人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:子供教育・教育方法・教育環境( 14 )

子供は可愛いでもいつまでも子供ではない、子供の成長と親の喜び・・・子供の幸せは親の最高の幸せ

青森空港待合室でのことです。二人のお母さんがお友達とお話をされていました。とっても楽しげでした。「うちの長女どうやら彼氏ができたようで。。。」「お母さんに相談をしたいというのよ」なかなか昨今は子供が親に会話すらも交わすことの少ないという昨今にあってそれはとっても嬉しいことではないでしょうか。ましてや彼氏の話が聞いてくれというのである。私は素知らぬ顔でそのお二人の前のシートに座って聞き耳を立てていました。時々空港のアナウンスが入り聞き取りにくい所がありましたが、どうやらデートをどこでしたか、どんな話をしたやらを話しているようでした。話を聞いているお母さんは「いいわね」「うちの子はそんな話どころか特に会話ですら滅多にないくらいよ」「寂しい限りよ」よっぽどお母さんのこと好きだし、信頼しているんだね。そう言って大いに盛り上がっていました。話はどんどん進んでいましたが、最後にこんな言葉が聞かれました。

「でもね、なんだかんだ言っても今最も自分を大切にしてくれるのは彼氏だし、話を聞いてくれるのも彼氏だというのよ。」「それ聞いてそれはそうだと思ってちょっと寂しくなっちゃった。」そう言ってお母さんは寂しそうでした。親の気持ちも複雑です。子供は幸せになってほしいと思うとなおさらです。


子供は可愛いでもいつまでも子供ではない、子供の成長と親の喜び・・・子供の幸せは親の最高の幸せ_d0181492_22492497.jpg
子供は可愛いでもいつまでも子供ではない、子供の成長と親の喜び・・・子供の幸せは親の最高の幸せ_d0181492_22573130.jpg
子供は可愛いでもいつまでも子供ではない、子供の成長と親の喜び・・・子供の幸せは親の最高の幸せ_d0181492_22573997.jpg
子供は可愛いでもいつまでも子供ではない、子供の成長と親の喜び・・・子供の幸せは親の最高の幸せ_d0181492_22574953.jpg
子供は可愛いでもいつまでも子供ではない、子供の成長と親の喜び・・・子供の幸せは親の最高の幸せ_d0181492_22575823.jpg
子供は可愛いでもいつまでも子供ではない、子供の成長と親の喜び・・・子供の幸せは親の最高の幸せ_d0181492_22580509.jpg
子供は可愛いでもいつまでも子供ではない、子供の成長と親の喜び・・・子供の幸せは親の最高の幸せ_d0181492_22581468.jpg

子供は可愛いでもいつまでも子供ではない、子供の成長と親の喜び・・・子供の幸せは親の最高の幸せ_d0181492_22583021.jpg
子供は可愛いでもいつまでも子供ではない、子供の成長と親の喜び・・・子供の幸せは親の最高の幸せ_d0181492_22583907.jpg
飛行場もけっこう楽しいものです。・・・・・・・・










by fujitakikaku | 2019-12-14 03:25 | 子供教育・教育方法・教育環境 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の食品開発@中小企業におけるヒット食品の開発手法・・・流通を知ること、大手のできない食品造り

生産者はマスコミに出ても良いが、中小企業の加工業者は絶対にマスコミの話題にならないこと。これを基本として私は考えています。生産者は出来るだけ多くの取引業者がいるほど価格は上がる。無いもの欲しさまで行くと更に良い。
加工業者はこれとは逆である。新しいもの、画期的なものは絶対に造らないこと。さほど売れないが利益はある。これをテーマにします。この日本1億人の胃袋があります。
開発目標を1億円と考えて取り組むといいでしょう。1億円しか売れないものを開発します。これが狭い業界でニッチに生き抜く方法です。画期的な商品は大手に真似られてテレビで宣伝、人気俳優を使って攻めてきます。勝つはずがありません。彼らにヒントも与えたくないと思いませんか。
さてこんな商品開発できすか。これが案外簡単なんですよ。
子供達は直ぐに大人になって行きます。子供達は食べ物が大好きです。子供教育と食品開発・・・・
藤田八束の食品開発@ヒット食品の開発手法・・・流通を知ること、大手のできない食品造り_d0181492_20574973.jpg
藤田八束の食品開発@ヒット食品の開発手法・・・流通を知ること、大手のできない食品造り_d0181492_20582442.jpg
子供のころに良質の食品を食べた子供は頭も良いし、身体も丈夫・・・そうではないですか。日本人は何故優秀か、それは子供のころにい良質の食事を摂っているからだと私は考えています。


by fujitakikaku | 2019-06-20 07:43 | 子供教育・教育方法・教育環境 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか

子供達の事件・事故が多すぎるそれも悲惨な事件・事故である。子どもは10年もたてばもう大人だ。大人たちの生き方を学びながら子供は成長していく。子供の成長は親、周りの大人にかかっていると言っても過言ではない。私自身もその例に漏れない一人である。
子供達にこれだけ悲劇が起きるということは私達国民を含めて、国の進める少子化対策をもっと考え直す必要があるように思えてなりません。純粋に子供の幸せを考えて対策を打ってきているだろうか。自分の老後の心配から子供を間違ってみてはならない。子どもの幸せのための政策を考えなければならないと思います。選挙には絶対に行き、子の大切さを国民が考えて、国が実行するようにすべきである。
<元気なこいのぼりを子供たちは大喜びで見ている。それはこいのぼりが可愛いからだろうか。その当時の大人たちが心から子供たちの幸せと子供を授かった喜びをこの形であらわしたからそれが子供たちに通じているからではないだろうか。子供の幸せを考えたその素晴らしい例ではないでしょうか。>
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_15423010.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_15423806.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_15424707.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_15431131.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_15432069.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_15433028.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_15435203.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_15441216.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_15442326.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_15443688.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_15445256.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_19214044.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_19215141.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_19220463.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_19221539.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_19223651.jpg
藤田八束の鉄道写真@大切にしたい子供の命、日本は今子供たちに将来の幸せを用意できるのか、子供たちのためにどんな努力をしているのか_d0181492_00164185.jpg


by fujitakikaku | 2019-05-11 06:48 | 子供教育・教育方法・教育環境 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達

元気な子供たちの、元気な声がこだまする。そんな光景が大都会でもあるんですよ。ここ西宮にはそんな素敵な公園があります。西神祇官公園がここです。そしてそのわきを鉄道が走っています。すこし高くなっていますがこれが又絶景になります。
子供達と鉄道・・・、子供たちは列車に向かって手を振ると汽笛がこだまします。素晴らしい情景を創り出しています。
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_19223651.jpg
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_00162807.jpg
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_19205695.jpg

藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_19212696.jpg
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_19214044.jpg
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_19215141.jpg
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_19220463.jpg
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_19221539.jpg
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_19222533.jpg
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_19225301.jpg
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_00164185.jpg
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_15443688.jpg
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_15432069.jpg
藤田八束の鉄道写真@東海道本線が町中を走る、西宮市の中央を横に走る貨物列車と元気な子供達_d0181492_15440108.jpg
桜が綺麗だった夙川公園には沢山のこいのぼりが泳いでいます。子どもたちの歓声が上がっていました。

by fujitakikaku | 2019-05-10 07:15 | 子供教育・教育方法・教育環境 | Trackback | Comments(0)

子供虐待を考える。どうすれば虐待はなくなるのか、虐待の原因は何か・・・可愛い我が子を虐待する恐怖時代②

子供虐待などが大きな問題となるとそこに調査だとか、専門家の意見とか・・・いろんなことにまたお金をかけていじくり始める。これこそが問題である。ことが起きるたびに専門委員会が設けられ訳の分からない討議がされ、テレビが煽り立てる。そんなことではないとおもいます。今子供たちの周りでどんなことが起っているかということです。

家庭がどんな状態にあるのか、そんな中での子供達の日々の暮らしはどうなっているのか。

私達の子供のころは学校の一クラスの生徒数は50から60名位でした。年に数回の家庭訪問が有り、担任の先生とみんなでクラスの友達の家に行きました。定期的家庭訪問の日でした。先生が家族の人たちとお話をしている時は家の周りでその間みんなで大騒ぎしていました。このことは実に良く覚えています。

先生は子供たちのことを良く知ってくれていました。私の母親が長く病気になった時は幾度も幾度も家に来てお母さんにお話をしたり、お茶を入れてくれていたのを覚えています。学校では「お母さんの具合はどうなの。」そんな言葉をかけて心配してくれました。

そんな先生が4年生になった時移動されることになりました。私たちは先生に行かないで。泣きました。泣いて別れること成りました。先生は「一生懸命勉強して偉い人になってね。」そう言って別れました。この時人の優しさということを知ったと思います。(橋本律子先生には感謝監しています。)

先生は私たち家族だけでなくクラスのみんなに等しく接して下さったと思います。別れのその姿がそんなことを教えてくれました。私たちの家庭の様子までも見守っていただいていました。今にしてみればそんなことでこうした大人になれたのだと思います。学校とは何か、学校教育環境とは何か。を考えさせられます。周りの、近所の人たちにもっとどうしたらいいのかを聞くことが大切ではないでしょうか。理屈より現状把握と理解と愛ある対応が必要であり、そのことの方が予算も少なくて効果的な対応が出来ると思います。余計なことをしないことである。調査してそれを何かのマニュアルにしても絶対にこの問題は減少しないと思います。先生の負担が大きくなるだけです。国民の知恵を借りることである。それは学校単位で実行すればいい。子供は国の宝ものだという意識は国民みな等しく思っています。


by fujitakikaku | 2019-02-17 07:00 | 子供教育・教育方法・教育環境 | Trackback | Comments(0)

子供虐待を考える。どうすれば虐待はなくなるのか、虐待の原因は何か・・・可愛い我が子を虐待する恐怖時代①

子供の命を守るそれあたりまえでしょう。子供の幸せを守る。子供が幸せに暮らせるために、楽しく成長できるように大人の私たちが協力して見守る必要が有りますよね。今回のこの事件(心愛ちゃん虐待事件)はそんなことを考えさせられます。

子供たちが大人になりこの世界で幸せになってくれるように子供たちに平等に教育環境を提供することも非常に大切だと思います。私は74歳です。私たちの子供のころは近所のお父さん、お母ちゃん、おじいちゃん、おばあちゃんも声をかけてくれたのを覚えています。学校へ行くときは「行ってらっしゃい。」帰りには「お帰り」と声をかけてくれたのを覚えています。なんでもない光景かもしれませんが今考えてみると子供たちの成長を近所の人たちが見つめていてくれたのかもしれません。

私が高校の試験に合格すると。「おめでとう、お母さんから聞いたよ。勉強頑張るんだよ。」そう言って笑顔を頂いたものでした。子供たちに対する関心が私達にかけていないかそんなことを考えさせられます。

先日鹿児島に行くのに神戸空港へ参りました。改札の途中で女の子(2歳くらいかな)がお父さんにだっこされていました。私と目が合うと、顔を反らせてしまいました。嫌われてしまったのかな。そう思っていると少しずつ顔を私の方へ戻し私の顔をじっと見つめました。私が小さく手を振って「パパにだっこされていいね。」そう声をかけるとにっこりと笑って答えてくれました。そしていつまでも私をじっと見ていました。お父さんが軽く会釈して一足先に飛行機に搭乗していきました。

この子の表情から、お父さん、お母さんに大切に、そして可愛がられいるとおもいました。とっても嬉しくなりました。子供を見ていると夫婦仲までもが良く分かるような気がします。お父さん、お母さんの夫婦仲が非常に良いこと、これも子供にとっては重要なことです。

夫婦仲から子供の状態を見ることも出来ないでしょうか。とにかく子供たちをみんなで見守り、幸せにしてあげましょうよ。

国は子供が幸せな毎日を送れるように環境の整備をすることに税金の投入を惜しんではいけない。税金の使い方に大きな問題が有り過ぎです。子供は国の宝ものです。


by fujitakikaku | 2019-02-16 07:00 | 子供教育・教育方法・教育環境 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真

貨物列車の写真を掲載しました。近くの公園近くからの写真です。何気なく走る列車にも注目しているといろんな思いが湧いてきます。
貨物列車は荷物を運ぶだけの手段なのか、そうではないように思います。この走る姿芸術品ですよ。カメラに撮るとそれが一段と魅力的に見えてきます。
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10254039.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10260151.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10261449.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10262646.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10263890.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10265097.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10270092.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10271113.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10272649.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10274833.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10281542.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10283623.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10291081.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10294004.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10295219.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10300612.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10301914.jpg

そして、子供たち、頑張っているお母さんの町て見る姿、鉄道とのコラボ街の雰囲気を作っています。何とか安全にもっと街は考えて良いと思います。子供たちのミニバスぐらい考えてもいいと思います。子供は国の宝物です。教育環境も素晴らしい西宮、頑張ってもっともっといい町に出来ると思います。
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10081232.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10082721.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10070190.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10272649.jpg
藤田八束の鉄道写真@元気な子供たちに元気をもらう、子供たちの明日に幸せあれ・・・鉄道写真_d0181492_10292783.jpg


by fujitakikaku | 2018-11-23 07:01 | 子供教育・教育方法・教育環境 | Trackback | Comments(0)

鹿児島へ向かう飛行機の中で、懐かしい鹿児島で過ごした思い出・・・錦江湾に浮かぶ桜島、力強い噴煙

私の大学時代の思い出・・・①教養時代

鹿児島は私の人生の方向性を決めてくれた故郷である。鹿児島大学水産学部で勉強することになった。父はこれからは農芸化学を勉強しておく方が良いと農学部へ行くことを薦めが、日本はやっぱり水産大国・・・。そう思ったのがその道に進んだ理由です。実はそんなかっこ良い決意ではないわれました。持ち帰り読んでみましたなんか少し分かったような気がしてきました。く、親父の言うことは何となく聞きたくなく、と言って・・・というのが選択の理由です。学校に行ってからはさほど授業もさほど面白くなく、ただ物理、数学に異常なほど興味が有ったのは事実です。積極的に授業を受け勉強をしました。工学部の授業も受けたく先生のお宅まで言って授業を受けさせてくださいとお願いをしに行ったことを思い出します。先生は病に喜んで是非受けなさい、学生課に入っておくからと笑顔で受けて頂いたことを覚えています。

だんだんと授業が面白くて来ました。学ぶことでいろんなことが分かり学問はいいものだと思い始めたのもこのころです。この先生は川島先生、その時奥様も応対していただきました。今でもその当時を思い出し感謝しています。

そして、教養時代が終わり、専門へと移行していきました。


宮崎を通って飛行機は鹿児島に入りますが、この時宮崎上空から青島が見えます。ここは海岸線が岩で「鬼の洗濯板」と言われる程重しい所です。

鹿児島へ向かう飛行機の中で、懐かしい鹿児島で過ごした思い出・・・錦江湾に浮かぶ桜島、力強い噴煙_d0181492_17472817.jpg

鹿児島へ向かう飛行機の中で、懐かしい鹿児島で過ごした思い出・・・錦江湾に浮かぶ桜島、力強い噴煙_d0181492_17470158.jpg
鹿児島へ向かう飛行機の中で、懐かしい鹿児島で過ごした思い出・・・錦江湾に浮かぶ桜島、力強い噴煙_d0181492_17471498.jpg
鹿児島へ向かう飛行機の中で、懐かしい鹿児島で過ごした思い出・・・錦江湾に浮かぶ桜島、力強い噴煙_d0181492_17464488.jpg
錦江湾に浮かぶ桜島はなかなか絶景を見せてくれません。雄大な桜島に逢いたい。そそれは私の切ない願いでもあります。
鹿児島へ向かう飛行機の中で、懐かしい鹿児島で過ごした思い出・・・錦江湾に浮かぶ桜島、力強い噴煙_d0181492_17474212.jpg
鹿児島へ向かう飛行機の中で、懐かしい鹿児島で過ごした思い出・・・錦江湾に浮かぶ桜島、力強い噴煙_d0181492_17502577.jpg
この瞬間に噴火してくれたら最高ですが、そうはうまく事は運びません。





by fujitakikaku | 2018-11-19 06:59 | 子供教育・教育方法・教育環境 | Trackback | Comments(0)

人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの

人にはそれぞれ楽しみ方、幸せだと感じるものがあり、それは多種多様でもありその度合いも違う。それは当然だと思います。だから私はどんなことが有っても他人と比較しないことにしています。「あの人幸せそう」と思っても本人はただ楽しそうなふるまいをしていて、実は深刻な問題を抱えているかもしれません。(とはいっても幸せそうだと見えると自分は嬉しくなるのも事実です。特に子供たちが楽しそうだとこんなに嬉しいことはありません。)

日々の生活の中で何かまずいこと、嫌なことが起ったら、今日はちょっと嫌なことが有ったが明日は良いこときっとあると思うことにしています。嫌なことが有ると次にちょっといいことが有ると妙に嬉しさが大きくなるのを感じます。これは平凡な生活より、起伏のある生活が刺激的なのは良いことかもしれません。出張に出かけます。帰って来る途中思い起こすと結構楽しいことが有ったことに嬉しさを感じ、この歳になっても新たな発見が有ることにありがたく思っています。列車を待っていて、その前を思いがけない、予想もしなかった光景が起ると「神様がくれた贈り物」のようにかつてに感じて嬉しがっています。変なおじいちゃんなのかもしれませんが私は幸せ感を感じています。

先日、奥羽線弘前駅と青い森鉄道向井駅で豪華リゾート列車「四季島」が私の前を通って行きました。私にとっては神様からの贈り物のように思えています。

弘前駅での四季島・・・奥羽線

人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_19413121.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_19421692.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_19423340.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_19424853.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_19430391.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_19431834.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_19432982.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_19434458.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_19435658.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_19443830.jpg
筒井駅での四季島・・・東北本線・青い森鉄道

人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_22570518.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_22571701.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_22573135.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_22574210.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_22575754.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_22581382.jpg
人間の幸福度、不幸度の測定方法、自分の幸せ度、不幸度・・・人生は楽しいもの_d0181492_22582632.jpg
こんなことがあるんですよね。



by fujitakikaku | 2018-08-23 11:50 | 子供教育・教育方法・教育環境 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは

新入社員教育で「食品添加物について」話をしました。私も50年近く食品業界で仕事をしています。一貫しているのは食品添加物と食品の安全です。学生時代を思い出しながら、新入社員の皆さんとも楽しく討論も出来ました。
50年前の自分と話を④、議論をしているようにも思えました。不思議な気持ちになっていました。
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_22112359.jpg
貫名康平君、堀内花織さん、宮崎裕人君と一緒に記念写真を撮りました。素晴らしい若者に会えてうれしていです。若者たちの笑顔はこれからの発展を表していると思います。笑顔がとっても素敵な皆さんです。
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_22113885.jpg
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_22115155.jpg
発酵の研究を宮崎裕人君は分かり易く卒論を説明してくれました。
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_22103074.jpg
貫名君は博士号の論文内容を紹介してくれました。遺伝子複製の研究でした。なかなか面白い内容でした。
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_22104411.jpg
堀内花織さんはバクテリオファージを使った細菌検査の方法を紹介してくれました。
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_22110954.jpg
卒論の説明をお聞きし、学問のレベルが数倍にも高くなっていることを痛感しました。若い人たちも大変です。でも優秀な若者たちと話を交わすのはこれは素晴らしいことです。きょういくをうけているようなきがしました。勉強することは楽しいものです。
仙台で可愛い子供たちに会いました。この子供たちを見ていて、これから勉強して立派な若者に絶対なると思いました。新入社員のみにさんとこの子供たちが繋がっているように見えたからです。
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_21242814.jpg
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_21241181.jpg
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_21230683.jpg
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_21231752.jpg
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_21232746.jpg
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_21233892.jpg
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_21234817.jpg
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_21241181.jpg
藤田八束の鉄道写真@新入社員教育で元気をもらう・・・食品の仕事の素晴らしさ、食品添加物とは_d0181492_21242814.jpg





by fujitakikaku | 2018-04-09 07:00 | 子供教育・教育方法・教育環境 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku