人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

<   2012年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

神戸・元町中華街、春節祭・・・・・(2)

神戸は大好きな街です。気軽に行けて、とにかく楽しい街です。何にもなくても観光バスに乗ってぐるぐるとまわっているだけで街並みがどんどん変わっていきます。お花のロードを通って花時計を見ながら行くと中華街、そのにぎやかな様子、今度はお洒落な建物が立ち並ぶオフィス街、その中にお洒落なお店がたくさんあります。このビルを見ていてもお洒落~て感じです。また、しばらく行くと港に出ます・いろんな船が出たり、入ったり、そして、豪華客船が停泊していたり、港町神戸だけあります。そして。山に向かえば北野のレトロな建物がたくさんあります。バスの中からだって十分に楽しめます。そして、新神戸駅、坂を下りると両脇にはたくさんの花が綺麗です。とにかくいらっしてください。元気になれますよ。意外と物価も安いんですよ。
d0181492_176486.jpg

d0181492_1775066.jpg

福をたくさん頂けますように。沢山の飾りがされていました。
d0181492_1772346.jpg

d0181492_1783165.jpg
d0181492_1784544.jpg


こうした素敵な中華街があり、多くの人が集まることで、また義援金もたくさん集まります。中華街の皆様に感謝申し上げます。みんなが支援しているということです。心から支援している様子が随所にうかがえます。どうしたらお客様が喜んでくれるのか本当に一生懸命な中華街の方、また、春節祭を応援する商店街の皆様、とても素晴らしい協力体制と思います。被災地の街づくりに大いに参考にされたらどうでしょうか。行政として、神戸市のサポートもとてもいい感じです。
d0181492_1793286.jpg
d0181492_1795260.jpg
d0181492_1710633.jpg
d0181492_17101829.jpg
d0181492_17103763.jpg

d0181492_17111083.jpg

被災者の方への心配はひとしおのものがあります。至る所で義援金活動がされていました。ちゃんと領収書がついているところは被災経験から来ているものです。ちゃんと届けましたよ。これがなかなかできないんですよ。集められた義援金どこへ行ったやら。どう使われたやら。
神戸の人達、私達はそれは本当に心配なのです。被災者の皆様も、もしも、その気になれたら「このように使いました。」と連絡いただければきっと安心できます。そして、喜びもまた違ってきます。
d0181492_17112690.jpg

d0181492_17263675.jpg

d0181492_17271444.jpg

d0181492_17113853.jpg
d0181492_17115079.jpg
d0181492_1712490.jpg
d0181492_17122534.jpg

領収書が貼ってありますよね。分かりますか?
d0181492_17124122.jpg
d0181492_1713076.jpg
d0181492_1713936.jpg
d0181492_17132334.jpg
d0181492_17133827.jpg

復興庁はどのような方向で進めようとしているのでしょうか。被災地は何をどの程度してほしいのか、明確にするときが来ています。原発の保証も無制限に要求していたのでは保証の息切れがどこかで出てきます。何をするのか、してほしいのか限りある資金の中で考えなければなりません。全国民の税金が保証の財源になっているし、なっていくことを国民はまだ実感として理解していないと思いますが、そろそろ理解してもいいと思います。日本の過去の事例から保証の本当のあり方がもとめられると思います。
by fujitakikaku | 2012-01-29 08:52 | 素敵な街、お洒落な町神戸 | Trackback | Comments(0)
神戸・元町中華街、春節祭・・・・・(1)
春は確実にやってきます。そんな元気が神戸市元町、中華街で感じることができました。
d0181492_20462076.jpg
d0181492_20463598.jpg
d0181492_20464695.jpg
d0181492_20465657.jpg

神戸中華街は古くから素晴らしい異国の街とても地元の人は勿論のこと、私たちの憩の場所でもありまして、人気の中華街です。何と言っても元町中華街の中華料理は日本一でしょう。私は神戸元町中華街の料理が大好きです。関西へいらっしゃるお客様には絶対にここで食事をしていただくことをお勧めしています。
お店はどこでも美味しいといってもいいでしょう。特に昔からあるお店は絶対に私たちを裏切りません。一軒でも裏切ったらこの街は終わりと私は思っているくらいです。料金がそう高くなく、それでも内容は充実し、最高です。そして、お店の方も優しく、素敵です。好感度は抜群であります。こんな町での旧正月、春節祭があり、中華街へ行ってきましたのでご紹介します。街は大変な人で賑わっていました。
中国史人遊行が催されていました。京劇の衣装を身にまとった三国志の英雄や楊貴妃に扮した華やかな約25人が三宮センター街をパレードしていました。とても豪華絢爛で素敵でした。
春節祭とても綺麗で、素敵で雰囲気は最高でした。
d0181492_20475284.jpg
d0181492_2048230.jpg
d0181492_20481273.jpg
d0181492_20482889.jpg
d0181492_20483976.jpg

中国4000年の歴史絵巻です。今年は中国からもたくさんのお客様が参加されていました。とてもいい雰囲気で大変に盛り上がっていました。日中の友好な関係を大切にしたいですね。
d0181492_20491092.jpg

d0181492_2050744.jpg
d0181492_20501884.jpg
d0181492_20502910.jpg

全国からの観光客がいらっしゃいました。パレードは大賑わいです。楊貴妃はどの方でしょうか。みなさんが楊貴妃に見えてしまいました。それほど素敵でした。
d0181492_20512558.jpg
d0181492_205138100.jpg
d0181492_20515350.jpg
d0181492_2052412.jpg
d0181492_20521757.jpg
d0181492_20522921.jpg
d0181492_20524021.jpg
d0181492_20525366.jpg
d0181492_2053413.jpg

おいしそうなお店がいっぱいです。歩きながら食べれるのも神戸中華街の特徴です。とてもいい感じです。気取らず、気軽な雰囲気がとてもいいです。
d0181492_20532915.jpg
d0181492_20534286.jpg
d0181492_20535257.jpg
d0181492_20541461.jpg
d0181492_20542845.jpg
d0181492_20544483.jpg
d0181492_20545832.jpg

中華街はもう大変でした。でも、いつ行っても楽しいのが中華街です。関西に来られましたら神戸市元町、この中華街へお越しください。周りも楽しいお店もいっぱい、メリケン波止場もすぐ近くです。神戸繁華街のど真ん中にありますよ。お奨めのポイントです。
大阪・梅田からも30分でこれます。
by fujitakikaku | 2012-01-29 08:51 | 素敵な街、お洒落な町神戸 | Trackback | Comments(0)
d0181492_9182851.jpg

d0181492_9221145.jpg

瑞光寺をご紹介します。(大阪)
阪急梅田駅からは京都線で約20分、上新庄駅でおります。そして、街並みを楽しみながら5分でついちゃいます。非常に便利な、交通の便の良いところにこんな素晴らしいお寺があります。このお寺本当に素晴らしいお寺です。
鯨の骨で作られた橋が正面にあります。とても鯨、漁師さんとの縁が深いお寺のようです。海の仕事が多い私にはこのお寺がとても興味があり、娘が「お父さん知っている。瑞光寺、このお寺絶対にお父さん参拝すべきよ。」と言ってくれたのがきっかけで参拝させていただきました。本当に素晴らしいお寺でした。
橋を渡り、門をくぐりました。お地蔵様が優しいお顔で迎えてくれました。とてもうれしい気持ちになりました。
d0181492_9372655.jpg

d0181492_9323492.jpg

d0181492_9332413.jpg
d0181492_933335.jpg
d0181492_9334480.jpg

d0181492_926515.jpg

d0181492_9251019.jpg
d0181492_9252251.jpg



臨済宗瑞光寺
門をくぐると、そこには非常に珍しい鯨の骨でできた橋がありました。その端には名前が付けられていて、「雪鯨橋」と表示されていました。ここにある掲示では鯨の骨を欄干に使った経緯が書かれていました。この橋が作られたのは、その昔、このお寺の住職様が旅先の和歌山県太地町で、不漁で悩んでいる漁師さん達たちに豊漁祈願を頼まれ、それに応えたことが始まり。そのお礼として鯨の骨を送り、供養の意味を込めて橋の一部に使用したのだそうです。風化がすすむたびに新たに架け替えられ、現在の橋は6代目だということでした。材料となる骨は、脈々と受け継がれる人々の思いがそこにある。と紹介されています。まさにそのものでした。漁師さんたちの感謝の思いと、それを受けた住職様のお気持ちがこうしたお寺を作り上げていると思うと、とても嬉しくなりました。人が人に感謝をする。とても素晴らしいことではないですか。
「鯨の食としての文化」は日本の文化そのものにも、大きく影響があります。阿波の浄瑠璃人形の操りも、鯨のひげで作られていて、あの繊細な動きは鯨のひげでないとできないと聞いています。日本の賢者たちは鯨に感謝し、捨てるものはなく、すべてを最高に敬いその証としてすべてを文化の中に取り組んでいっています。このお寺に参拝し、賢者の素晴らしさに感動しました。春になるときっと桜も咲いて一段と素敵なお寺になるような気がします。絶対に参拝させていただこうと思います。今回の初詣は気仙沼、被災地の復興を支えていただくようにお願いをしました。「一日も早い復興ができますように、どうか支えてください。」と・・・・。
お地蔵様が微笑みかけているようでもありました。この日は朝の早い参拝でしたので、とても静かで、雰囲気を満喫できました。
d0181492_19551630.jpg
d0181492_19552861.jpg

鯨橋は私が想像しているものよりはるかに素晴らしいものでした。鯨への弔いの心、心からの感謝がうかがえました。丁寧な作りに素晴らしいと感心しました。
d0181492_19555345.jpg
d0181492_19563091.jpg
d0181492_19564151.jpg
d0181492_19565084.jpg
d0181492_1957264.jpg
d0181492_19571477.jpg
d0181492_19572426.jpg
d0181492_19573753.jpg
d0181492_1957575.jpg
d0181492_1958852.jpg
d0181492_19581959.jpg
d0181492_19583116.jpg
d0181492_1958423.jpg
d0181492_19585756.jpg
d0181492_1959926.jpg
d0181492_19592051.jpg


境内はさほど広くはないのですが、とても綺麗にされていました。
d0181492_2001184.jpg
d0181492_2002441.jpg
d0181492_2003428.jpg
d0181492_200482.jpg

d0181492_201138.jpg
d0181492_2012455.jpg
d0181492_2013712.jpg


池は人口の池かと思いましたら、とんでもありません。綺麗に澄み切った湧水が勢いよく、湧き出していました。とても神秘的でした。
d0181492_20214.jpg
d0181492_2021565.jpg
d0181492_2022977.jpg
d0181492_2024455.jpg
d0181492_2025888.jpg
d0181492_2031244.jpg
d0181492_2032329.jpg
d0181492_2033768.jpg

鯨の焼き物がとても微笑ましく見えました。鯨へのおもいがとても感じられました。
d0181492_2035893.jpg
d0181492_2041371.jpg

アジサイの新芽が春を待っていました。今年も間違いなく、春は来るということです。寒い中でも春の訪れを感じ取ることができました。
d0181492_2043062.jpg

水産関係の仕事に従事している私にはとてもありがたいお寺でした。絶対に春にも参拝させていただこうと思っています。

イワシクジラ、クロミンククジラがこれまでに使われたそうです。
by fujitakikaku | 2012-01-27 18:39 | 阪急沿線、神社・お寺巡り | Trackback | Comments(0)
阪急沿線・神社とお寺参り、神様にお礼と、復興に向けてのお願いをしています。

藤田八束、阪急沿線、神社・お寺にお礼を、そして復興のお願いを・・・(4/4)
d0181492_23512957.jpg
d0181492_23514218.jpg

京都に近い西宮市の地名は、西の宮といういみも含めているように記録にあります。京の都から西に位置し、祀りごとが行われていたと記録されています。そのことからと思いますが、とても立派な由緒あるものが多くあります。「西宮」と書いて「にしのみや」と地名が付いています。

・商売繁盛・・・・・・・・西宮戎神社
をご紹介します。
西宮戎(えびす)神社は沢山の人でにぎわいます。尋常ではありません。立ち止まることすらできません。商人の町です。御由緒もさすがでございます。
d0181492_23291238.jpg
d0181492_23293420.jpg
d0181492_23301280.jpg

d0181492_23305860.jpg

境内には素晴らしい縁起物が沢山あります。
d0181492_23314779.jpg
d0181492_23315995.jpg
d0181492_23321243.jpg

d0181492_23324510.jpg
d0181492_23325773.jpg
d0181492_2333732.jpg
d0181492_2333252.jpg
d0181492_23333781.jpg

この豪華絢爛な縁起物はご利益がいっぱいのようです。沢山の人が買い求めていました。
d0181492_23334652.jpg
d0181492_23335627.jpg
d0181492_2334861.jpg
d0181492_23342895.jpg
d0181492_23345137.jpg

手を清めようと思いますが、この人、人、人です。
d0181492_23355166.jpg

お祓いを受けて拝殿へ参ります。
d0181492_2336518.jpg
d0181492_23362055.jpg
d0181492_23363395.jpg
d0181492_2337058.jpg
d0181492_2337101.jpg

冷凍マグロにお金をつけます。お金が身に付きますように。十分(十円玉)なご縁(五円玉)がありますように・・・・。
d0181492_2337481.jpg
d0181492_2338618.jpg
d0181492_23382375.jpg
d0181492_23384434.jpg
d0181492_2339263.jpg
d0181492_23391870.jpg

福娘(巫女さん)の笑顔がとても可愛いです。幸運がいっぱいの縁起物を得ることができます。
d0181492_23403221.jpg
d0181492_2342717.jpg
d0181492_2342203.jpg
d0181492_23423465.jpg
d0181492_23424794.jpg

「ふくみみ福ちゃん」です。とても可愛く子供たちの人気者です。耳を触るといいことがあるそうです。この笑顔とても素敵でした。
d0181492_23441099.jpg
d0181492_23442731.jpg
d0181492_23444387.jpg
d0181492_2345220.jpg
d0181492_23451343.jpg

お札にはたくさんの願い事が書いてありました。ほのぼのとしました。
d0181492_2347113.jpg
d0181492_23472235.jpg
d0181492_2347358.jpg
d0181492_23474869.jpg

皆様におかれましても、良い年になりますように、心からお祈りいたしました。
by fujitakikaku | 2012-01-25 21:42 | 阪急沿線、神社・お寺巡り | Trackback | Comments(0)
阪急沿線・神社とお寺参り、神様にお礼と、復興に向けてのお願いをしています。

藤田八束、阪急沿線、神社・お寺にお礼を、そして復興のお願いを・・・(3/4)

京都に近い西宮市の地名は、西の宮といういみも含めているように記録にあります。京の都から西に位置し、祀りごとが行われていたと記録されています。そのことからと思いますが、とても立派な由緒あるものが多くあります。西宮と書いて「にしのみや」と地名が付いています。
・厄除け・家内安全・・・・門戸厄神・東光寺
をご紹介します。

d0181492_1475627.jpg

こちらは出口付近になりますが、東光寺の由緒が書かれています。
d0181492_14303515.jpg

入口は厄神様の正門らしく素晴らしいものです。男坂、女坂があり、厄年の方は男女別の階段から入っていきます。ご一緒に参拝いたしましょう。
d0181492_148721.jpg
d0181492_1481727.jpg
d0181492_148272.jpg
d0181492_149860.jpg
d0181492_1492410.jpg
d0181492_1493579.jpg
d0181492_149476.jpg
d0181492_1410078.jpg
d0181492_1410837.jpg
d0181492_14102493.jpg
d0181492_14104669.jpg
d0181492_14105776.jpg

お線香で身を清めます。・・・私も全身にお線香の香りを付けました。健康に恵まれますように・・・
d0181492_14161595.jpg
d0181492_14163127.jpg
d0181492_141646100.jpg
d0181492_141716.jpg
d0181492_14172299.jpg


気仙沼での報告とお礼を改めていたしました。そして、参拝いたしました。本当にありがとうございました。ただ感謝に尽きるのみでございます。
d0181492_1412519.jpg
d0181492_14122663.jpg
d0181492_14124035.jpg
d0181492_14125743.jpg
d0181492_1413957.jpg


お札
d0181492_14175975.jpg
d0181492_14181348.jpg
d0181492_14182669.jpg
d0181492_14184174.jpg

西宮は灘の酒で非常に有名なところです。銘酒が酒樽として奉納されいました。
d0181492_1420212.jpg
d0181492_14202063.jpg
d0181492_14203866.jpg
d0181492_14205029.jpg
d0181492_14205940.jpg
d0181492_1421103.jpg

ご神木からの大きな力をいただくことにしました。
d0181492_1423878.jpg

健康に恵まれますように、・・・
d0181492_14232086.jpg
d0181492_14233142.jpg
d0181492_14235849.jpg
d0181492_14241537.jpg

d0181492_14244623.jpg

d0181492_14243131.jpg

d0181492_14245970.jpg
d0181492_14251425.jpg


境内には力強い神々が私たちを見守っていただいているように思いました。ありがたいものです。
d0181492_14261993.jpg
d0181492_14263879.jpg
d0181492_14264739.jpg
d0181492_1427067.jpg
d0181492_14271590.jpg


境内では参拝者でにぎわっていました。
d0181492_14275025.jpg
d0181492_1428117.jpg
d0181492_14282522.jpg
d0181492_14283869.jpg
d0181492_14285652.jpg


廣田神社、西宮神社、門戸厄神・東光寺をご紹介してきましたが、毎年、初詣いたします。そして、時間があれば参拝をいたします。こうして近くに素晴らしい由緒ある神社、お寺があることに感謝いたしております。近くにある神社、お寺を見てみますとそこに鎮座されている意味があることに気が付きます。歴史がそれを教えてくれます。
気仙沼、大船渡などの神社に幾度となく、足を運び、参拝させていただいていました。
これからも本当に大切にしていかなければならないと思います。大切で重要な遺産だと思います。
日本にはたくさんの素晴らしい神社、お寺があります。大切にしていきましょう。そして、関西に来られた折には関西のこうした神社仏閣を是非訪れてください。
それぞれの詳細は今はネットで知ることができます。そして、実際に触れられますと、また気持ちも癒されることは間違いありません。平穏な気持ちを取り戻すことができます。
by fujitakikaku | 2012-01-24 23:58 | 阪急沿線、神社・お寺巡り | Trackback | Comments(0)
阪急沿線・神社とお寺参り、神様にお礼と、復興に向けてのお願いをしています。

藤田八束、阪急沿線、神社・お寺にお礼を、そして復興のお願いを・・・(2/4)


京都に近い西宮市の地名は、西の宮といういみも含めているように記録にあります。京の都から西に位置し、祀りごとが行われていたと記録されています。そのことからと思いますが、とても立派な由緒あるものが多くあります。その中でも廣田神社は、特に由緒ある、西宮市に鎮座する神社です。西宮と書いて「にしのみや」と地名が付いています。
廣田神社・・・家内安全・学業成就・厄除け・勝運の神様を祀っています。
ご紹介します。
境内はとても静寂感があり、気品が漂っています。旧官幣大社だそうです。御由緒は間違うといけませんのでそのままご案内をご覧ください。
d0181492_16532927.jpg

d0181492_17331771.jpg

d0181492_16534666.jpg
d0181492_16535729.jpg
d0181492_1654898.jpg
d0181492_16542328.jpg
d0181492_16543744.jpg


d0181492_1655730.jpg
d0181492_16552481.jpg
d0181492_16553526.jpg
d0181492_16555051.jpg
d0181492_16562142.jpg
d0181492_1656375.jpg
d0181492_16565368.jpg


d0181492_16572087.jpg
d0181492_16573763.jpg
d0181492_16575376.jpg
d0181492_16581160.jpg
d0181492_16582311.jpg

阪神タイガースは年頭にこの神社で、廣田神社で必勝祈願をします。今年こそ優勝を!!
d0181492_16585598.jpg

d0181492_1774687.jpg

d0181492_17104314.jpg

d0181492_16594051.jpg
d0181492_16595090.jpg
d0181492_170057.jpg
d0181492_1701163.jpg
d0181492_1702884.jpg

参拝は私たちの心を温かく包んでいただける、そんな気持ちにさせていただきます。本当に感謝いたしております。広い境内には、春にはたくさんの花が咲きとても素晴らしい神社でございます。
お参りください。
by fujitakikaku | 2012-01-24 00:07 | 阪急沿線、神社・お寺巡り | Trackback | Comments(0)
阪急沿線・神社とお寺参り、神様にお礼と、復興に向けてのお願いをしています。

藤田八束、阪急沿線、神社・お寺にお礼を、そして復興のお願いを・・・(1/4)
廣田神社
d0181492_1545938.jpg

門戸厄神・東光寺
d0181492_1541753.jpg

西宮戎神社
d0181492_15525467.jpg


自分の住んでいる周りを見ていますと、すべてが平穏な生活を送りたいと願っている人々の姿を見ることができます。
昨年3月11日、気仙沼にいて東日本大震災に襲われ、幸いにも気仙沼の人達に助けていただきましたが、こうした場面に遭遇したときに人の命、生きていることの素晴らしさを改めて認識いたしました。家に帰りましてからも自分の住んでいる町を改めてみてみることにしました。そして、沢山のお寺、神社などの祀りの場があることにびっくりするほどです。私の住んでいるところは兵庫県西宮市でございます。そして、そこには阪急電車という私鉄の電車が走り、素晴らしい街を作っています。環境の良さには日頃より感謝いたしております。昨年は「阪急電車-15分の軌跡-」という映画でも紹介されたとても住みやすい街です。(でも、16年前は阪神淡路大震災をまともに受けた街でもあります。)
そして、被災からこのお寺、神社について参拝し、どうのような経緯でそれぞれのお寺、神社が建立されたのかが知りたく、記録をたどってみました。
共通することは、人々は生きていく中で幾多の災害、病、不幸な出来事に遭遇しています。その時にそのことを忘れないように、また再びそうした災いから逃避できるようにと祀りごとを作り上げたのではないでしょうか。地名にもその災いを忘れないようにつけられたものが沢山あります。地名は決して無視してはいけない古代からの警告も含んでいる場合が沢山あり、近年、市町村合併で地名が変更することが多々ありますが、注視していく必要があるように思います。昔大震災にあったが何時しか開発も進み人は便利な場所に住むようになります。その場所は多くの場合人間が造り上げた住居となっています。そして、そこに災いが起きた時に、かって数百年、いやそのもっと昔に同じ災いが起こっていたことをある記録から知ったりすることができます。阪急沿線の中にも素晴らしいお寺、神社があるということはやはり震災も過去には起こっていたということです。記録も確かにあります。そうしたことを知って生活をし、日頃の準備をしておくことを昔の人達が形あるものとして残してくれているということではないでしょうか。確かに、南三陸も石巻も、気仙沼、陸前高田も大船渡も・・・釜石も高台に神社、お寺がいくつもあります。必ず高台にあります。その階段も急ではありますが、すごく登りやすく工夫がされています。先人たちはこうして私たちに生活の中に忘れないように、不幸を最小限度に抑えるように「道しるべ」を残してくれているように思えます。
今回は阪急沿線で特に
・国を平穏に治める・・・・廣田神社
・厄除け・家内安全・・・・門戸厄神東光寺
・商売繁盛・・・・・・・・西宮戎神社
の素晴らしい、ご利益のある神社、お寺をご紹介します。参拝をしてください。
私の家からもすぐ近くにあることから毎年、時間があるときには参拝をしています。今回の初詣は特に気仙沼でのお礼もあり、特別の思いがありました。神様の有難さを心から感謝し、そして、ありがたく思っております。
by fujitakikaku | 2012-01-24 00:04 | 阪急沿線、神社・お寺巡り | Trackback | Comments(0)
阪神淡路大震災から17年をむかえて・・・(8)
今、思うこと
d0181492_22162332.jpg
d0181492_22163777.jpg

日本の歴史を見ても、その時代、時代の変化するときに素晴らしい指導者、若者が必ず登場しています。そして、忘れてはいけないのはそれを支えたのは全て正しい教育だということです。教育の中には必ず「見聞を開く」、このことを必ず実行しているということです。「鉄は熱いうちにたたけ」という格言がありますが、まさにこの時と思います。子供たちは機をつかんで懸命に勉強するでしょう。経験もできるチャンスとも言えます。原発の問題にしても反対反対だけでなく。わざと賛成と反対派を作らせて、資料を集め、現地を見て、考えさせて討議をさせてみるだけでも大きく成長すると思います。マスコミは多くの国民は原発無用論者となっているかもしれません。これだけの犠牲をどうするのかを勉強すれば結論は二分されるかもしれません。正しい答えは何年か先に分かる事ですから。世界では日本の原子力発電所が欲しいという要望が強くあります。マスコミだけに惑わされないように勉強していくべきだと思います。
私の関係している食の世界も過去の犠牲の上に、今や欲しいものはスパーに行けば何でもあります。「ほうれん草のおしたし」だってコンビにあります。それも、これも大きな犠牲があって今日の発展につながっています。
悲しい、悲惨な戦争の結果、戦争はだめだという結論になっているのではないでしょうか。平和を維持するために原子爆弾を保有するという状況が今皮肉にも現実に存続しています。このことが戦争を少なくしているのかもしれません。この点は私には分かりません。
d0181492_2217852.jpg
d0181492_22172725.jpg

東北の皆様の様子がとてもみなさん心配しておられます。元気な姿をテレビで見ると、とてもほっとしますとおっしゃっていました。
by fujitakikaku | 2012-01-22 10:03 | 阪神淡路大震災からの復興・まちづくり | Trackback | Comments(0)
阪神淡路大震災から17年をむかえて・・・(7)
今、思うこと
d0181492_22141396.jpg
d0181492_22143443.jpg

若者の将来に、未来に素晴らしい人生が待っているようにするために、私たちは今のままではいけないと思います。確かに、今の年金政策も、運営の方法で破綻していますが、だからこそ年金を受給しても、自分でできることはできるだけ行い、無駄な負担を若者たちに負わせない努力をすべきだと思います。元気で健康であることだけでも、薬の量が減るだけでも、無駄な病院通いを控えるだけでも、膨大にかかっている医療費の削減策としては大きく、若者の負担も軽減されていきます。ひいては関係する看護婦さんたちの給料も改善されることになります。被災地の集合住宅も、ただ寝泊りするところではなく、コミニュケーションが取れるようにします。その結果、お年寄りが元気になりました。「元気でいることがこんなに楽しいことかと感じられるようになりました。」こんな施設を作れば医療費は削減され、厚生施設は豊かな住居の場となっていくはずです。今、神戸では17年前に借り上げた住居が返済しなければならないという問題に直面しています。このことは大きな参考となると思います。復興に自己負担を恐れないことです。自己負担をするから真剣に考えるのです。身銭を切らないと考え方が甘えになります。結局は悲惨な終末が待っています。
みんなが自ら生活費を出して、ただし、国に保証人になってもらっての厚生施設でもいいと思います。安心できる老後なんていろんな方法が、しかも確実な方法があります。
17年前に中学生、高校生であった子供たちも、今は社会人として大いに活躍しています。あの厳しい環境でも「子供の教育」だけは、私たちは忘れなかったと思います。当然、身銭を切って懸命に子供たちの教育だけは守ったつもりです。それは間違いなく、正しい答であったと確信します。お金を残すのも貯金なら、子供たちに教育をさせておく、これはとんでもない貯金かもしれません。国の財産、世界の財産へとつながっていくからです。
d0181492_22145476.jpg
d0181492_22151743.jpg

東光寺の御坊様はにこやかなお顔で、寄付いただくお客様にそれはそれはご丁寧に「本当ありがとうございます」と。お礼を申されておられました。参拝者の皆様も一様に「頑張ってください。とお伝えください」と募金をし、話しかけておられました。
by fujitakikaku | 2012-01-21 07:03 | 阪神淡路大震災からの復興・まちづくり | Trackback | Comments(0)
阪神淡路大震災から17年をむかえて・・・(6)
今、思うこと
d0181492_22115084.jpg
d0181492_22121263.jpg

兵庫県西宮市、門戸厄神(東光寺)厄除大祭の様子です。紫灯大護摩供で心からの復興のお祈りをしました。

復興の成功のプロセスには、過去の経験から評価出来るとは思いますが、その通りにやれば今の時代でも、この場所でも成功するとは言えないでしょう。自分たちで進むべき道を決め、それを実現するために懸命に努力するしか方法はないと思います。大いに参考にはなることは間違いありませんが。誰かに頼った方法には、失敗した時を考えると、確かに逃げ道があります。あいつが言った方法でやったら失敗した。国の言う通りにやったらこんな悲惨さになった。これでは人間としてお粗末な、悲劇的な人生に終わると思います。自分たちで決めたものであれば自分たちの責任です。達成したときは正に子孫に残す、素晴らしい遺産が残ることになります。私たちの今の幸福な生活はそうした先人たちの遺産により出来ていると思います。誰もが羨む国になっていると思います。自然が豊かで、福祉政策の行き届いた国は日本が最高だと思います。
神戸の人口は約120万人です。全員が被災しました。悲しみは同じでした。でも当時を振り返ってみますと、その次の月に地下鉄サリン事件が発生し、日本の治安が危機と・・・日本全国の、特に東京を中心とした報道に代わっていきました。私たちの報道は小さく扱われることになりました。このことは被災した私たちだけが感じることでした。自分たちがしっかりしないと。復興には追い風となった事件だったのかもしれません。一本の花の苗がたくさんの花をつける姿で元気を取り戻して頑張った日々を思い出します。兵庫県の被災地の花が沢山で、一生懸命なのはこのことがあったからです。
過去には戦後でも各地でいろんな悲劇が繰り返され、先人たちはこれらを乗り越え豊かな社会を遺産としてここに残してくれています。
熊本県水俣湾の漁師たちの話を前に書きましたが、非常に大切な復興の資料として全世界が評価しています。でも、日本の国民はあまり知らないかもしれません。これが教育です。教育が人を育て、そうした知識を持った人材がやがて豊かな国を作っていくと思います。国民皆が字を書き、会話を交わせることはとても素晴らしいと思います。1月17日、淡路島出身の力士「照強(てる つよし)」が一生懸命に、ファイトにみちた相撲を取っていました。この若者は17年前のあの大震災の夜に淡路島で誕生したということを知りました。相撲の世界は自分の力だけが頼りです。この若さで自分の一生をかけます。誰に頼ることなく、自分で切り開くしかありません。この若い力士、そして、この力士だけでなく、他の力士たちにも熱い声援を送ろうと思います。素晴らしいものです。日本のこれからの若者に夢が持てるように頑張る。それが私たちの仕事だと思います。若者に何が残せるのか戦後生まれの私達には残された仕事がまだあるように思います。
d0181492_22124170.jpg
d0181492_2213097.jpg

お寺ではたくさんの人が東北の復興が少しでも進むことを祈っておられました。
by fujitakikaku | 2012-01-20 09:54 | 阪神淡路大震災からの復興・まちづくり | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku