人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

2019年 08月 14日 ( 4 )

藤田八束の食べることの楽しさ、食の楽しさ・・・おもてなしと料理、何故美味しい??

魚と肉類を食卓に乗せて、家族のために料理を作る。お母さんは家族のために身体にもよく美味しい料理をと知恵を絞る。このお母さんの努力が私は日本を経済大国に引き上げて行った最高の貢献者だと思います。人間の身体は食べたものによって作られている。良いもの、良質なものを食した物が健康な体を持ち、優れた思考能力を持つ頭脳を持つということではないでしょうか。不思議なものだ健康のために、生きるために人間は食をする。
ところがである。日本人が主として好んできた魚食に異変が起こっている。
魚の価格が肉類に比べて非常に高価であるということである。私達は豊かな人が肉を食べ、そうでない人は魚を食べる。将来は頑張って肉を食べることが出来るようになりたいと思ってある意味勉強の励みにもしたものである。ところが今や魚食はお金持ちの食卓にしか上がらくなろうとしている。これは真に日本経済の危機でもある。肉食中心の大人が多くなってきたときに日本経済は諸外国に負けてしまうのではないかと私は心配である。そんな中鯨の商業捕鯨が始まった。この商業捕鯨の意義について考え見ることにします。
d0181492_21453665.jpg
d0181492_21450133.jpg
d0181492_21292251.jpg
d0181492_21293641.jpg
猛暑を乗り越える力それも食べ物の力は大きい。沢山食べる人、良質のものをむ食べている人は違います。元気だ。

by fujitakikaku | 2019-08-14 08:30 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@癒される時間の作り方、西神祇官公園(西宮市)で瑞風を待つ、西宮市の真ん中を東海道本線が走る

時間があると自転車で西神祇官公園(西宮)へ、15分くらいです。途中は御手洗川という小さな小川を横に見ながら自転車を走らせるとここ西神祇官公園に着きます。ここではちびっ子たちが元気に走り回り、歓声がこだましています。元気な子供達を見ているとこの私までもが元気になれるのがありがたいです。芙蓉の花が今とっても綺麗です。
d0181492_17201670.jpg
d0181492_17203028.jpg
阪急電車とJRが立体的に交差する場所でもあります。この電車は阪急電車です。今阪急電車の人気が急上昇中です。
d0181492_17204034.jpg
豪華リゾート列車トワイライトエキスプレス瑞風がやってきました。やっぱりすごい雰囲気があります。
d0181492_17204946.jpg

d0181492_17205809.jpg

d0181492_17210643.jpg

d0181492_17211425.jpg

d0181492_17212312.jpg

d0181492_17213163.jpg

d0181492_17214091.jpg

d0181492_17214987.jpg

d0181492_17215813.jpg

郵便配達の職員さんが突然横切りましたがこの写真良いとおもいませんか。なかなかいい写真だと満足しています。
d0181492_17220677.jpg

d0181492_17221596.jpg

d0181492_17222381.jpg

d0181492_17224012.jpg

d0181492_17224936.jpg

d0181492_17225721.jpg

d0181492_17230769.jpg
なかなか素敵な写真が撮れたと思います。

d0181492_17185716.jpg
d0181492_17190511.jpg
貨物列車「金太郎」も良い感じだと思います。阪急電車と貨物列車クロスするところを撮りたいのですがなかなか良いようにはならないものです。
d0181492_17191480.jpg
d0181492_17192455.jpg
d0181492_17193296.jpg
d0181492_17194029.jpg
d0181492_17194999.jpg
d0181492_17195864.jpg
d0181492_17200733.jpg
でもいい感じに列車達を迎えることが出来ると思います。ここにテラス付きの喫茶店があるといいのですが。



by fujitakikaku | 2019-08-14 08:29 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@就活成功法、文明社会で生きていく子供たちの未来、西宮の子供達に明るい明日がありますように・・・若者たちの就活成功法

小説家の人たち、映画監督、漫画家・・・・いろんな職業があり、それぞれ皆様頑張っておられます。それは生活の中で触れることが出来ます。そんな中にあってふと作曲家の方の作品の作り方についてどうされているのだろうと思ってしまいました。これまでに多くの詩が書かれ、歌が生まれてきている。なのにまた今も新曲が作られ、ヒットしている。初めて聞くものが殆どである。不思議である。もう限界であっても良いと思います。一時期、リバイバルソングというのが歌謡曲ではやったことがあります。それはもう新曲はできない。そう言った結論に達したことがありました。私の学生時代です。ところがそれも一瞬でした。又、新しい歌が次々に作られヒットしていきました。いったいどんな才能を持っておられるのだろうかと感心します。そうしてみれば電気製品でも、もう電気製品はいらないと思っていても実に便利なものが出来てくる。いつの世も素晴らしい才能を持った人が登場するものである。こうして考えると若者たちは次は何をするんのだろうかとっても楽しみになります。ただし、この日本が平和であることがこうした才能を発揮でる条件なのかもしれませんね。平和は本当に大切なことだと思います。

西宮には小さな奇麗な川が何本も流れています。子供達が大きな声で歌いながら散歩しています。とっても素晴らしい、素敵な光景です。
d0181492_21363493.jpg
d0181492_21173960.jpg
d0181492_21172985.jpg
d0181492_21364495.jpg
d0181492_21365448.jpg
d0181492_21370319.jpg
街角には、道沿いには沢山の季節の花が咲いています。
d0181492_21331467.jpg
d0181492_21332331.jpg
d0181492_21333325.jpg
d0181492_21334493.jpg
d0181492_21335423.jpg
d0181492_21340524.jpg
阪急電車が最近人気急上昇のようです。私たちの街を走っています。・・・・・・沿線には花がいっぱいです。
d0181492_21362463.jpg
d0181492_21333325.jpg
d0181492_21334493.jpg
瑞風が爽やかな姿を見せてくれます。・・・・街も綺麗にしていかなければならないと思います。豪華列車がもっと素敵にみえるようにするのも住民の仕事だと思います。市の行政ももっともっと注目し、まちづりに力を入れるべきです。
d0181492_21310574.jpg
d0181492_21222430.jpg
d0181492_21215636.jpg

by fujitakikaku | 2019-08-14 08:27 | 就活、豊かな学生生活、若者の悩み克服方法 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の可愛い飛行機@文大統領は韓国民から支持されているのか、韓国民は賢者ではないのか・・・これで良いのか韓国の皆さん

日本を敵にして豊かになる国はない。喧嘩を仕掛けるほど愚かな政治はないと思います。日本は戦争を放棄している。おとなしいからと言ってバカにしてはいけない。限界を超えたら何をするか分からないのが日本人である。韓国から日本企業が撤退したらどうする。韓国経済は破綻するでしょう。そんなことくらい幹部は分かっているはず。自分の幸せよりも他人の不幸が嬉しいと考えているなら勝手にしたらいい。お互いが仲悪くて良いことはないことくらい誰だってわかるはずである。それなのに今の文大統領は韓国民にとって最悪の大統領としか言いようがない。相手を非難して自国経済が発展するならいいが、逆でしょう。韓国民が賢いなら文大統領に意見したらいい。新たな大統領を準備すべきでしょう。日本国民には韓国が好きな人は沢山いる。これ大切にすべきではないでしょうか。

d0181492_22223083.jpg
d0181492_22223860.jpg
d0181492_22224487.jpg
d0181492_22225913.jpg
d0181492_22230773.jpg
d0181492_22231641.jpg

by fujitakikaku | 2019-08-14 08:26 | 安倍総理頑張れ!!支持します | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku