人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

2019年 08月 17日 ( 3 )

藤田八束の鉄等写真@東北本線東仙台駅にて貨物列車「金太郎」に逢いました、猛暑の中元気に活躍する貨物列車「太郎」・・・


政治とは厄介なものですね。一度政権の座に就くとそこからふるい落とされるときの恐怖はその位置に立ったものしかわからないでしょうね。察するにいつどんな方法でその座から降ろされるのかを考えると恐怖なのかもしれない。つまり失職はその人にとって恐怖になっているように思います。今、日韓関係は最悪だと思います。そんな中で文大統領が韓国民に対して演説をしたその内容を確認するとまるで自分のことしか考えていない。この演説の中身で国民は幸せの方向へ連れて行ってもらえるはずがないと思います。トランプ大統領も、金委員長もいつしか自分を守るために必死に政治をしようとしていないだろうか。もっと初心に帰ってくれたら国民の声が聞こえてくるように思えるのですが。政権を握ったら大変すね。そんなにお金があるならもっと違ったことで私だったら幸せを作りたいと思います。立場が人を変えてしまうんですね。恐ろしいです。

私は今東北本線JR東仙台駅にいます。そして、貨物列車が通る瞬間を待っています。一枚の写真を撮りたいからです。どんな一枚になると心がウキウキします。こんなことでとっても幸せな時間を私はもつことができます。そんなことでも最高に楽しくなることが出来る立場にいることに感謝しています。
d0181492_20575508.jpg
d0181492_20580486.jpg
d0181492_20581385.jpg
d0181492_20582286.jpg
d0181492_20583106.jpg
貨物列車と人が一体になったとき、人間と貨物列車の関係を楽しく考える時間が私の中で展開します。
d0181492_20584199.jpg
d0181492_20585045.jpg

d0181492_20592322.jpg

d0181492_20590092.jpg
d0181492_20590954.jpg
貨物列車は運ぶものによってコンテナの形が違ってきます。それもよく見ると良く考えられて造られています。造る会社はどんな会社なんだろう。ネットで直ぐに検索がが出来ます。会社を知り、その技術に感動することが多々あります。
d0181492_20592322.jpg
d0181492_20593405.jpg
d0181492_20594581.jpg
d0181492_20595702.jpg
d0181492_21000892.jpg
d0181492_21002139.jpg
d0181492_21003165.jpg
液はその場に集う人たちによって雰囲気を変えます。その町の縮図のようにも見えます。この駅は活気があって素敵だと思います。
d0181492_21004116.jpg
d0181492_21005313.jpg
d0181492_21010530.jpg
d0181492_21012669.jpg
d0181492_21013859.jpg

d0181492_20555178.jpg
d0181492_20555999.jpg
人々の姿はとっても生き生きとしていて良いと思います。・・・・
d0181492_20560774.jpg
d0181492_20561774.jpg
タンクローリーを引っ張って金太郎がやってきました。このローリーを引っ張る姿が大好きでこの時間を選択しました。ちょうど13時にここ東仙台駅を通過します。
d0181492_20562611.jpg
d0181492_20563528.jpg
d0181492_20564438.jpg
d0181492_20565267.jpg
d0181492_20570203.jpg
d0181492_20571025.jpg
d0181492_20571934.jpg
d0181492_20573748.jpg
d0181492_20574789.jpg
ここ東仙台駅では上りと下りの列車を撮影することが出来ます。ゆっくりと椅子に座ってです。良い駅だと思いませんか。私にとっては最高の場所です。





by fujitakikaku | 2019-08-17 08:54 | 鉄道写真・貨物列車写真 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の食文化を訪ねて@薩摩藩が生み出した知恵ある食べ物、鹿児島へ行ったらp是非食べてい食品。鹿児島には美味しいお土産が満載
                       
鹿児島が美味しい、鹿児島は食材が豊富です。従って美味しい料理かたくさんあります。南国料理として沖縄料理と鹿児島の料理がよく比較されがちですがこれほどまでに違うものはありません。沖縄料理はかなり好き嫌いがあると思いますが鹿児島料理は殆どの人が大好きになります。これは間違いありません。お魚あり、肉料理有りと実に豊富な料理が待っています。数ある中で他地区とちょっと違うのが「鳥刺し料理」です。のササミを湯通し、つまり一般的にゆうタタキにした肉が鳥刺しとして売られています。又、居酒屋さんなどでも見られ、皆さん美味しそうに食べておられます。湯通しだけでなく、タタキ風に焼かれたものもあり、これは香りも良くてっても好きです。居酒屋さんなどで美味しくいつも頂いていますので、では鹿児島の人たちはどうなんだろうと市内の売り場を見学させてもらいました。そうするとビックリです。豊富な鳥刺しが所狭しと並んでいました。その品数の多さにはビックリしました。どれも美味しそうでした。買って帰り、ホテルでビールを飲みながらみんなと食べました。これは絶品です。これから薩摩料理としてこの鳥刺し広がって行く予感がします。薩摩武士はこれを食べて明治維新たたかったのでしょうか。明治維新を成し遂げたのでしょうか。素晴らしい食文化と歴史に触れることが出来ました。
                        
d0181492_17385008.jpg

鹿児島のと言えば鳥刺しもありますが黒豚は今や日本のブランドとなっています。黒豚が美味しい理由には芋焼酎の文化があります。この点については次の機会にご紹介します。

d0181492_17372692.jpg
d0181492_17373391.jpg
d0181492_17374272.jpg
鹿児島には素敵なお店がたくさんあります。鹿児島物産館はとっても楽しく、そして美味しいものがいっぱいでした。
d0181492_17375009.jpg
d0181492_17375805.jpg
d0181492_17380788.jpg
d0181492_17381522.jpg
d0181492_17382356.jpg
d0181492_17383190.jpg
d0181492_17384146.jpg
肉にも実に沢山の種類のものが有りました。・・・・・・
d0181492_17385008.jpg
d0181492_17385894.jpg


d0181492_17391508.jpg
d0181492_17392307.jpg
d0181492_17393212.jpg
d0181492_17394112.jpg
d0181492_17394970.jpg
鹿児島も漬物が美味しい所です。山川漬は良く学生時代にいただきました。大好きです。
d0181492_17395967.jpg
こんなに可愛い食べ物がありました。買って食べてみましたがなかなか美味しいものでなんか身体によさそうな気がしました。美味しく食べる工夫は郷土の人たちの知恵が詰まっています。私は興味を持ってみています。
d0181492_17400988.jpg
d0181492_17401680.jpg
d0181492_17402587.jpg
鹿児島といえばこのきびなごです。是非きびなごのラーメンを開発してください。鮮度管理がうまくいけば美味しいラーメンができそうです。
d0181492_17405259.jpg
d0181492_17410964.jpg
d0181492_17411781.jpg


d0181492_17413518.jpg


d0181492_17415212.jpg
d0181492_17420065.jpg
d0181492_17422006.jpg
d0181492_17424296.jpg
d0181492_17425205.jpg
d0181492_17430224.jpg
d0181492_17431289.jpg
d0181492_17432278.jpg
d0181492_17433162.jpg
鹿児島市内は路面電車で楽しい観光が出来ます。・・・・・便利で安い、最高の交通手段になっています。いスタ映えする電車です。写真を撮るなら加越野間中央駅が一番インスタ映えします。西鹿児島駅も良いですね。
d0181492_17404247.jpg
d0181492_17403380.jpg
西鹿児島駅は路面電車の終着駅です。・・・・可愛い電車が勢ぞろいしています。インスタ映え間違いなしです。


by fujitakikaku | 2019-08-17 08:53 | 遺産の旅・お城・歴史旅 | Trackback | Comments(0)
我が母校北海道大学を訪問、久しぶりの思い出に感動。クラーク先生の教え・・・・北海道大学で学んだことの誇りと自信

生前の父は私に北海道へ行け、そこで学べと言っていました。「自分は北海道で農業がしたかったが戦争でそれがはたせなかった」といっていた。お陰様で私は北海道大学で勉強することが出来た。今にしてみればこの北海道での学びは私の人生を支えてくれました。素晴らしい先生に会え、学べたことに感謝し、北海道へ行ったら学校を訪問することは忘れない。夏の北海道は緑がとても奇麗です。

d0181492_22253092.jpg
d0181492_22253935.jpg
d0181492_22254708.jpg
d0181492_22255542.jpg
この季節には学校では様々の催し物がされています。私は時間が無かったので学校の中を散歩するだけでしたが懐かしく感謝の気持ちでいっぱいです。
d0181492_22260330.jpg
d0181492_22261292.jpg
d0181492_22261905.jpg
d0181492_22262840.jpg
d0181492_22263689.jpg
構内は広く、とにかく奇麗に整備されています。朝の木漏れ日が学校特有の優しさを見せてくれました。
d0181492_22264511.jpg
d0181492_22265495.jpg
d0181492_22270203.jpg
d0181492_22271074.jpg
d0181492_22271823.jpg
d0181492_22272597.jpg
d0181492_22273384.jpg
d0181492_22274199.jpg
d0181492_22274994.jpg
クラーク先生の教えは私の心にいつもありますが、今は若い人たちに目標をハッキリと持ってほしい。目標があればそれを達成しようとするときに手段が出てくる。これが人生の成功への鍵となると思っています。若者たちを育てたい。それかいまの私です。クラーク先生に会うと今の自分を顧みることが出来ます。
d0181492_22275805.jpg
d0181492_22280656.jpg
d0181492_22281575.jpg
d0181492_22282347.jpg
d0181492_22283234.jpg
d0181492_22284024.jpg
d0181492_22284903.jpg
d0181492_22285717.jpg
d0181492_22290506.jpg
d0181492_22291452.jpg
構内の大きな木はここから巣立って成長していった先輩達、後輩たちの姿にも見えます。大きく立派になっています。そして、その姿は美しい。



by fujitakikaku | 2019-08-17 08:52 | 北海道の四季、春・夏・秋・冬 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku