人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:新年を迎えて( 5 )

明けましておめでとうございます。今年も沢山の幸がありますように、努力・研鑽し進みましょう。

今年も明けました。健康に恵まれ、楽しい日の多い一年にしましょう。
明日のことは全く分かりません、何が起こるのか全く分かりません。しかし、過去の自分を振り返ってみることはできます。つまり歴史は勉強し、どんなことがなぜ起こったのか、その苦難はどの様にして克服されていったのかも良く知ることが出来ます。過去のことを良く勉強し、明日に挑戦していきましょう。私達に解決できない問題は絶対にないと思っています。素晴らしい仲間に感謝し、素晴らしい一年にしていきましょう。この一年宜しくお願いします。

札幌から標津へ移動するとき、その時素晴らしい情景に会うことが出来ます。
飛行機になって移動しますがその間40分間のドラマです。そこに広がる絶景は生きていることの素晴らしさ、人生は素晴らしいものだということを神様は私に教えてくれているように思います。
d0181492_23201115.jpg
飛行機は千歳空港を離陸し、帯広の上空へと飛んでいきます。雪景色の中に川の水もが光り輝いていました。そして、冠雪した雌阿寒岳が見えてきました。
d0181492_23202133.jpg
d0181492_23203436.jpg
d0181492_23204376.jpg
d0181492_23205620.jpg
雌阿寒岳を横にして阿寒湖が見えてきました。阿寒湖にはアイヌ文化の遺産が沢山あります。冠雪した阿寒岳に美しい湖は神秘的な美しさがあります。
d0181492_23212001.jpg
d0181492_23214598.jpg
そして、屈斜路湖が見えてきました。美幌峠からの景観は最高だと聞いていますがこの上空からもとっても素晴らしいと思います。
d0181492_23221291.jpg
d0181492_23223466.jpg
そして、摩周湖が現れてきました。神秘的な美しさはさすが北海道です。雪景色の中に広がります。
d0181492_23230201.jpg
d0181492_23233119.jpg
d0181492_23235917.jpg
屈斜路湖、摩周湖が並びました。
d0181492_23241371.jpg
d0181492_23242662.jpg
摩周湖に残された沢山の伝説は私たちのこれからの生き方に大いに役に立つことがあります。アイヌ文化は勉強すべきです。
d0181492_23244032.jpg
d0181492_23190714.jpg
北海道と大自然、雌阿寒岳、阿寒湖、屈斜路湖、そして摩周湖・・・・この絶景は日本一だと思います。空からの魅力に鉄道を結びつけ、アイヌの文化を生かせたら北海道は真の観光地になると私は思っています。橋下徹さん北海道の知事やってください。若い素晴らしい現実性のある未来を描ける指導者が今北海道には必要です。北海道は低迷するところではありません。一国としてもやっていける特性を持っています。
d0181492_235481.jpg
d0181492_23563079.jpg
日本には素晴らしい所がたくさんあります。大いに勉強し参考にすべきです。
d0181492_2355427.jpg
d0181492_2356797.jpg





by fujitakikaku | 2019-01-02 07:00 | 新年を迎えて | Trackback | Comments(0)
謹賀新年、明けましておめでとうごいます。新年が良い年になる予感です。頑張っていきましょう。


明けましておめでとうございのす。今年も良い年になりますようにお互い力を合わせてまいりましょう。
        今年も昨年同様宜しくお願い申し上げます。
                             藤田八束
d0181492_23194887.jpg
富士山はいつも自分を見てくれているような気がします。どんなに悪天候の時もちゃんと雲の上から顔を出していただきます。天気のいい時はもうたまりません。日本の美しさの象徴です。神様は絶対にいらっしゃると思います。

d0181492_23194005.jpg

d0181492_00362283.jpg
d0181492_00363990.jpg
d0181492_00365343.jpg
d0181492_00370527.jpg
d0181492_00372086.jpg

d0181492_00374910.jpg

d0181492_00380108.jpg

d0181492_00381322.jpg

d0181492_00382178.jpg

d0181492_00383299.jpg
大阪の街に見事な初日の出が見られました。今年は更に良い年になりそうです。
d0181492_13534355.jpg

d0181492_20374041.jpg

生きているといろんなことがありますが、結構楽しいことが多いと思います。生きていることは最高の幸せだと思います。自分は一人でないと感じられたら絶対に幸せになれると思います。何事もやってみる、挑戦してみると楽しいものが待っているように思います。
人はみな幸せになるためにこの世に生まれてきたと私は信じています。神様は幸せにしてあげようと思っていらっしゃると思っています。しかし、人は努力することが必要だとも思っています。幸せになりたいと努力する人に幸せが沢山訪れるのだと思い、今年も頑張りたいと思います。宜しくお願い申し上げます。



by fujitakikaku | 2019-01-01 07:00 | 新年を迎えて | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@平成29年度に撮影した思い出の鉄道写真・・・その⑧

平成29年の6月上旬から下旬の写真を見ていました。こうして振り返ってみるのもいい思い出であり、日本の素晴らしさを再発見します。

東北本線・・・・・日本三景、松島付近の写真です。
d0181492_08424246.jpg
d0181492_08415829.jpg
d0181492_08402233.jpg
d0181492_08370948.jpg
ここは日本の線が交差しています。クロスする瞬間をいつかは撮ってみたいと思っています。仙石線と東北本線がクロス。
d0181492_08342511.jpg
d0181492_00325714.jpg
d0181492_00302930.jpg
石巻は復興に向かっています。元気な街になって欲しいと思っています。
d0181492_00294948.jpg
d0181492_20410347.jpg
青森を走る青い森鉄道はとっても癒される素敵な鉄道だと私は思います。大好きです。絶好の写真撮影ポイントがたくさんあります。
d0181492_00141212.jpg

d0181492_00125529.jpg
d0181492_00105849.jpg

d0181492_18404478.jpg
d0181492_00092727.jpg


d0181492_23372966.jpg
大阪城と古墳群の写真です。
d0181492_23380322.jpg
d0181492_15252388.jpg
豪華列車「四季島」にあおもりであいました。千刈小学校前の踏切での写真撮影に成功しました。ここは大好きな写真撮影ポイントです。
d0181492_15184322.jpg
d0181492_15223942.jpg
d0181492_15192501.jpg
d0181492_00210068.jpg
d0181492_14483272.jpg
d0181492_09521087.jpg
我が町、西宮を走りぬける貨物列車「桃太郎」です。
d0181492_09511961.jpg
d0181492_09450662.jpg
d0181492_00230407.jpg
青森市にある千刈小学校からの写真です。
d0181492_00220331.jpg
弘前から貨物列車が入ってきました。(奥羽線・・・)


by fujitakikaku | 2018-01-09 06:59 | 新年を迎えて | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@貴乃花親方の理事解任が決定・・・若者に挫折はつきもの、挫折する若者を神は見捨てない

今日の理事会で貴乃花の理事解任が決定した。若者、これから期待される若者につきものである。貴乃花に伝えるものが有ればここはいったん身を引くのも勉強、世の中なかなか自分の思い通りにはいかないものです。しかし、それが間違っていないこと、実現可能かどうかが問題です。組織が進んでいる方向を変えるのはどんなに優秀な人でもまず無理と考えておく方が良い。でも諦めたら面白くない。男ならここはいったん引いて仲間をつくることである。優秀な若者の塊を組織の中に作ることである。絶対に組織としてその方向に行くことが相撲協会、お相撲さんの生活のため、名誉のためになると思うのならここ一二年、身を引いてもまだまだ若い。良く世の中の仕組みを勉強す目ことである。かならずチャンスがくるとおもいます。神様はそんなに愚か者では絶対なありませんよ。日本を見てくださ。少々失敗してもこんなに繁栄しています。それは神が守っていてくれるからかもしれません。ただし、ただ力で押すだけでは変わりません。そんな甘いものではありませんよ。自分の幸せよりも、協会の幸せがあれば可能性はあると思います。若者が何かに挑戦していることには非常に嬉しく見つめています。


d0181492_2202141.jpg
d0181492_13595087.jpg
d0181492_1722445.jpg
d0181492_1432328.jpg





by fujitakikaku | 2018-01-05 06:59 | 新年を迎えて | Trackback | Comments(0)

戌年、新年を迎えることに感謝して・・・・

今年73歳になります。これまでの過ごしてきた日々を振り返ってみることにしました。そんな中で忘れてはいけない出来事を選んでみました。

満州国で生まれたのが昭和203月(1945年3月4日)、終戦の年である。敗戦のなか両親は着の身着のままで引き揚げてきたと聞いています。今ここにいるのが不思議で両親は必死に私を抱いて日本へ帰って来たのだという。途中子供は預かるという中国人は多かったようです。預けられた子供たちが残留孤児になったと生前父が話していました。でも終戦の中状況は厳しく、そんな厳しい中で帰れたのは中国の人たちのおかげだったと父は言っていました。おじいちゃんが戦前戦中ここで財を成し、中国の人たちにいろんな面倒を見ていたと聞いている。人間出来る時には出来るだけのことをしておく、人に役に立てることほど幸せなことはない。なかなかしようと思ってもできない人が多いものだ。そう父は私によく言っていました。

阪神淡路大震災(1995年1月17日)に見舞われました。一瞬にして家は崩壊、そんな中で家族全員は怪我もなく無事でした。奇跡に近いものでした。多くの方に応援してもらい復興が出来ました。仕事も続けることが出来ました。支援してくれた親戚の方、仲間たち、会社関係の人たちに感謝しています。今住む西宮市は見事に復興することが出来、子供達も独立し。家族が出来ました。みんながお互いに係りながら幸せに暮らせるのだと感謝の限りであります。

東日本大震災(2011年3月11日)を仕事先の気仙沼で遭遇、生死の間を彷徨いましたが気仙沼の皆様に助けて頂きました。阪神淡路での経験はあましたが大地震の後に津波が襲うとは考えもしませんでした。奇跡的に助かったのも仕事の途中だったからだと思います。一緒に手をひっぱってもらい避難した合同庁舎、その後のホテル観洋様での避難生活、家族との音信不通状態・・・そんななかで無事生還出来たのも気仙沼の皆様のおかげと感謝あるのみです。

こうして3度渡り命が救われています。それも周りの人たちに助けられ、家族の心配の中で今日います。そして、静かに考えているとあの時に命を落としていたら、こんな嬉しいこと、幸せを感じることはなかったのではないだろうか。一年長生きをしたおかげでこんな嬉しいことがあった。一年長生きすることがまた一つ幸を感じられるのだと生きる喜びと生きることへの感謝を持つものであります。

これからも周りの皆様に感謝し、出来るだけご迷惑をかけないようにできたらと思っています。今年も昨年同様に宜しくお願い申し上げます。

d0181492_22442938.jpg
生きていると必ずいいことがあります。今年はどんな良いことが有るかと思うとそれだけでも嬉しくなります。
d0181492_22444285.jpg
d0181492_22433363.jpg
d0181492_22423728.jpg
気仙沼に行けば必ずこのサンマの棒寿司を頂きます。美味しさがたまりません。気仙沼プラザホテルとホテル観洋はおなじ同系のホテルでいつも大変お世話様になっています。今年も又宜しくお願いします。楽しみにしています。



by fujitakikaku | 2018-01-02 07:01 | 新年を迎えて | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku