人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

<   2012年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

素敵な阪急電車・・・宝塚線、神戸線、今津線でのお話・・・門戸厄神祭(9/15)

厄神祭は沢山の人でにぎわいます。この盛り上がりに大きく寄与しているのが、この屋台、夜店です。
若者たちの大活躍は大変な盛り上がりに大きく寄与しています。この若者たち実に素晴らしい、感動的に嬉しく感じます。
d0181492_9315933.jpg

子供たちのうれしそうなスキップ、いつの時代も変わりませんね。きっと楽しくてたまらないのでしょうね。とてもいい雰囲気でした。
d0181492_9295497.jpg

B級グルメブーム、すかさず夜店に登場。大阪の商人は更に美味しくしておもてなしをします。ますます、このグルメも評判が良くなると思います。とても美味しかったですよ。
d0181492_930572.jpg

ここのたこ焼きははっきりいって美味しい、皮のカリカリ感と中のトロリ感が絶妙です。美味しい~・・・・・。
d0181492_9302160.jpg


祭りには屋台のお店がつきものです。祭りの雰囲気はこの屋台のお店が盛り上げます。私の家のすぐ前が門戸厄神・東光寺です。厄神祭にはとても賑わいます。こんな日にもうひとつ嬉しいのは沢山の子供達が元気にお店を賑わせていることです。
午前中はこんなお店、お客さんもいないし大変だろうと思っていましたら、ところが午後からは沢山の子供たちで大賑わいになりました。
子供たち本当に楽しみにしているんだ、ということが分かりました。そして、自分の幼いころを思い出していました。
私は必ずお祭りには「ひよこ」を買っていました。親父から「お前また買ってきたのか。すぐに死なせてしまうのに。」と怒鳴られていました。
確かに、2週間も生きていたためしがありませんでした。それでも買ってきては怒られていました。何がしたかったのでしょうか。とにかく「ひよこ」を大きくしたかったのでしょう。でも大きくすることはついにできませんでした。
鉄砲で欲しいものを打ち落とすゲームに男の子達が熱中していました。
一人の男の子が、しょんぼりしていました。
どうも何回も挑戦したが目的のものがゲットできなかったようです。
「500円使ったけど駄目か。」
「分かった。」
「これ兄ちゃんの気持ちや、持って行ってくれるか。」
この一声に子供はびっくりして、直ぐに大喜びでした。おじちゃんありがとう。大喜びです。
とてもいい光景に出会うことが出来ました。
私はこの男性に、店の兄ちゃんに「あんたは素晴らしい、」心の中で声をかけました。
きっとこの男の子には忘れられない思い出になったと思います。こうした心意気、優しさがこの屋台に展開されているのかと思うと、ますますこの屋台のお店が好きになりました。
祭りが終わるとその後の清掃などでトラブルになる時がありますが、こんな様子を見ていると私たちも協力しないといけないなあ。そして、ここで起こっている素敵なお話を近隣の大人たちも知る必要があると思いました。
兄ちゃんとてもいい光景をありがとう。
とても嬉しい一日になりました。

子供たちのこんな楽しそうな姿はこうした夜店、屋台の人達が、その楽しさをここへ運んできていてくれるからだと。私はとてもうれしく、感謝する気持ちでした。本当にありがとう。子供達にはとてもいい思い出をたくさん作ってくれていると思います。
東光寺の厄神祭ではこんな素晴らしい光景がありました。阪急沿線、門戸厄神、厄神祭の夜店、屋台での光景でした。

更に沢山のお店を紹介します。とても楽しいお店がいっぱいです。是非「門戸厄神祭」へおいで下さい。


とても優しい、素敵なお兄さんでした。この子供、目的のものをいただいて、・・・本当によかったね。とても嬉しそうでした。きっとこの子、お兄さんの気持ちは一生忘れないと思います。お兄さんありがとう。沢山の子供がお礼を言っていると思います。頑張ってくれるこの若者にもたくさんの幸福があることを心より願っています。
d0181492_95354100.jpg
d0181492_954949.jpg


超人気なのが「神戸かすてら」のお店です。素敵なお兄さんが威勢よく、超格好良く、焼き上げていました。女性客の行列です。
d0181492_9391975.jpg
d0181492_9393126.jpg
d0181492_9394555.jpg
d0181492_939576.jpg

タイ焼きがお洒落に登場。女子たちの超人気となっていました。「あんこ」がいろいろでとても楽しそうです。行列ができていました。
d0181492_9401643.jpg

d0181492_9423878.jpg

次はイカ焼きです。イカの美味しい香りが漂って来るようです。
d0181492_9435581.jpg

子供たちはとても楽しそうで、元気いっぱいです。
d0181492_9445166.jpg
d0181492_945552.jpg
d0181492_9452222.jpg
d0181492_9454599.jpg

by fujitakikaku | 2012-02-26 10:35 | 素敵な阪急電車・阪急沿線紹介・春夏秋冬 | Trackback | Comments(0)
素敵な阪急電車・・・宝塚線、神戸線、今津線でのお話・・・素敵な神戸かすてら(10/15)

西宮戎神社でとても美味しいカステラに会いました。ガチ美味しかったです。この人気ぶりを見てください。門戸厄神東光寺でも見ました。超人気です。カッコイイ若者がてきぱきと、女性客はうっとりのようでした。いい男はトクですよね。(今の言葉でイケメンというのですか。)カッコイイ上に美味しい・・。楽しいはずですよ。祭りを盛り上げる強い味方だと思います。
d0181492_10174060.jpg
d0181492_1011868.jpg
d0181492_10111652.jpg
d0181492_10112563.jpg


祭りの中でまたしても楽しいお話です。

夜店で陶器が売られていました。老夫婦がにこにこしながらたくさんの陶器を並べて売っていました。
「安いよ、安いよ!!」元気な声が響きます。
側で奥さんが
「毎度おおきに、有難うね。大切に使ってや。」
その後、旦那さんが
「大切にどんどん使って、そして、どんどん割ってな。」
とても優しそうな声をお客様にかけていました。
このやり取りがとてもいい雰囲気を醸し出していました。
仲のよろしい老夫婦とお客様とのやり取り、その素敵な姿に、大阪の小さな「商い」に感動していました。
商いをお客様と楽しむこの姿、良いですね。
これも厄神祭でのお店での光景でした。

若い人たちが元気に生き生きとしている姿は最高です。その若者たちのために、日本は良い国になってほしいと思います。
d0181492_10142797.jpg
d0181492_1014417.jpg
d0181492_10145169.jpg
d0181492_1015484.jpg
d0181492_10151712.jpg

by fujitakikaku | 2012-02-26 10:35 | 素敵な阪急電車・阪急沿線紹介・春夏秋冬 | Trackback | Comments(0)
素敵な阪急電車・・・宝塚線、神戸線、今津線でのお話・・春の訪れ・愛犬(8/15)
確実に春は近づいてきています。庭のハナカンザシの花が可愛い花びらを開こうとしています。
d0181492_9125893.jpg
d0181492_9131836.jpg

周りからたくさんの元気をもらうことができます。積極的に春をもっと探してみたいと思います。
この熊の人形には足が片方ありません。17年前の淡路大震災の時にがれきの中に頑張っていました。あの時の立ち上がる元気もこうして残っています。熊くんの笑顔がとても愛らしいです。大好きです。

被災地からの中継をテレビで見ていました。
お巡りさんがパトカーに乗って仮設住宅にやってきました。
「誰か捕まえに来たの。」
「奥さん、何か変わったことない?」
「無いよ。事件があったの。」
「特に事件なんかないけど巡回パトロールです。」
「なんかあったら、困ったことなどでもいいから、あったら連絡してください。」
「ありがとう。」
「身体の調子、悪いところない?」
「そう、元気よ。口だけはね」
「えっ!!」
こんなに元気にしている。このご婦人のこの答えに私は涙さえ流れそうになりました。こんなにも厳しい生活環境でも一生懸命に頑張っておられる姿に感服しました。「そう、元気よ。口だけはね」
この返事はお巡りさんへの感謝でもあったように思います。
被災地の治安は必ずしもいいとは思いません。私たち阪神淡路大震災の時も、治安状態は非常に悪化していました。
生きていることに一生懸命でいらっしゃることと、できるだけ明るくと一生懸命なのだとその姿にエールを送りました。一日も早い、そして、一歩でも復興に近づくように、心から祈る気持ちでございます。

長男スポーツジム(マッスルプロダクション)をしています。この家の愛犬、リキ君が我が家へやってきました。「コーギー」という種類の愛犬です。寒さに強いのが犬と思っていましたが、でもこの愛くるしさに癒されました。
d0181492_9151967.jpg
d0181492_9201528.jpg
d0181492_9203027.jpg
d0181492_9204513.jpg

by fujitakikaku | 2012-02-26 10:34 | 気仙沼の街づくり | Trackback | Comments(0)
素敵な阪急電車・・・宝塚線、神戸線、今津線でのお話・お地蔵様(7/15)
とても素敵なご婦人にお会いしました。お洒落にされていてとても感じのいいご婦人でした。神戸の公園で新聞を読んでおられるようです。みなさんとても元気そうで、その元気の良さがお洒落で、とても素敵に感じられました。あの淡路大震災から17年の月日が経っています。とにかく前を向いてまいりました。
d0181492_84021.jpg
d0181492_842384.jpg

d0181492_883692.jpg
d0181492_885683.jpg

皆さんには薬は必要ないと思います。

薬を沢山飲んでいるおばあちゃんのお話

「ここんところ、身体の調子がとても良いの。」「それは何よりね。」
「それがちょっと心配なことでもあるの。」「どうしたの。」


「薬が切れてしまったの。」「私一人暮らしでしょう。」「病院に行けなくなったの。その間一週間。だから薬がなくなってしまって。心配したの。」「それは大変なことに・・・。」
「ところがね、最近気づいたの、とても食事が進むの、なんとなく体の調子もいいのよ。」
「病院に行けなくなり、薬の量が極端に飲めなくなったのが原因だったのではと思っているの。」「で、先生に内緒で薬を飲む量を半分以下にしているの。これ内緒よ」
「そうしたら、なんと一寸調子いいみたいなの。」
「薬って飲みすぎるとおかしくなっても当たり前じゃない。」
「胃の調子悪いと、胃の薬と体を整える薬と、なんかもう一つくれたわ。」「何かあると三種類はくれるわ。」「考えたら変よね。薬を飲むために薬を飲むのよね。」
「健康のために薬控えましょうと。最近思っているの。」「十一種類飲んでいたわ。」
「良く考えたら、いつもの食事量以上の薬になるくらいよ。」
・・・・・
薬を飲むにも健康でないといけませんね。
食べるものをちゃんと食べることが元気の元だと思います。食べるものが美味しく感じない。
食べる量が減っていく。このことの方が問題です。
本当の健康とは何なのか。例えば、風邪をひくということはどんな理由なのだろうか。
軽い風邪は、身体に疲労がたまりすぎています。少しお休みしなさいという身体からの警告かもしれません。病気になったら、なぜこの病気なったのか、よく考え、根本原因を考えてはどうでしょうか。
長い目で見ての治療は何なのかを、おばあさんたちのお話を聞きながら考えました。
薬がなくなると不安・・・、そんなにならないようにしたいと思いました。
薬を飲むために別の薬を飲むことも、・・・・とても変だと思いました。
薬の飲みすぎは食欲もなくなります。
by fujitakikaku | 2012-02-26 10:34 | 素敵な阪急電車・阪急沿線紹介・春夏秋冬 | Trackback | Comments(0)
素敵な阪急電車・・・宝塚線、神戸線、今津線でのお話・・・阪神淡路大震災から17年(6/15)

1月17日神戸では神戸大震災の慰霊式典がありました。この日は東日本の被災地からもたくさんの方が参加され、犠牲者の死を悼みました。一にも早い復興を心より祈っています。苦しかったあの日は今でも私たちの心の中にあります。でも、これは現実として受けとめ、復興に向かったのは17年前でした。神戸の元気な私たちを見てほしいと思います。きっと元気になれると思います。
d0181492_7435961.jpg
d0181492_7441473.jpg
d0181492_7443046.jpg
d0181492_7462147.jpg

d0181492_7555972.jpg


阪急電車の中でこんなお話をされているご夫婦がいらっしゃいました。
親戚のおじさんが亡くなった話のようです。

みるからに優しそうなご夫婦の会話です。親戚のおじさんのことをいろいろ話していました。・・・・
「ところでママ、○○おじさんのこと知っている。」「知っとるよ。」「急に、どうしたん。」
「あのおじさんごっつ、良い人やったんや。」「俺な特に良くしてもろたんや。」
「おじさん亡くなって、もう18年になるなあ。阪急電車でここ通ると思いだすんや。」
「だって、○○おじさんと阪急電車と何の関係あるん。」
「いや、そうじゃないやけど・・・。」
「おじさん独身やったんや。」「一度も結婚せえへんかったんや。」
「好きな人いたみたいやけど。」「へえ・・・。そうやったん。可愛そうに・・・。」
「陽気な人やったんで、友達もたくさんいたんだけど、お酒が好きで、それが原因とは思えないけど、肝臓がんにかかってね。」「医者からは酒はだめ。酒はあかん。と言われたんやけど、これだけはやめられへんと言っていたんよ。」「そして、住んでいたこの辺の阪急沿線のアパートで亡くなったのよ。」「むっちゃ可愛そうやん。葬式に行ったけどごっつ、痩せていたわ。でも好きな酒は最後まで飲んでいたみたい。」「酒やめられへんかったんやろか。」「俺、悲しくてな、あの時は落ち込んで最悪やったわ。」
「それからや、一年後に阪神淡路大震災や。なんと、そのアパート全壊し、火災が発生し、全員が下敷き、火災で死亡したんや。」
「その時思ったはおじさん先に逝ってしまったが、好きな酒飲んで、亡くなったのも、それでよかったと違うかってネ。」「今にして思えばそれがよかったと思うわ。」
「そうだったの、葬儀には一緒に行ったわよね。」「それは考え方ね、私はそのおじさんにとっては良い人生だったと思うわ。」「お前もそう思うか。ママがそういってくれると、俺、嬉しいわ。」
「とても良い、優しいおじさんだったんよ。」
「いろんな人生があるけど、人それぞれに良い人生を送って、この世を去るといいよね。」「誰もが、この世に産まれ、いずれはこの世を去ることになるけど。」
阪急沿線のここを通ると、優しかったおじさんを思い出すわ。
ご夫婦の、会話を交わすその姿には、優しい、穏やかな表情があり、本当に優しかったおじさんの姿が私にも見えてくるようなそんな素晴らしい会話でした。





良い人生だったと思ってくれる人がいてくれるだけで、このおじさんも本当にいい人だったのだろうと。ほっこりしました。
by fujitakikaku | 2012-02-26 10:34 | 素敵な阪急電車・阪急沿線紹介・春夏秋冬 | Trackback | Comments(0)
素敵な阪急電車・・・宝塚線、神戸線、今津線でのお話・・・出雲のお地蔵様(5/15)
島根県雲南市、峯寺で可愛いお地蔵様にお会いしました。ホッコリしました。
d0181492_23425627.jpg
d0181492_23431497.jpg


若いお母さんが3人険しい顔をして必死に話をしていました。どうやらいじめにあっている子供のことのようです。でも、自分の子供のことではなく、友達の子供のようです。
「○○さんちの○○ちゃん、えらいいじめにあっているみたい。」
「いじめている子、分かっているの?」
「それが言わないらしいのよ。」
「幼稚園に行かきたくないって言って、毎日泣くみたい。」「そんな日が続いていたみたい。」「続いていたみたいつてどういうこと。」
「最近は機嫌よく、幼稚園に行っているらしいの。」
ママ、「ほっとしたわ」と言っていたのよ。「で、何がどうなったの。」
「それがよく分からないんだって、」「ただ最近ね○○子ちゃんが幼稚園に行きましょうて誘ってくれるみたい。」「そんなことがあってから機嫌が良くなったの。」
「えっ、○○子ちゃんが・・・。」
「そうなの、あの子身体も小さいし、そんな力強いという感じしないでしょう。」
「でも、これ事実なんだって。」「ママもびっくりしていたわ。」
「私、そういえばそんな話前にどこかで聞いたことあるわ。」「その子がいると、なんとなくみんなが仲良くなるんだって。その子がみんなを仲良くさせる力が、雰囲気有るらしいのよ。」「子供たちケンカしないでいつも仲良しみたい。」
「そんな子が本当にいるんだね。」
「ありがたいね。なんか神様の申し子みたいじゃない。大切にしたいわよね。」
「それは何よりだわ。」
ママたちは話を弾ませながら降りていきました。
不思議な子供というより、素敵な子供がいるのですね。そういえば大人の人にもいますよ。
私の周りにもいてくれています。なんだか嬉しくなってきました。
阪急電車、わずか10分間でのとても素敵な、良いお話でした。
阪急電車は素敵な、素晴らしいお話をも運んでくれていました。
by fujitakikaku | 2012-02-24 09:08 | 素敵な阪急電車・阪急沿線紹介・春夏秋冬 | Trackback | Comments(0)
素敵な阪急電車・・・宝塚線、神戸線、今津線でのお話・春の訪れ(4/15)

d0181492_2349227.jpg
d0181492_23492211.jpg



今、電車は行ったばかりです。寒いので待合室へ、そこへお二人のご年配のご婦人が入ってこられました。話はすでに弾んでいました。
「最近旦那さんどうしているの。いつも旦那さんと仲良しで、一緒じゃなかった。」「最近一緒じゃないようだけど。」
「おじいちゃん、最近家でごろごろ。息子がおじいちゃんにと電気毛布とふわふわの毛布買ってくれたの。」「そうしたらそれがやたらと気に入ってね。あったかくて気持ちがいいらしいの。くるまってソファにごろごろよ。」
「この間、くるまって寝てて、テレビを見ていたの、」「テレビはスポーツか歌謡曲相撲が好きね。」
「それは良いの。たまにテレビつけたまま寝ているときあるの。その時、見てないと思ってテレビ消すの。そうすると「見てたのに、何で消すんや。」そういうの。」「寝てたやん。」「見てたがな。」
「何で消すと起きるんやろ。」「あれ、不思議やね。」「そう、うちもそうやねん。」みょうに二人さんは納得しあっていました。
「この間も私も寝ようと思ったら、テレビつけてあったので、お父さん見たら寝てるねん。又つけたまま寝てる。と思い。消したら、またや、見てるのに何で消すんや。」
「見てたん。」「見てたがな。」「じゃ私寝るから、ちゃんと消してや。」
「でどうだったの。」「それがちゃんと消していたわ。」「自分が消さないといけない時は消すんやね。」
「奥さんに甘えているのよ。」「いいじゃない。」「結構私の言うことは聞いてくれるのよ。」「いい旦那さんじゃないの。」「まあね、良いと思っているわ。」・・・・話は弾んでいました。
自分の旦那さんのことでおばあちゃん同士が楽しく話していました。ご夫婦がいつも元気でいられることは何よりだと思いました。喧嘩をしても、喧嘩が出来ることも生きている証で、それはとても素晴らしいことだと思います。いつまでもご夫婦で楽しいお話ができるといいですね。
by fujitakikaku | 2012-02-24 09:02 | 素敵な阪急電車・阪急沿線紹介・春夏秋冬 | Trackback | Comments(0)
素敵な阪急電車・・・宝塚線、神戸線、今津線でのお話・・・熊本の市電(3/15)
熊本市街を走っている。市民の電車です。とても可愛い電車が市内を楽しく走っています。元気いっぱいです。どこまで乗っても150円、電車は沢山の人でいつも賑わっているとのことでした。この日もいっぱいでした。
d0181492_1835290.jpg
d0181492_1842262.jpg
d0181492_1843495.jpg
d0181492_1844660.jpg


今回の話も、勿論、素敵な阪急電車でのお話です。
大学生が3人乗ってきました。・・・・

「俺な、この間の日曜日バーゲンに行ったんや。そしたら前から欲しかったジャンバー、バーゲンしてたんや。」「3万円や、これな5万円すんねん。」
「ところが最悪や、財布の中身3000円しか入ってないねん。」「もう最悪。」「次の日行ったら売り切れや。」「もうがっくり。」「最悪。」
「お前もついてなかったなあ。」「おっと、ところがや、もっと欲しかったジーパンがバーゲン品さ、」「これ別の店やけど。なんと2万円。こっちの方が欲しかったや。」「ジャンバー買っていたらジーパン買えなかったわ。」
「今年は正月から縁起がいいや。」「ついているみたい。」
この大学生とても楽しそうに話をしていました。悪い話がいい話に・・・。この大学生とてもいいもの持っているように思えました。顔つきもなかなかいい好青年でしたよ。頑張れ学生君。良い話有難う。
これからの就職戦線にエールを送りました。
前向きに展開できる性格もいいですね。こんな大学生はきっと希望する就職ができると思います。なぜなら、・・・・私が社長だったら是非欲しい性格を持った学生だからです。
by fujitakikaku | 2012-02-23 18:08 | 素敵な阪急電車・阪急沿線紹介・春夏秋冬 | Trackback | Comments(0)
素敵な阪急電車・・・宝塚線、神戸線、今津線でのお話・桜(2/15)
阪急沿線は桜の名所です。今は極寒の中ですが、もうすぐ春です。今年の桜は寒さが厳しいだけに楽しみです。
d0181492_2342234.jpg
d0181492_2344224.jpg

素敵な春の訪れを待っています。
d0181492_235449.jpg

今回のお話も二人のおばあちゃんの会話です。
「私、こんなに電車のカード持っているの。」と言ってカードを見せていました。5枚ほどありましたかね。「たくさんあるわね、それで何か・・。」
「そうなのよ。聞いてくれる。これ朝時間限定の回数カード、これ曜日限定、これ日にち限定・・・といって説明していました。」電車の音でしばしば聞けなくなるのですが。説明していました。「私、年金生活でしょう。だから十円でも安くなるといわれれば、そうしようとして、つい買っちゃうのよ。」「でも、よく使ってみると、これが結構限定だから使わない部分が出てくるのよ。」
「この間はこのカード期限切れなのよ。もうがっかり。結局こんな物は損することになると気が付いたの。」「期限が迫ると無理して、無意味に乗ったりするのよ。」
「老人に、こんなの売りつけるの、鉄道会社の手じゃないかと最近頭に血が上っているの。詐欺だわ。」大変なご立腹でした。
「奥さんは元気でいいわよ。電車に乗ってあっちこっち行こうと思うから切符のカード買うのでしょう。」「元気何よりよ。」「そうね、健康が一番ね。」
「でも阪急電車、良いわねえ。品がありますわよ。」「老人が乗っても安心よ。みんないい人のように感じるわ。一人暮らしの私にはとても優しい電車だわ。」「大好きだわ、この電車、阪急電車」
・・・・・話は弾んでいました。
by fujitakikaku | 2012-02-23 17:53 | 素敵な阪急電車・阪急沿線紹介・春夏秋冬 | Trackback | Comments(0)
素敵な阪急電車・・・宝塚線、神戸線、今津線でのお話・・・出雲、雲海(1/15)
島根県雲南市にはたくさんの山々がありました。この山の頂から素晴らしい光景に会いました。今にも神様が出てこられるような、そんな光景でした。雲海です・・・・。
d0181492_1050641.jpg
d0181492_10502627.jpg

(1)阪急電車での楽しいお話・・・・阪急電車、素敵な宝塚・神戸・今津線(1/15)
おばあさんが二人、駅のベンチに座ってお話をしていました。今、電車いったばっかりです。しばらく時間があります。日当たりもよく、ベンチでとても気持ち良さそうです。おばあさんたち何か一生懸命にお話し中です。
「携帯電話のことなんだけど、聞いてくれる。 ○○さんの携帯のメール長すぎるの。」「長いの、私いや。目が疲れるのよ。」「字を大きくしたらいいじゃない。」「大きくしているわよ。最大に。」「大きくするとまた、文字移動させるのに手間がかかっていや。」「せつかく連絡してくれているのに、いいじゃない。仲良しなんでしょう。」「そうでもないの。この人いつも長いの、しかも旅行先からが特に多くて、長いのよ。中身は、今こんな楽しいところにいるの。こんなに美味しいもの食べているの、写真付きよ。こんな話ばっかり。」「いいじゃない。あなたが好きなのよ。喜んでくれると思っているのよ。」「こんなことより、何かお土産買ってくれた方が嬉しいわよ。この間、どこそこへ行ってきたの、ハイお土産・・・。これがいいのよ。」「そうそう、このあいだね、○○さんがキーホルダーお土産に買ってきてくれたの。ほうきに魔女がまたがっているの。魔除けだって、かわいかったわよ。これ蛍光灯の紐につけたの。寝るときに引っ張る紐にね。かわいいわよ。いつも愛用というところね。こんなのがいいのよ。」
・・・・電車が来ました。話はさらに続きます。
「ちょっとしたものって、良いよね。それにちょっとだけ楽しい話があったら最高。」
この不満を言っているお婆ちゃん、携帯電話をしっかり握っていつも開いて確認していました。メールが来るのを待っているようでした。「沢山お友達がいて、良いじゃないですか、お婆ちゃん」といいたいくらいでした。
このおばあさん、沢山お友達がいること、きっと感謝していると思います。この話の中に嫌味は全く感じられませんでしたよ。メールのやり取りはとても楽しいようでした。だって携帯電話しっかり握りしめ、お飾りがいっぱいついていました。このお飾りもきっとお友達からのお土産だと思いましたよ。
お二人もとても穏やか感じで、お上品な感じのとても素敵なお二人でした。
by fujitakikaku | 2012-02-19 22:23 | 素敵な阪急電車・阪急沿線紹介・春夏秋冬 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku