人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:青森( 4 )

藤田八束のANAの旅@晩秋の美しい岩木山を拝む、豊年満作を願う東北の人々そして岩木山の守り神

青森の秋の素晴らしさをご紹介します。
岩木山は青森にあり神宿る場所とされ、多くの崇拝を受けています。
この岩木山のとっても素晴らしい情景に逢ったのでご紹介いたします。
岩木山の裾野は扇形に広がり素晴らしい穀倉地帯となっています津軽平野です。


d0181492_20104641.jpg
d0181492_20105780.jpg
d0181492_20110609.jpg
d0181492_20111710.jpg
d0181492_20113046.jpg
d0181492_20114161.jpg
d0181492_20115296.jpg
d0181492_20120450.jpg
d0181492_20121931.jpg
d0181492_20123474.jpg
d0181492_20125196.jpg
d0181492_20142956.jpg
d0181492_20145928.jpg
d0181492_20151593.jpg
d0181492_20162045.jpg
d0181492_20163997.jpg
d0181492_20165550.jpg
d0181492_20170714.jpg
d0181492_20173271.jpg

津軽富士と呼ばれる岩木山はその形が綺麗なことでも有名ですが、霞んだ雲の間に浮かんだこんなにも綺麗な姿に逢うのは初めてです。神秘的で本当に綺麗でした。
by fujitakikaku | 2015-11-13 06:55 | 青森 | Trackback | Comments(0)
秋の奥入瀬を歩く紅葉真っ只中、ANAの旅JALの旅青森は紅葉真っ只中八甲田と奥入瀬

奥入瀬は最高のシーズンを迎えました。紅葉した木々の間を清流が流れます。川の流れと木々の紅葉が絶景の景勝地を作り出します。川の流れに逆らって登っていきます。川の流れはあるときは静かに、ある時は凄い水飛沫をあげて激流と化します。そして、滝となって落ちます。周りの紅葉した木々はすべての舞台背景を作り上げています。
青森の紅葉と言えば奥入瀬と八甲田をお勧めします。八甲田の紅葉と奥入瀬の紅葉は残念ですが少しずれます。八甲田の方が一週間早くなります。ですから、本格的に楽しみたい場合は長期の滞在か二度の訪問が必要になりますが、年をずらすことをお勧めします。どちらも本当に夢の中のような幻想的な美しさを見せてくれます。奥入瀬、八甲田まではバスに乗りますが、JR青森駅前から出ています。交通の便は良く、必ず座っていけるようになっていますからご安心ください。
奥入瀬を散策したいと思われる方は「石ケ戸」までバスで行き、ここから銚子大橋まで散策されることをお奨めします。約3時間です。そして、そこからバスに乗って焼山兵器ここで紅葉を散策、バス停の周りに本当に綺麗な紅葉を見れます。そして、焼山からJR青森駅へと帰ってきます。多くの人が来られますので土曜、日曜は避けるべきです。足元は少しぬかるところもありますからそのつもりでハイキング用の短靴が必要です。トイレはありますから心配いりません。食べ物は持参した方がいいです。

銚子大滝には沢山の人がいて、盛んに写真を撮っていました。
d0181492_23544919.jpg
d0181492_2355779.jpg

紅葉と清流は見事な調和を見せてくれ記した。
d0181492_23553122.jpg

by fujitakikaku | 2014-10-28 06:44 | 青森 | Trackback | Comments(0)

薬研(やげん)

d0181492_14352156.jpg
薬研の秋・・・・
下北半島の秋の美しさはあまりにも有名です。
今年もその季節に訪問することができました。
宿も奥薬研にと思いましたら、案の定宿は満杯で取れず、むつ市の「むつグランドホテル」にお世話になることにしました。ここもやつとの思いで、キャンセル待ちをさせていただいて確保することができました。予約をしたのは私が好きな部屋でなく、山の見えない部屋で少しがつかりでした。ところが、宿に到着し部屋に入ると私が希望していた部屋が用意されていました。これには感激でした。フロントに降りてお礼を申し上げたいと思いました。このときの担当者の方は広瀬さんでした。メモをしていたので忘れていません。広瀬さんは覚えてくれていました。幾度かこれまでにとめていただいているので、このホテルならこの部屋と決めていましたから、広瀬さんはこう言ってくれました。
「私から電話いただいて、残念ながら満室、キャンセルが出たら是非と思い、若いスタッフにもメモで連絡しておいた、とのことでした。そして、この部屋が用意されたということでした。まさに、この対応とこの心が私にはとても嬉しくなりました。
やっぱりこのホテルでよかったのだと思いました。このホテルからの眺望は写真のごとくです。
d0181492_14415765.jpg

もう一級品です。夕焼けもいいということですが、どうしてもこの夕焼けにまだ会うことができていません。
今回も残念ながらお目見えできませんでした。次回の楽しみにしておきたいと思います。
この時間にホテルに帰れないのです。天気は最高なのですが・・・

d0181492_13532333.jpg


ここのホテルは会津藩の流れを受けた土地柄から、沢山の遺品があり、これは一見の価値があります。歴史好きな方にはもうたまらないでしょう。幕末の歴史を垣間見ることができます。
また、温泉も一級品です。泉質はまさに美人の湯といわれるだけにお肌がつるつるになります。とても泉質のいいこれまた一級品間違いなしです。
d0181492_14355229.jpg

料理も朝のバイキングは洋食、和食が用意され釜臥山(かまふせやま)を見ながらの食事もいい気分になります。とにかくこのホテル、すべてが満足できるホテルと私は思います。高台にあり、最高の気分にさせてくれます。夜空にキラキラと輝く星はとても綺麗で、素敵でした。
d0181492_1436232.jpg

d0181492_1436455.jpg

d0181492_14364858.jpg

d0181492_14372633.jpg

有限会社渡辺水産 渡辺浩一社長(前右)、息子さんの渡辺大起様(後左)、
品質管理室長野坂誠様(後右)と。
津軽海峡で獲れた、イカの加工品、ほたて釜めしの素は最高です!
d0181492_14391379.jpg

神秘的な風景。
d0181492_14404328.jpg

by fujitakikaku | 2010-11-14 13:58 | 青森 | Trackback | Comments(0)
(株)山神(やまじん)様の倉内一哉様が、青森のリンゴ園へ連れて行ってくださいました。
ここで可愛いらしい森の赤ちゃんに出会いました。
d0181492_1410790.jpg

・・・でもこのフクロウの赤ちゃんは足に怪我を。
「元気になるまでここで面倒を見ているのです。」
とご主人はおっしゃっていました。
まるでぬいぐるみのようなフクロウの赤ちゃんは大きなお目目をくるくると愛くるしく動かしていました。
d0181492_1491858.jpg


d0181492_14938100.jpg

「元気になりますか・・」と尋ねると「大丈夫と思います。今も随分と元気になりましたから。」とのこと。
ほっと一安心です。

ここのリンゴ園にはフクロウが宿るりんごの木があるそうです。
それはとてもロマンチックな感じがします。
赤く美味しいりんご園にフクロウが守り神になっているのではないでしょうか。
帰りの飛行機から、眼下に広がる夕焼けがキラキラと輝き、とても綺麗でした。
この山の麓があのフクロウの赤ちゃんの住むりんご村だと思うとたまらない気持ちになり、早く元気になって森に帰って欲しいと祈っていました。

素敵なりんご園にご招待頂いた倉内さんありがとうございました。
とてもいい出会いができました。
青森での出会いに感謝です。

↓岩木山の夕刻。
d0181492_14125197.jpg

↓燃えるような夕日です。
d0181492_1413147.jpg

↓日の入り。
d0181492_14131349.jpg

by fujitakikaku | 2010-08-06 14:15 | 青森 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku