人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:気仙沼( 8 )

藤田八束の温暖化問題@地球温暖化がもたらす地球最後の日、水産業界に異変魚が獲れないこれ温暖化の影響か・・・気仙沼の朝霧

サンマが不漁だそうです。日本国民がこよなく愛するサンマ、・・・深刻な不漁です。イカも不漁が続いています。大間のマグロが小さいだけでなく獲れなくなってきているという。これ温暖化の影響なんでしょうか。そして、その対策はあるのでしょうか。
私は温暖化が確かに影響があるとは思いますが、すべてではないと思います。大きな影響は鯨が増えすぎたこと、そして、日本の海がきれいになりすぎたこと。この二つが大きな原因だ思います。まずはイカが回復してくれれば連れてそれを餌としている魚たちが復活してきます。また、鯨のえさになっている魚たちも商業捕鯨の再開で回復してくること間違いないと思います。日本人は鯨を食べることを考えるべきです。それは不漁からの脱出の一助になると思います。鯨を食べて水産物の復活を進めましょう。自分の食生活のためにも。クジラ肉は素晴らしい栄養素を備えていることはすでに世界中の研究者見た血が明らかにしています。動物の肉でありながらEPA、DHAが豊富、日本国民はますます健康で元気になります。
d0181492_17094078.jpg
d0181492_17094848.jpg
d0181492_17091567.jpg

d0181492_17081284.jpg
d0181492_17081990.jpg
d0181492_17082791.jpg
d0181492_17083592.jpg
d0181492_17085029.jpg
d0181492_17085988.jpg
d0181492_17090746.jpg
d0181492_17092322.jpg

by fujitakikaku | 2019-08-31 12:58 | 気仙沼 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@気仙沼観光が今注目される、復興間近の気仙沼に注目、気仙沼の底時からを現地に見る、温泉最高気仙沼プラザホテル

気仙沼を訪問しました。気仙沼はさすがです力強く復興し、素晴らしい街に変身していました。この変貌ぶりを是非ご覧になってください。三陸の中でやっぱり気仙沼が一番に復興してきたと私は思っています。
更にもう一歩加速するには鉄道に力を入れるべきです。仙台からの鉄道の復興です。仙台を出て、気仙沼へ向かい、帰りは一の関を通って仙台へ、・・・この鉄道は魅力あるルートを作ると思います。気仙沼の製品を東京や大都市へも考慮できる流通・交通手段ともなります。
お洒落な街づくりか必要で、列車も観光列車と貨物を走らせることが大切です。写真の絶景ポイントが絶対に必要です。そんな意味では今の気仙沼駅は旧鹿折駅に移動させてお洒落にすべきです。そして提案していますように駅を降りたら一望できる花園を作る子です。列車は色がいまいちです。是非お洒落にしてください。
温泉宿は州橋い限りです。私は気仙沼プラザホテルを定宿にしています。最高です。お風呂も良いし、ここでのサンマの棒寿司は絶品です。
境支配人にはいつもお世話様になっています。境支配人も復興に大きく貢献されていて、その活動のお話をいつも伺っています。
d0181492_23292589.jpg
d0181492_23294438.jpg
ホテルからの湾内の絶景は見事なものです。
d0181492_23295923.jpg
d0181492_23301838.jpg
d0181492_23303082.jpg
d0181492_23304195.jpg
d0181492_23331702.jpg
交通手段についてはもっと力を入れるべきです。もったいない。人間を運ぶのではなく、移動の途中を楽しくさせることが大切です。景色も良いのにもったいない。センスが無いと言っても過言ではありません。JR九州を参考にしてください。
d0181492_23334441.jpg
バスはいけません。長時間のバス移動は最悪です。楽しくない。疲れます。鉄道の時代です。


by fujitakikaku | 2018-05-29 07:00 | 気仙沼 | Trackback | Comments(0)

藤田八束の素敵な街、素敵なホテル@気仙沼プラザホテルの美しい朝・・・サンマの棒寿司は最高!!、鉄道と街の繁栄


久し振りの気仙沼です。気仙沼の朝は早く、薄明かりが差すころにはすっかり港は活気づいています。

今日の朝日もとっても綺麗です。

d0181492_22413385.jpg
d0181492_22420193.jpg

行き交う船がそれは朝の元気に火を付けてくれます。大島からの連絡船が気仙沼港に入ってきました。まだ、復興は完全ではありませんが、復興に向かう元気な息遣いが見られました。

d0181492_22423728.jpg
d0181492_22433363.jpg
d0181492_22434801.jpg
d0181492_23402392.jpg


気仙沼では泊まるホテルは決めています。「気仙沼プラザホテル」、そしてサンマの棒寿司は絶対に食べます。これ絶品です。温泉の素晴らしさと美味しい料理は旅の楽しみです。

d0181492_22442938.jpg
d0181492_22444285.jpg
このサンマの棒寿司は最高です。脂がのっていて本当に美味しいお寿司です。必ずいただくことにしています。


by fujitakikaku | 2016-12-12 07:01 | 気仙沼 | Trackback | Comments(0)
気仙沼プラザホテル「海舟」でいただいたサンマのお寿司は日本一、サンマの塩焼きの素敵な美味しさ

気仙沼プラザホテルに「海舟」というレストランがありますが、ここのサンマのお寿司が大好きです。
関西人はこれまたお寿司が大好き、関西人の私がこのサンマのお寿司が本当に美味しいと思います。日本一でしょう。
d0181492_10192157.jpg
d0181492_10193444.jpg
d0181492_10211897.jpg
d0181492_1021364.jpg
d0181492_10225478.jpg

気仙沼の脂の乗ったサンマを使っての棒寿司がこんなに美味しいとは予想だにしていませんでした。
本当に美味しいと思います。最高の美味しさです。

気仙沼プラザホテルの案内はHPで確認してください。素晴らしいホテルですよ。宿泊料もとっても優しいお値段です。最高のおもてなしと料理が待っています。
by fujitakikaku | 2014-12-08 08:19 | 気仙沼 | Trackback | Comments(0)
気仙沼にロマンチックな港町を、復興のチャンスを確実に頑張れ気仙沼!、小野寺大臣気仙沼に喝!!

d0181492_1413117.jpg

先日香港へ参りました。あんなに小さなところにこんな素敵な町ができ、活気にみなぎっていました。こんな町にしよう。はっきりとした街づくりがここ香港にはありました。

<目標をしっかりと持つこと…>
震災に遭い、何もかも失いました。でも考えてみると白いキャンバスがそこにあると考えてみてはどうでしょうか。山を切り開いてそこに町を創るわけではないのですから。
資金は膨大な予算があります。復興の技術は日本だけでなく、世界中にあります。今の中国を見てください。全部異国の技術ですよ。先日澳門(マカオ)へ行きました。美しい町が至る所にできていました。
こんな町が、気仙沼がこんな町になったらいいなあ。そう思いました。前にも幾度もヨーロッパの港町を復興の参考にしよう。そう話をしましたが覚えておられますか。ブログでも何度も書いています。
豊かな水産資源はもはや世界のブランドになる可能性が有ります。香港で頂いた中華料理は気仙沼からのフカヒレ料理でした。
白いキャンバス、豊富な水産資源、たっぷりと用意された復興資金、瓦礫の処理、防潮堤の建設、集合住宅の建設、・・・そんなことに目を向けていたのでは復興のチャンスを逃します。どこよりも早く復興することです。
頭を使い、行動して、周りを動かすことです。学者の集まった有識者会議がどんな復興計画を立てているのでしょうか。そんな集団の研究の材料になってはいけません。戦後最大のチャンスと私は見ています。そんな街づくりが400年後には世界遺産となると思いす。
観光と水産業に素晴らしい街づくりが遺産となります。そんな目標が必要だと思います。私が市長なら、知事なら、そんな目標を立てて復興へと向かいます。

マカオはたくましく街づくりが進められていました。英知の集合です。この作り方は復興におおきな参考になると思います。原発廃炉・・・、それより優先すべきは町づくりですよ。悲しいことを引きずらないことが復興を早くすると思います。世界はどんどん前へと進んでいます。
d0181492_13591619.jpg
d0181492_13593415.jpg
d0181492_13595087.jpg
d0181492_140763.jpg

神を敬う気持ちはとっても大切です。苦しい時は助けてもらえます。でもいつまでも神様の前で泣いていたのではだめです。「千の風になって」という歌がありますが、その歌を聞いてください。亡くなられた方は別の世界で決して不幸な目には合ってないということです。楽しくやっていますよ。だから心配しないでください。と言っています。
by fujitakikaku | 2014-03-16 06:55 | 気仙沼 | Trackback | Comments(0)
ご心配いただいている皆様へ

藤田八束本人にかわり、ブログを更新しています。

このたびの、東北関東大震災発生時、気仙沼にて
被災し、たくさんの方々にご心配をおかけしました。
先ほど、気仙沼から仙台に脱出されたかたから
連絡を受け、父は気仙沼内の避難所にて元気に
しているとのことです。

11日16時ごろ電話をした際は、ちょうど津波第一波
が町を飲みこんでいる時で、「津波は本当に怖い。
気仙沼は壊滅した。たまたま合同庁舎の横にいたから
ここに駆け込んで助かったが、今3階まで水がきている。
怖い。マグロ漁船が今目の前を流されている」

夜11時、こちらでテレビで火災の模様を見ていた時
メールがあったが、火災のことを下手にメールに書いて心配
させてもと思い、「気仙沼の情報は殆どまったく入ってこない。
大丈夫ですか?」と送ったところ、「映像情報を発信
できないくらいに酷いことになっている。」
とのメールを最後に音信がとだえました 。
後でわかったのは、その時津波があったようです。

その後通信が全くできず、一体どこにいるのか、安否は?と
心配していましたが、今朝ご連絡くださた方が。
くとりあえず今無事に過ごしているとのこと。
しばらくは気仙沼にて待機と思います。本人も、お世話に
なっている気仙沼の方々の安否が心配だと思います。

気仙沼に限らず、通信手段がない避難所、被災地
が多いので一刻も早く避難所にいる人々のリストが
公開されればと思います。マスコミの方は、できるだけ
避難所の人々の顔をテレビに映してあげてください。
これはマスコミの方しかできないことですから。
父は幸運にも、このように家族に伝言できましたが、できない
方がたくさんいらっしゃると思います。

お世話になった、被災地気仙沼の方々の安否が大変
気になります。

もし、本人と連絡が取れ、詳細わかりましたら更新します。
by fujitakikaku | 2011-03-14 10:03 | 気仙沼 | Trackback | Comments(0)

気仙沼の9月

気仙沼地域HACCPの審査で気仙沼に参りました。
気仙沼プラザホテルに宿泊。このホテルは、丘の頂にあるとても景観の良いことで有名です。
d0181492_10111083.jpg

ここからの景観のよさが私の楽しみの一つでもあります。
漁港では、沢山の漁船が沢山の魚をとって寄港します。
この時期は秋刀魚、かつおが水揚げされ市場は活気に満ち溢れます。
d0181492_1012401.jpg

このホテルからもその様子がとても良く見ることができます。
また、露天風呂からの朝日は素晴らしいものです。
港は内湾になっていて、島(大島)との間に定期船が通っています。
d0181492_1013644.jpg
d0181492_10131649.jpg

部屋から見るこの定期船の行き来う光景が、一枚の絵葉書のようで私はとても好きです。
d0181492_10171841.jpg

猛暑の夏も、ここ気仙沼では秋の気配がし始めていました。
d0181492_1017107.jpg

港に浮かぶ五十鈴神社は少しですが、葉っぱの色が黄色にいろづき始めていました。
d0181492_1012780.jpg

気仙沼の港をバックに記念撮影。
by fujitakikaku | 2010-10-12 10:21 | 気仙沼 | Trackback | Comments(0)

気仙沼

気仙沼にも出張でよく行きます。
森と海はともだち、をモットーに、自然環境の保全に取り組む町です。
ここの美しい湖をご紹介します。

d0181492_12223924.jpg


静かな湖畔の森の影から、とはこの景色からきたのかと思わせる佇まいです。
by fujitakikaku | 2010-07-09 12:23 | 気仙沼 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku