人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:写真撮影絶好地( 55 )

藤田八束の鉄道写真@ここは西宮、東海道本線が町中をはしります・・・瑞風、スーパーはくと、そして貨物列車「桃太郎」がはしる

兵庫県西宮市の真ん中を東海道本線が走ります。街の真ん中を走る所はとっても珍しいかもしれません。しかも高台に設置されています。列車の走る姿がとっても格好良く見ることが出来ます。鉄道フアンがカメラを持って
ぜっけいばしょをさがしています。西宮市はこれに注目すべきです。瑞風のしゃしんをとりながらかんがえました。この盛られた斜面に春には芝桜、夏にはひまわり、秋にはコスモス、冬にはラベンダーが咲いたらどんなに素敵に変貌するだろうか。西宮で成功したらこの沿線をそんな町にしたらいい。一挙に観光事業が出来る。周りには素敵な学校もある。文化都市である。神戸大阪、京都も近い・・・・魅力たっぷりの素地がある。

d0181492_21225017.jpg
折角の豪華列車が雑草でだいなしである。沿線で出を振る子供達を育てた良い。その子供たちがお花を持っていたら観光のお客様は感動すると思います。こんなことでも私たちでもできる「おもてなし」ではないでしうか。
d0181492_21230260.jpg
d0181492_21301808.jpg

d0181492_21303796.jpg

d0181492_21304646.jpg
d0181492_21305514.jpg
d0181492_21310574.jpg
d0181492_21312501.jpg
d0181492_21314308.jpg
d0181492_21315128.jpg
d0181492_21320032.jpg
d0181492_21320969.jpg
d0181492_21321726.jpg
d0181492_21323503.jpg
d0181492_21325571.jpg
d0181492_21330422.jpg
d0181492_21202134.jpg
貨物列車のコンテナに絵を描いてはどうだろうか。子供達の夢を描いて走る貨物列車「桃太郎」をはしらせてみてはどうか。西宮の景観がかわります。銀河鉄道もいいかもしれませんね。
          
d0181492_21203132.jpg
d0181492_21204196.jpg
d0181492_21205031.jpg
d0181492_21205961.jpg
d0181492_21210775.jpg
d0181492_21212790.jpg

d0181492_21214773.jpg
d0181492_21215636.jpg
西神祇官公園は近くにありますが子供たちの元気声がはだましています。この地は西宮の財産だと私は思います。
          
d0181492_21220688.jpg
d0181492_21221585.jpg
d0181492_21221585.jpg
d0181492_21222430.jpg
d0181492_21223363.jpg
西宮市は関西でも住みたい街№1になっています。?・・・・レトロな感じもとってもいいです。


by fujitakikaku | 2019-08-06 07:43 | 写真撮影絶好地 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の地方創生計画@姫路城に頑張って欲しい、明石天文科学館も頑張れ・・・民営化が必要なのか

地方活性化には観光事業は非常に重要で観光資源のあるところは大いに経済活性が期待できるし今も活性化している。せっかくいいものがあるのに現状に甘んじているところがある。これは本当にもったいないかぎりである。
姫路城、明石天文科学館はその例である。
姫路城について・・・閉門が早すぎる。16時にはもう天守閣には入れない。天守閣からの絶景を朝日、夕日も見たいものです。素晴らしいと思います。ところがそれはだめ、考えてみてください。市役所の窓口みたいなもので受け入れ側の都合で閉門である。これが民間企業ならどうしたらより沢山の人に来てもらえるか、夜に来てもらえれば店も開けるし。、ホテルも必要だ。今の姫路城は5時過ぎると急激に人がいなくなる。商店街も閑散となって行く。なんと情けないことか、世界の観光地、世界遺産のある街でこんなことしているところ姫路城くらいではないか。考えてみてはどうか。民間に管理を委託してはどうですか。
明石天文科学館も同じです。絶景と夜の瀬戸内、夕闇迫る瀬戸内、朝日、行きかう鉄道・・。素晴らしい景観であるはずである。所がここも姫路城と同じである。素晴らしい観光資源が死んでいる。
以外と気が付いていないこと、それは観光客は寝なくても見たいし、経験したいし、何かを発見したいのです。寝るために来ている人はいません。どんどん委託することで企業が生まれ活性化は早いと思います。検討してみてください。大変身しますよ。

姫路城は世界文化遺産です。それくらいのこと誰だって知っています。デモ16時には天守閣に入れなくなること知っていますか。これからぜっけいをみることができるはず。インスタ映えもするはずです。
d0181492_22480456.jpg
d0181492_22481177.jpg
d0181492_22482081.jpg
d0181492_22482839.jpg
d0181492_22483624.jpg
d0181492_22485387.jpg
d0181492_22491039.jpg
d0181492_22491906.jpg
d0181492_22492748.jpg
d0181492_22493603.jpg
d0181492_22494533.jpg
d0181492_22495551.jpg
d0181492_22500418.jpg
d0181492_22502227.jpg
d0181492_22504081.jpg
d0181492_22504769.jpg
d0181492_22505610.jpg
d0181492_22510531.jpg
姫路城はJR姫路城の目の前にみることができます。・・・・
d0181492_2314578.jpg
明石天文科学館は素晴らしいのに…。
d0181492_231539.jpg

d0181492_22595529.jpg
d0181492_225239100.jpg
d0181492_22522347.jpg
d0181492_23172054.jpg

d0181492_1634549.jpg
以外と分からない自分の財産。他人が見ると素晴らしい発見があるものです。



by fujitakikaku | 2019-08-06 07:42 | 写真撮影絶好地 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の地方創生@夕日の綺麗な街松山、夕日の美しい故郷愛媛県、「出会い橋」で愛媛の素晴らしい情景に会いました・・・伊予電は素敵!!

国が進める地方創生に期待しているが期待しているものとは程遠い。この種の政策は国が指導するべきものではない。地方の賢者たちに、民間に任せなさい。国はその進めることが円滑に進んでいくように側面からサポートすることです。このサポートが重要です。国が指導したもので成功した事例を私はあんまり知りません。松山から一寸移動してここは伊予郡、伊予電に乗ってぶらり・・・・。素敵な陸橋がありました。ここから伊予電をみつめていました。伊予電はいろんな素晴らしい情景を私に見せてくれました。

d0181492_21102548.jpg

d0181492_21113002.jpg
d0181492_21114136.jpg
d0181492_21115109.jpg

d0181492_21121172.jpg

d0181492_21123125.jpg
d0181492_21125128.jpg
d0181492_21130106.jpg

d0181492_21133283.jpg


d0181492_21140540.jpg

d0181492_21143411.jpg
d0181492_21145613.jpg

d0181492_21151515.jpg

d0181492_21154679.jpg

d0181492_21163725.jpg
d0181492_23391939.jpg
d0181492_23393024.jpg
d0181492_23394079.jpg


d0181492_23401077.jpg
d0181492_23402025.jpg
お日様がだんだん西の空に沈み始めました。今日は快晴です。どんな夕日が見れるのか楽しみです。・・・それは綺麗な夕日になって行きました。
d0181492_23403991.jpg

d0181492_23405529.jpg
d0181492_23411371.jpg
d0181492_23412165.jpg
d0181492_23415069.jpg
d0181492_23420863.jpg
d0181492_23422600.jpg

d0181492_23424426.jpg
d0181492_23425569.jpg
d0181492_23430354.jpg
d0181492_23431215.jpg
d0181492_23432141.jpg
d0181492_23433085.jpg
d0181492_23433941.jpg
d0181492_23434811.jpg
d0181492_23435924.jpg

d0181492_23441858.jpg
d0181492_15190719.jpg
d0181492_15191588.jpg
d0181492_15192298.jpg
d0181492_15193733.jpg
d0181492_15194711.jpg
d0181492_15195477.jpg
d0181492_15200974.jpg
d0181492_15201798.jpg

d0181492_15203332.jpg
d0181492_15204149.jpg
d0181492_15204981.jpg
d0181492_15211212.jpg
d0181492_15212092.jpg
d0181492_15212987.jpg
d0181492_15213703.jpg
月見草が花開いてきました。・・・・
d0181492_15214486.jpg
d0181492_15215385.jpg
d0181492_15220092.jpg
d0181492_15221431.jpg
d0181492_15223133.jpg
d0181492_15224522.jpg
d0181492_15225964.jpg
d0181492_15230758.jpg
それはそれはとっても綺麗な夕日で、この踏切を横切る伊予電がとっても素晴らしいシルエットを見せてくれました。
d0181492_15231505.jpg
d0181492_15232423.jpg
d0181492_15233166.jpg
d0181492_15241138.jpg
d0181492_15241902.jpg
d0181492_15243592.jpg
d0181492_15244377.jpg
d0181492_15254730.jpg
d0181492_15255421.jpg
若者たちの元気な姿がとっても私には印象的でした。松山はこれからどんどん良くなっていくと思います。理想郷を作るような予感がします。
d0181492_15260258.jpg
d0181492_15264843.jpg
d0181492_15265847.jpg
d0181492_15270578.jpg
d0181492_15272033.jpg
d0181492_15272805.jpg
若者たちの教育環境、その大切さを松山は教えてくれているようにも思います。・・・・

by fujitakikaku | 2019-06-16 09:03 | 写真撮影絶好地 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の絶景の旅@愛媛県伊予郡伊予鉄郡中線に乗って郡中港駅へ・・・伊予鉄の親切な職員さんに感動です

愛媛県松山市、瀬戸内海に面したこの町は夕日の綺麗なことで有名です。海岸線を列車が走り是非この地で夕日が見れたらと思っていました。今日は快晴この部だと夕日に会えると思いました。伊予駅へ行きそこからどこでも良いから絶景の場所に行きたいと思い。駅へと駆け込みました。仕事の後ですから夕日が迫っていました。
こんな時は駅員さんに聞くのが一番。「これから夕日の見れるところ教えてください。」「素敵な夕日に逢いたい。」そう伝えたら駅員さんが今からだと終着駅の郡中港駅まで行ってそこから海岸へ行くといいでしょう。そう言われても私にはどう行けばいいか分かりません。とにかく指定された電車に乗りました。そして、指定の駅に着きました。指定の駅郡中港駅は終点でした。みんなが降りどうしたものかと出口に近づくと「藤田様ですか?」女性の駅員さんが訪ねてきました。びっくりです。伊予駅の職員さんから連絡があり、資料を用意して置いて下さい。そう連絡があったようです。この対応の素晴らしさに感動です。夕日の場所は近くで10分くらいで歩いて行ける所でした。それにしても親切すぎます。その応対がまた優しいのです。優しすぎるほどでした。綺麗な夕日、素敵な伊予鉄の駅員さんに逢えたことが何よりも素晴らしい思い出になりました。綺麗な夕日に駅員さんのお顔が浮かんでいました。素晴らしい経験をさせて頂きました。感謝しています。
d0181492_00053653.jpg
伊予鉄はレトロな感じがとっても優しさを感じます。とっても素敵な癒しの電車でした。
d0181492_00054447.jpg
d0181492_00055427.jpg
郡中港駅にはこんな案内の看板がありましたが沢山の夕日絶景の場所が紹介されていました。下灘駅も確かに近くにありましたよ。大洲城も面白そうです。
d0181492_00162992.jpg
d0181492_00164852.jpg
なんか元気いっぱいのバスに逢いました。サッカーのチームが出来たようですよ。
d0181492_00165967.jpg
d0181492_00060377.jpg
d0181492_00061956.jpg

d0181492_00064212.jpg
d0181492_00065771.jpg
d0181492_00070636.jpg
d0181492_00071407.jpg
d0181492_00072247.jpg
d0181492_00073165.jpg
d0181492_00074872.jpg
d0181492_00080778.jpg
d0181492_00082868.jpg
d0181492_00083809.jpg
d0181492_00090425.jpg
d0181492_00091538.jpg
d0181492_00092333.jpg
d0181492_00095232.jpg
d0181492_00100306.jpg
d0181492_00101354.jpg
d0181492_00113639.jpg
d0181492_00115502.jpg
d0181492_00121620.jpg
d0181492_00122331.jpg
d0181492_00123097.jpg
d0181492_00124094.jpg
d0181492_00125064.jpg

d0181492_00130854.jpg
d0181492_00132796.jpg
d0181492_00133709.jpg
d0181492_00134739.jpg
牡蠣が浄化されていました。水産物がいかにも豊富な様子が伺えました。綺麗な夕日に呆然としていました。
d0181492_00135725.jpg
d0181492_00140638.jpg
d0181492_00142713.jpg
d0181492_00145174.jpg
d0181492_00150031.jpg
d0181492_00151042.jpg
d0181492_00151901.jpg
d0181492_00152629.jpg
d0181492_00155344.jpg
d0181492_00161287.jpg
d0181492_00162085.jpg
d0181492_00175028.jpg

d0181492_00180960.jpg
d0181492_00163780.jpg
d0181492_00181932.jpg
d0181492_00215791.jpg
この夕日は素晴らしい。・・・・そして、駅員さんの優しさが忘れられません。また行きたいと思います。伊予電の虜になってしまいました。

by fujitakikaku | 2019-06-10 07:42 | 写真撮影絶好地 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@石巻の貨物列車、日本製紙工場と石巻駅を元気に走ります。日本製紙工場の夜景は神秘的

石巻は大震災に見舞われましたがそんな石巻に会って大きな被害を受けた日本製紙の交渉は見事に復活し元気に稼働しています。その夜景は綺麗で写真に収めてきました。見て下さい。
          
d0181492_20493377.jpg

d0181492_20494706.jpg
石巻駅から石巻線で小牛田というところへ行って東北本線に繋がります。日本製紙の製品はこうして日本全国へと運ばれて行きます。
d0181492_20502707.jpg
石巻駅の様子です。・・・・・
d0181492_20503987.jpg
d0181492_20505175.jpg
この瞬間は石巻駅から日本製紙へ原料を運ぶところで機関車がむきを変えています。
d0181492_20510402.jpg
d0181492_20512153.jpg
d0181492_20513485.jpg
原料を積んで日本製紙の交渉へと向かっています。・・・・
d0181492_20514607.jpg
d0181492_20521056.jpg
d0181492_20522194.jpg
d0181492_20523380.jpg
d0181492_20524601.jpg
ここからはなかなか良い感じの情景になりました。・・・・写真を撮るには良い所だと思います。

by fujitakikaku | 2019-05-20 06:40 | 写真撮影絶好地 | Trackback | Comments(0)
観光地の在り方、姫路城管理にお願い、姫路観光に姫路城の存在感が無い。観光地として最高なのに生かされていない

姫路城に行く度にがっかりすることがあります。夕方近くに行くと人がいない。姫路城がもう閉まっている。16時にはもう入れない。従って周辺のお店も閉店である。朝日を受けての姫路城、これは絶景でしょう。
夕日に染まった姫路城・・・どう考えてみても素晴らしい光景です。特に最近はインスタ映えが必要だ。それに絶好の光景を作ってくれる。なのにその時間にはお城に入れない。
民間に任せたらどうだろうか。前からこのことを書き続けていますが、どうなっているのだろうか。そして、市電を走らせて城下町を作る。そうすれば泊まりたくなる。温泉ぐらい掘ったらいい。1億円もあればかならず温泉は出る。これで姫路の町は一変します。素晴らしい財産を行政が殺しているように思えてなりません。
明石の天文館も同じです。実にもったいない。瀬戸内海の夕日を天文館から見たいし、朝日を拝みたい。インスタ映え間違いなしでしょう。

世界文化遺産姫路城は観光としては最高の宝物
d0181492_21353349.jpg
d0181492_21354742.jpg
d0181492_21351257.jpg
熊本城は夜も見ることが出来す。大阪城も・・・・大阪城は多くの人で賑わっています。

d0181492_20593680.jpg
大阪城です。・・・・・
d0181492_21470492.jpg
明石の天文館です。ここから瀬戸大橋に出てくる朝日が見れたらといつも思います。
d0181492_22360479.jpg
d0181492_22361753.jpg
d0181492_22365655.jpg
d0181492_22364433.jpg


by fujitakikaku | 2019-05-08 07:44 | 写真撮影絶好地 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@宮城県船岡市の一目千本桜と鉄道写真、蔵王連山と一目千本桜そして貨物列車の写真葉最高!!春爛漫

まさに春爛漫である。こんなにも見事に咲く桜があるんですね。ここは宮城県船岡市、大河原に沿って延々と続く桜並木は実に素晴らしい。ちょうどこの最高の季節に再度訪れることが出来ました。たくさん写真を撮ってきましたのでご紹介します。

d0181492_08252092.jpg
東北本線がその並木道に沿って走っています。これがまたいいのです。・・・走るたびにその風で桜の花びらが舞います。
d0181492_08252988.jpg
d0181492_08254097.jpg
d0181492_08255841.jpg
d0181492_08261646.jpg

d0181492_08270234.jpg
d0181492_08195131.jpg
d0181492_08200045.jpg
d0181492_08201089.jpg
d0181492_08201988.jpg
船岡の一目千本桜が延々と続きます。そこを列車が走ります。
d0181492_08150124.jpg
d0181492_08161657.jpg
d0181492_08164920.jpg
d0181492_08180504.jpg
d0181492_08224701.jpg
d0181492_08225571.jpg
d0181492_08230353.jpg
d0181492_08233839.jpg
d0181492_08234641.jpg
d0181492_08235466.jpg
d0181492_08240342.jpg
d0181492_08241104.jpg
d0181492_08242807.jpg
d0181492_08244394.jpg
d0181492_08250340.jpg
d0181492_08251231.jpg
d0181492_08272672.jpg
d0181492_08274389.jpg
千本桜を散策する人たちの表情は素晴らしい表情をされていてこの桜たちが幸せを運んできているように見えました。
d0181492_08280397.jpg
d0181492_08281435.jpg
d0181492_08282546.jpg
d0181492_08283507.jpg
貨物列車の走った後には沢山の桜の花びらが乱舞します。・・・・・見事な船岡「一目千本桜」でした。

by fujitakikaku | 2019-04-25 06:48 | 写真撮影絶好地 | Trackback | Comments(0)

藤田八束の鉄道写真@東北での桜前線を追って、宮城県船岡の桜、蔵王連山と桜の絶景を貨物列車金太郎が走る

仙台空港から仙台まで約20分、その途中の名取駅で東北本線に乗り換えて船岡駅へ桜を見るために途中下車です。

名取駅前にはサッポロビール園があります。ここがなかなか良い鉄道写真絶景の所なんです。桜もちょうど満開でとっても綺麗でした。

d0181492_21012865.jpg

d0181492_21015424.jpg
d0181492_21020587.jpg

d0181492_17165306.jpg

d0181492_17170225.jpg
d0181492_17164499.jpg
d0181492_17163542.jpg

船岡についてびっくりです。まさに春爛漫、見事に咲いた千本桜の並木道が延々と続きます。この桜、凡そ100年にもなろうかという樹齢だそうです。ここに桜の苗を植えた人がいたんてすね。その桜がこんなにも素晴らしい絶景を私達に見せてくれています。

d0181492_17174984.jpg
d0181492_21030074.jpg
d0181492_21031143.jpg
d0181492_21032147.jpg
d0181492_21033357.jpg
d0181492_21035211.jpg
d0181492_21041134.jpg
d0181492_21042397.jpg
d0181492_17175920.jpg
d0181492_17180821.jpg
d0181492_17181620.jpg

d0181492_17184347.jpg
d0181492_17183448.jpg
d0181492_17191104.jpg
d0181492_17185487.jpg
d0181492_17190284.jpg
d0181492_21043463.jpg
d0181492_21044546.jpg
d0181492_21045710.jpg
d0181492_21053807.jpg
船岡の千本桜でご案内を頂いた船岡市の若い職員さんはとっても笑顔の素敵な若者でした。好感度抜群でした。私も若い職員さんと楽しいお話も出来ました。ありがとうございました。
d0181492_21052471.jpg

d0181492_17171205.jpg
d0181492_17172264.jpg
女の子はとっても嬉しそうでした。子どもの笑顔は正直です。春を迎えた東北の町・・・そこは平和そのもの、春爛漫の世界を見せて頂きました。100年前に桜を植えてくれた人がいるんですね。感動しています。
d0181492_17173014.jpg
d0181492_17174186.jpg

<船岡の見事な千本桜、そして遙か遠くに蔵王の連山が冠雪しキラキラと輝いていました。>

d0181492_17185487.jpg


<千本桜を貨物列車、在来線の普通列車が走ると何とも素晴らしい情景に変わります。沢山の人々がこの素晴らしい桜の美しさに酔いしれていました。>


<千本桜と貨物列車、千本桜と鉄道・・・とっても素晴らしい情景を演出していました。>

千本桜の沢山の写真を整理して掲載します。お楽しみにしてください。


by fujitakikaku | 2019-04-23 07:54 | 写真撮影絶好地 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@兵庫県西宮市「夙川(しゅくがわ)公園の桜」、桜の超名所夙川公園は春爛漫・・・鉄道写真撮影が最高の場所


夙川公園を横切るように走る貨物列車です。夕日もとっても綺麗でした。
d0181492_07571945.jpg
これは最悪の写真になりました。列車が重なってしまいましたがこんな写真も悔しいけどいいかもしれません。
d0181492_07544398.jpg
d0181492_07545325.jpg
もう少しスピードを上げて…。応援むなしく65形は陰になってしまいました。・・・残念
                       
d0181492_07551187.jpg
d0181492_07554548.jpg
d0181492_07555805.jpg
d0181492_07563378.jpg
d0181492_07562200.jpg
d0181492_07564386.jpg
d0181492_07565550.jpg
d0181492_07570749.jpg
元気な子供たちは良いですね。元気な大きな声がこだましていました。お陰様で私も元気をもらえました。

by fujitakikaku | 2019-04-10 08:08 | 写真撮影絶好地 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@松山は鉄道フアンにはたまりませんよ、下灘にも行ってきました。・・・大洲にも行って見たい!!

四国に行って初めてJR四国が鉄道に力を入れているのを知りました。愛媛県松山市・・・松山には松山市駅とJR松山駅あります。間違ってしまいましたがこの松山市駅も結構雰囲気が良く、しばらくベンチに腰を下ろして写真を撮っていました。観光客も同じように盛んに写真をとっていました。四国は歴史もあり鉄道がこれを更に人を引き付ける原動力になると思います。期待しています。


d0181492_20214330.jpg
d0181492_20215174.jpg
d0181492_20193791.jpg
d0181492_20211735.jpg
d0181492_20122951.jpg

d0181492_20105399.jpg
d0181492_20110577.jpg
d0181492_20113118.jpg
d0181492_20114223.jpg
d0181492_20142679.jpg
d0181492_20150238.jpg
d0181492_20151929.jpg
d0181492_20154824.jpg
d0181492_20162506.jpg
d0181492_20164594.jpg
d0181492_20171363.jpg
d0181492_20170408.jpg
d0181492_20183491.jpg
d0181492_20174556.jpg
d0181492_20191171.jpg
d0181492_20190487.jpg
d0181492_20223510.jpg
d0181492_20220954.jpg
d0181492_20221604.jpg

by fujitakikaku | 2019-03-28 11:52 | 写真撮影絶好地 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku