人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:災害を乗り越える方法( 45 )

藤田八束の鉄道写真@人世を楽しく送る方法、何事も前向きに考えましょう。人は幸せになるために生まれてきたのです。

人はみな幸せになるために生まれてきたと考えています。そして、人生みんなに等しく幸せになるチャンスは与えられていると思います。ただし、こんな考えはあまり良くないと思います。
誰から見ても幸せそうに見えるのになんか幸せそうに本人が感じていない。
先日こんなことがありました。阪急電車の中での話です。「お孫さん何人います。」「5人いるの。」「可愛いでしょうね。」「それは可愛いですよ。」「だけどこんなにたくさんいるとお小遣いやらないといけないから大変、」「お金ないし。」そう言って少し元気をなくしていた。他の人から見たらこんなに幸せなことないように見えるのに本人はそうでもないようだ。物事を嫌な方に持って行くと行かないでは体の調子にも影響しそうです。良いじゃない、お孫さんから元気をもらえたら、嫌な病院にも行く機会も激減するし。そう考えただけでもお孫さんに感謝です。そう考えてみることできませんか。・・・・

縁起物の猫のマスコットに逢いました。なんか楽しそうで、思わずにっこりです。
d0181492_23280717.jpg
d0181492_22422595.jpg
いろんな周りから元気をもらっています。
d0181492_07384712.jpg
ここは阪急響電車・春日野美智駅です。電車を待っていると並行して走っているJR線を貨物列車が走りぬけていきました。なんか元気良いんですけどこの貨物列車。
d0181492_07394973.jpg
d0181492_07415214.jpg
d0181492_07423301.jpg
d0181492_07434172.jpg
EF66、ワニ君が今日も朝から元気な姿を見せてくれました。私も大好きな貨物列車に会えて、そしてワニ君から元気をもらって今日も良い一日になりそうです。



by fujitakikaku | 2019-10-20 08:09 | 災害を乗り越える方法 | Trackback | Comments(0)
台風15号は千葉県を襲う、懸命な復旧作業が続けられている、頑張る東電、自衛隊の消防署、関係各位に感謝・・・被災地の人たちは感謝して欲しい、悲しい報道

台風の大被害を受けた千葉県、予想外の大きな被害が出た。被災して分かるこの辛さ、千葉の人たちはおそらく阪神淡路大震災、東日本、広島の台風大被害、岡山、関東、北海道・・幾多の災害も起きている。みな大変なんです。それでも応援してくれる人には感謝をしています。ところがどうでしょうか。今日のニュースを見ても東京電力の人たちに罵声を浴びせていました。これはいけません。大災害なんです。天災です。みんなが力を合わせて頑張っているのにこんなことしていたのでは勝手にしたらいい、そんな大声を被災地に向けたいくらいだ。日本どこでも大被害が起きています。千葉だけではないんです。人の命も無くなっています、。覚悟して自らの力で生き延びて欲しい。誰のせいでもないと思います。天災です。亡くなる人も当然あります。被害を最小限にするのも自らの力に寄ります。特に働き盛りの人たち、若い人たちを支えて欲しいと思います。その力かないと復旧は遅れます。

d0181492_21290821.jpg
d0181492_21300576.jpg
d0181492_21000548.jpg
d0181492_20585424.jpg
頑張らなくっていいから、そんなことを言う人がいますが、頑張らないと復旧も無理です。そんなに甘いものではありません。全財産を投入して頑張ることです。復旧、復興とはそんなものだと思います。その日のために備えをしてきたはずです。「備えあれば憂いなし」です。良く分かります。










by fujitakikaku | 2019-09-19 05:44 | 災害を乗り越える方法 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@石巻復興のシンボル日本製紙の夜景、元気に力強さを見せる・・・昼間の姿も素晴らしい、この姿が復興のシンボルだ

石巻にある日本製紙は稼働している。震災からの復興である。なかなか報道が無いが私はこの日本製紙の復興が石巻を元気付けていると思う。弧のたくましい復興の姿をNHKはもっと取り上げるべきである。
仕事で石巻にはいきますがホテルから見える工場の姿にはいつも稼働すらします。よくも立ち上げて頂いたと感謝すらします。石巻にとっては大きな復興の支援になっていると思います。
仕事が終わり、ホテルを出て・・・工場の周りを散歩してみました。大きな工場なので1/5も歩けませんでしたが夜景が本当に力強く息づいているのを感じました。たくましい限りです。


d0181492_09505913.jpg
d0181492_09510631.jpg
白い噴煙を上げる姿は軍艦のようです。自然災害を乗り越えるのは大企業だからではなく、そこで働く人、経営者の強い復興への気持ちだったと思っています。日本製紙は立派な会社だと思います。
d0181492_09512027.jpg
d0181492_09512822.jpg
d0181492_09513689.jpg
d0181492_09514261.jpg
d0181492_09514873.jpg
今宵の月は満月です。とっても綺麗に工場が浮かび上がっていました。この夜景は見事で、観光資源にもなると思います。
d0181492_09515514.jpg
d0181492_09520361.jpg
d0181492_09520922.jpg
d0181492_09521654.jpg
d0181492_09522367.jpg
d0181492_09523081.jpg
d0181492_09523780.jpg
d0181492_09524478.jpg
d0181492_09525159.jpg
夜が明けると日本製紙は全景を見せてくれました。朝日で工場は綺麗に浮かび上がっていました。これこそが復興の証だと思います。
d0181492_09582514.jpg
d0181492_09583598.jpg
d0181492_09584302.jpg
d0181492_09585377.jpg
日本製紙を日和山から見るとさらに綺麗だと思います。・・・支援者(日本国民)は石巻のこうした元気な姿を見たいと思っています。・・・・いつまでも被災者であってはいけないと思います。


by fujitakikaku | 2019-06-02 06:46 | 災害を乗り越える方法 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@台風21号、集中豪雨そして大地震が日本列島を襲う・・・国の力、被災地の復興を応援、現地も頑張る

台風21号、集中豪雨そして大地震が日本列島を襲いました。現地の復興の様子がテレビで見ることが出来ます。国の対応、市町村と国の対応に不満を漏らしいる被災者の方も中にはいますが、それはいけないと思います。日本は本当にみんなでよく支援すると思います。あらゆる支援をしすぎるほどにします。そこには膨大なお金が投入されています。被災者は周りの動きをよく見て下さい。特に北海道胆振東部大震災での自衛隊、警察、消防団の人たちの一生懸命な活動は私達から見ても本当に献身的で素晴らしいと思います。とにかくこうした行動に感謝することがより復旧を早めることになると思います。岡山、広島の復旧もまだまだです。デモ現地の人たちは何も不満もありません。支援していただく人たちに感謝しておられます。国に頼れば頼るほど復興は不思議と遅くなります。阪神淡路大震災がそうでした。元気で優秀な日本人、この難局を乗り越えたら更なる幸せが待っているように思います。
復旧・復興は期限を設けるべきです。膨大な費用は国民の税金から投入されています。復興計画があっての支援であることを私たち自身が強く認識すべきではないでしょうか。どんどん広がる負債額国民はしょっていることをもっと自覚したいものです。
東日本はすでに7年、もう復興完了としていいのではないでしょうか。これからも新たな被災地が沢山出てくると思います。

兵庫県西宮市、大手前大学の踏切は写真を撮るのに絶好の場所としています。カーブして入ってくるところがとってもいい感じの被写体になります。
d0181492_23015260.jpg
d0181492_23022090.jpg
d0181492_23024924.jpg
d0181492_23033290.jpg
d0181492_23034569.jpg
d0181492_23040253.jpg
特急列車「スーパーはくと」の快走する姿です。
d0181492_23041530.jpg
d0181492_23042927.jpg
d0181492_23043960.jpg
d0181492_23045273.jpg
d0181492_23050466.jpg
d0181492_23051917.jpg
d0181492_23053116.jpg
d0181492_12164478.jpg
d0181492_12235717.jpg
d0181492_12234137.jpg
d0181492_17323086.jpg
しばらく加島にも行っていません。涼しくなったので時間を作りたいと思っています。

d0181492_17252608.jpg
d0181492_17291988.jpg
瑞風が大阪駅に入ってくるのはいつの日になるのだろうか。・・・・再会を楽しみにしています。



by fujitakikaku | 2018-09-11 07:00 | 災害を乗り越える方法 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の自然災害対策@北海道で大地震、甚大な被害発生、厚真町で震度7強・・・人命救助、そして経済への影響を優先して欲しい

昨日早朝に北海道で大震災が発生しした。台風21号の過ぎたその後にすぐこの大地震、日本列島は北から南まで神様はいないのかと問いたくなる現状である。
先人たちはこうした災害をどうして切り抜けてきたのだろうか。災害史を見ると良い、先人たちの復興の懸命な努力の跡かある。
人命救助は第一であるが、それと同じく大切なのが経済への影響である。経済への影響を後に回す傾向があるがこれは非常に重要。その考えを地方都市も、村も街の指導者は認識して全体を見て行動をとる必要がある。人がいなくなった町は哀れなものだ。生活の糧が無くなると人はそこには住めない。それは仕方のないことである。
震災から7年たった福島を見ているとよくわかる。
観光立国と目指す北海道、一日も早い復興を祈っています。
d0181492_22195010.jpg
d0181492_22193663.jpg
d0181492_22213410.jpg
d0181492_22221551.jpg
d0181492_22232829.jpg
美しい北海道・・・観光の街づくりに向かって復興して欲しい。
日本としては一極集中が復興を遅くしないで欲しいものである。東京一極集中は更にとんでもない大きな被害を導きそうで私はそれを懸念している。北海道は他国から見たら立派な一国として生きていける所である。強い政治力を築いて欲しいと思っています。自衛隊も大きい、ここで頼りになるのは自衛隊である。オスプレイにも支援を呼びかけることである。その威力は大変なものである。


by fujitakikaku | 2018-09-07 07:01 | 災害を乗り越える方法 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の災害遭遇時対応@大型台風を甘く見てはだめ、準備をしてそして耐える・・・台風は過ぎ去るのを待つのみ、貨物列車の写真を添付

台風21号が関西地方を襲撃、関西空港の様子が毎日報道されている。ここで国民の皆様にお願い、天災はどうしようもないことです。予期もできない、受ける被害も天に任せるしかありません。それが天災です。その場で怒りを爆発するのはやめませんか。お互いが協力して、全ての難局を乗り越えることです。よくぞ関空が水没しなかったものと安堵したものです。オスプレイが出動できればこの難局はもっと円滑にいきます。関西にも早く配備してもらいたいものです。私は気仙沼の時からこのことを訴えています。間違っていますか?

こんなことを書いて明日掲示しようと思っていましたら、今日早朝に北海道で大地震が発生しています。自衛隊の出動をお願いしたい。・・・

今日は貨物列車の写真を添付します。(西宮市JRさくら夙川駅からの貨物列車の写真です。)
d0181492_18004492.jpg
この写真だけは違います。サントリー山崎工場の前での写真です。
d0181492_18070528.jpg
d0181492_18012423.jpg
d0181492_18013812.jpg
d0181492_18015311.jpg
d0181492_18021081.jpg
d0181492_18022428.jpg
d0181492_18054376.jpg
EF65形貨物列車が岡山へと向かいます。・・・・・・(さくら夙川駅にて)
d0181492_12242668.jpg
d0181492_15474781.jpg
この写真は鹿児島での貨物列車の写真です。・・・・・いろんな機関車がいてくれます。実に楽しいものです。



by fujitakikaku | 2018-09-06 15:23 | 災害を乗り越える方法 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@がんばれ石巻、復興に向かう石巻、港に活気が帰ってくる日、鉄道写真


がんばれ石巻、復興に向かう石巻、港に活気が帰ってくる日は近いようです。町中が懸命な復興の建物がどんどん建設されていました。

d0181492_23424215.jpg

日和山には桜の木がいっぱいありますが春はこれからのようです。日和山から石巻の復興の様子が一望できます。伊達政宗はここにお城を築きたかったようです。

日和山からの日本製紙もとっても綺麗です。夕焼けの空に日本製紙工場がうかんでいます。

d0181492_23432785.jpg
d0181492_23434095.jpg
d0181492_23444427.jpg
d0181492_23445906.jpg
d0181492_23435243.jpg
d0181492_23441624.jpg
d0181492_23442802.jpg
日本製紙の夜の勇壮です。・・・・
d0181492_22422886.jpg
d0181492_22414211.jpg

日本製紙の朝の写真です。

d0181492_23471966.jpg
d0181492_23470779.jpg
d0181492_23474827.jpg
d0181492_23473481.jpg

石巻の発展に大きく寄与された川村孫兵衛さんの銅像が設置されていました。川村孫兵衛さんは石巻の復興を見守っているようでした。

d0181492_23454323.jpg
d0181492_23455721.jpg
d0181492_23462208.jpg

d0181492_23461130.jpg
d0181492_23463810.jpg
d0181492_23451877.jpg
川村孫兵衛さんは復興の姿を見守っているようでした。
d0181492_23453089.jpg
d0181492_23445906.jpg
d0181492_23444427.jpg

日和山の桜はこれからです。これがまた綺麗なんです。・・・・・

d0181492_23441721.jpg
d0181492_23443094.jpg



by fujitakikaku | 2018-04-01 07:01 | 災害を乗り越える方法 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@大槌町役場庁舎解体が決定される、震災からの復興、復興とは何か・・・どうすべきなのか。真の復興を考える

震災の悲惨さが残る、この惨劇は何故ここまで大きくなったのか、亡くなった人への弔いなどいろんなものが交差してくる。しかし結論としていえることは先ずは今ここに生活している人たちが生活をする。自活をするということである。いつまでも被災者として国に面倒を見てもらうようでは復興は出来ない。生活をこの国でしている以上リスクはつきものである。ある人は家を失くし、働き手を失くしたり、子供を失くしたり、家が消失したり、いろんな生活の悲惨さはある。しかし、震災など災害に遭うと自分の不幸が身に染みる。しかしよく考え周りを見て更に歴史を振り返って見るといろんな不幸、災難を多くの人が受けてそれでもそれを乗り越え今日の幸せを築いていることに驚嘆する。全く日本人の素晴らしさである。災害の村が村ごと北海道に移住し、今日幸せのまちを作り上げている。こうして考えて、振り返って観るといつまでも被災地だと考え込んでいるのはおかしい、東北の震災も7年32兆円という復興資金の投入、それでもまだ負の遺構を残そうとしているまちがあることに失望する。もう7年、そのことは自分ちのこととして、国民に返さなければならないものが有ると思います。日本の若者たちは、結婚をして、家庭を持ち必死に働いている。周りをもっと見て自分ちの進む姿を再度認識してほしい。国に補償を求め続けるということは国民に金を出せと言っているようなものです。それはあまりにも悲しいことです。それでは幸せは何時までも来ないと思います。大槌町の役場庁舎が解体されるという記事を新聞でみました。これでいいと思います。この負の遺構を残し、メンテナンスを毎年行う。その費用を大槌町が払えるわけが有りません。そして、そんなまちに若者に残れと言ってもおそらく多くの若者はこの町を出て行くと思います。過去の悲しみをこれからの元気に早く変えるようにどうするか、その一つはこの役場の後に公園を作り桜の木に植え、片隅に小さな石碑を置けばいい。忘れたくない人はそこに花を添えたりして決して風化しないものであり、訪れる人は手を合わせます。亡くなった人はここで生きる人が幸せであってほしいときっと願っていると思います。大槌町の判断は絶対に間違っていないと思います。

そんな街に大槌町がなったら行ってみたいと思います。

d0181492_22375467.jpg
d0181492_22380768.jpg

頑張れ金太郎!!応援する元気がいっぱい・・・・東北の復興をはみんなで応援しています。
d0181492_00061022.jpg
d0181492_00055731.jpg
d0181492_21170401.jpg
d0181492_21160437.jpg


by fujitakikaku | 2018-03-18 18:18 | 災害を乗り越える方法 | Trackback | Comments(0)

藤田八束の復興とは@日本大震災から7年、東北は復興したのか、東北は復興に向かっているのか、NHK大河ドラマ西郷どん

震災は日本国中毎年のように起こり、犠牲者も出ていることを先ず私達は知るべきである。震災の大きさで報道は動き、国も動く。それは仕方のないことであるが国民は冷静にその大小ではなく、本当に支援しなければならないこと、人はどうなっているのかということを検証することが重要である。

東日本大震災の復興支援金として32兆円が使われている。このお金はどのように使われ、これから使われようとしているのだろうか。テレビの画面を見て一喜一憂していたのでは復興は出来ない。日本国にあって東京だけが発展し地方が疲弊していくこの時勢、若者たちがいなくなる現実は国の仕組みにあると思います。我が町にも大企業の本社はなくなりました。みんな東京へ移転しました。大企業の納税は法人税として東京に収められることになります。そして、東京は勘違いしてわがまま放題の政治を行っている。東京オリンピックは誰のためにやるのか。全額出視し、東京都でやればいい。地方には地方創生の仕事が重要である。森友学園の問題で与野党は政権争いである。国民の生活、納税者の苦しみを解決しようとする政治家は出てこれないのだろうか。明治維新は若者たちの力で開かれていった。そのために地域の人たちは若者たちに教育をした。勉強をさせたのである。子供を大切にし、優秀な子供たちを育て上げることを日本はしてきた。これが今日の日本の繁栄に繋がっていることを国民は知っておいてほしい。NHK大河ドラマ西郷どんは時を得た素晴らしいドラマだと私は思います。


仙台空港から伊丹空港へ・・・・今日は最高の自然を満喫しました。富士山も最高に綺麗でした。

d0181492_21130812.jpg
阿武隈川の夕日の光景です。
d0181492_21132449.jpg
d0181492_21133991.jpg
冠雪した蔵王連山がとっても綺麗でした。くもの切れ目に美しいお釜が見えましたよ。
d0181492_21135271.jpg
d0181492_21140709.jpg
d0181492_21142003.jpg
こんなにも美しく見えるのもめずらしいと思います。
d0181492_21143350.jpg
d0181492_21145755.jpg
d0181492_21150968.jpg

d0181492_21152461.jpg
猪苗代湖の湖面がキラキラと輝いていましたよ。
見事な富士山です。冠雪した姿は本当に綺麗で清楚な感じがしました。
d0181492_21153628.jpg
d0181492_21155266.jpg
d0181492_21160437.jpg
d0181492_21161849.jpg
富士山アルプスの山々と富士山・・・素晴らしい情景です。
d0181492_21163932.jpg
d0181492_21165301.jpg
d0181492_21170401.jpg
d0181492_21171618.jpg
d0181492_21172981.jpg
夕日の中に大阪城が素晴らしい姿を見せてくれました。全日空での移動からは私に素敵なプレゼントを頂きました。本当にありがとう。素晴らしい日本に感謝しています。




by fujitakikaku | 2018-03-13 07:00 | 災害を乗り越える方法 | Trackback | Comments(0)
東日本大震災から7年・・・32兆円の復興予算はどう使われているのか、真の復興の姿を見たい、石巻

東日本の復興予算は32兆円、私たちの税金は復興に生かされているのか。テレビで流れる映像は7年たっても不幸な人ばかり、日本は元気になれません。復興とは震災前よりもより良くなることではないでしょうか。あらたな地方創生の姿を期待しています。

d0181492_22400018.jpg

d0181492_22402064.jpg
d0181492_22403267.jpg
d0181492_22404649.jpg


d0181492_22411177.jpg

d0181492_22412421.jpg
d0181492_22414211.jpg
d0181492_22415789.jpg
d0181492_22422886.jpg

石巻の日本製紙は元気に復興したようです。その姿は元気そのものです。こうした姿を支援者たちは見たいのです。この日本製紙の姿はカメラで写真に撮ってもとっても感動的です。ここ観光資源にもなりますよ。

d0181492_22424269.jpg

d0181492_22425493.jpg
d0181492_22433526.jpg
d0181492_22434858.jpg
d0181492_22452213.jpg
d0181492_22453649.jpg
夕闇迫る日本製紙、日本製紙の夜景、朝の日本製紙・・・・とっても写真になる光景が有りました。カシオのデジカメでこんなにも綺麗に撮れます。絶好のカメラ情景でした。



by fujitakikaku | 2018-03-12 06:59 | 災害を乗り越える方法 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku