく、周辺には季節の花々がとてもきれいに咲いていました。そして、ここにだけしかないという綺麗な、とても素敵な花にも逢いましたよ。ユウスゲという花に逢いました。この黄色い色がとても印象的で清楚な爽やかなそして、気品に満ちた感じが私には感じられました。実に美い・・・。
d0181492_17344483.jpg

小高い山の中腹にこの施設はあります。とても閑静で神々がいらっしゃるようで、とても安心できる気持ちになりました。、
d0181492_17352793.jpg
d0181492_17352598.jpg
d0181492_1736581.jpg
d0181492_17355943.jpg
d0181492_17363911.jpg
d0181492_17363187.jpg

峯寺の由来が書かれていました。とても由緒あるところでした。
d0181492_17372842.jpg
d0181492_17374295.jpg

バーベキューを始める前に記念撮影です。みんなで写真をとりました。とてもいい雰囲気で始まりました。そして準備に掛かります。材料は若い人で調達。従いましてお肉はいっぱい確保されていました。こんなところで食べれたらそれは美味しいでしょう。さあ取り掛かりましょう。
d0181492_17382510.jpg
d0181492_17384097.jpg
d0181492_1738578.jpg

「ユウスゲ」の花が咲いていました。なんと美しい花なんでしょう。貴重な花だそうで、夜にひっそりと咲くようです。そして、一晩で花は落ちると聞きました。黄色に輝く花はとても素敵でした。この遊山荘の雰囲気にピッタリの花です。
d0181492_17404212.jpg
d0181492_17403175.jpg
d0181492_1741217.jpg
d0181492_17405326.jpg
d0181492_17412938.jpg
d0181492_17411811.jpg

実に美しい、緑の樹木と相まってとてもいい雰囲気を演出してくれていました。夜に咲くそうです。とても気品のある黄色でとても素敵でした。
d0181492_17425150.jpg

雲南工場の責任者であり、製造部課長の矢倉君、とても素晴らしい若者です。とてもいい笑顔だと思います。時折見せるこんな姿、大好きです。
d0181492_17431295.jpg

嬉しさは表情に出ます。本当にここでバーベキューパーティーはとてもよかったと思います。
d0181492_17432790.jpg
d0181492_174342100.jpg

若い人と私も入れてもらい記念のショットです。実に楽しい写真になっています。
d0181492_17442691.jpg
d0181492_17443945.jpg

皆様と一緒に写真を撮らせていただきました。管理されるの本当に大変だと思います。感謝しながら楽しませていただきました。実に綺麗に管理されていました。ありがとうございます。利用させていただきましたことに、心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。最高でした。
d0181492_14455456.jpg

若手期待の星、桑原君と一緒に、良い顔していますよね。
d0181492_17463780.jpg

大坂雅春様、峯寺副住職松浦快遍様とご一緒に記念となる写真を撮らしていただきました。ありがとうございました。
d0181492_17471644.jpg
d0181492_17471068.jpg
d0181492_17474566.jpg
d0181492_17473945.jpg

d0181492_17483147.jpg

本部三慶株式会社の若い社員さん達ですが、とてもいい顔をしていると思います。笑顔がとても良いです。こうして一緒にいますと、新しい若者に逢えた素晴らしさに嬉しくなってしまいました。矢倉君、板持君、古川君、鎌田君、桑原君、杉本さん、古川さん、・・みんな素敵な笑顔です。とにかく楽しいひと時を持てたことに感謝しています。ありかとう。中田相談役と私は同じ年です。良いですね。
d0181492_17583559.jpg

d0181492_17572465.jpg

杉本さんの茶目っ気、可愛いですよ。最高です。美味しい料理作りに大奮闘でした。
d0181492_17501272.jpg
d0181492_17505121.jpg
d0181492_17505091.jpg
d0181492_17513089.jpg
d0181492_17512146.jpg
d0181492_1752030.jpg

マシュマロを焼いていましたよ。「なんでお菓子なんか焼いているの。」きいてみると、「とにかく食べてみてください」と言われました。食べてみましたらこれが又不思議な美味しさです、。若者はいろんなことに挑戦します。とにかくやってみます。これがいいですよね。新たな発見に会った時に喜びが何倍にもなるのでしょう。とてもいいことだと思いながらこのお菓子焼いて食べていました。「実に美味しい!!参りました。」
少しずつ、夜になってきました。街の明かりが一つずつ付いていくのが分かります。とても綺麗です。空にはお月様が真ん丸に輝いていました。月の明かりでバーベキュー・・・素晴らしい。
d0181492_17532834.jpg
d0181492_17532786.jpg
d0181492_17541282.jpg
d0181492_1754966.jpg
d0181492_1754495.jpg
d0181492_17544369.jpg

バーべキューも終わり整理をしていましたら、杉本さん、古川さんが「ホタルいましたよ。」「飛んでいましたよ。」とつぶやきました。今確かにホタルと言ったよね。私は蛍に逢いたくて会いたくてここ何年も願っていたことでした。その方向へ行きましたがなかなか見つかりません。「いないね。・・・」探していましたら小さな沢の近くにびかっぴかっと光っている物体を発見、ホタルです。沢山のホタルが茂みの中で光を放っていました。ホタルです、写真を撮ろうとしましたがどうしてもシャッターが落ちません。とうとう撮ることはできませんでした。でも沢山のホタルを見ることができました。そして、散策するとホタルが飛び交っている場所にたどり着きました。もう夢の中の気分でした。
とてもいいものに逢うこともできました。この峯寺遊山荘にはホタルも沢山いることが分かりました。私にとっては大発見であります。ログハウスのほんの近く、その周りにも飛んでいました。
憧れのホタルたち本当にありがとう。

ホタルがいることが分かりましたので明日の夜は更に別なところでも探してみようということになりました。・・・続く
by fujitakikaku | 2012-07-19 00:07 | 若者達の頑張り方教えます、就活成功法 | Trackback | Comments(0)
ビジネスホテルの楽しみ方・・素敵な東横イン、東横イン札幌駅北口、列車が楽しめるホテル(2/2)
d0181492_727891.jpg

続きです。この写真は朝方の写真です。光がまともなので窓ガラスに反射して今一つの写真になりましたが、実際にはほとんど影響なく見られました。電車の音で次来たな・・・それでわかります。コト、コト・・・・と線路を走る音は実に心地いいものです。特に駅に入るとき、出発の時は減速状態でゆっくりとしていますので、この音かとても心地いいことに気づきました。
d0181492_63848100.jpg
d0181492_6393120.jpg
d0181492_6394639.jpg
d0181492_640375.jpg
d0181492_6401699.jpg
d0181492_6403498.jpg
d0181492_640531.jpg
d0181492_641977.jpg
d0181492_6412456.jpg
d0181492_6414250.jpg
d0181492_641544.jpg
d0181492_6421344.jpg
d0181492_6424465.jpg

札幌駅の朝です。窓から見えた電車にもすぐに会えます。少し時間を作り見ていると次から次へと到着の電車、出発する電車に逢えます。又、土・日曜日は特にきれいな電車が多いようです。それは観光にポイントが置かれているからでしょう。
d0181492_6473852.jpg
d0181492_648932.jpg
d0181492_648247.jpg
d0181492_64842100.jpg
d0181492_6483711.jpg
d0181492_6491814.jpg
d0181492_6491478.jpg
d0181492_6495358.jpg
d0181492_6495322.jpg
d0181492_6503090.jpg


電車、列車も古くなってもそれは外装に工夫をしてみればその姿も一変すると思います。色を工夫したり、・・・
列車をキャンパスにしてコンペをやってみてもいいと思います。参加者からお金をもらっても、参加する人は絶対にいますよ。自分が、自分たちの絵が描かれた列車が北海道を走っていたらこれは嬉しいものですよ。そのくらいの出資者はすぐに集まると思います。心のよりどころを今の日本人は特に探していますから。私が責任者なら企画しますね。
デザイナーに書いてもらうより、とってもいい絵が描かれると思います。
応募者を募り、審査し、最終的に絞り込み、金額を出してもらい。優先順位をつけます。その内容はHPへ公開、・・・・・ロマンを載せます。夢を載せます。高齢者はどんな夢を、夢見てきたことを表現してくれるでしょうか。
考えただけでもうれしくなります。そんな列車に乗って旅ができたらどんなにいいか。また、通勤、通学もたのしくにりますよ、きっと。人を運ぶだけでなく。夢も載せて、楽しい生活を演出できるように思います。
写真の好きな人には写真のポイントを絶対に鉄道路線のいくつかに作ります。これもこれから必要なことです。絶景で列車を背景に撮れる。これ絶対に必要な条件です。なぜなら誰もがプロのカメラマンになれるほどカメラの性能が良くなっているということです。
企画があればご連絡ください。お手伝いしますよ。三陸に鉄道を走らせる。復興のシンボルになります。経済発展の歴史を見てください。鉄道は絶対に必要です。それも素敵な列車と路線・・・・。
電車に乗ってもらわなくても運賃がもらえるメリットが経営側にてきます。それも年間通じた安定収入ですよ。
乗り物、特に鉄道は宝の山です。それには知恵が必要と思います。頑張れ若者達!!
札幌駅の構内で見ました子供たちの夢に満ちた絵です。この絵、採用してくれるなら孫のためにおじいちゃんはお金を出しますよ。
d0181492_7221565.jpg
d0181492_7224864.jpg
d0181492_7224312.jpg
d0181492_723169.jpg

元気な子供たち、学生たちがたくさんいる町は高齢者も元気です。それならどんな街づくりが必要なのか・・・・考えただけでも楽しくなります。生きていることは幸福でないといけないと思います。
by fujitakikaku | 2012-07-18 07:30 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)
ビジネスホテルの楽しみ方・・・東横イン・札幌駅北口、列車が楽しめるホテル(1/2)
d0181492_629341.jpg

久しぶりに北海道へ仕事です。7月、この季節、霧がかかりやすく、曇りがちでお日様が見られない日が多いのです。「蝦夷梅雨」なのでしょうか。楽しみにしていた飛行機からの景色は雲の下で残念な思いをしてしまいました。次の機会に是非素敵な飛行機からの景色を見たいと楽しみにすることにしました。札幌で過ごした日は何とか光もさして大通り公園の美しい植物たちにも逢うことで出来ました。今回の新たな発見は宿泊をお願いした「東横イン」でのことです。ネットで見ていましたら、「列車が見れる部屋」との案内がありました。ひょっとして札幌駅に隣接しているみたいなので行き交う列車、電車が見れるのではと・・・期待してしまいました。
どんな具合なのか、電話をして予約をしました。運がよくその列車の見える部屋を予約することが出来ました。13階の部屋を予約することが出来ました。
この部屋に泊まることになりましたが、確かに沢山の列車が札幌駅に入ってきたり、発車したり、こんなに沢山の列車が出入りするとは予想だにしませんでした。高い位置からの光景です。列車がとても可愛く見えました。ななかなかの素晴らしい光景に気持ちはウキウキになっていました。
列車が大好きですから、この光景は私にとってはとても素晴らしいと思います。こんな部屋もあるのだと感心していました。良いですね。旅をする人の気持ちになり、列車の好きな、乗り物の好きな人なら、子供ずれならこんな部屋喜んでくれるのではないかと、スタッフが提案したのではないでしょうか。とても素晴らしい、素敵なスタッフだと思います。フロントも元気な声が行き交いとてもいい感じでした。若い人たちが明るく元気に一生懸命に働いている姿を見るのは…私は本当に大好きです。また次の機会にも、この部屋が取れたら今度は時刻表で列車の種類と時刻を確認して、もっと素敵な写真を撮ろうと思いました。東横インのスタッフの方ありがとう。とても楽しい出張の思い出になりました。本当に素晴らしい。ありがとう。この部屋を用意していただきましたことに感謝申し上げます。ありがとう。
窓の外、眼下には可愛い電車、列車が盛んに行きかいます。ミニチュアの鉄道模型のようでとても楽しいひと時でした。
d0181492_23505016.jpg
d0181492_2351914.jpg
d0181492_23512456.jpg

d0181492_23522522.jpg
d0181492_23523738.jpg
d0181492_23525417.jpg
d0181492_23531213.jpg
d0181492_23532882.jpg
d0181492_23534382.jpg


日が落ちてからも随分と長く、電車が綺麗に見えました。ここからは日が落ちてからの写真です。
d0181492_23542036.jpg
d0181492_23544297.jpg
d0181492_2355293.jpg
d0181492_23551854.jpg
d0181492_23553464.jpg
d0181492_2356034.jpg
d0181492_23561982.jpg
d0181492_23563398.jpg
d0181492_23564722.jpg
d0181492_2357248.jpg
d0181492_23571563.jpg

d0181492_23582323.jpg
d0181492_23584744.jpg
d0181492_2359759.jpg


札幌、大通り公園にはとても綺麗な花が共演していました。樹木、花が最も綺麗な季節かもしれません。
d0181492_00399.jpg
d0181492_002182.jpg
d0181492_003717.jpg
d0181492_012638.jpg
d0181492_013974.jpg

大通り公園では若者たちの元気な姿を見ることができました。思い思いの楽しみ方で大賑わいでした。
鉄道が駅と駅、町と町を結ぶ、季節の花、緑豊かな町・・・それが元気な日本に今必要な共通した町の姿のような気がします。こんな町づくりなら日本のどこでもできるように思います。「絆」のあり方の一つかもしれないと思っています。

紹介を続けます。
by fujitakikaku | 2012-07-17 06:25 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)
素晴らしい(株)北海永徳・・・・モンドコレクション受賞、美味しいいくら醤油漬、北海道標津産いくら、最高級いくら

「美味しいイクラ」株式会社北海永徳、モンドコレクションで金賞
北海道標津産「いくら醤油漬」・素晴らしい美味しさ

株式会社北海永徳(北海道標津郡標津町)、「いくら醤油漬」で世界の大賞を受賞のニュースをお聞きました。モンドコレクションでモンド金賞を受賞とのこと、おめでとうございます。美味しさに安全、安心と健康を添えて、私たちは北海道標津町でそんな町づくりをしています。ここ標津町では食の安全基地として町全体で取り組んでいます。それを「地域HACCPの町」と呼んでいます。
海を大切にし、そこから生まれる自然の恵みに感謝し、大切にし、食品として加工し全国の皆様に提供しています。
今回受賞された株式会社北海永徳様はそんな中で、この標津町で水揚げされる特級品の鮭から、いくらを加工し提供されています。素晴らしい高度な加工技術が、その品質、美味しさとして高く評価されたと聞いています。
しかし、「こうした品質の良さが味の良さを生み出し、衛生管理には安全安心が根底にあること」を社長は感謝しています。とおっしゃつています。「そして、それを消費地へ安全に届けてくれる人がいてくれる。この連携に感謝します」とのことでした。これこそが標津町地域HACCPにある基本的な考え方でもあります。「地域HACCPメンバーを代表してもらえた受賞で、これは地域HACCPに対していただいたのだと思います」とは社長のお言葉です。「漁師、運送業者、製氷業者の皆様の連携無くして素晴らしい世界が評価する食品はない」といっていました。考え方の素晴らしさに私は感動しています。本当に受賞おめでとうございます。今後ますますのご発展を心よりお祈り申し上げております。


d0181492_18361939.jpg
d0181492_18362592.jpg

永田雄司社長と奥様、とても仲の良い、素敵なご夫婦です。


標津町の鮭の水揚げ風景です。朝日が港を照らします。元気な漁師さんたちの掛け声、鮭は元気に跳ね回っています。
d0181492_18415928.jpg
d0181492_1842182.jpg


海を愛する皆さんの気持ちが、海に通じていると思います。美しい海にひときわ輝く素晴らしい日の出を見ることが出来ます。
d0181492_19345449.jpg
d0181492_1938236.jpg
d0181492_19382424.jpg
d0181492_193921.jpg


徹底した鮮度管理は漁獲した海から始まります。そして、選別、加工場へ、そして消費地へと運ばれていきます。イクラのお嫁入りのようです。皆さんに可愛がっていただきたいと、心から祈っている次第でございます。
d0181492_1943293.jpg
d0181492_19435840.jpg

いくらの運送車にはこんな素晴らしい心の内が表記されていました。嬉しいですね。
by fujitakikaku | 2012-07-12 19:55 | 優良食品工場紹介 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku