人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:魅力ある学校づくり、大学を訪ねて( 13 )

私の愛する街西宮市、阪神淡路大震災からの復興23年後の姿・・・復興した文教都市西宮、名門校神戸女学院・関西学院大学の美しさ

平成の時代は日本列島を沢山の大災害が襲った。皆さんの温かい支援を受けながら復興に向かったが最も素晴らしい町に復興できたのは私は西宮市だと思います。我が町西宮は災害前よりも何倍も素晴らしい町に生まれ変わりました。関西では最も住みたい街に、日本でも3位以内に入る街になりました。
そんな中でも自慢は文教都市宣言の町であり、素晴らし名門校がそこ有ることが誇りでもあります。しかも建物が重要文化財です。
<神戸女学院の春を紹介します。>
子供達には良質の教育が出来ればと思います。先生の良し悪しでも子供の将来が変わります。子どもたちは先生を見て育ちます。教育環境はその子供の明日を決める所だと私は考えています。
d0181492_23341783.jpg
d0181492_23342765.jpg
d0181492_23334581.jpg
d0181492_20575310.jpg
d0181492_20580437.jpg
構内はいつも清潔であり、お洒落に・綺麗に整備されています。学生さんたちの学ぶ場としては最高だと思います。校舎もとっても素敵で魅力的です。学校が観光地にもなる感じがします。
d0181492_20583319.jpg
d0181492_20584212.jpg
d0181492_20585167.jpg
d0181492_20590064.jpg
こんな庭園に一日いても大満足します。とっても素敵な庭です。
d0181492_20590956.jpg
d0181492_20591849.jpg
d0181492_20592898.jpg
d0181492_20594590.jpg
d0181492_20595535.jpg
学生さんたちがとっも素敵です。将来が楽しみです。
d0181492_21000330.jpg

d0181492_21002113.jpg

d0181492_21003238.jpg

d0181492_21013451.jpg

d0181492_21014440.jpg

d0181492_23233389.jpg

d0181492_23234475.jpg
これは珍しい、黄色い桜が咲いていました。とっても綺麗でかわいらしい桜です。御衣黄(ギョイコウ)というそうです。何とも言えない淡い黄色をしたお上品な桜です。とっても素敵な歌で私は良く覚えています。3番までちゃんと歌えます。
d0181492_23235675.jpg

d0181492_23242238.jpg

d0181492_23243267.jpg

d0181492_23244224.jpg

d0181492_23245141.jpg

d0181492_23250013.jpg
d0181492_23252295.jpg
d0181492_23253108.jpg
d0181492_23254238.jpg
d0181492_23260206.jpg
建物の一つ一つが素晴らしいものです。伝統の歴史も感じます。ペギー葉山さんが唱って大ヒットした「学生時代」をおぼえておられますか、その舞台となったのがここ神戸女学院だそうです。
d0181492_23261293.jpg
d0181492_23262270.jpg
d0181492_23263288.jpg
d0181492_23264291.jpg
d0181492_23265196.jpg
d0181492_23270206.jpg
d0181492_23272356.jpg
d0181492_23273237.jpg
d0181492_23274242.jpg
d0181492_23275354.jpg
d0181492_23280343.jpg
d0181492_23281212.jpg
d0181492_23282038.jpg
d0181492_23283076.jpg
d0181492_23284068.jpg
d0181492_23284826.jpg
d0181492_23285761.jpg
d0181492_23294285.jpg
d0181492_23295219.jpg
d0181492_23300117.jpg
d0181492_23301122.jpg
d0181492_23302291.jpg
d0181492_23303332.jpg
d0181492_23305578.jpg
d0181492_23311413.jpg
d0181492_23312594.jpg
d0181492_23313604.jpg
d0181492_23314788.jpg
d0181492_23315785.jpg
d0181492_23322023.jpg
d0181492_23323171.jpg
d0181492_23324176.jpg
d0181492_23330065.jpg
d0181492_23331209.jpg
d0181492_23332449.jpg
d0181492_23333409.jpg
d0181492_23334581.jpg
d0181492_23335676.jpg
この国が子供達に平等に教育の場を提供できる国であって欲しいと思います。そして、新しい時代、令和の時代にどんな若者たちが育っていくのかを見るのが楽しみなそんな時代であって欲しいと思います。若者たちの成長を期待しています。

<関西学院大学の素晴らしい生徒たちの活動の様子を紹介します。>
関西学院大学は明日アップします。

by fujitakikaku | 2019-05-01 08:17 | 魅力ある学校づくり、大学を訪ねて | Trackback | Comments(0)

藤田八束の幸福論@子供の成長に必要なもの、教育環境に尽きる・・・環境が子供の未来を作る

子供が幸せになってくれることが親にとっても最も幸せになると私は思っています。子供がどうしようもない大人になってしまったら、自分も不幸になってしまいます。逆に子供が幸せな家庭を作ってくれたら老いてもこんなに幸せなことはない。

子供を幸せにすることである。それには塾に通わせ勉強させるのも方法かもしれないが、私はその子供を良質の生活環境においてあげることだと思う。環境が良ければ仲間の子供達、友達も良質である。そんな環境にいるとその子供は自ずと適応しようと努力し、そうなっていく。親の能力よりも環境の影響は大きい。お父さん、お母さんはこともの環境として今はどうなのかを先ずよく見てみる必要がある。子供の為にも転居するのも結局は自分も幸せになるかもしれない。生活・教育環境とは思った以上に重要である。

若い人達と接する機会の多い私には優秀な、魅力ある若者に出会った時にそれとはなく、家庭環境、幼い時から卒業までの生活環境を聞いている。そんな時、この環境の大切さを痛感しています。逆に変な会社に勤め続けたらいつの間にか自分もその程度になって行っているかもしれません。恐ろしいですね。

東北新幹線、一ノ関駅です。
d0181492_20455187.jpg
d0181492_11564457.jpg

d0181492_11551715.jpg
東北本線一ノ関駅です。ここはとってもいい情景を創ってくれます。今のままでもいいのですがもっと撮影ポイントを作ると素晴らしい鉄道ファンの憧れ的場所になると私は思います。間違いありません。観光地にもなりますよ。北上線も近いし。
d0181492_11532339.jpg

d0181492_18175212.jpg
d0181492_22211098.jpg
阪急電車にも鉄道ファンが多いでよ。お洒落なボディがたまりません。
d0181492_11072826.jpg
d0181492_11063859.jpg
d0181492_11051499.jpg
東北本線、仙台貨物ターミナルでの写真です。なかなか大きな立派なターミナルです。ここも工夫するとよくなると思います。コンテナに銀河鉄道のラッピングしたらいいでしょうね。全国から募金したらどうでしょうか。


by fujitakikaku | 2018-03-26 07:01 | 魅力ある学校づくり、大学を訪ねて | Trackback | Comments(0)
藤田八束と素敵な仲間: 若き技術者達の誕生を祈念して・・・鹿児島大学水産学部の若きエース達

研修会の後でみんなで食事会、話は最高に盛り上がります。若い力は本当に楽しみです。
d0181492_2082364.jpg

今回研修に来ていただいた若き期待のホープ、木元篤志君(中央)と立山翔大君(左側)とご一緒に乾杯!!
大いに期待しています。
d0181492_2075186.jpg

化学分析を丁寧に分かり易く指導してくれた中井君、本当にありがとう。
d0181492_2022158.jpg

微生物検査を中心に指導してくれた宮川恵輔君ありがとう。
d0181492_20201960.jpg

微生物検査を中心に指導してくれた宮川恵輔君、日塔美波さんありがとう。
d0181492_2020354.jpg


大学の後輩たちが研修に来てくれました。研究に必要な微生物検査、定量分析などの技術を習得してもらうのが目的です。研修は夜遅くまで続きましたが目的の研修は指導者の賢明な努力と熱心な修得姿勢で達成できたと判断しています。これから素晴らしい研究が出来、その成果を学会で発表出来ることを期待しています。
指導・お世話頂きましたに中井君、宮川恵輔君、そして日塔美波さんです。この度はご丁寧なご指導を本当にありがとうございました。
d0181492_2072213.jpg

鹿児島大学から研修に来てくれた木元篤志君と立木翔大君は私の後輩でもあります。研究室が同じでと言っても私は卒業してからもう47年の月日が経っています。この歳になって後輩と一緒に仕事ができるとしたら最高に幸せだと思います。これからの研究をおおいに期待し、楽しみにしています。
by fujitakikaku | 2015-08-17 01:00 | 魅力ある学校づくり、大学を訪ねて | Trackback | Comments(0)
北海道大学は観光地でもあり、文化伝承の施設、大学を観光に生かせ!!

学校を綺麗にに整備する。学校は素晴らしい観光地になります。学問の場である大学は多くの資料があり、これをもっと広く公開する。公開するにあたり最分かり易く面白く表現する。こんなにも素晴らしい歴史と文化にとんだところはない。人々がたくさん来て学校を見ることで学生に対する期待が高まる。これは学生たちの励みにもなるはず。教育を受けている様子も見せてもらいたいものです。素敵な学校だときずけば孫もどうだろうか。北海道だって何処だって孫と訪問したいもので。北海道大学はその素晴らしい例になってほしいし、先駆者もとなれると私は思います。いかがでしょうか。

北海道大学(札幌市、JR札幌からゆっくり散歩しても10分以内です。)の今です。・・・・・素敵ですよ。
d0181492_1442614.jpg
d0181492_1444135.jpg

クラーク先生は生きる希望と目標を持つことの大切さを教えてくれました。この教えは私の座右の銘となっています。常に目標を持って前へと進むし、準備もする。
d0181492_1445755.jpg
d0181492_1451789.jpg
d0181492_1453355.jpg
d0181492_1455033.jpg
d0181492_1461164.jpg
d0181492_146263.jpg
d0181492_1464294.jpg
d0181492_147367.jpg
d0181492_1472391.jpg

学校の価値観を常に見直す。教育水準の高い日本だから平和の大切さが特に分かるのだと思すいます。
by fujitakikaku | 2015-07-10 14:15 | 魅力ある学校づくり、大学を訪ねて | Trackback | Comments(0)
①藤田八束の鹿児島の旅: 鹿児島志布志・鹿屋市を訪ねて・・・・お城の中にある学校 志布志小学校

仕事で鹿児島へ行くことになりました。今回は鹿児島から更に大隅半島へと移動します。鹿児島県も食材大国として知られるようになり、一変しました。焼酎、特に芋焼酎は焼酎のイメージを一新し、お洒落な飲み物として若者の中でブームとなり、もはや日本ブランドとしての位置を築いた感があります。黒豚もそうです。その他にも沢山のお菓子、蕎麦などが名産品として登場し、活気付いています。
鹿児島大学の前田先生に同行させて頂き大隅半島のファーム、家畜研究所を訪問するのが目的でした。
d0181492_12173789.jpg

(鹿児島市内の居酒屋さんで青木繁君と楽しい時間を持たせて頂きました。)

先ずは鹿児島に着いたのも遅くでしたので、ホテルの近くで食事をすることにしました。まずはビールで乾杯です。気候も暑くなり、ビールの美味しい季節になりました。
d0181492_12175852.jpg

鹿児島空港には島津藩がもちいた鎧が展示されていました。
d0181492_1218143.jpg
d0181492_12183212.jpg

大隅半島、志布志市を目指しました。途中こんなに面白い山がありました。日本むかし話にでも出てきそうなその形がとっても滑稽でした。
d0181492_12185025.jpg

大隅半島はお茶の名産地でもあります。鹿屋、志布志のお茶は甘くこく味があり、行くところ行くところでご馳走して頂きました。お茶の美味しさを改めて感じさせられました。
d0181492_12191288.jpg
d0181492_121932100.jpg

志布志市役所に立ち寄りまして、街の様子をお聞きしました。ここでも地域おこしの事業が計画されていて、熱心に進められている様子がうかがえました。
d0181492_12215135.jpg

d0181492_12231179.jpg
d0181492_12233285.jpg
d0181492_12234957.jpg

かってはお城があったそうです。その城跡にこの素敵な小学校、志布志小学校がありました。島津藩島の流れを組むお城は遠く鎌倉時代の源頼朝の時代にさかのぼります。島津初代藩主島津貴久公が大阪の住吉大社が誕生ゆかりの地ともされていると聞いていましたので大隅半島には随分と興味がありました。機会があれば行ってみたいものだと思っていただけに、今回の思いがけないチャンスは嬉しさも格別でした。
d0181492_12241522.jpg

d0181492_12242985.jpg
d0181492_1224445.jpg
d0181492_12245833.jpg
d0181492_1225154.jpg

かってのお城の図面がありました。これは山城ですね。
d0181492_1226188.jpg
d0181492_12263687.jpg
d0181492_12265736.jpg

こいのぼりと花、街角にこんなに可愛い小さな公園がありました。ひごいがたくさん町には飾られ、この街は子供を大切にしている所なんだなぁ・・・としみじみと感じられとて嬉しいきもちになれました。
d0181492_12292238.jpg

d0181492_12293817.jpg
d0181492_12295669.jpg
d0181492_12301456.jpg

島津藩の時代にはその財力を蓄えるために地の利を生かしていろんな仕組みが作られたそうです。さて立派なお寺がこの地に多いのはなぜでしょうか。島津藩の財力のたくわえ方がとっても面白く興味深いものでした。なるほど島津藩が財力をこうして蓄えたのかと納得するのがこの神社仏閣のお寺群でした。
d0181492_16472555.jpg
d0181492_16481564.jpg
d0181492_1648413.jpg
d0181492_1649856.jpg
d0181492_16492440.jpg

この巨大なカブトムシのオブジェはなんだろうか、どんな意味があるのか周りの人に聞きましたが明解な答えは効きだせませんでした。でも若者達の、地域の人の待ち合わせの場所になっているそうです。分かり易いそうです。それにしても立派すぎます。今にも動きそうで素晴らしい芸術品と思いました。
d0181492_16495159.jpg
d0181492_1650813.jpg

d0181492_16502748.jpg
d0181492_1652288.jpg

鹿児島ではお米が出来ず、お酒は芋から作られていました。それが焼酎です。今では良質の焼酎がこんなにたくさんあります。でもかっては品質も悪くただ酔っぱらうために飲んでいた時代もあったと聞いています。
d0181492_16524650.jpg
d0181492_1653554.jpg

前田広人先生に美味しいラーメンを頂きました。志布志のラーメンは最高! でも何でもおいしいかと言うとここのラーメンが特別だということです。ご一緒に頂きましたが本当にあっさりとしたスープなのに、味の深みがあり、身体全体で味わえるほどの美味しさです。本当に美味しいラーメンでした。スープも全部飲んでしまいました。こんなこと初めてです。「マルチョンラーメン」と言うこのお店、鹿児島県のラーメングランプリ大会で一位になったほどだということでした。
前田広人先生と美味しいラーメンを頂きました。勿論学生さん、青木君も一緒でした。みんな「美味しかった。」「本当に美味しい」その感動の言葉の連発でした。お店の方も若い人もいて活気のある素敵なお店でした。
d0181492_1653359.jpg

前田先生美味しいラーメンありがとうございました。この素晴らしいお味に感動しました。
d0181492_16535248.jpg
d0181492_16541170.jpg
d0181492_16543247.jpg

随分と丁寧に豚骨から「だし」を取られたのでしょうか。でもこんなに美味しいスープはどうして作られているのでしょうか。・・・・最高のお味でございました。

前田先生今回の視察は本当に勉強になりました。今後の研究に大いに利用・応用が出来ると思います。感謝申し上げます。

②鹿児島大学水産学部訪問: 錦江湾に浮かぶ雄大な桜島の思い出、大隅半島志布志、鹿屋を訪ねて

帰りはどうしても桜島が見たく、目の当たりに見たく無理をお願いして、青木君と佃眞緒さんの案内を受けました。それは私が期待していた以上の素晴らしい光景でした。
丁度夕日が落ちそうなその瞬間を絶景のポイントに案内して頂きました。
d0181492_176954.jpg
d0181492_1762425.jpg
d0181492_1764429.jpg
d0181492_177149.jpg
d0181492_1771411.jpg

御同行させて頂きました塚田眞緒さんは鹿児島大学水産学部の学生さんです。これから卒業論文に挑戦されます。その研究の調査で同行させて頂きました。
d0181492_1773358.jpg

青木繁君ととってもいい感じに記念の写真をゲットできました。ありがとう。最高のショットです。
d0181492_1775261.jpg
d0181492_178815.jpg

佃眞緒さんの素敵なショットになりました。とっても素敵な一枚になったと思います。
d0181492_1782930.jpg
d0181492_1784434.jpg
d0181492_179737.jpg
d0181492_1792845.jpg
d0181492_1794825.jpg

今回の調査は前田先生にご紹介と、ご案内をしていただきました。前田先生とは鹿屋でお別れしましたが、大変お世話様になりました。木元篤志君とも今回は同行する予定でしたが急用で同行ができませんでしたが、夜の食事会には参加してもらえるように佃眞緒さんにお願いしました。彼は今バスの中、でも来てくれるそうです。もうすぐ合流できそうです。でも待てないのでビールだけでもはじめましう。と言うことになりました。
d0181492_1711588.jpg

今日は本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。良い研究に繋がるといいですよね。きっと素晴らしい研究が待っていると思います。期待しています。

③藤田八束の鹿児島の旅:鹿児島天文館通り塚田農場で素敵な仲間と薩摩料理を満喫

夕日に染まる桜島にも合うことが出来ました。みなさんのおかげです。夕日は本当にその数十分で終わりますが、この中井仕事の中で良くも具都度タイミングで夕日に逢えたものだとその幸運さに嬉しさがいっぱいです。帰ってきましたのでみんなで食事をすることにしました。
ここは鹿児島の人佃眞緒さんにご推薦をしていただきました。そして、このお店「塚田農場」へご案内して頂きました。今日は残念ながら同行が出来なかった木元篤志君も、今バスの中、佃眞緒さんが連絡を取ってくれまして、バスが鹿児島につき次第直行してくれるそうです。楽しい食事会になりそうです。
とりあえず喉がからからで待てないので先に乾杯! お疲れ様でした。
d0181492_17164288.jpg

d0181492_1719282.jpg

d0181492_17173723.jpg

d0181492_1712529.jpg
d0181492_1713622.jpg

木元篤志君が到着、さて改めまして「乾杯!」 とってもいい一日になりました。鹿児島は食べ物がとにかく美味しい。食材が豊富です。
d0181492_17133148.jpg

d0181492_1713455.jpg
d0181492_1714492.jpg

ビールのお代わりをしましたらこんなに可愛い細工がされていました。お店のみんなで考えたということでした。良いですね。みんなでお客様が喜ぶことを、研究して実行する。反応がある。とっても嬉しいそうです。でもこっちもとっても嬉しくなりました。その気持ちを伝え、ありかせとう。とお礼を言いました。

d0181492_17151992.jpg

次にはまたこんなプレゼントがスタッフからだと言って出していただきました。これスタッフで考えて今作りました。召し上がってください。そのサービスです。嬉しですよね。
ここのお店の皆さんは一生懸命だということが心に伝わり、とっても嬉しい気持ちになれました。
d0181492_17154645.jpg
d0181492_1716398.jpg


一品、一品にそれぞれ工夫がされています。これが嬉しいです。そして、美味しい。スタッフの皆さんの真剣な取り組みの様子が伝わってきます。
d0181492_17175357.jpg
d0181492_17181961.jpg
d0181492_17183761.jpg

学校を卒業して何年になるでしょうか。47年になりますが、こうして後輩たちと食事が出来ることに本当にありがたく感謝します。自分のあのころを思い出し、鹿児島の人達に随分と可愛がっていただきました。素敵な思い出がいっぱいあります。
そして、また新たに、素晴らしい思い出が加わりました。前田先生ありかとうございます。
d0181492_17192611.jpg
d0181492_17194589.jpg


天文館通「むじやき」は塚田農場から歩いて1分以内と言うところです。
d0181492_1720328.jpg

d0181492_17202854.jpg

d0181492_17205317.jpg

とっても素敵なお店を佃眞緒さんに紹介して頂きました。鹿児島市内の天文館にあります。とっても素敵なスタッフのいる、美味しい、楽しい時間の過ごせるお店でした。本当にありがとうございました。
d0181492_17211038.jpg

帰りの車の中からふと外を見ていると電車がはしってきました。なかなか素敵な光景でしたよ。
by fujitakikaku | 2015-05-25 07:02 | 魅力ある学校づくり、大学を訪ねて | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鹿児島の旅: 鹿児島志布志・鹿屋市を訪ねて・・・・お城の中にある学校 志布志小学校

仕事で鹿児島へ行くことになりました。今回は鹿児島から更に大隅半島へと移動します。鹿児島県も食材大国として知られるようになり、一変しました。焼酎、特に芋焼酎は焼酎のイメージを一新し、お洒落な飲み物として若者の中でブームとなり、もはや日本ブランドとしての位置を築いた感があります。黒豚もそうです。その他にも沢山のお菓子、蕎麦などが名産品として登場し、活気付いています。
鹿児島大学の前田先生に同行させて頂き大隅半島のファーム、家畜研究所を訪問するのが目的でした。
d0181492_12173789.jpg

(鹿児島市内の居酒屋さんで青木繁君と楽しい時間を持たせて頂きました。)

先ずは鹿児島に着いたのも遅くでしたので、ホテルの近くで食事をすることにしました。まずはビールで乾杯です。気候も暑くなり、ビールの美味しい季節になりました。
d0181492_12175852.jpg

鹿児島空港には島津藩がもちいた鎧が展示されていました。
d0181492_1218143.jpg
d0181492_12183212.jpg

大隅半島、志布志市を目指しました。途中こんなに面白い山がありました。日本むかし話にでも出てきそうなその形がとっても滑稽でした。
d0181492_12185025.jpg

大隅半島はお茶の名産地でもあります。鹿屋、志布志のお茶は甘くこく味があり、行くところ行くところでご馳走して頂きました。お茶の美味しさを改めて感じさせられました。
d0181492_12191288.jpg
d0181492_121932100.jpg

志布志市役所に立ち寄りまして、街の様子をお聞きしました。ここでも地域おこしの事業が計画されていて、熱心に進められている様子がうかがえました。
d0181492_12215135.jpg

d0181492_12231179.jpg
d0181492_12233285.jpg
d0181492_12234957.jpg

かってはお城があったそうです。その城跡にこの素敵な小学校、志布志小学校がありました。島津藩島の流れを組むお城は遠く鎌倉時代の源頼朝の時代にさかのぼります。島津初代藩主島津貴久公が大阪の住吉大社が誕生ゆかりの地ともされていると聞いていましたので大隅半島には随分と興味がありました。機会があれば行ってみたいものだと思っていただけに、今回の思いがけないチャンスは嬉しさも格別でした。
d0181492_12241522.jpg

d0181492_12242985.jpg
d0181492_1224445.jpg
d0181492_12245833.jpg
d0181492_1225154.jpg

かってのお城の図面がありました。これは山城ですね。
d0181492_1226188.jpg
d0181492_12263687.jpg
d0181492_12265736.jpg

こいのぼりと花、街角にこんなに可愛い小さな公園がありました。ひごいがたくさん町には飾られ、この街は子供を大切にしている所なんだなぁ・・・としみじみと感じられとて嬉しいきもちになれました。
d0181492_12292238.jpg

d0181492_12293817.jpg
d0181492_12295669.jpg
d0181492_12301456.jpg

島津藩の時代にはその財力を蓄えるために地の利を生かしていろんな仕組みが作られたそうです。さて立派なお寺がこの地に多いのはなぜでしょうか。島津藩の財力のたくわえ方がとっても面白く興味深いものでした。なるほど島津藩が財力をこうして蓄えたのかと納得するのがこの神社仏閣のお寺群でした。
d0181492_16472555.jpg
d0181492_16481564.jpg
d0181492_1648413.jpg
d0181492_1649856.jpg
d0181492_16492440.jpg

この巨大なカブトムシのオブジェはなんだろうか、どんな意味があるのか周りの人に聞きましたが明解な答えは効きだせませんでした。でも若者達の、地域の人の待ち合わせの場所になっているそうです。分かり易いそうです。それにしても立派すぎます。今にも動きそうで素晴らしい芸術品と思いました。
d0181492_16495159.jpg
d0181492_1650813.jpg

d0181492_16502748.jpg
d0181492_1652288.jpg

鹿児島ではお米が出来ず、お酒は芋から作られていました。それが焼酎です。今では良質の焼酎がこんなにたくさんあります。でもかっては品質も悪くただ酔っぱらうために飲んでいた時代もあったと聞いています。
d0181492_16524650.jpg
d0181492_1653554.jpg

前田広人先生に美味しいラーメンを頂きました。志布志のラーメンは最高! でも何でもおいしいかと言うとここのラーメンが特別だということです。ご一緒に頂きましたが本当にあっさりとしたスープなのに、味の深みがあり、身体全体で味わえるほどの美味しさです。本当に美味しいラーメンでした。スープも全部飲んでしまいました。こんなこと初めてです。「マルチョンラーメン」と言うこのお店、鹿児島県のラーメングランプリ大会で一位になったほどだということでした。
前田広人先生と美味しいラーメンを頂きました。勿論学生さん、青木君も一緒でした。みんな「美味しかった。」「本当に美味しい」その感動の言葉の連発でした。お店の方も若い人もいて活気のある素敵なお店でした。
d0181492_1653359.jpg

前田先生美味しいラーメンありがとうございました。この素晴らしいお味に感動しました。
d0181492_16535248.jpg
d0181492_16541170.jpg
d0181492_16543247.jpg

随分と丁寧に豚骨から「だし」を取られたのでしょうか。でもこんなに美味しいスープはどうして作られているのでしょうか。・・・・最高のお味でございました。

前田先生今回の視察は本当に勉強になりました。今後の研究に大いに利用・応用が出来ると思います。感謝申し上げます。
by fujitakikaku | 2015-05-22 10:07 | 魅力ある学校づくり、大学を訪ねて | Trackback | Comments(0)
今村岳市長神戸女学院国指定の重要文化財に決定大学を観光に利用すべし、関西学院大学と神戸女学院を中心に文化都市遺産の構築を目指せ


朝日新聞5/17朝刊にこんなに素晴らしい記事が掲載されていました。
d0181492_21265348.jpg

神戸女学院の建物が国の重要文化財にして指定決定したとの知らせでした。
d0181492_21275898.jpg

神戸はとってもお洒落な街です。そこに住んでいて分かります。山と海に囲まれた風光明媚で気候も温暖で、かっては別荘地が立ち並んだそうです。外国人の居留地がたくさんあります。そこは文化遺産となっています。
d0181492_21283397.jpg
d0181492_21281841.jpg

d0181492_21285033.jpg

神戸女学院はそんな瀬戸内海に面し、西宮市の閑静な岡田山にあります。高級住宅が並びます。
つい先日にこんなことともつゆ知らず、神戸女学院と関西学院大学の春をご紹介し、この文化遺産を大切にして、観光の資源としても利用すべきだと紹介しました。学校は伝統的な素晴らしい学問の環境作りにあります。
今日明日で出来るものでもありません。ここで学んだ学生たちが世に出て活躍することが学校の権威づけになっていきます。そして、素晴らしい先生方がそこに貴重な資料を作り上げていきます。教育の環境が整備され、ますます素晴らしい学生たちがここから巣立っていきます。こうした学校を見学し、案内いただくことで学校の素晴らしさを知ることが出来ます。子供たちはこんな素敵なところで勉強したいと思います。そして、卒業された先輩たちを励みに勉強に励むと思います。また高齢者の私たちもこんに素晴らしい環境でもう一度勉強してみたいとも思います。教育環境の場としてこれからますますの公開をしていただければと思いっています。やはり素晴らしい学校だったのですね。確かに素晴らしいとは本当に思っていただけにこの私も嬉しくてたまりません。
d0181492_112679.jpg

神戸女学院は伝統ある名門校です。とっても素敵で綺麗な学校です。
by fujitakikaku | 2014-05-20 08:50 | 魅力ある学校づくり、大学を訪ねて | Trackback | Comments(0)
今村岳司市長に期待名門大学の有効利用、素敵な神戸女学院に期待、憧れの神戸女学院大学の教育環境

<神戸女学院大学の春>

神戸女学院へは私の家から徒歩5分です。いつも元気な学生さん達とお会いしています。たまに、お断りして学内を散歩させていただいていますが、とっても素晴らしい管理が行き届き、綺麗です。四季折々に樹木、花々が先、とっても素晴らしい学校です。伝統校らしくその建物が素晴らしいのです。
私たちは中までは見れませんが、外からは見学できます。とっても素晴らしい学校だと思います。
d0181492_1501673.jpg

学校の中にはこんなに素敵な森の小路かあります。そして。、道端には可愛い花が咲いています。実に素晴らしいですね。
d0181492_14595863.jpg

神戸女学院大学の卒業生の人は素晴らしい人がたくさん輩出されています。関西でも名門の大学です。
教育環境を見るだけでもそのことが納得できるほどです。人の成長に教育環境が重要だと思いますが、神戸女学院大学はまさに最高の教育環境をお持ちだと思います。
d0181492_14594290.jpg
d0181492_14592985.jpg
d0181492_14591138.jpg
d0181492_14585441.jpg

d0181492_1515972.jpg

新緑の楓の葉もとっても美しいですね。秋にはこのあたりの楓は見事に紅葉します。それもまた楽しみに出来ます。
d0181492_1513584.jpg

d0181492_150467.jpg
d0181492_1503091.jpg

我が家にも孫が3人います。女の子です。なんだかとっても楽しみなのですが、勝手におじいちゃんが考えて喜んでいるだけですが。とにかく良い学校で勉強してくれればと願っているところです。

私は学校が大好きです。幼いころに素晴らしい先生にお会いできたことを本当に感謝しています。
どんなことがあっても孫たちには望むなら教育は受けさせてあげたいと思っています。
by fujitakikaku | 2014-05-08 07:16 | 魅力ある学校づくり、大学を訪ねて | Trackback | Comments(0)
神戸女学院大学と関西学院大学を文化都市遺産に、今村岳司市長大学の有効的活用を、西宮市は大学文化が観光資源

神戸女学院の校舎、校庭、花園等の素晴らしさを紹介してきました。ゆっくりと校庭を歩くとその一つ一つに歴史があり、特に建物はとっても重厚感を感じさせられました。その隣にはこれまた素晴らしい関西学院大学がありす。教育学部で将来の先生を目指して若者たちが勉学に励んでいます。建物も神戸女学院大学と同じくヴオーリズの設計によるものでとっても素晴らしい校舎がたくさんあります。
印象にあるのは校庭には子供たちの姿、歓声が多いのが特徴です。構内には保育所・幼稚園が設けられ実習もここで行われているようです。元気な子供達と若き学生たちはとってもいい教育環境を作り上げていました。
d0181492_14521433.jpg

校庭では数人の女子学生たちがミーティング注でした。大きな声で意見を交換していました。良いですね。
d0181492_1452191.jpg
d0181492_14514220.jpg

校舎はとっても美しく、桜の花と絶妙のコントラストを見せていました。
d0181492_14512781.jpg

d0181492_14511084.jpg
d0181492_14505313.jpg


子供達とっても元気です。お兄ちゃんお姉ちゃんたちから声をかけられてとっても元気でした。学生がたくさんいて、子供たちがたくさんいる光景はとってもこれから日本に必要とする光景だと思います。
d0181492_1454649.jpg
d0181492_14534924.jpg
d0181492_14533065.jpg
d0181492_14531556.jpg
d0181492_145304.jpg

これまで学校が歩んできた歴史、そこで行われている教育内容。巣立った学生たちの今日、活躍の様子。それこそがこれからの若者にも必要とされる教育遺産だと思います。それを広く開放することはこれからの観光資源として大いに利用されるべきだと思います。学校の持っている遺産だと思います。
孫たちをこの学校へつれてくるのも、いつの日にか「おじいちゃんこの学校に行きたい」そういってくれることを期待しています。

学校は人生の大部分の方向性を決定づけます。教育の重要性は昔と今も一つも変わっていないはずです。
by fujitakikaku | 2014-05-07 08:19 | 魅力ある学校づくり、大学を訪ねて | Trackback | Comments(0)
美しい校舎と庭園神戸女学院大学の魅力、大学遺産を観光資源活用、文化都市西宮市の発展と大学の存在
<住民の宝でもあります神戸女学院大学>
神戸女学院大学(兵庫県西宮市)はキリスト教女子教育機関として出発、明治8年設立だそうです。昭和8年に現在のキャンパス西宮市岡田山に移り、ヴオーリス氏の設計による美しい校舎であることはあまりにも有名です。関西でも屈指の名門大学です。
引き続き、美しい校舎、そして庭などを紹介していきます。
d0181492_0325939.jpg

学内の一角に神社があります。キリスト教女子教育機関として設立されている大学の構内に神社があることに何か歴史的な意味があるように思います。今の時点では分からないので調べてみることにしました。ここにあった神社は今は西宮神社として近くの別のところにあります。この神社もとっても由緒ある神社です。歴史的興味があります。
d0181492_028184.jpg

d0181492_0284792.jpg

構内にはとっても美しい庭園がありました。整備されとっても優しい見事な庭園には沢山の花が美しく咲いていました。
d0181492_035368.jpg

d0181492_0353735.jpg
d0181492_0355152.jpg
d0181492_036719.jpg
d0181492_0362167.jpg

窓越しに校庭の桜並木がとっても綺麗でした。
d0181492_038791.jpg

d0181492_0384380.jpg

d0181492_0403222.jpg
d0181492_040746.jpg

どうやら茶室のようです。静かな庭に素晴らしい環境です。
d0181492_0395022.jpg

学生さん達の元気な姿がテニスコートで見ることが出来ました。学校は若者たちの成長の場です。素晴らしい環境はより素晴らしい人材の育成に必要な条件であると思います。環境はとっても重要です。
素敵な大学は自分たちの若かりしころを思い出させてくれます。人生を振り返るひと時をもらえます。そして、孫たちがこうした学校の素晴らしさに憧れ、「この学校へ行きたい、」目標を持てば努力もすると思います。
素晴らしい学校が近くにあることにとってもありがたくおもっいます。そして、四季折々にこうして学内の散歩を許可頂く学校の配慮にも感謝いたしております。
欲を言えば高齢者向けの教育をやっていただければと熱望しています。その時はぜひ参加したいと思います。一生懸命に勉強すると思います。
学校は住民の財産だと思います。沢山の資料と優秀な先生方、素敵な校舎・庭はまさに大学の遺産だと思います。観光資源としてこんなに重みのある貴重なものはないと思いますが、いかがでしょうか。
今村岳司市長も注目して欲しいところです。

更に関西学院大学へと続きます。・・・・・
by fujitakikaku | 2014-05-06 06:20 | 魅力ある学校づくり、大学を訪ねて | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku