人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:紅葉と素敵な日本の秋( 26 )

お洒落さと気品漂う「京都つぶら乃本店」料理茶屋・抹茶カフェが新設開店 京都で大人気のお店③

京都にとっても素敵な京料理のお店が開店しました。あまりにも素敵なのでここにご紹介します。京都へ行かれることがありましたら是非お寄りされることをお勧めします。自信を持ってご紹介いたします。
前日②でご紹介したのが立地条件ですが、素敵なここで頂いた料理をご紹介します。


d0181492_23292016.jpg
静かなたたずまいがなんとも素敵でございます、。この素晴らしい場所にしてこの雰囲気は最高でございます。
d0181492_21262210.jpg
d0181492_21212248.jpg
まるで国宝の日本画と間違いそうです。
d0181492_23345651.jpg
d0181492_23350843.jpg
d0181492_23293822.jpg
d0181492_23295628.jpg
京都料理とはこれを言うですね。見てもなかなかいいものです。食べてはなるほどこんな美味しさがあるんだと感動しました。
d0181492_23301184.jpg
d0181492_23305970.jpg
d0181492_23311564.jpg
このお茶漬けが何と志向が凝らされていることでしょうか。昆布にお茶がまぶされていました。これをご飯の上に乗せ、お茶を掛けて頂いて頂きました。お茶と昆布の香りと美味しさが見事にハーモニーを作り上げていました。これは誠美味しい。素晴らしいと思います。今でもこの美味しさの余韻が残っているくらいです。
d0181492_23312857.jpg
d0181492_23313968.jpg
d0181492_23303056.jpg
d0181492_21195646.jpg
d0181492_20545624.jpg
d0181492_20374827.jpg
お店の周りは京都の雰囲気が最高です。お食事後、更に散策です。素敵な京都散策がまた出来ました。紅葉の頃に絶対に来たいと思っています。
d0181492_20372027.jpg


とってもお洒落で、美味しさは勿論最高です。特に女性に人気のお店です。
場所は清水寺の門前です。とっても便利な分かり易いところです。周りも京都を代表するお店、京都の遺産が沢沢山あります。とっても面白い場所でもあります。京都の雰囲気が最高の場所でもあります。
by fujitakikaku | 2015-11-14 07:00 | 紅葉と素敵な日本の秋 | Trackback | Comments(0)
古都京都圓光寺の日本庭園美しさにびっくり、徳川家康縁のお寺京都・圓光寺

京都圓光寺の旅・・・・③
圓光寺の開基は徳川家康だそうです。多くの学僧、絵師、そして文化を育てたと伝えられています。
引き続き、お庭の美しさをご覧ください。
竹林の紅葉
d0181492_16164573.jpg
d0181492_16165969.jpg

釣鐘と紅葉がこんなにまで美しい光景を創り上げていました。
d0181492_1623619.jpg
d0181492_16232378.jpg
d0181492_16234081.jpg
d0181492_16235626.jpg
d0181492_16241360.jpg
d0181492_16243012.jpg
d0181492_16244999.jpg


d0181492_16251154.jpg
d0181492_16253184.jpg
d0181492_16255332.jpg

可愛いすぎますこのお地蔵さんは・・・。
d0181492_16264998.jpg
d0181492_1627730.jpg

開基徳川家康公のお墓だそうです。
d0181492_16273186.jpg
d0181492_16275656.jpg
d0181492_16282788.jpg
d0181492_16284798.jpg

d0181492_1629778.jpg
d0181492_16292440.jpg

ここにも京都の歴史が作り上げた素晴らしい遺産がありました。私たちは賢者達からそれを今頂いています。作った人、守る人・・・、文化は正しく、丁寧に受け継がれていっていました。当然のように一片の塵さえもありませんでした。
by fujitakikaku | 2015-01-04 10:03 | 紅葉と素敵な日本の秋 | Trackback | Comments(0)
織田信長の歴史探訪胡宮神社の血ちぞめの紅葉(まみじ)真っ赤に染まった紅葉

滋賀県彦根市、JR彦根駅から近江鉄道で30分、そこから一寸ありますが紅葉のとっても綺麗な神社があります。胡宮神社を参拝しました。鎌倉時代においては、天台宗敏満寺の鎮護の神として栄え、48伽藍120坊の規模があり、浅井長政・織田信長との戦い後には焼き討ちにあって衰退したが、1638年徳川家光により造営され復興を遂げたと伝えられています。その当時の力の強さを知ることが出来ます。織田信長の野望の前にこの勢力はどうしても取り除いておく必要を感じていたと思います。浅井長政にとっては強い味方であったと聞いています。
d0181492_14141416.jpg

d0181492_14151392.jpg
d0181492_14154199.jpg

浅井長政が織田信長に敗れるとこの神社は焼打ちにあってしまいます。どうしても天下統一に向う信長にとって脅威となっていたのでしょう。凄く大きな力をもっていたようです。
d0181492_1416185.jpg
d0181492_14162347.jpg

d0181492_14164490.jpg

ここの参道の紅葉はその豪華さと美しさで非常に有名です。しかもこの参道の紅葉は人の手が届くところまで低く枝が沿っています。これがまた綺麗なんです。完全に手が届きます。
d0181492_14163976.jpg
d0181492_14165655.jpg
d0181492_1417168.jpg
d0181492_14173570.jpg
d0181492_1418075.jpg
d0181492_14183646.jpg
d0181492_14185752.jpg
d0181492_14191871.jpg

長い参道を覆い尽くす紅葉はまるで極楽浄土を思われます。見事なまでの美しさは感動です。赤色が強いのが特長です。
さて、更に続きます。・・・・・・
by fujitakikaku | 2014-12-26 08:42 | 紅葉と素敵な日本の秋 | Trackback | Comments(0)
ひなの里「山陽館」若旦那石田貴洋様堀志穂様ありがとう、伝統的焼き物の里「小鹿田の里」を訪ねる旅

伝統的焼き物の里「小鹿田の里」・・・④
d0181492_22491229.jpg

ひなの里「山陽館」若旦那石田貴洋様と堀志穂様から楽しい故郷の魅力をお聞きし、小鹿田(おんた)の里へまいりました。とっても素晴らしいところでした。
d0181492_22422084.jpg

小袋焼窯元の息子さんです。かわいいでしょう。ここ小鹿田の里には10軒の窯元がありますが、長男だけが後を継げる、一人だけがその後を継げるという約束が交わされているそうです。いずれはこの子が後を継ぐのでしょうか。時代は新しく変わっていきます。大いに勉強して新しい時代を作り上げていってほしいものです。
d0181492_22425982.jpg

伝統は確実に受け継がれていっています。しかも新しい風を入れながら。
d0181492_2233582.jpg
d0181492_22332629.jpg
d0181492_22334878.jpg
d0181492_22341084.jpg
d0181492_22343554.jpg
d0181492_22345559.jpg
d0181492_22351373.jpg
d0181492_22353660.jpg
d0181492_2235547.jpg
d0181492_22361542.jpg
d0181492_22363986.jpg
d0181492_22365949.jpg
d0181492_22372018.jpg

記念館には素晴らしい作品が並んでいました。同じ「小鹿田焼」なのに窯元によって全く違った輝きがありました。もっとゆっくりと時間をかけてみてみたいものです。
d0181492_2238369.jpg
d0181492_22383012.jpg
d0181492_22385018.jpg
d0181492_2239835.jpg
d0181492_22393140.jpg

ひなの里『山陽館』若旦那石田貴洋様、堀志穂様のお蔭でこんなに楽しく、充実した故郷探訪の旅が出来ました。三陸の復興にぜひこの生き方を参考にできればと思って感謝いたしております。自分の人生にとってもこれからの生き方を考える上で参考になる素晴らしい旅が出来ました。ありがとうございました。感謝いたしております。
by fujitakikaku | 2014-12-25 08:30 | 紅葉と素敵な日本の秋 | Trackback | Comments(0)
軍師黒田官兵衛・黒田長政が残した福岡城を訪ねて・・・・秋の博多の旅 秋の黒田城

黒田官兵衛の長男、黒田長政が治めたこの地福岡、ここにはその全盛期を語る福岡城(黒田城)があります。天守閣はありませんが、残された石垣はその歴史を物語ってくれました。
その時代にスリップしながら、当時の若者たちが平和な日本を統治するために命を懸けたその当時を思い浮かべていました。
d0181492_14141763.jpg
d0181492_14151419.jpg
d0181492_14153127.jpg
d0181492_14155346.jpg
d0181492_14161388.jpg
d0181492_14163863.jpg

明治維新の改革で沢山のお城が焼かれましたが、いまにしたらこの素晴らしい財産が残されていたら、・・・そう思うと残念で仕方がありません。これも平和のためであったのかもしれません。今城跡は運動公園になっています。
d0181492_14171450.jpg
d0181492_14173411.jpg
d0181492_14175355.jpg
d0181492_14181011.jpg
d0181492_14204491.jpg
d0181492_1421878.jpg
d0181492_14212595.jpg
d0181492_14214628.jpg


d0181492_14185186.jpg
d0181492_14191662.jpg
d0181492_14193948.jpg
d0181492_14195934.jpg
d0181492_14202525.jpg
d0181492_1422999.jpg

堅牢に組まれた石垣にはまさに昔を語る不思議さを感じます。そして、美しい木々は四季折々の美しさを見せてくれるようです。桜の木も沢山ありました。きっと桜の頃には博多の多くの人で大賑わいとなると思います。その宴の様子が浮かんできました。
d0181492_1422455.jpg
d0181492_14231063.jpg
d0181492_14233997.jpg
d0181492_1424491.jpg
d0181492_14251777.jpg

お城を見て、又帰りに振り返ってみると、昔の人達は私たちに貴重なものを遺産として残してくれました。これが今では貴重な観光資源になっているという事実を実感します。ならば私たちは後世に何が残せるのでしょうか。それは考えなけれはならない命題だと思います。
d0181492_14171450.jpg
d0181492_14173411.jpg
d0181492_14175355.jpg
d0181492_14181011.jpg

日本の歴史はまつりとともに世界的に脚光を帯びる予感がします。地方創生はわがまちの歴史の見直しも重要だと思います。
by fujitakikaku | 2014-12-16 09:46 | 紅葉と素敵な日本の秋 | Trackback | Comments(0)
驚愕!!當麻寺西南院の素晴らしい紅葉と庭園、奈良の秋素晴らしい美しさに逢う旅
当麻寺西南院・・・・④
d0181492_21574093.jpg
d0181492_2158056.jpg
d0181492_21581945.jpg
d0181492_21583749.jpg
d0181492_21585454.jpg
d0181492_21591299.jpg
d0181492_21593517.jpg

中庭の美しさに感動・・・・・
見事な庭園を五重塔と美しい真っ赤な紅葉が演出します。
d0181492_220294.jpg
d0181492_2201776.jpg
d0181492_2203032.jpg
d0181492_2204748.jpg
d0181492_221724.jpg
d0181492_2212475.jpg
d0181492_2214486.jpg
d0181492_222344.jpg
d0181492_2222760.jpg
d0181492_2225281.jpg
d0181492_2232214.jpg
d0181492_223424.jpg

門前町には昔からの伝統工芸品、食品の数々が並んで今とした。これを見て歩くのも良いものです。
d0181492_2243612.jpg
d0181492_225220.jpg
d0181492_2252216.jpg
d0181492_2254612.jpg
d0181492_22655.jpg
d0181492_2262646.jpg
d0181492_2264728.jpg

奈良の神社仏閣はおスケールがとにかく大きく、そこに置かれた仏像は最高傑作のものが普通の様に置かれています。仏像の好きな人には絶対にお勧めのところです。

当麻寺は今回でご紹介は終わりますが、来年の春にはもう一度絶対に行ってみようと思います。ここの桜とボタンは楽しみです。それまでにもっとこの寺院の歴史を勉強しておこうと思います。
by fujitakikaku | 2014-12-15 08:43 | 紅葉と素敵な日本の秋 | Trackback | Comments(0)
奈良件葛西市當麻寺中之坊を訪問 奈良文化に触れる

當麻寺は本当に広大な広さを誇ります。この境内にまたいくつかの寺院があります。その中の一つ中之坊です。
d0181492_2149533.jpg
d0181492_21501185.jpg
d0181492_215031100.jpg
d0181492_21505295.jpg
d0181492_21511269.jpg
d0181492_21512836.jpg
d0181492_2152659.jpg
d0181492_21522514.jpg
d0181492_21524241.jpg
d0181492_21522422.jpg
d0181492_21524513.jpg

中之坊の中庭です。沢山の観光のお客様が庭を見ながらお茶を楽しんでおられました。これも見事なお庭に真っ赤なもみじがとっても綺麗な秋を作り上げていました。
d0181492_21531057.jpg
d0181492_21532721.jpg
d0181492_21534641.jpg
d0181492_2154453.jpg
d0181492_21542946.jpg
d0181492_21545016.jpg
d0181492_21551570.jpg
d0181492_21554039.jpg

国宝の五重塔が印象的で、中庭の池に映し出されている様子はこれが奈良文化なんだと、感動致しました。
by fujitakikaku | 2014-12-14 00:36 | 紅葉と素敵な日本の秋 | Trackback | Comments(0)
日本の紅葉を楽しみました。
ここは奈良県葛城市當麻
當麻寺をさらに入っていくと階段があり、そこには浄土の世界がありました。素晴らしい庭園は浄土庭園です。引き続きご紹介します。
庭園内はとっても広く、一つ一つのつくりがとっても素晴らしく、いろんな角度から表情が変わるのにびっくりしました。
桜の季節もとってもいいと聞いています。ぼたんも有名なところです。
d0181492_21282441.jpg
d0181492_21284852.jpg
d0181492_2129573.jpg
d0181492_2129302.jpg

d0181492_21324745.jpg
d0181492_2133148.jpg

d0181492_21422067.jpg
d0181492_21423829.jpg
d0181492_21425949.jpg
d0181492_2143323.jpg
d0181492_2143593.jpg
d0181492_21441798.jpg
d0181492_21443851.jpg
d0181492_21445560.jpg
d0181492_21451085.jpg
d0181492_2145386.jpg
d0181492_21455736.jpg
d0181492_21461513.jpg
d0181492_21462935.jpg
d0181492_2146441.jpg

奈良も京都と同じく神社仏閣が多く、同じように思われますが、全く情緒が違います。どちらも素晴らしいのですが、違った良さがそれぞれにあります。奈良の仏像はこれはすごいものがあります。仏像を楽しみたいときは絶対に奈良に一度は行かれることをお勧めいたします。国宝級の素晴らしい仏像がたくさんあります。ここ當麻寺にもありましたよ。それは実に素晴らしいものでした。
by fujitakikaku | 2014-12-14 00:25 | 紅葉と素敵な日本の秋 | Trackback | Comments(0)
晩秋奈良の旅、奈良當麻寺の秋お寺とそして紅葉、日本一の紅葉を求めて藤田八束、當麻寺西南院の庭園の紅葉

奈良の旅・・・・①

今年の秋はちょっと忙しすぎました。
先ずは奈良に参りました。ここは
當麻寺西南院を目指します。このお寺には極楽浄土の庭園があると聞いていました。機会があればと思っておりました。
大阪から近鉄電車に乗ってとことこと難波から1時間です。案外近いところにありました。そこには美しい秋の極楽浄土がありましたよ。

d0181492_21144041.jpg
d0181492_2116518.jpg
門前町もとってもお洒落でほっこりしていました。天気にも恵まれ日本晴れの素晴らしい日でした。
d0181492_2117243.jpg
街並みの紅葉も本当に綺麗です。
d0181492_21171753.jpg
d0181492_21173314.jpg
d0181492_21174712.jpg
d0181492_2118422.jpg
門の両脇には仁王様がにらみを利かせます。悪霊を払ってもらえるそうです。む
d0181492_21182672.jpg
d0181492_2119861.jpg

中の境内はとっても広く、沢山の信者様が参拝をされていました。
d0181492_2119387.jpg
ここかしこに丁寧な説明書が掲示され、とっても分かりやすかったのが嬉しいです。

d0181492_21195630.jpg

案内図が掲示されていました。非常に分かり易ところにあります。
d0181492_23244774.jpg
これは案内図ですが、同じものがHPにも掲載されています。

d0181492_21221860.jpg


d0181492_21202292.jpg
d0181492_21204055.jpg

d0181492_212138.jpg

d0181492_21223244.jpg

d0181492_21255740.jpg
境内の中にはいくつもの院がありました。なかなか素晴らしいものです。手入れも行き届いていて、綺麗です。見ごたえ十分です。和尚さんが説明をしていました。
d0181492_21261966.jpg
d0181492_21264220.jpg
d0181492_21271191.jpg
d0181492_21273134.jpg
d0181492_21275098.jpg
ここからが素晴らしい極楽浄土の世界です。
d0181492_21282441.jpg
d0181492_21284852.jpg
d0181492_2129573.jpg
d0181492_2129302.jpg
続きます。・・・・・・

by fujitakikaku | 2014-12-13 18:21 | 紅葉と素敵な日本の秋 | Trackback | Comments(0)
日田の旅
大分県日田市・・・・・とっても素晴らしいまちです。この小さな町が何故天領として発展したのか、その理由が知りたい、その一心です。
咸宜園を訪問し、広瀬淡窓先生のお話を聞くことが出来ました。
そして、それに感動していましたら、ひなの里「山陽館」若旦那石田貴洋様から河崎継之助先生の紹介を受けました。時は幕末に戻ります。その先生と司馬遼太郎先生の「峠」をご紹介いただき。読み入っています。少しずつ、私の知りたいことが分かりかけてまいりました。これはふるさと創生・地方創生に絶対に役に立つと見ました。若旦那様ありがとうございます。
そして、豪華リゾート列車「ななつ星」の絶景ポイントへのご招待、
小鹿田(おんた)の里はこんな世界が有るのだ、ということに気付かさせていただきました。被災地に伝えたいと思います。日本をもっと丁寧に見ると、その豊かさへのサクセスストーリーに会うことが出来ます。でも、そこには必ずその土地の賢者たちの血の出るような努力と研鑽の後を見ることが出来ます。幾多の困難も災いも乗り越えています。そして、その準備もして生活が営まれていました。

d0181492_2385547.jpg

d0181492_2342535.jpg

若旦那石田貴洋様、堀志保様から迎えていただきました。又、素敵な笑顔に逢えて本当に嬉しいです。
d0181492_2392066.jpg

豪華リゾート列車「ななつ星」にここで逢えるとは、神様に感謝いたします。
若旦那様ありがとう。
d0181492_004778.jpg
鉄橋を渡る「ななつ星」の素敵な姿です。

d0181492_013573.jpg
日田駅を離れ、湯布院へと向かいます。きれいな列車でした。
d0181492_02127.jpg

小鹿田焼き物の里・・・・・こんなに素晴らしい里が有ることにびっくりしました。たった10軒のまちです。この誇り高き文化の香りはいったいどこから生まれたのでしょうか。興味はますます募ります。・・・・また来なくてはいけません。
d0181492_031231.jpg
d0181492_03337.jpg
素敵すぎます。
生きていることの喜びをかみしめ、3年前の3.11の気仙沼での被災を思い出していました。気仙沼の皆様に助けられたことは、絶対に忘れません。
いろんな人生、このまちの人たちの生き方は気仙沼復興にも参考になると思います。チャンスが有ればお話ししたいと思います。

これらの詳細は後日連載するつもりです。期待してください。

by fujitakikaku | 2014-12-10 10:37 | 紅葉と素敵な日本の秋 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku