人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:近畿観光地巡り、春夏秋冬の素晴らしさ紹介( 10 )

小学校時代の思い出・・・・

小学校は大人数で11クラス。それも50人/クラスはいました。運動会は大盛り上がりでお父さん、お母さん達も参加してそれはそれは楽しい運動会でした。この運動会は学校での大きな催し物の一つでした。そこでその秋の運動会のポスターを描きます。良くかけた人はご褒美として賞状とノートをもらいました。各学年別に金賞、銀賞、銅賞と三人ずつが選ばれ学校の壁に貼られました。このポスターに6年間選ばれました。算数、国語は全くダメでしたが絵を描くことだけは大好きでした。学芸会のバックの絵も描いたのも覚えています。これですっかり自信がつきました。人よりも優れたものを持っていることは素晴らしいことだと思いました。頑張って腕を磨いたのを思い出します。先生は「藤田君は絵が上手だから」と言っては私を嬉しくさせてくれました。算数と国語などの勉強は全くできませんでした。


d0181492_08185396.jpg
素晴らしい秋の訪れです。きょうともそろそろ紅葉の季節になります。

d0181492_08171669.jpg

d0181492_08113122.jpg
d0181492_08094603.jpg
奈良公園の紅葉です。特にイチョウと鹿の組み合わせが最高です。

d0181492_23431490.jpg
d0181492_2342850.jpg
d0181492_23425597.jpg
d0181492_21413781.jpg
d0181492_21481630.jpg
今若者たちの間手超人気の阪急電車です。紅葉の公園を果たして知ります。

d0181492_21315043.jpg
d0181492_21284520.jpg


by fujitakikaku | 2019-11-12 00:28 | 近畿観光地巡り、春夏秋冬の素晴らしさ紹介 | Trackback | Comments(0)
大阪府下に新たな世界遺産が登録される、世界文化遺産となる中百舌鳥・古市古墳群・・・大阪城と古墳群

大阪府下に素晴らしい古墳があります。それも沢山の古墳が集まっているのです。何時も出張の帰り、飛行機で伊丹空港に着陸する前に上空からこの素晴らしい古墳群、中百舌鳥・古市と古墳群を眼下に見ることが出来ます。何時もこの上空を楽しみにしています。
大阪城もそのあとすぐに見ることが出来ます。スケールの大きさと美しさには感動しています。豊臣秀吉は本当に素晴らしいものをこの地に残してくれたと思います。大阪も頑張らないと。素晴らしい町になる要素はあるんですから。

d0181492_20165217.jpg
d0181492_20170131.jpg
d0181492_10335541.jpg
d0181492_20170967.jpg
d0181492_20171744.jpg
日本一高いアベノハルカスも見えます。大阪の街に突然現れるのっぽのビルがそうです。
d0181492_10342109.jpg
d0181492_20172698.jpg

d0181492_20173490.jpg

d0181492_20174389.jpg

ここは私の鉄道写真撮影の場所しています加島のトライアングルです。一番下の線は新幹線です。左の線は今特急サンダーバードが大阪駅から操作場へ向かっているところです。貨物列車は真ん中のカーブしたところを走ります。一番上の線が東海道本線で右側に少し進むと加島駅があります。
d0181492_20175147.jpg
ここで撮る何時もの写真も紹介します。写真の右側にある陸橋の上からいつも写真は撮っています。絶景です。下がその場所からの写真です。
d0181492_17324319.jpg

d0181492_17321513.jpg
d0181492_15140386.jpg

阪神競馬場は今とっても綺麗です。伊丹空港の近くに位置しています。
d0181492_20180031.jpg
競馬場での様子です。とっても綺麗で馬はピカピカで艶艶です。
d0181492_133868.jpg
d0181492_13374034.jpg
d0181492_13353360.jpg
d0181492_1336545.jpg
d0181492_13301823.jpg


by fujitakikaku | 2019-05-31 11:46 | 近畿観光地巡り、春夏秋冬の素晴らしさ紹介 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@街づくりと路面電車、天王寺と堺市を結ぶ路面電車・阪堺電車の笑顔が素晴らしい

天王寺へ行きました。帰りに時間をちょっとだけ見つけて阪堺電車に逢ってきました。阪堺電車はそのボディのデザインがいかにも大阪らしい所が好きです。思い切ったラッピングのデザインが私はこれはこれで好きです。
d0181492_21203309.jpg
d0181492_21204286.jpg
d0181492_21205047.jpg
d0181492_21210704.jpg
d0181492_21211691.jpg
d0181492_21212553.jpg
d0181492_21213348.jpg
d0181492_21214193.jpg
d0181492_21214999.jpg
特にこの電車は良いですね。
d0181492_21215887.jpg
d0181492_21220951.jpg
d0181492_21221854.jpg
d0181492_21222675.jpg
d0181492_21223456.jpg
d0181492_21224398.jpg
この電車最高です。


d0181492_21230742.jpg
d0181492_21231585.jpg
ここが終着駅なんですが残念なのはこの駅舎がちょっとダサいです。もっとお洒落にするといいと思います。というよりすべきでしょう。良い町になるのに非常に残念。熊本、鹿児島に見学に行くと良い。


by fujitakikaku | 2019-05-11 06:46 | 近畿観光地巡り、春夏秋冬の素晴らしさ紹介 | Trackback | Comments(0)
クリスマスの人形が可愛く輝いていました。
d0181492_20435131.jpg
d0181492_20441077.jpg

JR大阪駅の広場にはスケートリンクが設置されました。若い人たちが大騒ぎです。良いですよね、こんなところで楽しいスケートが出来るなんて。
d0181492_2044374.jpg
d0181492_20445331.jpg
d0181492_20451040.jpg

歌を歌ったり、大道芸人さんのショーが有ったり、・・・今JR大阪駅は最高に盛り上を見せています。
by fujitakikaku | 2014-11-19 20:28 | 近畿観光地巡り、春夏秋冬の素晴らしさ紹介 | Trackback | Comments(0)
d0181492_16483124.jpg

d0181492_16271460.jpg

沢山の人がカメラを構えて、紅葉の美しさ、本坊の美しさを撮っていました。こんなにいい雰囲気の写真はめったにないと思います。今年は特に最高だと案内の人達が言っておられました。
d0181492_1628071.jpg

d0181492_16304890.jpg
d0181492_16303411.jpg
d0181492_16311756.jpg
d0181492_16305848.jpg
d0181492_16315117.jpg

男の子が紅葉の葉っぱを一生懸命に拾っていました。
d0181492_16325444.jpg
d0181492_16323746.jpg
d0181492_16332963.jpg

女性の方も紅葉の葉を丁寧に拾っておられました。紅葉は本当に綺麗な形、色をしています。
d0181492_1635323.jpg
d0181492_16351933.jpg
d0181492_16353352.jpg
d0181492_16354657.jpg
d0181492_1636032.jpg
d0181492_16361427.jpg
d0181492_16362768.jpg
d0181492_16364271.jpg
d0181492_16365594.jpg
d0181492_1637938.jpg
d0181492_16372465.jpg
d0181492_16373740.jpg
d0181492_16375317.jpg

d0181492_16382011.jpg

正に一枚の掛軸です。お見事という感じです。
d0181492_16391632.jpg


d0181492_16435164.jpg

男の子がお母さんの写真を懸命に撮ってあげていました。とても可愛い光景でした。良いですね。
d0181492_1643379.jpg
d0181492_16442473.jpg


d0181492_16461728.jpg
d0181492_16463422.jpg

d0181492_16404193.jpg
d0181492_16413279.jpg

新幹線を見ながら安土駅へと向かいました。教林坊の美しい紅葉の光景が私の目の前から消えようとしませんでした。この世のものとは思えない素晴らしいものでした。
こんなにも素晴らしい遺産を残していただいたおかげで文化としては当然、観光としても貴重な財産となっています。私たちは何が残せるのかそれは最大のテーマです。
負の遺産は残せるはずがありません。
私たちも頑張ります。安倍部政権も頑張ってほしいし、野党の人達も一丸となった賢明な政治が必要だということではないでしょうか。ともに協力しそして、素晴らしい財産を後世に残さなければなりません。
by fujitakikaku | 2012-12-24 16:38 | 近畿観光地巡り、春夏秋冬の素晴らしさ紹介 | Trackback | Comments(0)
日本一の紅葉 教林坊、戦争は嫌 日本の真の武器、TPP参加が日本の繁栄、阪急うめだの素敵なメルヘン④

石の寺教林坊、日本一かもしれません。

素敵な紅葉が続きます。
d0181492_16113215.jpg
d0181492_16121617.jpg
d0181492_1612326.jpg

あまりの美しさにどんな体勢で、写真を撮ろうかとむしろ四苦八苦です。どんなにとってもベストショットのようにも見える美しさです。
d0181492_16124978.jpg

d0181492_1614569.jpg

d0181492_16561749.jpg

私はもう最高の心地です。
d0181492_16154465.jpg

横にいたご夫婦は「会津、日光、磐梯山…、と行ったけどここ桁外れに素晴らしいわ。何この美しさ!!驚愕だわ。」と言って感動していました。
d0181492_16152962.jpg
d0181492_16162079.jpg
d0181492_1616412.jpg
d0181492_16165171.jpg
d0181492_16164119.jpg
d0181492_16172345.jpg
d0181492_1617947.jpg
d0181492_1618080.jpg
d0181492_16174862.jpg
d0181492_16183259.jpg
d0181492_16181567.jpg
d0181492_1619358.jpg

子供の姿がとても可愛いらしく、美しい紅葉の中で輝いていました。子供も歓声を上げて美しさに驚いていました。
d0181492_16185425.jpg

d0181492_16211091.jpg
d0181492_16212189.jpg
d0181492_16213648.jpg
d0181492_16214740.jpg
d0181492_1622280.jpg
d0181492_16221449.jpg
d0181492_16222881.jpg
d0181492_16224290.jpg
d0181492_16225551.jpg
d0181492_16231091.jpg
d0181492_16232613.jpg

美しさ、素晴らしさは⑤へと続きます。ご覧ください。

①②③も絶対に見てください。そこから続いています。

追伸:日本の経済が冷え切っているようですが、そして、家電メーカーがその象徴のように言われています。その裏返しに韓国が世界で家電製品が高く評価されています。ではその技術はと言えばその基幹部品はほとんどが日本であり、作り上げるのも日本人技術者だといいます。人材教育と、技術を築き上げた人たちほど日本の素晴らしい世界に誇れるものだと思います。中国の繁栄にも日本の技術が、日本の人材が活躍していることをもっと私達日本人は知り、誇りを持つことが大切です。すべては人が生み出しています。そこがほんとうの素晴らしさです。人をたいせつにすること・・・ここが忘れられています。北朝鮮が本当に人並みの国になるとしたら、日本の仲良くしたらすべてが解決します。これが日本の素晴らしさです。
お互いの幸福を認め合うことから始まるのですよね。
TPPの参加は相手国の良さも認めることになると思います。売り込むだけでなく、相手を認め買いましょうよ。
買ってもらうと嬉しいものです。
阪急うめだに行ってみたいと思います。素敵なメルヘンに逢えそうです。逢えたら報告します。お楽しみに。
by fujitakikaku | 2012-12-23 23:10 | 近畿観光地巡り、春夏秋冬の素晴らしさ紹介 | Trackback | Comments(0)
日本一の紅葉 教林坊、賢者聖徳太子に学ぶ、武将織田信長の知恵、即原発廃炉は中国が喜ぶだけ②

二つ目の門をくぐります。いよいよその美しさに出会えます。
d0181492_18285960.jpg
d0181492_18291298.jpg

d0181492_18301893.jpg

d0181492_18321365.jpg
d0181492_18331217.jpg
d0181492_18335614.jpg
d0181492_1833392.jpg
d0181492_18342386.jpg
d0181492_18341467.jpg
d0181492_1834574.jpg
d0181492_18344544.jpg


あまりの美しさにどこをどのようにカメラに収めたらいいのか、正にパニック状態です。
d0181492_19474463.jpg
d0181492_19473057.jpg
d0181492_19481225.jpg
d0181492_19475785.jpg
d0181492_19483788.jpg

池にもたくさんの赤く色づいた紅葉がいっぱいに広がっていました。
d0181492_19494229.jpg

d0181492_1653584.jpg

d0181492_19492725.jpg
d0181492_1950764.jpg
d0181492_19495166.jpg
d0181492_19503589.jpg
d0181492_19502064.jpg
d0181492_1951639.jpg
d0181492_19505350.jpg

こんな素敵な光景がありました。
d0181492_2022259.jpg
d0181492_202366.jpg
d0181492_2025599.jpg
d0181492_203460.jpg
d0181492_2032048.jpg
d0181492_2033341.jpg
d0181492_2034416.jpg
d0181492_204114.jpg
d0181492_2041484.jpg
d0181492_2042554.jpg

極楽浄土があるとすればこんな感じなのかもしれませんね。美しすぎます。③へと続きます。
by fujitakikaku | 2012-12-22 07:31 | 近畿観光地巡り、春夏秋冬の素晴らしさ紹介 | Trackback | Comments(0)
日本一の紅葉 教林坊、聖徳太子と教林坊、織田信長の魅力、お勧めしたい京都の紅葉、驚愕の安土教林坊①


ここでご紹介しますのは滋賀県近江八幡市安土町に現存する紅葉の名所、素晴らしいお寺をご紹介します。びっくりしますよ。
石の寺「教林坊」がそのお寺です。
教林坊は聖徳太子によって創建されたとされています。山裾の里にひっそりとたたずむこのお寺は隠れ里といった雰囲気の中にあります。
大阪からは快速電車に乗ってJR琵琶湖線・安土駅でおります。
先ず、安土駅前にはレンタサイクルのお店があります。ここで自転車を借ります。そして、目的地教林寺へと向かいます。この自転車が優れものです。快適です。途中寄り道をしながらゆっくりと目的地へと向かいます。駅前の織田信長の像もなかなかのものです。(自転車を借りるときに詳しい案内を受けておきます。)
d0181492_1884194.jpg
d0181492_189252.jpg
d0181492_1891914.jpg
d0181492_1895051.jpg

この布袋さん気になりますが、なんだかうれしそうです。よろしくと自転車を降りてごあいさつしました。
d0181492_1811423.jpg

d0181492_18175512.jpg

小菊の花が咲いていました。とてもかわいらしく私は好きです。
d0181492_18181495.jpg
d0181492_18182826.jpg

ここは関ヶ原の戦い、その戦場の跡地です。新幹線が通り過ぎていきます。この光景もなかなかいいものです。
こんなに長時間新幹線の走る姿を見る場所も珍しいですよ。
d0181492_18184425.jpg

教林坊が近くなってきました。門をくぐります。・・・・・・
d0181492_18212286.jpg
d0181492_18213531.jpg
d0181492_18214774.jpg
d0181492_1822228.jpg
d0181492_18222158.jpg
d0181492_18223571.jpg

綺麗な紅葉した木々が見えてきましたよ。なんかすごい美しさのようです。
これから更に4回に分けて写真でご紹介していきます。①②③④⑤と続けます。じっくりとお楽しみください。
今年最高の紅葉の名所地でした。京都、その付近の紅葉の素晴らしさはお寺、神社との共存にあると思います。特有の雰囲気を持っています。
by fujitakikaku | 2012-12-22 07:28 | 近畿観光地巡り、春夏秋冬の素晴らしさ紹介 | Trackback | Comments(0)
滝を目指しました。
森の中に寒椿が沢山、しかも輝いて咲いていました。それはそれは見事に咲いていました。
白い可憐な寒椿です。
(気仙沼、大島の椿はどうしていますか。あのきれいな椿は元気になったでしょうか。)
d0181492_23163194.jpg
d0181492_23164043.jpg
d0181492_23165146.jpg

今度は真っ赤な寒椿です。これも綺麗です。紅葉の美しさに隠れがちですが、寒椿のこの爽やかさは決して負けていませんでした。そして、葉っぱの緑色は紅葉の赤さを引き立たせていました。見事な調和でしたよ。
d0181492_231769.jpg

箕面の滝が見えてきました。大きな水音を立てて、水がはねていました。
d0181492_23171692.jpg

私は滝に手を合わせてお祈りをしました。とにかく三陸の皆様に力を貸してください。復興への道を与えてください。と手を併せてお祈りをしました。
d0181492_23172551.jpg

水の間から白い龍の姿が私には見えました。幻でしょうか。天に昇る龍は、三陸の皆様の力となると思います。きっと・・・龍の背中にはたくさんの人が乗っていたようにも見えました。
d0181492_23173755.jpg
d0181492_2317466.jpg
d0181492_23175892.jpg
d0181492_2318986.jpg
d0181492_23181822.jpg
d0181492_23182752.jpg
d0181492_23183746.jpg

帰りの道では沢山の家族ずれと会いました。楽しそうに、それは楽しそうに見えました。子供たちは精一杯お父さんとお母さんに甘えていました。健康であることの素晴らしさ、家族が一緒にいられるありがたさを見ていて感じました。本当に幸福なんですね。とてもありがたいことです。
d0181492_23184990.jpg
d0181492_2319031.jpg
d0181492_23191172.jpg
d0181492_23192432.jpg
d0181492_23193733.jpg
d0181492_23194895.jpg
d0181492_23195973.jpg
d0181492_23201143.jpg
d0181492_23202385.jpg
d0181492_23203441.jpg
d0181492_23204896.jpg
d0181492_2321084.jpg
d0181492_2321142.jpg
d0181492_23213146.jpg

d0181492_2324731.jpg
d0181492_2324191.jpg
d0181492_23243350.jpg
d0181492_23244566.jpg
d0181492_2325016.jpg
d0181492_232511100.jpg
d0181492_23252495.jpg
d0181492_2325397.jpg
d0181492_23255130.jpg
d0181492_232649.jpg
d0181492_23261754.jpg
d0181492_23263099.jpg
d0181492_23264144.jpg
d0181492_23265630.jpg

箕面の滝に会いに行きました。とてもよかったと思います。あの滝には龍がいたように思います。きっとあの龍は三陸の復興に力を貸してくれると思います。神々もきっと力になってくれると思います。幸福だったあの時に一日も早く帰れるように頑張りましょう。
by fujitakikaku | 2011-11-27 00:44 | 近畿観光地巡り、春夏秋冬の素晴らしさ紹介 | Trackback | Comments(0)
箕面の滝を訪ねました。
大都会の中にこんな閑静な公園があるとはびっくりです。大阪駅からも阪急電車で約1時間で行けるところです。(注:車では来ないでください。勿論、箕面駅にどこか置くというのならできます。駅から滝まではハイキングコースです。約40分くらいでつきます。少し汗するかしないかというところでです。)箕面の滝は関西では非常に有名です。特に新緑と紅葉の季節には多くの人で賑わいます。最近は中高年の方の人気の登山・散策コースとなっています。この素敵な箕面の滝に会いに行ってきました。さすが人気のスポットです。特に今回は紅葉とあり、多くの観光客の方も含めて大賑わいでした。その様子を沢山の写真でご紹介して行きます。明日は11月27日、更に綺麗になっていると思います。是非このシーズンお勧めのコースです。
d0181492_2212536.jpg

川に沿って登っていきますが、川沿いにはとてもレトロなレストラン、料亭、喫茶店などがたくさんあります。素敵なホテルもあります。こんな街並みを見ながら歩いていきます。とてもお洒落で素敵です。
d0181492_22121611.jpg
d0181492_22122668.jpg
d0181492_22123762.jpg
d0181492_22124721.jpg
d0181492_22125858.jpg
d0181492_2213921.jpg
d0181492_2213208.jpg
d0181492_22133177.jpg

川沿いに沿って歩いていきますが、坂は緩やかで登っているという感じがしませんから不思議です。
d0181492_22134234.jpg
d0181492_22135362.jpg
d0181492_2214456.jpg
d0181492_2214143.jpg
d0181492_22142726.jpg
d0181492_22143999.jpg
d0181492_2214541.jpg
d0181492_22151054.jpg
d0181492_22152390.jpg
d0181492_22153811.jpg

川面に紅葉の木々が映し出されていました。澄みきった綺麗な川の流れで小さく揺れている様がとて綺麗でした。
d0181492_22155225.jpg
d0181492_2216674.jpg
d0181492_22161728.jpg
d0181492_22162994.jpg
d0181492_22164374.jpg
d0181492_2216582.jpg

大きな桂が、川をまたいで絡まっていました。その姿は龍のようにも私には見えました。とても力強く、たくましく見えました。
d0181492_2217273.jpg

カワサギが魚をキャッチしたようです。子供たちが大騒ぎしていました。カワサギはそれを知ってか、とても得意げポーズをつくっているように見えました。
d0181492_22174180.jpg

閑静なこの森の中に素晴らしいお寺がありました。とても立派なお寺で、お地蔵さんもみんなを笑顔で迎えているようでした。
d0181492_22175928.jpg
d0181492_22181377.jpg

d0181492_22182625.jpg
d0181492_22183930.jpg
d0181492_22185429.jpg

お寺の境内には色づいた木々が沢山ありました。お寺と紅葉、とても素敵な調和です。
d0181492_2219856.jpg

d0181492_22192167.jpg

鳥居と紅葉もとても綺麗な組み合わせでした。
d0181492_22193499.jpg
d0181492_22194872.jpg
d0181492_2220265.jpg
d0181492_22201610.jpg
d0181492_22203578.jpg
d0181492_22205027.jpg
d0181492_2221463.jpg
d0181492_22211862.jpg
d0181492_22213377.jpg
d0181492_22214694.jpg

弁財天様の銅像はそれはそれは気品の感じられるものでした。とても素晴らしい銅像でした。手を合わせ三陸の復興をお祈りしました。この山の中にもたくさんの神様が宿っておられると思います。すべて万物には神が宿っておられるいいます。神々の力を受けたいと思います。
d0181492_2222049.jpg
d0181492_22221954.jpg
d0181492_2222333.jpg
d0181492_22224792.jpg
d0181492_22231323.jpg
d0181492_22232731.jpg
d0181492_22233988.jpg
d0181492_2223547.jpg
d0181492_2224569.jpg
d0181492_22241584.jpg
d0181492_22242898.jpg
d0181492_22244235.jpg
d0181492_22245847.jpg
d0181492_22254710.jpg
d0181492_2226216.jpg
d0181492_22261489.jpg
d0181492_22262787.jpg
d0181492_22263928.jpg

子供もお父さんとお母さんと一生懸命に滝を目指しています。でもとても楽しそうですよね。
ステップすらも踏んでいましたよ。がんばれちびっこ!!声援を心の中でかけました。
by fujitakikaku | 2011-11-27 00:44 | 近畿観光地巡り、春夏秋冬の素晴らしさ紹介 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku