人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

2017年 11月 10日 ( 2 )

北海道独立の可能性、経済基盤形成の方法、方街道のクラスター形成を地方組成に生かす、鉄道写真

d0181492_20552955.jpg
ガンバ大阪は関西のサッカー人気チームです。こんなモノレールが走っています。子供達に大人気です。子供達とっても嬉しそうに記念写真を撮ってもらっていました。
d0181492_20550376.jpg


社会全体が高度化しています。単純労働は機械化か進み、データに基づく分析はITなるものが取って代わる時代である。こんな中に有って企業を生活の基盤と考えるなら、自分の個性を会社で発揮しなければならない。と言ってあまりにもかけ離れていたのではこれは会社にとって大きな不利益となる。会社としての仕事の中から新たな改革をしてくることは歓迎であるが、会社の在り方まで否定する人は必要としない。貴方一個人に会社の未来を託す余裕はない。

優秀な人材が欲しい、発展的に考えると人材である。人材の確保が最も重要である。

それには社員、家族が幸せに暮らせる環境である。

どんな環境を国民は必要としているのかを考えてみることします。そうすることで魅力ある街づくりの姿が出来てきます。そこに核となる産業を誘致すればいい。

生活環境と経済活動、企業の北海道移転である。さてどんな方法が有るでしょうか。

日本再生、経済強化方法とその手法

北海道の経済基盤の構築、又は大阪府の経済再構築を考えたい。ここではまず初めに北海道経済強化構築について考えてみました。経済の基盤を何にするか。クラスターの構築である。

北海道を一つの国家として考えると良い。この小さな島がどのような形でなら独立できるかを考える。あくまでも経済面限定での考え方としてである。

・温暖化が進む中、農業・酪農基盤それに水産資源の確保を図るとその姿が見えてくる。

食大国都市の立場から考えるとイメージも良く、食に関する催し物をすると人気ナンバーワンである。北海道は美味しい、安全の認識がされている。世界から見ても北海道の食は魅力的である。

これを柱にする。

日本にある食品会社を誘致する。次に本社機能を北海道に移すということである。これは難題ではあるが特区制度を利用する。国家的には地方創生のテーマとする。日本の食の中心を北海道に移す。国の食に関する研究機関を札幌へ移す。このことから設計図を書いてみてはどうだろか。私が知事ならそうしたいいと思う。次は何をどうするかである。・・・続きます。


by fujitakikaku | 2017-11-10 07:00 | 地方創生 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄度写真@鉄道写真のお気に入りを掲載
お気に入りの鉄道写真を紹介します。
d0181492_08254937.jpg

d0181492_17214484.jpg
d0181492_17171800.jpg
d0181492_17141727.jpg
d0181492_17102923.jpg
d0181492_17094247.jpg
d0181492_00125748.jpg
d0181492_22141492.jpg
d0181492_12274372.jpg
読売放送局の秋の様子です。
d0181492_19525414.jpg
d0181492_19515974.jpg

d0181492_19413703.jpg
日暮れを走る列車もいい感じです。
d0181492_20041951.jpg

d0181492_08271970.jpg


by fujitakikaku | 2017-11-10 06:59 | 鉄道の旅、鉄道写真スポット紹介 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku