人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:遺産の旅・お城・歴史旅( 32 )

藤田八束の食文化を訪ねて@薩摩藩が生み出した知恵ある食べ物、鹿児島へ行ったらp是非食べてい食品。鹿児島には美味しいお土産が満載
                       
鹿児島が美味しい、鹿児島は食材が豊富です。従って美味しい料理かたくさんあります。南国料理として沖縄料理と鹿児島の料理がよく比較されがちですがこれほどまでに違うものはありません。沖縄料理はかなり好き嫌いがあると思いますが鹿児島料理は殆どの人が大好きになります。これは間違いありません。お魚あり、肉料理有りと実に豊富な料理が待っています。数ある中で他地区とちょっと違うのが「鳥刺し料理」です。のササミを湯通し、つまり一般的にゆうタタキにした肉が鳥刺しとして売られています。又、居酒屋さんなどでも見られ、皆さん美味しそうに食べておられます。湯通しだけでなく、タタキ風に焼かれたものもあり、これは香りも良くてっても好きです。居酒屋さんなどで美味しくいつも頂いていますので、では鹿児島の人たちはどうなんだろうと市内の売り場を見学させてもらいました。そうするとビックリです。豊富な鳥刺しが所狭しと並んでいました。その品数の多さにはビックリしました。どれも美味しそうでした。買って帰り、ホテルでビールを飲みながらみんなと食べました。これは絶品です。これから薩摩料理としてこの鳥刺し広がって行く予感がします。薩摩武士はこれを食べて明治維新たたかったのでしょうか。明治維新を成し遂げたのでしょうか。素晴らしい食文化と歴史に触れることが出来ました。
                        
d0181492_17385008.jpg

鹿児島のと言えば鳥刺しもありますが黒豚は今や日本のブランドとなっています。黒豚が美味しい理由には芋焼酎の文化があります。この点については次の機会にご紹介します。

d0181492_17372692.jpg
d0181492_17373391.jpg
d0181492_17374272.jpg
鹿児島には素敵なお店がたくさんあります。鹿児島物産館はとっても楽しく、そして美味しいものがいっぱいでした。
d0181492_17375009.jpg
d0181492_17375805.jpg
d0181492_17380788.jpg
d0181492_17381522.jpg
d0181492_17382356.jpg
d0181492_17383190.jpg
d0181492_17384146.jpg
肉にも実に沢山の種類のものが有りました。・・・・・・
d0181492_17385008.jpg
d0181492_17385894.jpg


d0181492_17391508.jpg
d0181492_17392307.jpg
d0181492_17393212.jpg
d0181492_17394112.jpg
d0181492_17394970.jpg
鹿児島も漬物が美味しい所です。山川漬は良く学生時代にいただきました。大好きです。
d0181492_17395967.jpg
こんなに可愛い食べ物がありました。買って食べてみましたがなかなか美味しいものでなんか身体によさそうな気がしました。美味しく食べる工夫は郷土の人たちの知恵が詰まっています。私は興味を持ってみています。
d0181492_17400988.jpg
d0181492_17401680.jpg
d0181492_17402587.jpg
鹿児島といえばこのきびなごです。是非きびなごのラーメンを開発してください。鮮度管理がうまくいけば美味しいラーメンができそうです。
d0181492_17405259.jpg
d0181492_17410964.jpg
d0181492_17411781.jpg


d0181492_17413518.jpg


d0181492_17415212.jpg
d0181492_17420065.jpg
d0181492_17422006.jpg
d0181492_17424296.jpg
d0181492_17425205.jpg
d0181492_17430224.jpg
d0181492_17431289.jpg
d0181492_17432278.jpg
d0181492_17433162.jpg
鹿児島市内は路面電車で楽しい観光が出来ます。・・・・・便利で安い、最高の交通手段になっています。いスタ映えする電車です。写真を撮るなら加越野間中央駅が一番インスタ映えします。西鹿児島駅も良いですね。
d0181492_17404247.jpg
d0181492_17403380.jpg
西鹿児島駅は路面電車の終着駅です。・・・・可愛い電車が勢ぞろいしています。インスタ映え間違いなしです。


by fujitakikaku | 2019-08-17 08:53 | 遺産の旅・お城・歴史旅 | Trackback | Comments(0)
百舌鳥・古市古墳世界文化遺産に登録決定、大阪の街を観光の町に、大阪の歴史を今井ぢ検証すべき・・・日本の中心になる力量ある大阪

百舌鳥・古市古墳群をこの度知ることが出来ました。こうした歴史遺産を住民たちが大切にしてきたことが何よりも素晴らしいことだと思います。自分たちでその価値を見出し、誰に言われるものでもなく自分たちのためにこの古墳群を守ってきたのだと思います。こうして遺産を守りたいという心を作り上げた天皇も素晴らしいし、そこに文化を見出すものです。空からこの地を見ることはしょつちゅうです。
これからももっと古墳群のことを勉強してみようと思います。そうすればますます面白さが分かってくるように思います。素晴らしい文化遺産がすぐ近くにあることに感謝です。

百舌鳥・古市古墳群は49基の古墳から構成されているようです。日本期限の素晴らしい歴史がそこにあります。

d0181492_21572483.jpg
d0181492_21573453.jpg


d0181492_21565137.jpg
d0181492_21570295.jpg
d0181492_21571312.jpg
d0181492_21544339.jpg
d0181492_21541339.jpg
d0181492_21542912.jpg
大阪へ帰ると伊丹空港へ、先ずはこの上空を通ります。いつも楽しみにしています。・・・・実に素晴らしい情景です。
d0181492_21570315.jpg
d0181492_21571897.jpg

d0181492_22185800.jpg
d0181492_22190751.jpg
d0181492_22190751.jpg
d0181492_22114273.jpg
寝屋川の清掃は定期的に行われています。とってもいいことだともいます。川はいつも本当に綺麗です。
d0181492_19215337.jpg
d0181492_19220048.jpg
d0181492_22173832.jpg
d0181492_22172909.jpg
d0181492_19221046.jpg
d0181492_19221892.jpg
d0181492_19222627.jpg
d0181492_19223400.jpg
d0181492_19224374.jpg
d0181492_19225296.jpg
d0181492_19230070.jpg
d0181492_19230890.jpg
d0181492_19231613.jpg
奇麗な川を守っている多くの市民がいることを忘れてはいけない。
d0181492_19232405.jpg
d0181492_19233349.jpg
アベノハルカスと大阪城が一体になった写真です。
d0181492_21563588.jpg
寝屋川は下の写真の右側の大きな川です。大阪は水野都と呼ばれていますがこの川の多さにあると思います。
d0181492_21565087.jpg
上空からの大阪はまさに歴史と文化に富んだ歴史深い町だと考えられます。もっともっと文化遺産を探し発掘し、大切に歴史を勉強すべだと思います。今の日本に誰かした。これからでも遅くい日本経済の強化策は大阪にあるように思います。


by fujitakikaku | 2019-07-08 07:03 | 遺産の旅・お城・歴史旅 | Trackback | Comments(0)
百舌鳥・古市古墳群、世界文化遺産に登録決定!!おめでとうございます。この勢いで維新の会も勝利だ・・・参議院選挙頑張れ維新の会

百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産に登録決定された。関係者の皆様おめでとうございます。ご尽力に対して感謝申し上げます。私も今日熊本からの帰りに飛行機から古墳群を見ましたが素晴らしい遺産だと思います。大阪は更に大阪城も伊丹空港に入る時に眼下に見えます。夜景は最高です。この空からの観光も考えてみてはどうでしょうか。
夜景では日本一だと思います。大都会の灯りが光輝く街を眼下にしながら降りていくときは本当に綺麗で日本一です。

今日見たものは少し雲がかかりクリアとはいきませんでしたがとにかく49基の前方後円墳は素晴らしいです。
d0181492_22123810.jpg
d0181492_22125293.jpg
d0181492_22133767.jpg
d0181492_22134981.jpg
d0181492_22141045.jpg
d0181492_22142501.jpg
別の日に見ました百舌鳥・古市古墳です。先週見たものですがこれは素晴らしかったです。必ずこの上空は通りますので楽しみにしています。
d0181492_22175641.jpg
d0181492_22180447.jpg
d0181492_22181396.jpg
d0181492_22182054.jpg
d0181492_22182760.jpg
この写真葉アベノハルカスです。
d0181492_22183552.jpg
大阪城も素晴らしい遺産だと思います。
d0181492_22184343.jpg
d0181492_22185800.jpg
d0181492_22190751.jpg
上は先週、下は熊本から帰りのANA便です。最高に素晴らしい情景でした。
d0181492_22112480.jpg

d0181492_22114273.jpg
大阪城の横に大きな川がありますがこの川も清掃されているからこんなにもそらんら見ても綺麗なんです。その清掃の様子が下の写真です。いつも綺麗な寝屋川本当に気持ちが良いくらいに綺麗です。
d0181492_22172909.jpg
d0181492_22173832.jpg
奇麗な川を本当にありがとうございます。・・・・・(寝屋川です。・・・・)










by fujitakikaku | 2019-07-07 06:46 | 遺産の旅・お城・歴史旅 | Trackback | Comments(0)
ここは鹿児島県南九州市知覧町、そこに素晴らしい遺跡「清水磨崖仏」あり、是非訪ねてください?

知らない町に素晴らしい文化遺産を見つけることほど感動するものはありません。仕事であの特攻隊で有名な知覧町へ行っています。そんな時ホテルの方に紹介されて行ったのが「清水磨崖仏」という素晴らしい文化遺産です。確か特攻平和会館は素晴らしい平和への願いを込めて素晴らしい記念館ですが、こんなにも素晴らしい文化遺産があることに感動しました。岩肌に刻まれた仏像の数粕は私たちに歴史の深さを教えてくれました。いったいこの地にどの様な歴史があったのだろうか・・・。そこに漂う歴史の栄枯盛衰が漂っているようにも監視られました。

ここは特攻記念館からほんの近くにあります。是非訪れてみてください。感動しますよ。清水磨崖仏は岩谷公園の中にあります。

d0181492_10234495.jpg

d0181492_10181377.jpg
落人がお建て来る、村人たちとの格闘・・・・人々は多くの犠牲を払いながら今日の平和を得ているのかもしれません。
d0181492_10185912.jpg

d0181492_10175455.jpg
何故にこの地にこのような素晴らしい遺産を残したのでしょうか。もっともっと私たちは知ると幸せになれるものに触れるチャンスがあるように思います。郷土の歴史を知ると先輩たちの偉大さをより深く知ることが出来ます。
                       
d0181492_10180396.jpg

d0181492_10173764.jpg

d0181492_10174603.jpg

d0181492_10190782.jpg
岩肌に彫られた磨崖仏は私たちに何を語り掛けていると思いますか。それは見る人、触れる人によってきっと違うと思います。
d0181492_10191534.jpg

d0181492_10195639.jpg

d0181492_10192278.jpg

d0181492_10193921.jpg

d0181492_10202342.jpg

d0181492_10203216.jpg

d0181492_10204180.jpg

d0181492_10205100.jpg

d0181492_10210295.jpg

d0181492_10212745.jpg
清水磨崖仏の素晴らしい歴史などの情報はネットで見て下さい。そして、良かったら知覧町へ行ったらぜひ寄ってみてください。素晴らしい文化遺産です。
d0181492_10215508.jpg

d0181492_10225197.jpg

d0181492_10230821.jpg

d0181492_10231633.jpg

d0181492_10232411.jpg

d0181492_10233426.jpg
断崖絶壁の岩肌に刻まれた仏像は昔を語りかけてくれます。鎌倉時代よりももっと前に既にあったかもしれません。私は平家との関係が無いかと思っています。壇ノ浦の戦いに敗れた平家は西の国々へと落ちていきますがその文化の程度は極めて素晴らしく、四国、九州の多くの場所にその平家文化を垣間見ることが出来ます。そんな感じが私にはこの清水磨崖仏から感じ取られてなりません。是非行って見て下さい。素晴らしいものです。


by fujitakikaku | 2019-06-25 08:21 | 遺産の旅・お城・歴史旅 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の日本文化探訪@風呂好きな日本人、菖蒲を浮かべたり、リンゴを入れたり、柑橘類を入れたり・・日本人は偉い、外人は興味津々

銭湯に入る時のお風呂に入るマナーを学んだ、子供の頃銭湯に行くと服を脱ぎ捨てると一目散に湯船に飛び込む。その時近所のおじいちゃんにつかまり拳骨を受けた。「お風呂に入る前にお尻を洗え。」「そして、手ぬぐいを頭に置いて静かに入れ、」「入ったらしぶきを立てるな。・・・」マナーである。そう言えばお尻もまともに拭かなかったかああの頃は、そんな子供達が次々に来たら・・・そう考えてみると不衛生極まりない。そのお風呂のお湯をおじいちゃんはいい湯だと言いながら顔を洗い気持ち良い~。と感動していた。
お風呂のお湯で入れ歯も洗っていたと思う。こうしてみんな元気な身体を作り上げていたのかもしれない。
風呂から上がると冷えた牛乳が美味しい、そのために冬は長く風呂に入って体をあっためる。これだ。良くあったまるのは身体に良いはず。そして、待望の牛乳を飲むその時が来る。蓋を開けて牛乳を飲む。その時友達もみんな右手に牛乳瓶を持ち、左手は腰に当てている。この姿勢不思議だ。日本中どこでで見られる光景である。今も銭湯にいくとみられる。牛乳は瓶入りだ。この間久しぶりに銭湯に行ったら、外人さんが牛乳を楽しそうに飲んでいた。左手を腰に当てて。日本人が教えたのでしょう。これも日本に来たから知った日本の食文化なのでしょう。素晴らしいと思いませんか。こうしてみるとやることなすこと外国からのお客さんが二本が好きになって行くのがよくわかります。大切にしよう日本の食文化。
お風呂についてしばらく連載します。

d0181492_00280818.jpg
写真葉青森県の津軽平野、ここはまさに温泉天国、極寒の中で入る温泉は最高。次回には写真も用意します。酸ヶ湯温泉が良いかもしれませんね。

d0181492_00255059.jpg

by fujitakikaku | 2018-12-27 07:00 | 遺産の旅・お城・歴史旅 | Trackback | Comments(0)

藤田八束の鉄道写真@高知城を訪ねて、山之内一豊が築いた名城高知城、高知の路面電車と高知城は素晴らしい観光資源


朝早くに高知城を散歩することにした。目的は高知城に昇る朝日の写真を撮りたかったからです。日の出の方向を確認はしていたのですが初心者は考えが甘過ぎます。とうとう高知城を一周してしまいました。それでも朝日は7時を過ぎるころと遅く、何とか「お城と朝日」の写真は撮ることは出来ました。さすがは国宝高松城、良い写真が撮れました。お城と松の木、石垣・・・それらをシルエットに朝日が昇ってきました。城の広場では多くのご年配の方が大集合しラジオ体操が始まりました。とっても健康的で高知城が皆様の健康を守っているようでした。なんとこのラジオ体操50年間続いているのだそうです。とっても素敵な光景を見せてといただきました。街は早朝から路面電車がひっきりなしに走り、とっても便利な素敵な城下町です。

d0181492_08310839.jpg


d0181492_08304491.jpg

高知城の藩主は山之内一豊ですが山之内一豊よりも正室千代の方がはるかに有名です。千代の内助の功に関する逸話は多くの人が知っています。山之内一豊も世渡りということでは今にも通用するかもしれません。戦国時代から徳川の時代にかけて活躍しています。でも土佐藩・高知と言えばなんといっても長曾我部元親のフアンが多いようです。とくに女性にはとっても人気がありますよね。

d0181492_08312014.jpg
d0181492_08313294.jpg
d0181492_08314788.jpg
d0181492_08315897.jpg
d0181492_08321060.jpg
d0181492_08322175.jpg
d0181492_08323898.jpg
朝日が山の彼方から顔を見せ始めました。とっても綺麗な朝日です。お城がとっても綺麗に浮き出てきました。
d0181492_08325126.jpg
d0181492_08332321.jpg
d0181492_08335392.jpg
d0181492_08342258.jpg
日の出を待ったように沢山の人が集まってきました。そして、ラジオ体操が始まりました。お城の境内でラジオ体操ですか、・・・贅沢ですよね。素晴らしい環境ですよね。きっと皆さま健康に恵まれるて元気で長寿だと思います。
d0181492_08343776.jpg
d0181492_08345190.jpg
d0181492_08351472.jpg
d0181492_08352503.jpg
d0181492_08354197.jpg

d0181492_08361286.jpg
d0181492_08362778.jpg
d0181492_08364088.jpg
d0181492_08370953.jpg
d0181492_08373728.jpg
d0181492_08380522.jpg
d0181492_19435992.jpg

d0181492_19442625.jpg

帰りに電車に乗りましが子供たちが学校へ行くところでした。子供たちの教育環境としてもこれは素晴らしい所だと思います。
d0181492_19443856.jpg

d0181492_08330542.jpg

d0181492_00485219.jpg

d0181492_00493598.jpg

素晴らしい高知城、そして城下町を見せて頂きました。明治維新がこの地から生まれたのも素晴らしい偉人たちが輩出されたのも納得が出来ました。






by fujitakikaku | 2018-12-09 07:00 | 遺産の旅・お城・歴史旅 | Trackback | Comments(0)
日本の祭り、それは日本の観光の柱ともなる。それには全国の神社仏閣が連携し祭りを観光事業と連携すること

日本の祭りにはその歴史的に見て素晴らしい背景がある。悲しい歴史もあれば楽しい背景もある。触れてはいけない背景もあるかもしれない。全ての物に神は宿る、宗教の自由は日本特有の考えである。この国が平和に栄える今日、これまでの歴史を見るには祭りは注目すべき祭事である。


d0181492_21410984.jpg
d0181492_21412146.jpg
d0181492_21413270.jpg
d0181492_21414508.jpg
d0181492_21415822.jpg
d0181492_21421217.jpg
d0181492_21510222.jpg
d0181492_21513666.jpg
d0181492_21521703.jpg
d0181492_09393205.jpg
祭りには日本繁栄の歴史を語ってくれる。外国からのお客様はこんな日本の祭りを知ったら、殺到すること間違いなし、徐々に公開していくことは日本の観光の宝となっていく私は考えています。
d0181492_23012875.jpg
d0181492_23010922.jpg
d0181492_22492806.jpg
d0181492_21441675.jpg
日本の鉄道も観光には絶対的必須条件である。・・・・・北上線の霧の中の情景です。いいですね・・・・


by fujitakikaku | 2018-08-14 06:59 | 遺産の旅・お城・歴史旅 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@青森県弘前市への旅、緑の中の弘前城も素晴らしい、歴史を語る城跡を訪ねて・・・・、南部藩と津軽藩

弘前といえば弘前城、弘前城といえば桜である。弘前城の桜は別格です。しかし、緑の森に囲まれた弘前城もとっても素晴らしいものです。
弘前城の大手門前ですか、立派な巨木がその歴史の深さを語っていました。お堀に移ったその姿は本当に綺麗でした。南部藩の歴史を語り掛けてくれるようでした。
d0181492_15123511.jpg
d0181492_15064614.jpg
d0181492_15065478.jpg
d0181492_15124481.jpg
天守閣は今石垣の改修で修理中でしたがこんな光景もなかなか見れません。結構、歴史の好きな人、特にお城マニアにはたまらない時間となると思います。

d0181492_15161884.jpg
d0181492_15162952.jpg
一ノ関での写真です。貨物列車「金太郎」が仙台へと向かっていました。
d0181492_21290821.jpg
d0181492_22293022.jpg
熊本での路面電車です。チキンラーメンの電車です。とっても可愛く子供たちに人気があります。(熊本駅前にて・・・)


by fujitakikaku | 2018-07-23 07:00 | 遺産の旅・お城・歴史旅 | Trackback | Comments(0)
松山観光@交通網が完璧な松山市、路面電車が主役で鉄道も楽しさいっぱい、楽しい列車が松山駅に集合、アンパンマン列車が子供に大人気の松山

松山空港から松山駅まで近いです。快適なリムジンバスで約15分くらいです。途中可愛いお店を見ました。ちょっといい感じです。
d0181492_21514320.jpg
JR松山駅にはなんと福島でもないのに喜多方ラーメン店が有りました。お客さんはいっているんでしょうか。
d0181492_07595691.jpg
d0181492_21515758.jpg
構内の喫茶店で昼食を頂きました。とってもおいしかったです。
d0181492_21521226.jpg

松山駅に沢山の列車がいるようでしたので入場券を買って見学することにしました。貨物列車が荷物を積み込んでいました。何とEF65形貨物列車です。私の大好きな貨物列車です。
d0181492_21530822.jpg
d0181492_21522523.jpg
西宮を走っている時の同じ貨物列車です。

d0181492_19304908.jpg
市内を走っている路面電車です。そして、マンホールを掲載しました。マンホールには市のはな、椿がデザインされていました。とってもいいデザインだと思います。
d0181492_21525368.jpg
d0181492_21523948.jpg
丁度いいタイミングでアンパンマン列車が岡山、高松を通ってJR松山駅に入ってきました。
d0181492_08005082.jpg
d0181492_21534797.jpg
d0181492_21533412.jpg
d0181492_21540229.jpg
d0181492_21541550.jpg
d0181492_21544223.jpg
d0181492_21543044.jpg
d0181492_23243030.jpg
d0181492_21545545.jpg
d0181492_23250338.jpg
d0181492_23244404.jpg
d0181492_23253222.jpg
d0181492_23251517.jpg
d0181492_23260203.jpg
d0181492_23254663.jpg



しばらくして又アンパンマン列車は出発していきました。

d0181492_23261143.jpg
d0181492_23262384.jpg
市内では路面電車が走り、観光用の坊ちゃん列車も走り街は大変にぎやかでした。坊ちゃん列車の運転手さんも車掌さんも手を振ってこたえてくれました。
d0181492_23282899.jpg
d0181492_23284025.jpg
d0181492_23285368.jpg

随分と古い車体ですがさすが大切にしておられるのでしょう。このレトロさがとってもいい乗り心地を提供して頂きました。最高です。
d0181492_23293479.jpg
d0181492_23294641.jpg
d0181492_23300188.jpg
d0181492_23302723.jpg
d0181492_23303945.jpg
電車は道後温泉へと入っていきました。
d0181492_23305295.jpg
d0181492_23310474.jpg
d0181492_23314038.jpg
d0181492_23315739.jpg
d0181492_23321437.jpg
d0181492_23322586.jpg
d0181492_23315739.jpg
d0181492_23314038.jpg
d0181492_23310474.jpg
d0181492_23305295.jpg
d0181492_23324050.jpg
d0181492_23330852.jpg
d0181492_23332016.jpg
道後温泉の前にはたくさんの人が集まり、記念写真を撮っていました。













by fujitakikaku | 2018-06-08 07:01 | 遺産の旅・お城・歴史旅 | Trackback | Comments(0)
ゴールデンウイークは京都が最高、京都観光の意外なスポット、南禅寺の新緑は美しい、東照宮と枯山水の素晴らしさ

心配した通りでした。京都へ足を運んでみました。京都の町は観光のお客様で賑わいすぎるほどの状態でした。特に先斗町あたりは中国などからのお客様で一杯です。そんな中で南禅寺、東照宮はとっても静かで新緑の美しさの中で心身共に癒され最高でした。
南禅寺の様子です。
d0181492_23443132.jpg
d0181492_23444470.jpg
d0181492_23445816.jpg
d0181492_23451126.jpg

東照宮の様子です。庭園の枯山水は最高です。
d0181492_23433176.jpg
d0181492_23434513.jpg
d0181492_23435784.jpg
d0181492_23440946.jpg
d0181492_23442129.jpg
琵琶湖疏水の素晴らしさに感動です。
d0181492_23452722.jpg
d0181492_23454116.jpg
実はこの三つの箇所は共通するものが有ることに気付きました。京都の町は水が少なく、庭園に枯山水が使われるこの文化、琵琶湖から水を引き京都の経済発展の基礎となっています。その琵琶湖疏水に尽力した素晴らしい若者の誕生。いがいなきょうとを発見した今日でした。
それぞれの詳細をアップしていく予定です。綺麗な写真が一杯撮れ取れ整理しています。


by fujitakikaku | 2018-05-01 07:00 | 遺産の旅・お城・歴史旅 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku