人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:頑張れ気仙沼!!( 90 )

藤田八束の地方創生@震災復興とはもう言わない、強く復興した気仙沼の姿、苦難は人を育て会社を強靭にする、鉄道写真

突然の苦難が襲う、人々は途方に暮れる・・・、そんな時にその苦難を乗り越えるための強い指導者が必ず現れるものだ。三陸の大震災から7年、気仙沼の元気に感動しいます。水産大国日本にとって東北の大震災は強烈にダメージを与えたが、気仙沼は復旧ではなく復興を遂げたと思います。そこに住み、強く生き抜こうとする姿は笑顔となって蘇っているように思います。厳しい難局を乗り越える力、それをこれらの糧にしていく人、結集し立ち向かうものはそれはこれからの発展に大きな財産となっいることを確認しました。私もその中で少しでもお力になればこれほど誇りに思えるものはないです。やっぱり気仙沼は違う、そう実感しました。
阿部長商店グループの皆さんには自信と何事にも立ち向かい乗り越えて行く力強さを感じました。
食の安全、安心・・・大切なことです。素晴らしい恵まれた水産資源に感謝し、漁師の皆様、市場、加工業者、輸送業者そしてそのクラスターを形成する皆さんに確実な幸せのある未来が有ることを確信しました。消費者の皆様もこうした元気な街に注目していただきたいと思います。美味しい食材が見事に復興しています。
国は食の安全をHACCPシステムの制度化で進めようとしていますが、阿部長商店グループではそのシステムを完成させて運営しています。HACCPメンバーの皆さんとの食事会です。いろんな苦難を乗り越えてさらに発展する議論がどんどんされて進んでいます。
HACCPメンバーと時に食事会をします。とっても大切なことだと思います。いろんな提案も出てきます。
d0181492_23364340.jpg
阿部社長様と食事をさせて頂き、これからのことを大いに聞かせて頂きました。少しでもお手伝いが出来ればと思っています。元気な皆様に会えて本当に嬉しです。
d0181492_23370758.jpg
d0181492_23365165.jpg
d0181492_23371744.jpg
もっとチャンスを作り、異業種交流、発展的な地域間交流も必要になってくると思います。阿部長商店グループ社長阿部社長様とも食事をしながらこれからのことについてもお話が出来ました。豊かな水産資源を持つ気仙沼は強くなる要素がいっぱいです。これからは海外との交流も大切になると思います。日本の食文化には世界が注目しています。
d0181492_23504820.jpg
d0181492_23505683.jpg
d0181492_23495736.jpg
HACCPメンバーの皆さんの元気な笑顔が最高です。・・・・
d0181492_23511263.jpg
d0181492_23510566.jpg
気仙沼のフカヒレは世界のブランドです。・・・美味しさは抜群でした。皆さんと一緒に食べると更に美味しさは倍増します。・・・・・

気仙沼プラザホテルにいつもお世話様なっています。女将さん、境支配人には本当に良くしていただいています。ありがとうございます。
d0181492_23292589.jpg
今回は残念なことに女将さんに会えませんでした。境支配人いつもありがとうございます。スタッフの方には感謝しています。いつもありがとうございます。

阿部長商店グループで加工された食品はこれから皆様のもとへと運ばれていきます。お楽しみにしてください。本当に美味しいですよ。
d0181492_23403314.jpg
d0181492_23405174.jpg
d0181492_23404216.jpg
d0181492_23401711.jpg
d0181492_23373482.jpg
d0181492_23400945.jpg
温泉は塩分を含み湯船にいると身体が浮く心地よさです。その後にいただく気仙沼の地酒も美味しいです。最高の気分です。
気仙沼の街は復興しました。観光にも最高のシーズを迎えています。
d0181492_23420205.jpg
d0181492_23360240.jpg
d0181492_23413874.jpg
d0181492_23413146.jpg
d0181492_23415469.jpg
d0181492_23450774.jpg
d0181492_23455671.jpg
d0181492_23382961.jpg
気仙沼プラザホテルです。・・・温泉、食事、快適なお部屋・・・最高のおもてなし、大満足しています。
d0181492_23445667.jpg
阿部長商店グループのますますのご発展を心より願っております。



by fujitakikaku | 2018-06-11 07:00 | 頑張れ気仙沼!! | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@気仙沼の秋、サンマが不漁・カツオが不漁・・・でも野山が元気、元気なサンマとカツオが帰ってくるさ、気仙沼プラザホテル

気仙沼の朝は実に綺麗です。山間から朝日が出ます。その光は気仙沼港一面を照らします。行きかう漁船、フェリー・・・。豊かな海が広がります。いつもこの地形を見ながらなんて素晴らしい地形だろうと感心します。大きな太平洋を前にしながら入り込んだ気仙沼湾は見事なまでの漁港となっている。この地が水産都市として発展した様子が伺えます。大型の漁船が勢ぞろいしていました。(気仙沼プラザホテルロビーから撮影しました。・・・)

d0181492_22202209.jpg
d0181492_22204478.jpg
d0181492_22210175.jpg
d0181492_22211499.jpg
d0181492_22212713.jpg
d0181492_22214656.jpg
気仙沼のカツオ漁は素晴らしい、海とのかかわりを大切にする漁師たちは一本ずつ釣り上げる漁法を作り上げてきました。資源を守るためです。こうした漁師の文化を知るのも本当に大切なことだと思います。市場へ行くといろんなことを教えてくれます。写真にしてもとっても絵になります。下の写真は大島へ向かうフェリーの写真です。
d0181492_22220148.jpg
d0181492_22221429.jpg
d0181492_22223026.jpg
カモメがフェリーを追っかけています。・・・・
d0181492_22224612.jpg
フェリーが大島から帰ってきました。また雰囲気が違います。同じ気仙沼でもこうして変わった素敵な写真が撮れます。
d0181492_22230324.jpg
d0181492_22231415.jpg
気仙沼は水産の街、デモ大切なことはこれは観光資源でもあります。もっともっと知恵を使って個性ある街づくりを期待します。近隣の街との連携も大切です。思い切って全国の都市との連携もいいと思います。水産・酪農・林業と観光で連携してもいいと思います。

by fujitakikaku | 2017-11-25 07:00 | 頑張れ気仙沼!! | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@気仙沼が復興の鍵、復興の模範を示せ気仙沼・・・気仙沼に期待!!世界のブランドになるチャンス、その始まりはサンマの棒寿司

気仙沼に投じられる復興資金、国民の期待はいかばかりか。気仙沼のサンマを棒寿司にする。脂ののりきったサンマは見事な棒寿司となる。さてどんなバイヤーがそれに気づくだろうか。私は興味津々である。
d0181492_21380946.jpg
d0181492_21353547.jpg
d0181492_21384415.jpg
d0181492_23314697.jpg
d0181492_23320072.jpg
d0181492_23322404.jpg
d0181492_23323884.jpg
d0181492_23325407.jpg
d0181492_23330952.jpg
d0181492_23332811.jpg
d0181492_23492114.jpg
秋の鉄道写真も撮っていて実に気持ちか良い。この年寄りになんか嬉しさを与えてくれる。そうだこの列車達はいつ見ても元気いっぱいだ。そして、歳を重ねる毎にその不思議な魅力が出てくる。それは仕事を楽しく、楽しくやっているからだと思います。存在感がどんどん出てくるから不思議です。貫禄がついています。

by fujitakikaku | 2017-11-21 07:01 | 頑張れ気仙沼!! | Trackback | Comments(0)

気仙沼の復興、そしてこれからの繁栄・・・水産都市としての未来像

これからの地域創生は自分の町のことだけ考えていても発展性はないと思います。日本の役割、日本の中の宮城県、宮城県にあっての自らの町の役割を考えるべきです。国から何かをしてもらう町ではなく、何が出来るか、この県の為に、国の為に・・・。そう考えると意外と見えてくるものである。気仙沼の場合、水産都市としての役割があます。しかし、気仙沼だけでは限界かあります。三陸のいくつかの水産が連携を取ることにあります。水産だけでは食生活は満たされません。農業・酪農との連携が必要となります。この背景には流通機構の再構築が有ります。流通機構改革は重要です。全ての利益の配分はここにあるからです。こうして連携することで基幹産業が出来上がります。その産業の在り方自身が観光と結びつきが出来てくることになります。産業とそこに生活する人の姿、自然を相手にするだけに作り方次第では観光資源となっていきます。これまでの歴史を見ると東北はつながっています。歴史が深い、こうした背景から地域経済を作り上げていく目標をもつて経済発展を考えて行けばとっても素晴らしいお洒落な街が出来ていくと思います。膨大な義援金、復興支援金はこのチャンスに利用すべきです。こんなに資金か集まることはもう400年以上はないと思います。知恵者どもの行動が望まれる気仙沼、東北の今日と期待しています。

駅を中心とした都市開発はこれからの発展の可能性を持っています。気仙沼はターミナル駅になりました。駅と官公庁(市役所)等の集合は人の動きを効率的にするのに非常に重要となってきます。個々を便利にするのではなく、街が機能的にならなり生活基盤がしっかりしたところに人々は集まってきます。私たちの学生時代、就職列車が町を離れて行ったのを思い出します。

d0181492_050878.jpg
d0181492_23173669.jpg
d0181492_21542665.jpg
d0181492_23262619.jpg
d0181492_23474084.jpg
春も近いのかもしれません。きっと素晴らしい春に違いないと思っています。


by fujitakikaku | 2017-02-10 06:59 | 頑張れ気仙沼!! | Trackback | Comments(0)
気仙沼の防潮堤、どうする防潮堤・・・・子供の未来をどう考えるのかそれが大切

恐ろしい防潮堤が出来ている。これから気仙沼の海岸線をこの防潮堤で固めるという。素晴らしい計画だ、・・・・?。
大島からのフェリーでこの防潮堤を見るになんだか比較してはいけないのだろうが、網走刑務所の方がまだ人間らしい。この防潮堤で気仙沼を固めるというのは本気なんだろうか。こんなことに私たちの税金が惜しげもなく投入されているのかとか思うと悲しくなります。
ここでやめて、できている部分は仕方がない、この防潮堤をキャンバスにしませんか。世界の芸術者の卵たちに「絵を描いていいいよ、防潮堤」を作ってはどうだろうか。
勿論、面接を厳重に行い、選抜します。防潮堤もキャンバス風にお洒落に修正する。こうなれば防潮堤が変身する。かといってこれ以上は必要ない。
私が市長ならやってみたい。
d0181492_19574683.jpg

d0181492_2133715.jpg
巨大な防潮堤は何を守ろうとしているのか、全く理解できない。
「藤田八束 防潮堤」の画像検索結果

d0181492_23574465.jpg
レンガ造りが印象的な網走駅、網走刑務所も同じでなかなか雰囲気があります。


by fujitakikaku | 2017-01-21 07:00 | 頑張れ気仙沼!! | Trackback | Comments(0)
阪神淡路大震災からの見事な復興・・・文化都市まちづくり西宮市の道のりを検証すべき

大震災からの復興に最も大切なことはどんな街づくりをするかの絵を描くこと。
自力でやり抜く気持ち
決して義援金、国からの支援を頼ろうとしないこと
絶対に補助金にたからないという決意
素敵な街づくりのチャンスと考えること
反対者がいても強引にでも目標に向かうこと
徹底的な話し合いは良しとして、合意するまで待たない決意
こんなところかなあ。
こうして日本でも有数の住みたい街西宮市が出来ました。一度見に来てください。そして、今被災地の皆さんはどうしているのか検証し、一度西宮を見て下さい。

d0181492_23241435.jpg

by fujitakikaku | 2017-01-20 06:59 | 頑張れ気仙沼!! | Trackback | Comments(0)
頑張れ気仙沼、気仙沼が東日本大震災の復興のシンボルになれ!!

港町、気仙沼は大震災から6年を迎えます。現地は懸命な復興が進められています。頑張れ気仙沼!! 大変な状況の中、懸命な復興か進められ少しずつではあるが気仙沼の姿が見えてきたと思います。私は三陸の復興は気仙沼が引っ張っていかないとあり得ないと思っています。賢明な気仙沼の人たちによって見事によみがえる町の姿を想像して期待しています。気仙沼のカツオ「戻りカツオ」は最高です。全国にある戻りカツオはこの気仙沼から運ばれます。私はマグロよりも好きです。最高に美味しいかつお・・・その宝物を大切にしたいものです。
d0181492_22003939.jpg
d0181492_22011816.jpg
d0181492_21013072.jpg
気仙沼プラザホテル境丈明支配人と新年会をさせていただきました。気仙沼の観光について大いに談義し、素晴らしい目標にとっても嬉しい、楽しい時間になりました。ありがとうございす。今年も宜しくお願いします。
d0181492_21015620.jpg
私は戻りカツオと「サンマの棒寿司」が大好きです。特に「サンマの棒寿司」はこれがまた美味しいんですよ。

世界に誇る気仙沼水産業の姿を観光資源にできると思っています。この町の美しさ、恵まれた地形は水産業と観光事業が一体にできる珍しい特徴を持っています。東北本線と三陸を結ぶ鉄道も廃線となりましたが気仙沼は違います。東北本線と大船渡線で気仙沼はターミナルとなりました。ターミナルの意義は大きいと思います。気仙沼の指導者はこの点に気付いているのだろうか。大船渡線は既に名前が良くない。大船渡まで続いていないからです。ここは気仙沼線と改名すべきでしょう。鉄道は観光の重要な宝物となります。これも神様からの隔離物と思います。

d0181492_22013372.jpg
d0181492_22014739.jpg
気仙沼港にはたくさんの漁船が集結します。絶好の漁港とされています。しかも美しい自然に恵まれています。
d0181492_22033687.jpg
d0181492_22035716.jpg
d0181492_22041229.jpg
大島からフェリーが入ってきました。
d0181492_22043849.jpg
d0181492_22045491.jpg
造船所もあります。この光景は気仙沼プラザホテル606号室からの情景です。
d0181492_22051183.jpg
d0181492_22053927.jpg
d0181492_22055674.jpg
美しい入り江に桟橋はあります。ここに港町ブルースの歌碑があったのですが、どうなったでしょうか。森進一さんはここへ来るべきです。そして、気仙沼の人たちに逢うべきです。震災前は森進一さんの声が、港町ブルースが流れていました。それが壊れて悲惨な姿となっています。実に悲しいです。
d0181492_22062885.jpg
d0181492_22064354.jpg
復興は少しずつですが着実に進められて行っています。応援したいです。手前の黒い屋根のハウスはとってもお洒落なレストランです。俳優の渡辺健さんがオーナーと聞きました。そうとは知らずいつもコーヒー頂いていました。とってもお洒落で感じのいいレストランです。

by fujitakikaku | 2017-01-11 06:59 | 頑張れ気仙沼!! | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@夜の一ノ関駅から列車の撮影、翌日の朝気仙沼の夜明けを気仙沼プラザで迎える

気仙沼へ向かいました。仙台から新幹線で一ノ関に向かい、ここで大船渡線に乗ります。ちょうどその列車が出たばっかりですが、こうした状況もなかなかいいものです。一ノ関駅は広く、とても撮影の場所としては良い所です。世界遺産平泉はここから乗り換えて向かいます。一ノ関駅はとっても魅力的な鉄道写真撮影のポイントだと私は思っています。

d0181492_17293896.jpg
d0181492_17295228.jpg
d0181492_17300581.jpg
時間調整でしばらく駅に居ましたら日が沈みまたたく間に暗くなりました。暗くなったらその暗さが違った素敵な情景を見せてくれました。
d0181492_17301906.jpg
d0181492_17303462.jpg
明りの具合がとってもいいと思います。
d0181492_17310117.jpg
d0181492_17312761.jpg
d0181492_17314233.jpg
気仙沼では「気仙沼プラザホテル」で宿泊、朝を迎えました。とっても美しい港が迎えてくれました。感動的です。
d0181492_17552354.jpg
d0181492_17554305.jpg
d0181492_17555497.jpg
d0181492_17561987.jpg
雪が降ってきました。・・・・・・・・・
d0181492_17564117.jpg
d0181492_17565453.jpg
d0181492_17570518.jpg
d0181492_17571868.jpg
雪が降ってきまして、港は一段と素晴らしい光景を見せてくれました。歓迎の雪景色と勝手に思ったりしていい気持になっていました。素晴らしい気仙沼です。

by fujitakikaku | 2016-12-30 07:01 | 頑張れ気仙沼!! | Trackback | Comments(0)
頑張れ気仙沼@気仙沼の街が素敵な街に復興できることを心より祈っています。気仙沼プラザホテルにて


お久し振りの再開でした。6年前の大震災の日、皆さんのおかげで命を助けてもらいました。気仙沼プラザホテルの女将さんと境支配人とうれしい嬉しい再開をさせていただきました。高台にあるこのホテルはとっても素敵なホテルで気仙沼に行ったら、このホテルと決めています。アサヒの美しさ、市場のにぎわい、気仙沼の今を部屋から見ることがてきます。港に入ってくる魚船団、出港していく魚船団、気仙沼の素晴らしい光景を見ることが出来ます。露天風呂に入り、美味しい贅沢な海の幸をいただき、ゆっくりと過ごす人時・・・何とも言えない至福の時をいただけます。夕日も真っ赤に染まります。
d0181492_21082477.jpg
気仙沼の復興を願って旗を持ってみました。三陸の復興には気仙沼の復興がまず必須条件だと言い続けてきました。どんな街にしたいですか。素敵な街づくりをしてほしいとおもっています。
d0181492_21081415.jpg
ホテルの玄関にはこんな素敵な絵があるんです。現象は絵に負けています。もっと素敵な街を作らないと、作れるチャンスだと思います。
d0181492_21080406.jpg
頑張れ気仙沼、三陸復興の先頭に立たないと、気仙沼の名前をさらに世界に広げるチャンスと思います。防潮堤よりもやるべきものがあるのではないでしょうか。負の遺産はいらない、新しい気仙沼の魅力あるまちづくりのチャンスです。期待しています。私たちを使ってください。

by fujitakikaku | 2016-09-08 07:00 | 頑張れ気仙沼!! | Trackback | Comments(0)

気仙沼①



d0181492_21315742.jpg
d0181492_21340309.jpg
d0181492_21342035.jpg
d0181492_21444048.jpg

d0181492_21321048.jpg
d0181492_21322433.jpg
d0181492_21324035.jpg
d0181492_21325584.jpg
d0181492_21330783.jpg
d0181492_21332271.jpg
d0181492_21333634.jpg
d0181492_21334903.jpg
d0181492_21343364.jpg
d0181492_21344856.jpg
d0181492_21350446.jpg
d0181492_21351817.jpg

by fujitakikaku | 2016-09-04 07:00 | 頑張れ気仙沼!! | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku