人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:JALの旅、空からの写真( 11 )

美しい富士山・・・・藤田八束の富士山に感動、そして感謝

今日から仕事を始めます。

仙台へと向かいます。なかなかの良い天気となりました。この分だと富士山が見えるかもしれない。どんな美しい姿に逢えるのか非常に楽しみです。ところが上空は雲がいっぱいです。大阪城も全く雲の中、名古屋の上空もほとんど見えません。嫌な予感でした。ところがやがてすると雲が切れ間から見事な富士山が美しい冠雪の姿を見せてくれました。感動です。本当に美しい姿にうるっと来ました。こんなに綺麗な富士山も少ないと思うくらいでした。雲海に浮かぶ富士山の姿に今年の運勢を占うならば「大吉」間違いなし、これから気仙沼へと向かいます。良い仕事始めの予感です。

d0181492_16512643.jpg
名古屋上空・・・・・・雲の中でした。


d0181492_16572747.jpg
d0181492_16580839.jpg
美しい富士山に逢うことが出来ました。

d0181492_16520984.jpg
d0181492_16522910.jpg
d0181492_16525009.jpg
仙台空港は霧の中でした。・・・・・・
d0181492_20542839.jpg
d0181492_00125748.jpg
鉄道写真を二枚紹介します。上は東北新幹線「こまちとはやて」で仙台駅にて、下はEF65形の貨物列車の写真で、東海道本線岸辺駅からの写真です。


by fujitakikaku | 2017-01-09 07:00 | JALの旅、空からの写真 | Trackback | Comments(0)
株式会社ヤマイシの美味しいホタテ料理をホテルサンルート青森で満喫、素敵な仲間に乾杯!!美味しい食品が生まれる理由

青森は日本海、津軽海峡、太平洋そして陸奥湾という豊かな海に囲まれ、奥には八甲田の素晴らしい山々をいただいています。山々と海が豊かな自然を作り上げており、ホタテ、イカなどの魚介類、リンゴはその豊かさを表しています。そんな素敵な青森で仕事をさせていただいています。
d0181492_23512174.jpg

楽しい食事の時間は最高の至福の時間でもあります。美味しい食事を前にいろんなお話が出来る。人間だけにいただいた素晴らしいひとときです。お話をすることが会話を交わすことがお互いを理解しあう最も素晴らしい手段だと考えています。今日も株式会社ヤマイシ様と「これからの水産業と青森の役割」を中心に話が弾みました。
d0181492_23510633.jpg
青森といえば銘酒「田酒」のあるところです。いただきましたよこの銘酒を・・・・辛口の飲み心地のいいお酒です。お酒は歴史を語ってくれます。しばし三浦常務から青森の素敵な歴史をご紹介してもらいました。堤工場長からは豊かな魚介類の美味しいお話をたくさんいただきました。佐藤さんには田舎館村の田んぼアートの話をお聞きしました。
d0181492_23522519.jpg
d0181492_23502471.jpg
d0181492_23504791.jpg
d0181492_20254706.jpg
リンゴのグラタンを特に作っていただきました。これはマジでおいしかったです。ありがとうございます!!青森はとっても美味しいです。大満足です。
d0181492_23491716.jpg
d0181492_23493715.jpg
ホテルサンルート青森に宿泊しましたがここの朝食は最高です。バイキング方式なのですが品数が多いのとどれを取ってみても美味しく、いかにも身体によさそうな料理が並びます。連泊すると嫌になることが良くありますが連泊しても明日の朝食はどんな料理が用意されるのか、とっても楽しみにできるホテルです。私はなんと1時間30分はかけてゆっくりとここでは食事をさせていただきます。青森駅から徒歩5分、とっても便利で清潔なホテルです。

行ってきましたよ、田舎館村の田んぼアートに、素晴らしすぎるこの芸術品に感動しました。どうしてこんなことが出来るのか全くもって理解できません。
実に素晴らしい! 見事な芸術品です。
d0181492_20305660.jpg
津軽平野にこんな臨時列車駅が設けられます。田んぼアートの季節だけ限定だそうです。高倉健のモザイクが気になります。小さな石を集めて作られていました。
d0181492_20313257.jpg
d0181492_07255279.jpg
これみんな稲穂で作られています。
d0181492_07265265.jpg
d0181492_07285589.jpg
d0181492_07283696.jpg
d0181492_20275802.jpg
青森空港ではハロウィンのこんなにかわいいキャラ君に逢いました。
d0181492_20291070.jpg
青森空港は晴れてきました。秋の青空が綺麗で八甲田の山々が美しく綺麗でした。


by fujitakikaku | 2016-11-21 07:01 | JALの旅、空からの写真 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真集@震災からの復興と鉄道事業、頑張れ気仙沼!

阪神淡路大震災から21年、懸命に復興に向かってきました。神戸の街を中心にしてその姿が見られるようになったと思います。私の住んでいる町、西宮は見事な形で復興しました。まちは「文化都市」として大変身が出来ました。それは市民が目標をしっかりと持って、お互いが知恵を出し合い、懸命な努力の結果であると思います。勿論、国の支援、国民の皆様の支援は根底にありました。

大切なことがあります。この国の戦後の復興を通しても鉄道事業がこの国が瀕死に陥った時にその基幹として支え、この日本の復興に、繁栄に牽引してきました。「線路は続くよどこまでも・・・・」この歌の歌詞のように日本全土に繋がります。寸断された三陸を陸の孤島にしないことです。復興の遅れはここにあります。観光にも鉄道は絶対に卒様です。JR九州の考え方、九州の発展を参考にすべきです。これからの発展は鉄道を無視しては考えられません。今元気な地域には必ず鉄道があります。鉄道を壊して腹腔はない、断言します。
神戸は路面電車の復興を考えいます。これは正しい選択です。急いでほしいと思います。気仙沼は鹿折駅をターミナル駅として駅名を三陸気仙沼駅とすべきです。日本は素晴らし自然を持っています。人材を持っています。後は行動力にかかつています。

山陽本線、姫路駅付近です。電車の中から・・・・
d0181492_22403117.jpg

東北本線東仙台駅付近の写真です。電車の中から・・・・
d0181492_22405880.jpg

d0181492_22421352.jpg


冠雪の富士山です。美しい富士山の姿は頑張る日本人への神様からのご褒美かもしれません。
d0181492_22291437.jpg
d0181492_22293565.jpg
d0181492_22295692.jpg
d0181492_22301625.jpg
d0181492_2231144.jpg
d0181492_22313376.jpg

仙台駅では京都物産展が開かれていました。これがまた大賑わいですよ。大阪では東北の物産展が人気・・・・ここに商売のヒントがあります。
d0181492_22315713.jpg
d0181492_22323632.jpg
d0181492_22325993.jpg

京都物産展は地方で超人気だそうです。
d0181492_22424965.jpg

東北本線から仙石線に入ります。本線からローカル線へ・・・・不思議な線に逢います。仙台から石巻へ向かいました。この線路を見ているとそのつながり方がとっても面白く興味があります。
by fujitakikaku | 2016-01-22 07:00 | JALの旅、空からの写真 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の東北の旅:JR三沢駅の小川で出逢った可愛いカルガモの家族

ここは東北本線、JR三沢駅近くにある小川でのお話です。猛暑で東北もなんと暑いこと、この季節東北はあちらこちらで夏お祭りが開催されています。青森のねぶた祭り、八戸の三社大祭はとくに有名な夏祭りとして知られています。
ここ三沢は軍事基地があることでも知られていますが、時間がありましたので三沢駅近くを散策、小川の流れがきれいだったので何かいないかなあ・・・と思って水面を見ていました。
d0181492_7412590.jpg

d0181492_7423569.jpg

するとガアガア鳴いている小鳥の集団に出逢いました。そこにカルガモの家族が餌を探して泳いでいました。
d0181492_7443132.jpg
d0181492_74563.jpg

お母さんカルガモは子供たちを守るために一生懸命です。常に攻撃されないか、子供たちを守るのに一瞬の警戒も緩めません。
d0181492_7415080.jpg
d0181492_7425972.jpg

d0181492_11463874.jpg

子供たちは一心に餌を探しては食べていました。側でお母さんは子供たちを見守っていました。
お父さんカルガモはどこに行ったのでしょうか。どっかで餌を探しているのかもしれません。
d0181492_745578.jpg

散歩中のおじいさんが「随分と起きくなったなあ。」「でもなんか少なくなっているようだね。」と言っていました。外敵に襲われたのかもしれません。小さな小川でお母さんカルガモは一生懸命子供たちを守っていました。その姿に声援を送りました。「頑張れお母さん!」人間も大いに学ぶところがありますね。とっても素晴らしい光景を見せていただきました。
東北本線、三沢駅付近でのお話です。・・・・・・・・・
by fujitakikaku | 2015-08-10 17:48 | JALの旅、空からの写真 | Trackback | Comments(0)
楽しいJALの旅青森のシンボル岩木山の紅葉、津軽富士岩木山の紅葉、霊峰岩木山の秋

青森空港から飛行機が旅立ちます。
秋真っ只中、眼下には岩木山が真っ赤に染まっていました。燃えるような紅葉が津軽平野を背景にそれは見事な雄姿でした。
その何枚かの写真ご紹介します。
霊峰岩木山は津軽富士の愛称で呼ばれ、津軽の人達は深い信仰を捧げていると聞いています。
ここからは勿論見えませんが真っ赤に実ったリンゴが裾野の果樹園に広がっていることと思います。青森は最高のシーズンを迎えています。

津軽富士、岩木山は真っ赤に染まり秋の美しさと融資を見せてくれました。感動的でした。
d0181492_20415842.jpg

d0181492_20421041.jpg

津軽平野の豊かさと美しさが見事でした。
d0181492_2042295.jpg

裾野に広がる津軽平野は稲刈りが終盤に近付いていました。
by fujitakikaku | 2014-10-29 06:40 | JALの旅、空からの写真 | Trackback | Comments(0)
JALの旅とチキンラーメン、沢山の思い出を秘めた究極の極旨ラーメンチキンラーメンと大阪モノレール

チキンラーメンには学生時代の思い出がいっぱいです。当時、家でラーメンが食べれる。これは画期的なことでした。しかも、お湯とどんぶりがあればとってもおいしいラーメンが3分間で出来るというのでしかもおいしい。爆発的な人気となりました。そのラーメンが今こうして目の前にあります。
d0181492_1885132.jpg

大阪モノレールのラッピング、可愛いでしょう。大好きなんです。このモノレールに逢うとテンションが上がります。なんだか良いことが起きそうなそんな気がしますから不思議です。
d0181492_1891379.jpg
d0181492_1893512.jpg
d0181492_1895536.jpg
d0181492_18101427.jpg

お腹を満たしてくれたラーメン、画期的な美味しさ、懐かしい楽しい思い出がいっぱい詰まっています。
d0181492_1810347.jpg
d0181492_1811390.jpg
d0181492_18112669.jpg

楽しい思い出も一緒に頂いています。品川プリンスホテルに泊まり、夜景を見ながらいただいています。実に心の中まで美味しいラーメンです。満足であります。
by fujitakikaku | 2014-09-11 00:04 | JALの旅、空からの写真 | Trackback | Comments(0)
JALで鹿児島の旅雄大な桜島、観光と路面電車そして歴史、頑張れ今村岳司市長観光と文化都市づくりに励め

鹿児島と言えば錦江湾に浮かぶ桜島、その姿は鹿児島の象徴です。噴煙を上げるその姿は必ず毎日見ることが出来ます。
d0181492_23414261.jpg

市内を走る路面電車はとっても便利ですし、歴史的観光地の広がる鹿児島にあって最高の交通手段です。移動手段として最高ですが、街の景観に大きく寄与しています。町づくりがとっても素晴らしいと思います。
また、桜島へはフェリーで渡ることが出来ます。
d0181492_23471056.jpg
d0181492_2347267.jpg
d0181492_23474677.jpg

整備された路面電車は素晴らしく、大好きなのは地域の皆様が沢山利用されていることです。歴史情緒は最高の鹿児島にあって街づくりの素晴らしさを感じます。西宮市もおおいに参考にするべきだと思います。
d0181492_2348216.jpg
d0181492_23481538.jpg
d0181492_23483615.jpg

桜島の噴煙が毎日観察できます。
d0181492_23495192.jpg

めったにはありませんが夜に噴火すると溶岩が見れる時もあります。
d0181492_23501624.jpg

旅の終わりは伊丹空港です。伊丹空港につきましたら夕日がちょうど六甲の山々に沈むところでした。とっても綺麗な夕日を見ることが出来ました。

これからの観光、まちづくりには郷土の歴史を良く勉強し、特徴を生かしたまちづくりが必要でそこには「郷土歴史学」みたいなものが必要になると考えています。郷土の歴史を語る優秀な人から歴史を良く学んだうえで特徴を生かす街づくりが必要と考えます。成熟した社会だからできる町づくりの方法だと思います。
by fujitakikaku | 2014-05-04 01:06 | JALの旅、空からの写真 | Trackback | Comments(0)
①絶景かなJAL便での阿蘇の山々を観る、伊丹空港JALカウンターの武田さんありがとう阿蘇は輝いていました、頑張れ橋下徹

<光り輝く素晴らしい阿蘇の山々を観ました。>
d0181492_17443866.jpg

d0181492_17445273.jpg
d0181492_1745857.jpg
d0181492_174524100.jpg

d0181492_1746574.jpg

d0181492_17462349.jpg
d0181492_17464154.jpg
d0181492_17465624.jpg
d0181492_17471528.jpg
d0181492_1747358.jpg


今から天草へ向かいます。伊丹空港から熊本へ、熊本からバスに乗って天草へと参ります。
楽しみの一つは伊丹空港をたって、熊本へ入る上空から見える阿蘇の絶景です。ところが今日の天気は予報では熊本は曇り後雨、絶望的で。でも大阪は天気は上々です。JALのカウンターでチェックインしました。席だけは窓際をキープ、私が窓際に固執する理由をカウンターで話すと職員の方は「それは重要なことです。何とかしましょう。」「どの席がいいでしょうかね。」と言いながら残り一席の窓際を確保してもらいました。ありがとうございました。「行ってらっしゃいませ。」「良い写真撮れること祈っています。」嬉しいですね。最高の気分で熊本へむかうことができました。
阿蘇の山々には雲がたくさんかかっていました。やはり曇り空でした。でも奇跡的にこの阿蘇五山付近だけは雲が切れてとってもきれいに見ることが来ました。ありがとうございました。今日も素晴らしいフライトを満喫することができました。この分だと仕事もいいことあるように思います。
JAL伊丹空港の武田さんありがとう。あなたのおかげでとっても素敵な阿蘇の山々に逢うことが出来ました。最高の気分です。
d0181492_17482885.jpg
d0181492_17484320.jpg
d0181492_17485966.jpg
d0181492_17491554.jpg
d0181492_17493057.jpg
d0181492_17495225.jpg

こんなに素晴らしい阿蘇の山々もめったに見れるものではありません。冠雪があり、火口からの白煙はとっても綺麗でした。最高です。

大阪維新の会もかっての力が無いように思います。でもここからが勝負本当に日本を大阪を変えたいと思っていた人が残り、力を結集するときが来たと思います。ある意味で本当の姿が見えてきたのかもしれません。さあ、頑張れ橋下徹期待していますよ。
by fujitakikaku | 2014-03-11 00:16 | JALの旅、空からの写真 | Trackback | Comments(0)
JALに感謝、鹿児島空港JAL職員草間様へ感謝、鹿児島空港フロントの草間様ありがとう青森は快晴です


<鹿児島空港JAL便で助かりました、感謝です。希望と目標の大切さ>
希望を捨てない、目標をもっていること。・・・・大切ですよね。
d0181492_051675.jpg

念願かなって日豊線隼人駅(鹿児島県)で「ななつ星」に会うことが出来ました。とっても嬉しいですよ。

可能性を求めると道が開き、駄目かなあと早めに思うとそうなってしまいませんか。結果として駄目になったものはそのことについてはもうどうしょうもありませんが、次のステップには決して無駄にはなっていないと思います。

こんなことがありました。・・・・・とってもいい話だと思いますので紹介します。

鹿児島へ仕事で行きました。次に鹿児島から青森へ移動します。ところが大型の台風が関東・東北を直撃午前中は全便が欠航になってしまいました。ピンチです。スケジュールがこの時立て込んでいて何とかならないだろうか。函館まで行って青森へ、仙台から、花巻から新幹線・・・・駄目です。でもとにかく空港へ行ってみることにしました。神様に祈っていました。

台風は誰の勢でもありません。とはいえ・・・・なんでこんな計画を立てたのだろうか。

鹿児島から東京、東京から青森の経由で考えていました。鹿児島から大阪、大阪から青森も台風の影響を避ける航路としてはこっちが僅かな希望があるとは考えて見ました。
鹿児島空港へ着いたところで駄目です。今のところ欠航です。午前の便は欠航です。


ところが午後から東京への便が動く事になりました。とにかく東京まで行くことにしました。東京に希望を繋ぎました。
東京までは切符がゲットできましたが、手続きをしているうちに荷物どうするか、あの巨大な羽田空港。荷物をいったん出して次の便を待つ、それも飛ぶかどうかわからない飛行機を。・・・・・大きな空港の欠点が初めてわかりました。
困ったなあ、フロントの係の人にどうしたらいいでしょう。いい方法ありませんか?
「とにかく切符を買ってください。」「東京で申し訳ないが荷物をいったん取り出して待ってください。」「仕方ないですね。」


ところが、その時です、フロントの係の別の女性の方が近寄ってこられ、「待ってくださいよ。」何やら一生懸命にパソコンに向かっていました。しばらく待っていました。そして、「青森への便、飛ぶ可能性があります。」「調査中ですが。」・・・「間違いありません。」「荷物青森までお預かりということで手続き取ります。」「良いでしょうか。」私は「それ、最高です!!是非お願いします。」青森は天候調査だということでしたが、荷物はどうなるかは分かりませんが、ここまでことは運びました。結果として鹿児島、東京そして青森へ、少し遅れましたが仕事には間に合う予定となりました。


女性スタッフの職員の方のこの対応にただ感謝しています。
多分そのフロント係の人は私が感謝しているとは思ってもおられないと思います。さりげないてきぱきとした対応はこれこそがまさにプロなのか、ただ感謝でございました。ありがとうございました。

それから先の仕事はとても順調でした。

鹿児島での午前中の欠航のおかげで
超・豪華リゾート列車「ななつ星」に隼人駅で会うことが出来ました。
d0181492_21301277.jpg

d0181492_21303648.jpg

d0181492_2131653.jpg
d0181492_2131241.jpg
d0181492_21314341.jpg
d0181492_21315820.jpg
d0181492_21321998.jpg

<錦江湾(鹿児島)に浮かぶ噴煙を上げる桜島の夕焼けです。見事な光景が広がりました。>
d0181492_21481270.jpg
d0181492_21483097.jpg
d0181492_2148484.jpg
d0181492_2149623.jpg


<青森県大畑町での楽しいひと時、大間岬(まぐろですっかり有名になりました。)での実に素晴らしい夕日です。>
渡辺水産の素晴らしき若者たちと
d0181492_21343331.jpg
d0181492_21344428.jpg
d0181492_2135972.jpg
d0181492_21352478.jpg

若者たちと「希望と目標」を語りました。良いですね、若いということはこれから本当に楽しみです。みなさんに逢えたことは私の財産です。
d0181492_21494143.jpg
d0181492_215036.jpg

期待しています。夢を目標に替え、そして実現へと・・・・・可能性は絶対にあります。努力と勉強は絶対に必要です。
<浅虫温泉辰巳館での夜明けのお月様と浮島の絶景>
青森市内は学会があり、ホテルが取れずどうしょうかと思っていました。そうだ浅虫温泉なら何とかならないだろうか、ここからだと明日の飛行機で、大阪の午後からの会議に間に合う。やっとの思いでなんとか辰巳屋旅館でお世話になりました。次の早朝、窓を開けるとこのお月様です。もうびっくりしました。
d0181492_2136091.jpg

窓を開けたときに、太陽の光かと思いました。お月様だったのです。
d0181492_2136173.jpg
d0181492_21363229.jpg
d0181492_2136479.jpg
d0181492_21365646.jpg

そして、最後の絶景はまだありました。
霊峰岩木山と鳥海山の冠雪の姿でした。
d0181492_2211418.jpg

霊峰岩木山の冠雪です。素晴らしい雄姿を見せていただきました。
d0181492_2212034.jpg
d0181492_22121847.jpg

霊峰鳥海山はとってもきれいでした。
d0181492_22123828.jpg

とってもいい日を過ごすことが出来ました。これも回りの人達、天候の順調さに支えられることを知ることにもなりました。
「希望と目標」の大切さも感じ取ることが出来ました。
今回の仕事では人の大切さ、希望、目標、実に素晴らしいことを教えていただきました。ありがとうございました。私の財産はやっぱり素敵な人たちに会えていることだと心から感謝した次第です。

以上の詳細は引き続きアップしていきたいと思います。写真を沢山つけながら。
by fujitakikaku | 2013-10-21 00:03 | JALの旅、空からの写真 | Trackback | Comments(0)
青森、青森駅桟橋に行きました。・・・青森ねぶた、桟橋、八甲田丸
d0181492_22114623.jpg
d0181492_22122147.jpg
d0181492_22125636.jpg
d0181492_22135994.jpg
d0181492_22142765.jpg
d0181492_22144465.jpg
d0181492_221511100.jpg
d0181492_22153391.jpg

青森駅に行ってみました。素晴らしい光景に会いました。連絡船八甲田丸の雄姿に会いました。
実に懐かしい、感慨深いものでした。この連絡船で津軽海峡を渡り、北海道へいったあの時を思い出していました。40年も前のことです。北海道大学へ受験に参りましたが、九州から夜行列車に乗って大阪へ、そして、更に夜行列車で青森へ向かいました。その時の列車がブルートレーン「日本海」でした。
この電車が本日をもってなくなりました。大変な鉄道ファンが青森駅に集まり、その最後の雄姿を見届けたそうです。私は仕事の都合で残念にも見ることはできませんでしたが、青森でそのことを知りました。そして、その前に廃船となつた青函連絡船「八甲田丸」の雄姿でした。あのころを思い出しながら、懐かしくシャッターを押していました。素晴らしいタイミングで青森にいることに何か不思議な気持ちになっていました。
今、ここに、私の前に、青函連絡船「八甲田丸」とブルートレーイン「日本海」を、私の前に用意していただきました。非常に嬉しく、懐かしく、非常にありがたいと思っていました。
d0181492_22214322.jpg
d0181492_22221849.jpg
d0181492_22231419.jpg
d0181492_22244094.jpg
d0181492_2225877.jpg

桟橋が残っていました。ここから船に乗り継ぎました。確かにここからでした。高い志を持って北海道へと向かいました。今日あることの感謝でいっぱいでした。学生時代は下宿のお母さん、先輩、友達にも恵まれ、恩人の指導者先生に恵まれたことが私の今日の財産でございましたす。本当に感謝しています。あの時を思い出して、じっと連絡船を見つめていました。
by fujitakikaku | 2012-03-17 21:33 | JALの旅、空からの写真 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku