人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

カテゴリ:原発問題研究会( 4 )

沖縄に米軍基地は必要か、日本に軍事基地はいらないか・・・東京電力と福島の関係はどうする

沖縄に軍事基地は必要か、・・・そう聞かれても私には分からない。日本に軍事基地は必要か。そう問われたらそれは必要だと答えます。国の人の命と財産を守るということはきれいごとでは解決できないと思います。古代から何故にこんなにも悲惨な戦いを人間は繰り返してきたのか。そして今でも生きるために戦いが続いている国すらある。
どうでしょう、基地が必要とするならどこに基地を置くか、その基地の意味をしっかりと国民が理解し、自分が住む街を決めたらいいと思います。日本は狭いと言っても十分に生活できるところはある。未開地は7割あると言われている。
福島の原発の町は過疎化が進んでいるという。当然である。対策としては東京電力の本社関連会社を全部この地に移せばいい。それでも東京電力で働きたいという人が本物のの東京電力を愛する人だと思います。自分たちは福島以外に出来るだけ遠い所に住み、復興税、支援金を国民に払わせ、あげくには電気料金を上げて自分たちの生活は確実に確保していく姿勢は国民として納得できません。過疎化福島は対応が甘いと思います。沖縄も一戸団体を別の地に移せばいい。沖縄の一つくらい今の日本には出来るはずである。人手不足がは深刻になるこれから打つ手は沢山あります。かって被災にあった人たちは生活のために村ごと移転していったものである。そんな町は栄えています。前向きの姿勢に力があります。そんな人たちはいつまでもちゃんとできるまで応援したいと思います。

by fujitakikaku | 2019-02-19 07:00 | 原発問題研究会 | Trackback | Comments(0)

原発再稼働問題は国民の重要課題、自由民主党は対応策を再考する必要あり、鉄道写真を添付


新潟知事選は共産・自由・社民推薦の米山隆一氏が当選した。自民・公明推薦の森民夫氏を破っての当選である。原発再稼働に慎重派が勝利したのは鹿児島に続いてのことで自民の敗北である。原発再稼働についてはその後電力が不足だと言われながら原発が停止して5年になるが電力に不足なく対応が出来ている。このことで特に女性たちの間から、十分に原発無くてもできているではないか。なにも危険を伴うものを使う必要はない。そんな声が聞こえてきます。なるほどその通りです。でも、今は原油安、円高でいい情勢ですが、これが反転した時に日本は大変なことになると思います。そんなことは自民党の先生方の方がよくご存じのことです。であれば、もっと丁寧な国民への説明が必要だと思います。誰かが国民の為に悪者になっても真実を国民に伝えるべきだと思います。原発をこれ以上増やさない、将来はゼロにするにしても世界情勢を見つめつつ・・・と論じてもいいのではないでしょうか。


素敵な貨物列車の写真を加島(山陽本線・加島駅陸橋から)で撮ることが出来ました。

d0181492_23400801.jpg
d0181492_23402830.jpg
d0181492_23404228.jpg
d0181492_23410139.jpg
d0181492_23412085.jpg
d0181492_23413517.jpg
上の二枚はかろうじて撮れた残念な写真です。目的地に着いたらすでに遅し、といった時もありますよね。(山陽本線・さくら夙川駅にて・・・)


by fujitakikaku | 2016-10-19 07:00 | 原発問題研究会 | Trackback | Comments(0)
日本大好きです、災害は起こるもの賢者たちはそのために準備をした日本人の勤勉さがそこにある

d0181492_0151563.jpg
d0181492_0153352.jpg

京都の町は猛暑です。でもなんとなく涼しげなのは京都のこの風情からではないでしょうか。女性が綺麗になれる町、それが京都かもしれません。

台風の影響で大きな被害が出ています。私はその報道を見ていて感心させられることがあります。それは被災者の方が絶対に弱音を吐かないということです。「頑張らないと、自分がしっかりしないと。」
そんなそんな強い言葉を被災者の人達が言っています。
家は灌水し、土砂が入りこの家どう見ても住めないでしょう。でも、涙ひとつ流すどころか、そんな涙を流す暇もないくらいの心づもりです。
きっと再興できると思います。南の地方には台風が多く襲います。台風で家族を亡くすこともあります。そんな悲劇は昔からありました。
苦境に遭遇しても生きた者が力を合わせて、その苦境を乗り越えていく、そんな親たちを見て子供は育ちます。
子供たちがしっかりしているのもそのせいかもしれませ。明治維新も、戦後の改革も、産業復興もそうした歴史を見るとなるほど大人たちの生き方が次の世代を生きる子供たちに生かされていくのだと思います。そして、そのように育ててくれた親たちに感謝するものです。
辛い日もありましたが、そんな環境が人間を強くしてくれたように思えてなりません。福島の原発はどうしたいのでしょうか。私達にはその姿が全く見えません。人生は一度しかありません。日本は素晴らしい国です。日本に居て不満があるとしたらどんな環境でも幸せは感じないと思います。それほどまでに日本は最高の国だということです。
by fujitakikaku | 2014-08-04 06:33 | 原発問題研究会 | Trackback | Comments(0)
関西大飯原発の稼働、賢い原子力政策を考える、安倍総理の厳罰政策を支持、頑張れ橋下徹代表

<日本のエネルギー政策は私たちの経済の基盤を支えています。>
貧しい時代を経験した私達には貧乏がどれほどにつらいものかは決して忘れません。ここまで来れたのは優秀な人たちとエネルギー政策の正しさにあったと思います。石炭も素晴らしい宝物でした。
d0181492_10431133.jpg

(朝日新聞7月9日朝刊に関連の記事が掲載されていました。新聞記事はあくまでも世論を考えて書かれていると思います。担当された記者の本心がこの記事からも読めるようになるといいのに、そう思ったりします。)

全国で唯一稼働している原発は関西電力大飯原発(福井県)の3号機と4号機だとされています。東日本での大災害が日本の原子力政策に大きな変化を求められることになった。今や原子力は必要悪なのでしょうか。
日本は世界でも唯一原子爆弾による被害を受けた国です。そして、それが原子力平和利用という名のもとに今日に至ったわけですが、原子力が日本にとってどうであったのか、これからどうされるべきかは意見が分かれるところです。

東日本大震災の復興がすすんでいますが、私は心配しています。復興の速さを比較するのもどうかとも思いますが、復興のありかたは福島地区とその他の三陸地区に分けて考えてみる必要があると思います。これから原発の被害もダブルに受けたはずの地区と、津波被害を受けた地区に復興の姿、速さ、最終的な街の姿、そこに戻った人たちの姿に大きな違いが出てくるように思えます。宮城県でも、女川地区は違ってくるのではないかと思っています。私は震災前に原発があったかどうかが復興の姿に違いが絶対に出てくると考えています。

原発がもたらした被害の大きさと復興の姿には違いが出ます。原発を廃炉にするには膨大なお金が必要です。廃炉を目指すか、より安全な平和利用を展開するかは大きな分岐点になります。私は廃炉にせず、平和利用を展開し、エネルギーをテーマとしての技術革新を図るべきだと思います。
消え失せていく、将来性のないところに優秀な人材は決して集まりません。希望があるから勉強し、その分野を目指します。原子力の技術革新もそんな中から発展していったと思います。
より速く原発を廃炉にするとしたら、原発を肯定し、再稼働し、この原発のより安全な技術を確立する。さらには優れたエネルギー技術の確立を国策として進めることだと思います。

若い優秀な人材がこれを目指します。それこそが最も原発に代わる技術確立につながる方法だと思います。
今、日本が開発をやめたとして、中国、ロシア、韓国の原発が周りに増えたらどうしますか。それの方が最も恐怖だと思います。

石炭革命、石油エネルギーの導入、原子力発電と技術改革は一定の期間をおいて変わっています。しかし、一貫することはエネルギー政策は国策でもあるからです。この日本の経済力はエネルギー政策に大きく左右されますが、資源の少ない日本は見事にこの問題を打破ながらも付加価値の高い製品を開発し世界に勝負をかけてきました。
これからはどうする。綺麗ごとだけでは問題の解決にはならないと思います。
電力は原発がなくても足りています。現時点では、それは足りていてもコストが高すぎます。エネルギーコストは日本の固定費を膨大にあげます。世界のコスト競争に勝てません。優秀な会社はこの国から離れます。
平和な豊かな社会はなぜあるのか、それは優秀な人材と世界に勝つだけの固定費の確保です。これに負けたら超インフレとなって原発反対というより、生きていくのに問うするの。そんな時代になりると私は思います。
戦後の歴史を勉強すればわかります。平和ボケしない賢い人間で有りたいと思います。
d0181492_10575966.jpg

(朝日新聞7月9日朝刊ですが、賢明な選挙活動の関連の記事が掲載されていました。苦しい選挙戦だと思います。苦しいほどに灯とは成長するチャンスです。頑張れ!!橋下徹代表)

<橋下徹代表しっかりと自分の考えをこの選挙で訴えてください。>
関西に住んでいる私は橋下代表がなぜ問題の発言をしたのか、わかります。関西の人は理解しています。解決しなけばならない問題です。今回の参議院選挙で敗れても私てたちは橋下代表を代表の座から落とすことは決してやってはいけないと思います。若者が懸命に何かを私たちに訴え、実行しようとしています。若者の活躍の場、成長の芽は支えてやらないといけないと思います。彼に競合する人が出てくればそれも切磋琢磨できます。この国を良くしたいという思いは同じだと思います。何もしないで、何もできないでなんか言っている政党、代議士こそが必要でないと思います。「頑張れ橋下代表!!、私は支持します。」
安倍総理も応援していると思います。

<北海道の華は今本当に綺麗です。>
橋下代表も多忙の中だと思いますが、一度この多忙の中で北海道美瑛町に行ってみてください。国民の幸福な姿が丘に立つ木々と一緒に映し出されると思います。行ってみてみてください。
こんなに素晴らしい北海道がなぜ経済状態がおかしいのか、不思議です。これこそが日本の仕組みのひずみです。沖縄も同じです。道州制は正しいと思います。北海道、沖縄はその典型的な地区だと私は思っています。東京が豊かで、北海道と、沖縄は最悪。おかしい日本の仕組みです。頑張って欲しいのです。
(北海道美瑛町の素晴らしい、素敵な風景です。これも人が作ったのです。自然を大切にして造り上げたものです。美瑛町の人達が求める幸福の姿が分かるような感じがします。ここにはここに合った幸福の姿があると思います。)
d0181492_1184211.jpg
d0181492_119141.jpg
d0181492_1191447.jpg
d0181492_1193075.jpg

d0181492_11184832.jpg
d0181492_1119449.jpg

by fujitakikaku | 2013-07-10 00:03 | 原発問題研究会 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku