人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:日本の観光事業( 67 )

藤田八束の星座の思い出@夏の夜空に天の川、仙台七夕まつりで賑わう仙台の街、

私は郷愁の育ちです。幼いころ夏の夜空が大好きでした。空には沢山の星がキラキラと輝いていたのを思い出します。そうです、天の川がありました。今大阪の夜空を見ても天の川が全く見えません。昔の夜空は天の川があり、その天の川に隆盛が頻繁に走りました。それが新野前でした。どこにいても見えました。夏の夜空はこんなにも綺麗なんだと幼心に思っていました。
今はそんな夜空どこに行ったら会えるのでしょうか。知っておられる方いらっしゃいましたら是非教えてください。行って見たいと思います。七夕祭りと言えば竹を切って来て、その竹に願い事を書いた短冊を結びました。そして、家に飾り、そしてその後で、川に流して願い事が叶いますようにとお祈りをしたものでした。そんな日のことを思い出していました。

仙台の七夕祭りは有名ですが、その七夕まつりを見ることが出来ました。なんといってもこの七夕飾りがとんでもないスケールで街を埋め尽くします。良く見るとそこにはたくさんの人の願い事が書かれていました。


d0181492_08561373.jpg
d0181492_08573459.jpg
d0181492_08575043.jpg
d0181492_08575802.jpg
d0181492_08580708.jpg
d0181492_08581646.jpg
d0181492_08582570.jpg
子供達の嬉しそうな姿はいつの時代も同じように思います。見ていると自分と同じように思えてきました。
d0181492_08583450.jpg
d0181492_08584379.jpg
d0181492_08590132.jpg
d0181492_08591177.jpg
d0181492_08592084.jpg
東北は素晴らしいこけし人形がたくさんあります。その人形にはその国の歴史が刻まれています。いろんな歴史があり、東北の魅力の一つにもなっています。
d0181492_08593854.jpg
d0181492_08594876.jpg
年々この七夕飾りも豪華で素晴らしいものになっているように思います。仙台の人たちの知恵と心意気が込められているように感じます。素晴らしい「静」のおまつりです。関西は灘のけんか祭りのように「動」の祭りが多い所です。
日本のお祭りを幾つかに分類して「まちづくり」の一つにしてもいいかもしませんね。


by fujitakikaku | 2019-08-22 11:22 | 日本の観光事業 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@猛暑お見舞い申し上げます。猛暑の原因と経済への影響、農作物への影響そして水産資源への影響を懸念

日本には素敵な四季がある。春夏秋冬と・・・・。春か来ると花が咲き、夏が来ると海と戯れ、秋には実りの季節になる。冬になるとスキーをしたり鍋物でお腹を満足させ楽しみ等々・・・四季折々にあり、四季の変化を楽しめるのが日本である。ところがどうでしょうか、今は四季に合わせてそれぞれの災害の準備をしなければならないようになってきました。このお盆大型の台風がやってくるという。お盆休みを楽しみにしているのに台風が心配だ。それも超大型という。台風の恐ろしさを嫌だけ味わってきた私には心配でならない。平和に過ごせることが普通となっていた今日、改めて自然と人間、日本人との関係を知りたくなります。
近くに小さな小川がありす。そう言えば白鷺が良く飛んできていたが最近はめっきりと減っている。川に魚がいなくなったからではないだろうか。そう言えば魚の姿も少ない。川が汚くなったからだろうか、川の流れを見ているととんでもなく綺麗だ。澄み切った川の流れは素晴らしい、とっても涼しげである。瀬戸内海はかって魚介類の宝庫でした。ところが最近はめっきりと魚介類が減ってしまった。獲れなくなったのである。漁業資源の枯渇です。それだけ温暖化が進み水温が上昇したこと、海が環境汚染物質によって汚されて行っていることが原因とする学者先生たちが多い。果たしてそうなんだろうか。かって水産資源が豊かだったころの地域住民の生活と環境を比較してみると良い。温暖化だけで説明できない重要な事があるように思います。それは人間中心の環境改善が進んでいったことではないでしょうか。瀬戸内海がきれいになりすぎ生物たちの餌が少なくなってしまったのではないだろうか。
北海道の漁獲量の激減もそうしたことと関係が無いかと考えてています。その土地に住む先住の人たちに今や生き方を学ぶ必要かあるように思います。今アイヌの人たちにその生き方について学ぶことがたくさんあるように思います。又、瀬戸内の漁師さんたちに教えてもらうべきことがあるように思います。本当の豊かな自然、海とはどんなことをいうのかを教えてもらう必要があると思います。
d0181492_21172985.jpg
d0181492_21173960.jpg
d0181492_21174842.jpg
d0181492_21175730.jpg
d0181492_21181603.jpg
貨物列車の需要はトラック輸送によって激減した。しかし、どうでしょうか、私たちの生活環境を考えるとこの貨物列車は今後観光資源としても利用できるし、少ない人数で大量の物資が運べ、エコな流通方法でもあります。もっと見直して国民が評価するようになるとこの日本の環境も変わると思います。線路は日本全国を結んでいます。
d0181492_21182549.jpg
d0181492_21183462.jpg
d0181492_21184444.jpg
d0181492_21185693.jpg
d0181492_21190631.jpg
d0181492_21191524.jpg
d0181492_21192423.jpg
d0181492_21193394.jpg
d0181492_21194229.jpg
d0181492_21195303.jpg
d0181492_21200307.jpg
d0181492_21201205.jpg
貨物列車は正確に大量の荷物を輸送するのに適しています。これだけのものを一人の運転手さんで運びます。これからの人手不足の時代にも適していると思います。貨物列車とトラックがしっかりと連携すると素晴らしいシステムが出来ると思います。船もいいですね。それが街づくりになり美しい町ができ、観光の町にもなると思います。




by fujitakikaku | 2019-08-13 06:54 | 日本の観光事業 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@京都駅での鉄道写真、いろんな列車が貨物列車が・・・大賑わいの京都駅、京都は海外からのお客様で異国みたい

京都は海外のお客様に大人気です。あまりにもお客様が多く、このところ京都はご無沙汰していました。せめて京都駅の様子だけでもと思いましてまいりましたら結構楽しかったですよ。駅は本当に広く、沢山の列車が行き交っていました。

途中、吹田駅付近で太郎に逢いました。佐川便の専用貨物ではないでしょうか。随分と沢山のコンテナをひっぱっていました。
d0181492_20582052.jpg
d0181492_20582958.jpg
スーパーはくとが鳥取の倉吉から帰ってきました。
d0181492_20583853.jpg
d0181492_20584654.jpg
貨物列車レッドサンダーは琵琶湖(湖西線)を回って福井へと向かいます。そして、青森へ・・・・。近い内に青森へ行く予定です。会える日を楽しみにしています。また違った雰囲気になります。
d0181492_20585509.jpg
d0181492_20590438.jpg
d0181492_20591377.jpg
d0181492_20592161.jpg
d0181492_20593080.jpg
レッドサンダーの燃えるような赤いボディが好きです。青森でも逢える日を楽しみにしています。
d0181492_20593830.jpg
d0181492_20595530.jpg
d0181492_21001265.jpg
貨物列車太郎も琵琶湖を回りますがレッドサンダーとは逆の東海道本線を走り、名古屋・東京へと向かいます。
d0181492_21003000.jpg
d0181492_21003967.jpg
d0181492_21004824.jpg
d0181492_21005824.jpg
d0181492_21010852.jpg
d0181492_21011698.jpg
d0181492_21012599.jpg
d0181492_21013522.jpg
d0181492_21014474.jpg
d0181492_21015256.jpg
近鉄電車も乗り入れています。とっても快適な電車で京都と三重を繋ぎます。伊勢志摩へは個々から出馬つです。
d0181492_21020030.jpg
近鉄特急もここから出ていて、伊勢志摩へ直行で行くことが出来ます。近鉄の電車はとってもお洒落で乗り心地は最高。風光明媚な所を快走します。勿論、伊勢神宮へも連れて行ってくれす。

d0181492_21020833.jpg

関西空港から沢山のお客様を乗せて京都へと特急はるかが帰ってきました。キティちゃんのラッピングが可愛い大人気の列車です。
d0181492_21021715.jpg

d0181492_21022681.jpg

d0181492_21023524.jpg


d0181492_21031358.jpg

d0181492_21033445.jpg

d0181492_21034413.jpg



by fujitakikaku | 2019-06-11 06:17 | 日本の観光事業 | Trackback | Comments(0)
大阪維新の会に期待、日本経済の活性化は大阪にある・・・東京一極集中は大阪の力の無さが原因

大阪には立派なお城がある。そして、その歴史がある。豊臣秀吉はこの地から日本を統治した。それを考えると今の大阪はどうしたんだろう。全ての政治が東京で、大阪には何一つない。そして、有力な企業はどんどん東京に移り、大阪にはほとんどいなくなった。それは優秀な代議士が出てないことにも関連してくる。
優秀な代議士を大阪は育てないとだめだ。そして、憲法を改正して今の東京一極の政治を変えないといけない。
それを私は大阪維新の会に期待したい。大阪が良くなれば地方も良くなる。つまり真の地方創生へとつながっていくのである。北海道に新しい知事が誕生した。r鈴木直道知事(38歳)、この若い知事にも期待しています。北海道観光と鉄道は絶対に大切にしたい、それは北海道活性化のキーでもある。

by fujitakikaku | 2019-04-23 23:59 | 日本の観光事業 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の楽し過ぎるバス、鹿児島発宮崎行きのバスのボディが面白い、神々の故郷への旅に興味津々

これは素晴らしい、このバスの描かれたデザイン画にびっくりするやら。大和大国誕生、・・神話の国へお迎えする観光バスでしょうか。とっても可愛く素敵だと思います。あまりにも素晴らしいので写真に撮りましたよ。
d0181492_22061023.jpg
d0181492_22062358.jpg
d0181492_22064553.jpg
d0181492_22070791.jpg
d0181492_22071945.jpg
d0181492_22073192.jpg
d0181492_22074589.jpg
鹿児島中央から宮崎へと出発していきました。楽しそうでした。このデザイン最高です。素晴らしいと思います。






by fujitakikaku | 2019-02-13 07:01 | 日本の観光事業 | Trackback | Comments(0)
観光事業の発展と鉄道事業の拡大は大きな関係がある。新幹線と観光事業の関係を考える

観光大国を日本は確立しようとしている。このことは間違っていないと思います。日本人の生き方、それを創り出す教育環境。物事に対して徹底的に取り組む姿勢、・・・等々、この小さな日本がいつの時代も世界を相手に決して負けていない。他国からしたらこの国がどんなにして生まれたのか、そしてどのようにして高い生活レベルを維持しているのか。生活を中心に見てみたいと思うのはこれ賢い人なら共通する願望だと思います。このことが他国に無い観光資源だと思います。又、日本国民にとって知りたいことは何故この地から偉人が沢山輩出されるのかそれを知ろうとするのもその地にある特性と言える。これが観光資源になることに注目して欲しい。
大学、学校はそれも表す一つと思います。観光とは何か今一度考え直して欲しい。そこに地方創生があると思います。ふるさと納税はやらない方が良い。もっと大きなところから、世界を見て自分たちのこの町がどんな位置で何を目標とするかを決めることが重要と思います。私が政治家だったらということでしばらく気ままに書いてみたいと思います。

d0181492_00391.jpg
d0181492_23535021.jpg
d0181492_23522133.jpg
d0181492_002351.jpg
d0181492_23461636.jpg
d0181492_2346414.jpg
観光事業で大切なことは「もう一度行って見たいと感じ、もう一度来てくれる町づくり」です。北海道はこの点が欠けている。一方、日本にはリピーターになる観光資源がたくさんある。だから沢山の観光客が日本に来るようになった。北海道はもっと研究すべきである。

お出来るだけ多くの人が幸せを感じる、生きていることの喜びを感じる街づくりが地方創生だと思います。

by fujitakikaku | 2019-01-15 07:00 | 日本の観光事業 | Trackback | Comments(0)


藤田八束の鉄道写真@路面電車も良いものです。街の雰囲気を最高にさせる路面電車

今絶好調の町には必ず路面電車がある。私の考えでは自動車を全部地下を走らせ、路面電車と観光バスだけを地上を走らせたらいいと思います。街の景観は路面電車が創ります。路面電車に乗ると地元の人たちの会話か楽しい。なかなか良いものです。そして、交通渋滞がない。
函館、広島、岡山、長崎、熊本、高知、松山・・・・どこをとっても最高です。街が輝いている。神戸は路面電車が無い。これは最悪である。神戸こそが路面電車が欲しい町ではないだろうか。
d0181492_19163295.jpg
d0181492_19150873.jpg
d0181492_19170953.jpg
d0181492_08292458.jpg
d0181492_08285259.jpg
d0181492_08264789.jpg
d0181492_18195902.jpg


d0181492_12094494.jpg
d0181492_17053513.jpg
d0181492_17041151.jpg
d0181492_17062292.jpg
d0181492_17051413.jpg
d0181492_23561602.jpg
d0181492_23563402.jpg
d0181492_23575647.jpg
d0181492_00500998.jpg
d0181492_00511442.jpg

by fujitakikaku | 2019-01-12 06:58 | 日本の観光事業 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の地方創生@大好きな北海道、お世話になった北海道、そんな北海道が元気になって欲しい、北海道地方創生は日本を救う

北海道を他の地区と比較した場合、大きく欠けているところがある。それは歴史の深さである。ところが北海道には素晴らしい歴史がたくさんあるのである。
北海道文化がどのような歴史を持っているのか、それがどのように生かされてきたのかをもっと知ることが出来ると北海道の見方が変わってくると思います。観光に行ってもまた面白い面が出てくると思います。今北海道に行こうとしている人に聞くと観光に行く理由は下記のようなものが上がってくる。
・行ったことが無い所だから
・大自然に触れたい。
・美味しいものがたくさんあるから。北海道を食べつくしたい。
こんな声を聞きます。そして、帰ってきた人に「北海道にまた行きますか?」とお聞きすると殆どの人が「一度行ったし・・・・」。つまりリピートしようとする人がいないのが問題です。北海道で学び生活をした私には他の多くの都市にも負けない文化がたくさんあることを知っています。そんな中でアイヌ人の文化は私は実に素晴らしい文化だと思います。今の日本に、日本人がたいせつにしていものが形として伝えられている文化があります。世界文化遺産となった知床半島がアイヌの人たちによって守られ世界遺産へとつながったことはあまり日本人は知らないのかもしれない。学校教育に北海道の歴史が出てこないのも問題である。北海道は大いに勉強して地方創生を事業化して欲しいものである。歴史は魅力ある観光資源です。

標津町近くに養老牛温泉があります。ここの湯宿「だいいち」が素晴らしい・・・・私の中では三本の指に入る魅力的な温泉宿です。

d0181492_14081256.jpg
d0181492_14081969.jpg
d0181492_14080397.jpg
d0181492_14075007.jpg
d0181492_14082825.jpg
d0181492_14083966.jpg
川に面した露天風呂は最高です。夜になるとシマフクロウがやってきます。子の神秘的な世界…こんな世界が他にあるでしょうか。アイヌの人たちとシマフクロウの世界、自然を大切にするアイヌ文化に触れることが出来ます。
d0181492_14084730.jpg
d0181492_14072271.jpg
後輩の長谷川君とアイヌの文化について大いに語り合いました。学ぶことが本当にたくさんあります。標津町には別にポー川遺跡がありこの文化も大いにアイヌの人たちの生き方を勉強できる古墳群ともなっています。
d0181492_14073183.jpg
d0181492_14085639.jpg
何と、シマフクロウに会えるんですよ。夢のような世界です。その神秘的な姿には圧倒されます。
d0181492_14091420.jpg
d0181492_14090577.jpg
d0181492_14092194.jpg
d0181492_14092910.jpg
素朴に咲く可憐な花は北海道の歴史を優しく語り掛けてくれます。その土地の歴史を知る、・・・それは素晴らしい最大の魅力です。これからはこれが観光重になって行
きます。
d0181492_00094064.jpg
d0181492_00095118.jpg
d0181492_00100493.jpg
d0181492_00101554.jpg
d0181492_00103133.jpg
d0181492_00104236.jpg
d0181492_00105313.jpg
d0181492_00110788.jpg
d0181492_00112185.jpg
d0181492_00113490.jpg
d0181492_00115405.jpg
d0181492_00120782.jpg
d0181492_00123342.jpg
d0181492_00124763.jpg
北海道は素晴らしいものを持っている。北海道を一つの国と考えてみるとその良さが分かってくる。とにかくアイヌの文化は大切に勉強したいものです。
d0181492_21583488.jpg
私の腕の横に沢山の動物たちがいます。これみんな北海道の木彫りの動物たちです。長男の藤田博之がパワーリフティング世界大会で世界チャンピョンになったときに撮った写真です。



by fujitakikaku | 2019-01-11 07:01 | 日本の観光事業 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の水族館訪問@水族館は子供たちに大人気、かごしま水族館のクラゲの美しい姿に感動・・・クラゲは海の妖精だ

今子供たちに大人気な場所があります。その一つが水族館です。水族館には勿論沢山の海の動物たちがいますが、そんな中でインスタ映えするのはこれだと思います。クラゲさん達です。とにかく海の妖精という感じがします。じっと見ていると不思議なくらいにセクシーです。
かごしま水族館のクラゲさんたちの写真です。
d0181492_11410211.jpg
d0181492_11412664.jpg
d0181492_11414227.jpg
d0181492_11415458.jpg
d0181492_11421774.jpg
d0181492_11423142.jpg
他にも勿論沢山の珍しいお魚さんたちがいっぱいです。とっても素晴らしい水族館です。
d0181492_11434173.jpg
d0181492_11425649.jpg
d0181492_11424388.jpg
熱帯の怪魚が美しい姿で泳いでいました。アマゾンの森林の中にいるような感覚がしました。
d0181492_11441903.jpg
かごしま水族館はとっても便利な所にあります。鹿児島中央駅前からループバスに乗ればその前まで連れて行ってくれます。素晴らしい施設で次回のチャンスにも行って見たいと思います。




by fujitakikaku | 2019-01-07 07:01 | 日本の観光事業 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@九州のリゾート列車はこれからの日本の観光事業のお手本となる、鉄道と地方文化を大切にする観光事業、鉄道写真「ななつ星」

私は鉄道写真を撮る時必ずそこの駅舎のことを調べる。いつ何のためにこの駅舎が出来たのだろうか、そして町の繁栄にどんなかかわり方をしてきたかを見てきました。
駅舎は街の発展に大いに貢献してきました。人の移動だけでなく物資の移動にも大きくかかわってきました。更にこの鉄道を見ているとこの形の美しさに魅了されます。日本の技術の粋がここに集約されているようです。特に九州の鉄道は素晴らしい。その土地の人たちがそれらの素晴らしい列車達に敬意を表し、心から迎えている場面を幾つも見てきた。そこには鉄道が自分たちを豊かにしてくれたことに対する敬意が伺えるのです。北海道も産業の衰退とともに鉄道が縮小されていった。そして、疲弊していく一方である。これではいけない、衰退する基本をもっと活用して本当に北海道に鉄道はいらないのか、間違っていないかを考えて対応して欲しいものである。

九州の人たちは列車を心から歓迎してくれる。そんな光景が駅舎だけでなく、沿線でも見られる。この手を振る姿は沿線のどこででも見られる光景なのです。
d0181492_20372615.jpg
・・・・「隼人の風」が人吉からやってきました。・・・・
d0181492_20422892.jpg
d0181492_20373634.jpg
d0181492_20374689.jpg
d0181492_20375663.jpg
豪華リゾート列車「ななつ星」を日豊本線「隼人駅」で歓迎する光景を見ることが出来ました。
d0181492_20553882.jpg

d0181492_20383623.jpg
d0181492_20384594.jpg
d0181492_20385474.jpg
d0181492_20390351.jpg
d0181492_20391264.jpg
d0181492_20392190.jpg
d0181492_20393247.jpg
d0181492_20394236.jpg
d0181492_20400014.jpg
d0181492_20400849.jpg
d0181492_20401809.jpg
d0181492_20403870.jpg
d0181492_20410050.jpg
d0181492_20410923.jpg
d0181492_20411769.jpg
d0181492_20413095.jpg
d0181492_20413820.jpg
d0181492_20415856.jpg
d0181492_20420733.jpg

d0181492_20424780.jpg
d0181492_20425913.jpg
d0181492_20430938.jpg
d0181492_20432266.jpg
d0181492_20433340.jpg
d0181492_20434725.jpg
お客様もいつまでも手を振っておられました。・・・・素晴らしい光景を見せて頂きました。鉄道は素晴らしい魅力を持っていると思います。



by fujitakikaku | 2019-01-04 07:00 | 日本の観光事業 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku