人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道( 170 )

藤田八束の食べることの楽しさ、食の楽しさ・・・おもてなしと料理、何故美味しい??

魚と肉類を食卓に乗せて、家族のために料理を作る。お母さんは家族のために身体にもよく美味しい料理をと知恵を絞る。このお母さんの努力が私は日本を経済大国に引き上げて行った最高の貢献者だと思います。人間の身体は食べたものによって作られている。良いもの、良質なものを食した物が健康な体を持ち、優れた思考能力を持つ頭脳を持つということではないでしょうか。不思議なものだ健康のために、生きるために人間は食をする。
ところがである。日本人が主として好んできた魚食に異変が起こっている。
魚の価格が肉類に比べて非常に高価であるということである。私達は豊かな人が肉を食べ、そうでない人は魚を食べる。将来は頑張って肉を食べることが出来るようになりたいと思ってある意味勉強の励みにもしたものである。ところが今や魚食はお金持ちの食卓にしか上がらくなろうとしている。これは真に日本経済の危機でもある。肉食中心の大人が多くなってきたときに日本経済は諸外国に負けてしまうのではないかと私は心配である。そんな中鯨の商業捕鯨が始まった。この商業捕鯨の意義について考え見ることにします。
d0181492_21453665.jpg
d0181492_21450133.jpg
d0181492_21292251.jpg
d0181492_21293641.jpg
猛暑を乗り越える力それも食べ物の力は大きい。沢山食べる人、良質のものをむ食べている人は違います。元気だ。

by fujitakikaku | 2019-08-14 08:30 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@東北八戸線にて、夕日の蕪島は絶景明日の幸せを祈りました・・・夕日がくれた元気のパワー

日本には素晴らしい町かたくさんある。仕事の関係で全国の素晴らしい町を訪問することが出来ることに感謝しています。今回は青森県八戸線市です。八戸は全国有数の水産基地です。沢山の許可衣類が水揚げされるところとして有名です。以下の水揚げ量は日本一です。
この素晴らしい町に蕪島(かぶしま)という小さな小さな島があります。そこには神社があり、海の安全と豊漁を願う漁師たちが大切にしている神社があります。ここにはたくさんのウミネコ、カモメも生息しています。美しい海に浮かぶこの島、そこでの夕日の美しさに感動しました。

d0181492_09592967.jpg
仕事を終えて、この地点に立つとそれは綺麗な絶景の夕日を見ることが出来ました。
d0181492_09593603.jpg
d0181492_09594514.jpg
蕪島神社が夕日をバックに美しいシルエットを作っていました。その奥には工業地帯が広がりとっても綺麗でした。
d0181492_09595340.jpg
d0181492_10000122.jpg
ご案内をしていただきましたのは太田敬一様、太田敬一様にご案内を頂きました。太田様に感謝です。なかなかこのようなチャンスはないと思います。明日はきっといい日が待っていると思います。

d0181492_10002791.jpg
太田様の後ろから美しい夕日の輝きが見えました。これからどんどんいいことが絶対にあると思います。頑張って進みましょう。
d0181492_10003531.jpg
d0181492_10004486.jpg


d0181492_10001813.jpg
この美しい夕日に私も元気をもらいました。感謝しています。
d0181492_10005904.jpg


d0181492_10011688.jpg
八戸線が走ります。ちょうど列車が入ってきました。・・・・・
d0181492_10012545.jpg
d0181492_10013474.jpg
海岸線には美しい夕日が・・・列車は八戸へと向かっていきました。とっても素晴らしい情景です。
d0181492_10014240.jpg
d0181492_10015190.jpg
d0181492_10020843.jpg
d0181492_10021661.jpg
蕪島神社にカモメそしてウミネコ・・・・素晴らしい雰囲気を作り上げていました。鳥たちも夕日を見ているようでした。
d0181492_10022435.jpg
d0181492_10024648.jpg
d0181492_10025415.jpg
d0181492_10030474.jpg
東北の海は綺麗です。多くの海の幸を育んでいます。・・・・海からの恩恵は大きい、この海が大好きです。

by fujitakikaku | 2019-06-19 07:40 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の京都ご案内@京都鉄道博物館は素晴らしい、鉄道の歴史・鉄道技術の発展を現物を見ながら学ぶ

京都に素晴らしい博物館が出来たと聞いていましたがこの連休に行って見ました。素晴らしいその施設に感動です。素晴らしいとは聞いていましたが行って見ると予想したものよりも何百倍も素晴らしい博物館でした。
一度では十分に知り尽くすことはできません。これは数回、いやもっと訪れても良いと思いました。
こんなにも素晴らしい鉄道の資料の数どのようにして集めたのでしょうか。こんなに素晴らしい資料館は世界にもないのではないでしょうか。その中を写真で撮影してきましたのでご紹介します。又、HPでも見て下さい。
d0181492_15434896.jpg
京都鉄道博物館はJR京都駅から次の駅が梅小路京都西駅です。ここで下車するとすぐそこが入り口です。すごく便利の良い所で電車もどんどん来ますから交通の便は最高です。
d0181492_15413647.jpg
d0181492_15440158.jpg
d0181492_15441622.jpg
入るとすぐにレトロな列車が並びます。ガイドさんがいたるところにいますので説明をお願いしても良いと思います。でも初めての場合は自分のペースで見ないととんでもない時間がかかってしまいます。
d0181492_13210447.jpg
d0181492_13193747.jpg
子供達はガイドさんたちにお願いして写真を撮ってもらっていました。撮り方が上手なので是非頼んで見て下さい。
d0181492_13213018.jpg
d0181492_13215699.jpg
鉄道写真はインスタ映えがします。最高です。子どもたちが大はしゃぎでした。
d0181492_13214752.jpg
d0181492_13221668.jpg
d0181492_13223790.jpg
動くさまを見て子供が反応します。こんなにも小さな子供さんも興奮していました。子供教育にも最高のものとなると思います。こうした経験から将来はエンジニアになろうと思う子供達もきっと多いと思います。鉄の塊がこんなにも素晴らしい形に代わるんですから、人間の知恵は凄いですよね。
d0181492_13232334.jpg
整備された車両は一段と輝きを発していました。写真だけではなく、スケッチをしている人もいました。
d0181492_13233210.jpg
d0181492_13234070.jpg
d0181492_13234940.jpg
d0181492_13240021.jpg
d0181492_13240897.jpg
懐かしい特急列車が並んでいます。その車両にも入ることが出来ますし、コーヒーを飲んだり、食事が出来るようにもなっいます。
d0181492_13241676.jpg
d0181492_13242455.jpg
d0181492_13243454.jpg
d0181492_13244327.jpg
d0181492_13245348.jpg
d0181492_13250153.jpg
外国からのお客様も多く、沢山の人で賑わっていました。子供さんは勿論ですが大人にとっては懐かしいあの頃を蘇らせてくれますし、日本の素晴らしい鉄道の歴史を現物を見ながら学ぶことが出来ます。とんでもない鉄道博物館が出来たものだと喜んでいます。何度も通うことになると思います。
明日も京都鉄道博物館の様子を引き続きご紹介します。・・・・・・


by fujitakikaku | 2019-05-04 06:59 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@路面電車の魅力を鹿児島で発見、観光資源として重要、観光事業を成功させる秘訣は鉄道事業を使うこと

地方創生は観光事業につきます。我が町を見直す、そこには素晴らしい歴史の再現である。神社仏閣、お祭り神事、自然の分析、山、川、湖、そして海。その資源を良く見つめること。そして、この町から村からどんな人が輩出されたのか、今活躍しいてる先輩たちを発掘することである。この素晴らしい日本にはこれだけテーマが有ればドンナ街にも村にも他と違ったところが見いだせるに違いない。駄目だ!!ではない、絶対に発掘するんだ!!という思いが大切である。歴史が無ければ作ることだ。
さてどんな素敵な街がみんなは作れるだろうか。それを実現するために働けばいい。目標が人生には必要である。豊臣秀吉は日本を統一してしまった。これは事実である。
今の君たちなら絶対に出来る。私が福島の若者なら融資を募って別の土地に新しい街を作りたい。今使っている数分の一のお金で率花町が出来る。気付く若者達が出て来て欲しい。
d0181492_22303646.jpg
d0181492_22284487.jpg
d0181492_22225189.jpg
d0181492_22224392.jpg
d0181492_14420577.jpg
d0181492_14300075.jpg
d0181492_14300703.jpg
幸せな村作りは楽しいかもしれない。楽し町づくり暮らしてみたらどうだろう。その時は鉄道は絶対に必要だ。沢山の人に来て欲しいから。村づくりのコンペを私が創生大臣ならやる。これが最も確実で早い成功方法である。ネコだって役に立てたいと思っているかもしれません。プロジェクトメンバーにしたらどうですか。


by fujitakikaku | 2019-03-15 00:07 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@北海道の鉄道救おう・・・北海道どんな街にするのか、地方創生に期待、標津町の蒸気機関車

町を活性化するには大きな都市が必要である。一つの町ともう一つの街のこの間の移動に時間がかかりすぎます。しかもこの移動する間が実につまらない。北海道はこの移動をする時にもっとウキウキとするものが必要であ。せっかくお金をかけて大阪から行ってもそれほどに面白くないのはなんでだろか。九州などに行くともう一度行って見たいなにかに必ず出会います。これが旅ではないでしょうか。意外としゃそえからの毛付も面白くないのが北海道です。街づくりをしないといけませんよ。北海道は良いものを持っています。なのに、それに気付いていない。
標津郡標津町・・・・勝手は最北端の駅舎があり、ここから国後島へ渡ったそうです。当時の蒸気機関車が復活したのです。
d0181492_18005292.jpg
d0181492_18010333.jpg
d0181492_18011482.jpg
d0181492_18012444.jpg
d0181492_18013876.jpg
d0181492_18015865.jpg
d0181492_20132820.jpg
d0181492_00073477.jpg
d0181492_00080983.jpg
d0181492_18000614.jpg
d0181492_17540370.jpg
d0181492_17542224.jpg
d0181492_17500605.jpg
d0181492_17415867.jpg


by fujitakikaku | 2019-01-23 07:00 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)


藤田八束の鉄道写真@新幹線はビジネスに、特急在来線は観光にもっと多様化を考えて欲しい・・・新幹線が駅を寂しくする

新幹線を日本全土に張り巡らせようとして拡大が進んでいるが、確かにそれも必要ですが最近在来線の特急列車が無くなり、駅がだんだん寂しくなってきている。雰囲気もあんまりよくない。人間が荷物化されているようでとっても不愉快である。特に札幌駅、青森駅の淋しさは極端である。札幌、青森にはよく仕事で行き先ず在来線の駅は特急列車も激減し寂しいこと、列車の写真を撮りたい私には何とも寂しい限りである。
観光事業がこれからはますます大切になって来ます。特急、リゾート列車とのすみわけをよく考えて事業は進める必要がある。今のままだと人間が荷物化し、駅舎がつまらないものになって行く、ヨーロッパの駅舎を参考にして欲しい、人間性を大切にしているのが伺えるのが素晴らしい。
鉄道事業は国が国会レベルで審議して欲しい。これからの日本にとっても重要な経済効果ももたらすと思います。極めて重要なカギを握っています。
d0181492_23562015.jpg
d0181492_23564478.jpg
d0181492_23570915.jpg
d0181492_23573302.jpg
d0181492_23582469.jpg
活気に満ちた雰囲気が無くなってきています。カシオペアは上野と札幌を結んでいました。
d0181492_23583251.jpg
d0181492_23543329.jpg
d0181492_23515386.jpg
d0181492_23491541.jpg
d0181492_23493140.jpg
d0181492_23500486.jpg
d0181492_23495525.jpg
寝台列車「北斗星」実に懐かしい。・・・・・・・・
特に寝台列車が無くなっていきました。実に寂しい、北海道の疲弊が札幌駅で分かるような気がします。しっかりして欲しいものです。青森、札幌間の夜行列車、寝台列車が無くなり淋しい限りです。青函連絡船を復活させてほしいくらいです。


by fujitakikaku | 2019-01-07 07:00 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)
転車台のある鉄道公園、標津町の鉄道公園・・・・標津駅は栄華を極めたと聞いた、復刻駅として興味津々

標津町に素晴らしい鉄道公園が出来ました。SLを復活させようというのである。
鉄道フアンにとっては最高の場所になるようです。着々と整備が整ってきています。かってここはターミナル駅だったそうです。春には白樺林に可愛い花でいっぱいになります。
標津町「亀代」のジンギスカンは美味しい、最高です。標津に着いたらまずこれを食べることにしています。
d0181492_15042252.jpg

今は雪の中です。そんな光景も良いですね。

d0181492_15071871.jpg
d0181492_15072849.jpg
d0181492_15073893.jpg
d0181492_15075023.jpg
d0181492_15081289.jpg
d0181492_15083231.jpg
d0181492_15082267.jpg
d0181492_15080045.jpg



夜になるとこんなに綺麗になります。
d0181492_15053469.jpg
d0181492_15054442.jpg
d0181492_15060662.jpg
d0181492_15061877.jpg
d0181492_15062884.jpg
d0181492_15063947.jpg


by fujitakikaku | 2018-12-24 07:00 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@日本の発展と鉄道の歴史を勉強しよう・・・北の最果て標津町にSLが登場、標津駅舎の再現

明治維新、対象、昭和と日本の産業は発展した。西洋文化、技術を勉強し開発に取り組んだ。反転繁栄の中でどうしても知っておきたいことがある。鉄道の歴史である。本には北から南まで一般の鉄道で結ばれている。何のためにこんなにも鉄道網がしっかりとしているのか。
その歴史を知ると元気な日本゛みえてくる。これからの観光に鉄道は絶対に必要なものとなる。これは私の断言である。

北海道標津郡標津町、・・・ここに鉄道公園が出来ました。SLの復活です。残念なのは鉄道がすでにないことです。転車台がその当時の繁栄を表しているように見えます。
d0181492_15070483.jpg
d0181492_15071871.jpg
d0181492_15072849.jpg
d0181492_15073893.jpg
d0181492_15080045.jpg
d0181492_15081289.jpg
d0181492_15082267.jpg
d0181492_15083231.jpg
北海道、青森の雪国を走る列車達・・・・貨物列車の力強さに元気付けられています。素晴らしい光景を見せてくれます。

d0181492_17130782.jpg
d0181492_17132446.jpg
d0181492_00234745.jpg

d0181492_00243698.jpg
d0181492_21315421.jpg
d0181492_21321860.jpg
d0181492_21102926.jpg
d0181492_21092508.jpg
d0181492_19250917.jpg
d0181492_19272936.jpg


by fujitakikaku | 2018-12-23 07:00 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@模型の鉄道も良いね。一ノ関で発見したおもちゃの鉄道、子供たちは目が星、鉄道模型で楽しい時間

ここを岩手県一ノ関、JR一ノ関駅に鉄道の模型が置かれていました。子供の目はぎらぎらと輝いていました。子供は何故鉄道が好きか。・・・鉄道の魅力を子供目線で見てみると、観光立国がやらなければならない鉄道事業に気付くこと間違いなし。
d0181492_19442511.jpg
d0181492_19432114.jpg
d0181492_19430370.jpg
d0181492_19434717.jpg
「四季島」と「こまち」が交差していました。
d0181492_19433613.jpg
d0181492_19440096.jpg
d0181492_19443770.jpg
d0181492_19450789.jpg
d0181492_19445235.jpg
豪華列車四季島が何とこんなに可愛くなって走っていました。・・・いろんな鉄道模型が用意されていました。

by fujitakikaku | 2018-11-14 07:00 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@熊本電鉄のくまモン列車、熊本の人たちの愛情を一身に浴びてくまモン電車は走ります

熊本は懸命に復興に向かっています。そんな中に有って熊電は古くより熊本の人達の大切な移動手段となっています。しかし、今では移動手段というよりはさらに発展して観光事業に大いに寄与しています。可愛いラッピングの熊電は人気者です。
観光客にとって今や観光電車はとっても魅力的で、SNSにもバッチリ、すごい人気になって行くと思います。路面電車、電車のある街はその地の歴史を表現することで素晴らしい観光地になってい区と思います。大げさかもしれませんが世界的なブームになって行くと思います。神戸の街が今一つなのは路面電車がないからだと私は考えています。神戸の街に路面電車・・・良いと思いませんか。三菱重工、川崎重工に頼んだらどうでしょうか。

d0181492_21523412.jpg
d0181492_21525976.jpg
d0181492_20121033.jpg
神戸の街に路面電車が欲しい・・・久元市長頑張ってみませんか。期待しています。
d0181492_20111358.jpg
d0181492_20134295.jpg
d0181492_20104051.jpg
d0181492_20102417.jpg
d0181492_21432252.jpg
d0181492_21191671.jpg
d0181492_21184702.jpg
d0181492_21183176.jpg
熊本は復興の姿が素晴らしい。・・・素晴らしい歴史とこの路面電車の御蔭かもしれない。


by fujitakikaku | 2018-08-08 06:59 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku