人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:日本の若者を育てる( 161 )

丸山穂高衆議院員の進退について、若者達には勉強と経験が重要、でも酒癖の悪いのは最悪・・・ベストな方法を考える

若い内の失敗は大いに結構、そう言いたいところではあるがこの失敗はいけない。酒癖の悪い人で成功した人を私は知らない。酒の上だからとよく言われるがそれはだめ、国際社会では全く通用しない。今の日本でもそうだ。丸山議員はお酒類を一切口にしないことを決めることです。酒癖の悪い人をたくさん知っているが酒を飲むと人が変わったようになる人が多い。相手を不愉快にすることが多く、お酒の席が楽しくなくなる。
丸山議員は今後一切お酒に手をつけないことである。そう決意すること。そして、どうしても議員になりたいのなら、市会議員からやってみて実績を積むこと。勉強をすること、経験を一つづつ積み上げていくことである。そうすればまだ若い、頭もよさそうだし真の勉強をしてみることだ。北海道の知事、沖縄の知事くらいを目標に頑張ってみてはどうか。目標を置いて頑張れるならば決して不可能ではないかもしれない。若者は失敗を自分の成長の肥やしに出来るかにかかっている。この目標に向かい乗り越え始めたら強い政治家になる可能性が有る。ここは早く身を引いて頑張ってみてはどうか。
d0181492_23112467.jpg
d0181492_23065533.jpg
d0181492_21042483.jpg
d0181492_21021666.jpg
東京だけが活躍の場所ではない。国民の生活を豊かにしたいと思うなら地方政治の方も面白いと思いますよ。愛される議員になることだ。「地方創生」は誰も出来ていない。このテーマは最も私たちが期待しているものです。

by fujitakikaku | 2019-06-02 06:45 | 日本の若者を育てる | Trackback | Comments(0)
はやぶさ2 リュウグウ着陸成功地球から3.4億キロはなれた小惑星リュウグウに着陸・・・日本の技術は人類にどう影響をつくりだすのか期待したい

偉大な成功だと思います。関係者の皆様おめでとうございます。こうした素晴らしい技術は世界平和への貢献をしていくと思います。又、綿たちには元気を頂きます。改めて小惑星が何なのか、この3.4億キロとはどんな距離なのか、・・・こんな新しいことをこの年になって知ることの喜びを感じています。考えることで元気を得ています。若者たちはこうした先輩たちがいることが目標になると思います。
大きな目標をもって、それを達成するための努力をする。その間の教えを多くの人にこう。これが幸せへの道だと思います。目標と努力。これは本当に幸せになりたかったら怠ってはいけない。努力研鑽なくして目標は達せられず結果として幸せは極めて薄いと断言する。今回のこのはやぶさ2の成功は多くのことを若者に教えてくれたと思います。

by fujitakikaku | 2019-02-24 06:59 | 日本の若者を育てる | Trackback | Comments(0)

HACCP制度化にもとづく導入の方法・・・製造部門での利益の改善に寄与できるHACCPの活用方法⑦

仕事の責任の範囲を明確にすることが大切です。特に研修生を使う場合はそのことが重要になります。外国ではしなければならない仕事だけを明確にします。例えば加工中に手洗いをしながら切り身を作る場合。汚れた水の交換は自分で判断して交換しなさい。これでは通用しません。具体的に時間を決めて実施します。その研修生に教育し日本人と同じレベルで仕事が出来るようにします。隣の人の手伝いをする。これは絶対にやってはいけないことになっています。作業マニュアルと厳守事項さえ理解してもらえれば素晴らしい作業者に変身します。日本人と同じ対応が出来るようになります。この対応もHACCP導入で実行が可能です。

勿論日本人の教育・訓練も出来ます。折角の導入です。利益の向上に利用することが重要です。

製造部門の目標を設定します。製造マニュアルの厳守、そのうえで作業標準の改善を進めます。原価計算の徹底です。この原価計算の方法を間違うと大変なことになります。固定費と変動費の明確な区分です。固定費の改善を工場長以下が強く認識できることです。パートの女性が多い食品工場はこの管理は非常に重要です。時間単位で給料が支払われますので、ゆるされる時間で仕事は進みます。こんな中での改善はまず無理です。そこで標準作業手順を作り一人当たりの生産性を数値化します。この中身を改善することを目標にします。数値化してその改善により評価して報奨金を出します。この報奨金は相撲でいえば金星の制度と同じようにいったん改善したら継続していくことを約束します。工場長は原価低減を常に頭に入れて管理が出来るようにします。

(有限会社フジタ企画 代表取締役・水産学博士 藤田八束)

d0181492_19425382.jpg
d0181492_19423498.jpg
d0181492_19421639.jpg
d0181492_19394578.jpg
d0181492_18185763.jpg
d0181492_18182674.jpg




by fujitakikaku | 2019-02-11 07:00 | 日本の若者を育てる | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@東北本線岩切駅にて・・・日本の若者に平等にチャンスを、勉強のチャンスを平等に与える必要性

スポーツ界での若者たちの活躍は本当に素晴らしい。何故にこんなにも活躍する若者が多く輩出されるようになったのだろうか。もちろん本人の努力は素晴らしいと思います。そして考えるのが指導者、育成するその環境だと思います。
このことを考えるにつれ、素材は申し分ない、その道で活躍できる教育環境を整えれば若者は育つということではないだろうか。子供を大人にする時間は短い、実に短い。あっという間である。目先のことを考えずこの日本の子供たちに平等に教育をし、環境を整えて指導する。代議士たちを育てようとすればその手法も同じと思います。教育、育成環境を整え、子供たちに平等に教育、そのチャンスを与えることにあると思います。日本の若者たちは実に素晴らしい素地を持っている。

仙台の港は厳しい冬の様相をしていました。大きな波が海岸に白波を立てていました。とっても素晴らしい、綺麗な情景を見せてくれました。
d0181492_19445841.jpg
d0181492_19451572.jpg
d0181492_19452960.jpg
d0181492_19454372.jpg
d0181492_19460880.jpg
東北本線岩切駅からの写真です。上を新幹線が通っています。
d0181492_19463515.jpg
d0181492_19464726.jpg
沢山の荷物を積んで貨物列車金太郎が通り過ぎて行きます。とっても素晴らしい光景です。


by fujitakikaku | 2019-01-31 07:00 | 日本の若者を育てる | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@日本の若者たちは素晴らしい、スポーツ界で大活躍する若者達

最近の若者たちは何を考えているかよく分からない、元気がない・・等言われますが私はとっても若者たちが元気だと思います。大相撲初場所の玉鷲関は見事な優勝である。玉鷲関は34歳だよ、決して若くないというかもしれないが私は若いと思う。まだ34歳です。又、大坂なおみさんは世界一位ですよ。フギャスケートも、卓球も、大リーグでの大谷選手の活躍・・・などなど若者たちは世界を相手に元気いっぱいです。
こうした若者たちは国民に元気をプレゼントし、ドンナ薬よりも元気になれる。この貢献に国は答えて欲しい、賞金を授与したりどんどんして欲しい。がんばる若者たち支援して欲しい。税金が無駄な所に行かないように野党は目を光らせて欲しい。そして、こうした若者たちの支援に努力をして欲しいものです。政治家の若者たちもスポーツ界を大いに見習い勉強して挑戦して欲しいものです。
d0181492_22171029.jpg
d0181492_08214033.jpg
d0181492_22164146.jpg
d0181492_11523498.jpg
d0181492_11524637.jpg
d0181492_11505529.jpg
d0181492_11405223.jpg
d0181492_23521014.jpg

by fujitakikaku | 2019-01-29 06:59 | 日本の若者を育てる | Trackback | Comments(0)
稀勢の里引退、白鵬の相撲に見る相撲道とは・・モンゴルの力士たちの努力に敬意、日馬富士関には申し訳ない

力士の怪我とは恐ろしいものである。私も相撲が大好きで大阪場所にも幾度と足を運んだ。印象にあるのは相撲人気が廃れていたころ朝青龍関が一人で頑張っていたころを思い出す。二人の力士が土俵上でぶっつかり合うと汗が飛び散りその光景は凄まじかった。最近力士で怪我でなかなかうまくいかななっくなった関取がいる。北の富士関が解説の中で「出て来てはいけない、怪我を直さないとだめ。これが致命的となる。」そう言ったのは今回の横綱稀勢の里、そして遠藤関である。案の定である。
今日の白鵬と北勝富士の相撲は勝負は北勝富士の圧勝である。しかし、つま先一つで逆転、相撲に対する執念が白鵬を勝利に導いた。相撲に対する姿勢は白鵬はじめモンゴルの力士には感心させられる。親方が真剣に教育し、日本での力士としての生き方を教え、それを真摯に受け入れて努力をしているのがよく見て取れます。日本の人たちもモンゴルの力士たちに学ぶところがあると思います。相撲道はモンゴル出身の力士に確実に生かされているように思います。稀勢の里関はもう少し早くに引退すべきだったと思います。引き際は大切です。これまでの経験を今度は指導者として生かして欲しいと思います。期待しています。
d0181492_20234793.jpg
d0181492_2023149.jpg

d0181492_23365663.jpg
d0181492_20254465.jpg
d0181492_20562239.jpg
d0181492_20554169.jpg
一線から退くと意外といろんなことに気付きます。庭に咲いている花を見て菊の花綺麗に咲いたね。そう言ったら家内が「いつもと同じよ。」変わったのは私がサラリーマン生活をやめたことでした。人間生活の仕方で見るものが違ってくるのです。人生は楽しいものです。楽しいはずです。
d0181492_23295029.jpg
d0181492_23395992.jpg
稀勢の里関も決心して肩の荷が下りたと思う。自分で頑張って道を開くのも良いものですが、若者を育て若者たちの成長を楽しみに出来る人生はそれは何倍も楽しいものです。稀勢の里関の指導者としての力量を楽しみにしています。稀勢の里席に笑顔が戻る日も近いと私は思っています。本当にお疲れさまでした。


by fujitakikaku | 2019-01-17 07:00 | 日本の若者を育てる | Trackback | Comments(0)
深刻化する日韓問題の解決の糸口探し、日本韓国でこの問題解決できるのか・・・喜んでいるのは北朝鮮と中国くらいだ、お互いに賢くなりませんか

一国を代表する指導者は大変です。国民の意見を一致させることは到底無理な話、そうすると妥協点をどう求めていくかである。自分の立場を通そうと思えば当然角が立つ、認めていたのでは自国にとって不利となる。そこで対策としては相手の立場に立ってみることが大切だ。安倍総理は韓国大統領だったらどうするか、文大統領は自分が安倍総理だったらどんな態度で韓国に申し立てるか、そんなことも大切だと思います。そうするとお互いの苦しい所が分かります。しかし、両国民は経済的にも協力し合って発展したい気持ちは共通すること。そこに妥協する良策が見えてくると思います。同盟国同士であるところに解決の糸口はきっとあるはずです。

私は駅のプラットホームでよくこんな光景を見てニンマリとしています。鉄の塊がいつしか生き物になっているような気がします。なんでも、みんな幸せでありたいと思うのは当たり前だと思います。目標は幸せに暮らしたい。そのために何が自分に出来るのか。考えて実行する。こんなことが基本かもしれません。
d0181492_23481244.jpg
d0181492_23474808.jpg
d0181492_23462552.jpg
d0181492_23120767.jpg

d0181492_23131547.jpg
d0181492_23114912.jpg
d0181492_23115801.jpg
d0181492_19092451.jpg


by fujitakikaku | 2019-01-14 06:59 | 日本の若者を育てる | Trackback | Comments(0)
若き日の悩み・苦悩有りました、そして74歳になりました。若者たちにちょっと一言・・・若者に伝えておきたい考えを書いてみました?

勉強だけが脳ではない、人生じゃない。そう多くの人が言います。そんなこと言っている人に限って結構勉強しています。学歴も高いものです。ただ言えることは良く面接のときに志望の動機などが聞かれます。自分が期待していること、やりたいことを意見として述べる人が多くいますが、案外受ける方はその内容は期待していません。
答えから言えば「何でもいいです。」「どんな仕事でも頑張ります。」こう言ってくれる若者を必要としています。
会社に入ったらとにかく仕事を選ぶの電話はなく、頂いた仕事を一生懸命にやってみることです。仕事の多くは実につまらない、面白くないものばかりです。ところが仕事は魔物です。やってのけると嬉しいものです。これが自信となり、楽しくなっていきます。仕事が人を育ててくれます。仕事がうまくいくようになると給料も少しずつ上がってきます。・・・・仕事が面白くない。会社がつまらない。それは分かる己の努力が足らないからとまず考えてみること。会社が駄目な会社であっても一生懸命に取り組んだことでその会社で得たものは絶対にあり、それはほかの会社に移ってもきっと役に立つことは間違いありません。
与えられたものを先ずやってのける努力をすること。頑張って欲しい。これが私からの皆さんへの期待の一言です。

北海道の元気度と鉄道事業との関係にはもっと経済活性に大きく関係してきていると思うだけに力を注いでほしいと思います。街づくりに力が書けていると思います。素晴らしい素質があるのに生かされていない。北海道がもっと元気になって欲しいと思っています。歴史をもっともっと勉強した行動力のある若者と強い指導者が欲しいものてす。札幌駅を見ていると発展性がどうなっているかの一つの指標にも思えます。
d0181492_23543329.jpg
d0181492_23545144.jpg
d0181492_23554751.jpg
d0181492_23553006.jpg
d0181492_23545990.jpg
かっての札幌駅は・・・・
d0181492_23562907.jpg
d0181492_23564478.jpg
d0181492_23570915.jpg
d0181492_23573302.jpg
d0181492_23481244.jpg
d0181492_23490634.jpg
d0181492_23491541.jpg
d0181492_23500465.jpg
d0181492_23472231.jpg
d0181492_23465754.jpg
d0181492_23473937.jpg
新幹線と在来線、共存は必須条件です。・・・・そう思います。札幌の交通網は本当に重要です。


by fujitakikaku | 2019-01-09 07:02 | 日本の若者を育てる | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@地方経済の発展性を考える・・・自分のこれからを考える、若者のこれからの生き方、鹿児島の路面電車

経済中心の社会の中で私たちは生活をしている。従って最低限の収入源がないとと生活が出来ないし、楽しく個人生活を送ることも困難である。「学歴だけが幸せを生む物ではない、健康第一だ・・」・そうはいってもやっぱりこの発展し続ける世の中で確固たる生活を得るにはそれだけの知識を持ていかなけれならない。
私には学歴が無いし・・という心配はさほど必要ではない。大切なことは物事に真剣に向かう真摯な態度だと思います。期待されないほど入社してからはいい仕事にはありつけない。デモ考え方次第である。その仕事はやってのけるのにあまり困難なものではない。難しくない仕事でも確実にやりこなせていくことが上司に信用をもらえることになる。なまじっか難しい仕事から入るよりその方が良いと思う。後は仕事に取り組む毎にいろんなことをおぼえていく。仕事内容が多岐に渡るとその時は知識もなく大変ではあるが、多くのことを広く知るチャンスと思えばいい。私は研究職で入社したので、専門的研究に取り組んでいった。これを続けているといつしか、その道のことしかわからない研究者になって行く。学校の研究はそれでいいが、企業の研究所はそうはいかない、世の中の要求によって求められる分野が違ってくるからです。物事は与えられた仕事を嫌な顔しないでいろんな仕事に取り組む姿勢である。そんな気持ちで一生懸命取り組んでいくことである。それがこの先重要な意味を持つことになります。
与えられた仕事を笑顔で受けること。そして、一生懸命に仕事に向き合うこと。力が付くと仕事は必ず面白くなるものです。
d0181492_12034060.jpg
d0181492_23324088.jpg
鹿児島に行くとボンタンアメというキャラメルがあります。これが大好きでいつも鹿児島へ行ったら買います。ザボンの香りが美味しいキャラメルです。オブラートに包まれているので包装紙ごと食べることが出来ます。これが画期的、昔からこの形です。どなたが開発したんでしょうか。素晴らしい。その発想と実現性に買う度に感動しています。
d0181492_23330335.jpg
d0181492_23343931.jpg
鹿児島と言えばこのボンタンアメと西郷隆盛が頭に浮かびます。

d0181492_11443150.jpg
d0181492_11445527.jpg
d0181492_11450891.jpg
d0181492_11452044.jpg
d0181492_11453430.jpg
d0181492_11454805.jpg
d0181492_11460451.jpg
d0181492_11461945.jpg
d0181492_11475701.jpg
鹿児島大学時代は沢山の先輩に専門書を譲ってもらったり、いろんな知識を教えてもらいました。優秀で優しい先輩たちがいっぱいでした。


by fujitakikaku | 2019-01-03 07:00 | 日本の若者を育てる | Trackback | Comments(0)
大阪都構想は大阪に必要なのか、大阪維新の会の勝負はどんな結果となるのか・・・持っ大きく変わって欲しい

国の仕組みを変える、そのきっかけに大阪維新の会の挑戦はなって欲しい。地方政治と中央政治があまりにも力が違い過ぎる。本来であれば地方から積極的にこうすべきだと国民の意見を上げていくのが政治だと思いますが、どうもすべてが受け身のように感じる。中央で決まったことを地方は行政としてつつがなくやっていく。これは平和で豊かな時代ならいいが今の時勢にはどうも合ってあっていないように思います。国の仕組みが良くないとどんなに頑張ってもなかなか個々は幸せになり難いと思います。それが明治維新だったと思います。私たち高齢者がどうのこうのではなく、若い人たちが自分たちのために政治に関心を持ち過去の歴史を良く勉強して参加する社会が見たいと思います。大阪だけでなく、空港の有効活用を考えると近畿圏都構想があっていいと思います。近畿圏が一つの県となって考えると面白いと思います。神戸空港は外国からのお客様の受け入り口としては非常に良い立地条件にあります。24時間の空港が出るのではないでしょうか。文化の程度も高く、かって豊臣の時代から江戸時代もこの地にあったのですから。
d0181492_21105104.jpg
d0181492_21111060.jpg
d0181492_21112480.jpg
d0181492_21113978.jpg
d0181492_21115339.jpg
d0181492_20030796.jpg
d0181492_19484235.jpg
人間は特に日本人は崖っぷちに立たないと力を発揮できない人種なんだろうか。いや、そうしたチャンスがないだけだと思う。明治維新は何故起こったのだろうか。それは崖っぷちだったのかもしれない。

by fujitakikaku | 2018-12-26 07:00 | 日本の若者を育てる | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku