人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

2017年 11月 02日 ( 3 )

藤田八束の鉄道写真@本格焼酎といえば鹿児島、鹿児島の銘酒は「白波」でしょう・・・本坊酒造酒蔵訪問

学生時代、お酒といえば焼酎、焼酎といえば「白波」でした。あの頃はお金がなく、清酒が飲めなかった。お酒が飲めるための訓練である。男社会はお酒が飲めないと出世しないと先輩たちが鍛えてくれたものだ。しかし、私はどうしても強くなれなかった。お酒は嫌いではないが強くない。しかし、今の焼酎ブームは何だろう。学生時代には予想だに出来なかったことである。今回は懐かしい焼酎の酒蔵を見学する機会を得ました。とっても素晴らしい訪問になりました。

d0181492_23161445.jpg
d0181492_23162952.jpg
子供達の元気いっぱいの書道がいいですね。
d0181492_23164384.jpg
d0181492_23165799.jpg
d0181492_23171042.jpg
d0181492_23172340.jpg
子供達はどんな気持ちで酒蔵を見学するのだろうか。ちょっと考えるきっかけになりました。
d0181492_23173869.jpg
d0181492_23175416.jpg
岬の向こうに薩摩富士、開聞岳がうっすらと浮かんでいました。
d0181492_23180945.jpg
d0181492_23182340.jpg
d0181492_23183974.jpg
なかなかの酒蔵です。とってもいい雰囲気が有りました。
d0181492_23190918.jpg
d0181492_23192971.jpg
原料のサツマイモ農家との一体化した協力体制がこの焼酎の美味しさにあるそうです。ここのところをもっと知りたいと興味津々です。
d0181492_23194882.jpg
d0181492_23200391.jpg
d0181492_23201849.jpg
d0181492_23203828.jpg
なかなかの道具が並びます。一つ一つが非常に面白い。工夫の様子が賢者たちを思い起こさせるものでした。実に素晴らしい。
d0181492_23211842.jpg
d0181492_23215107.jpg
焼酎を飲むための道具です。何かに付けて焼酎は用いられ、その飲み方が場面場面で違ったようです。嬉しい時、めでたい時に…、悲しい時に、人との別れの時に・・・何にかに付けて焼酎は多用されてきたようです。
d0181492_23224579.jpg
d0181492_23225942.jpg
d0181492_23231425.jpg
d0181492_23232942.jpg
d0181492_23234154.jpg
d0181492_23235336.jpg
d0181492_23235549.jpg
ここでは本当に美味しい焼酎がたくさん頂けるんですよ。というのも実をいうと松山弘幸先生のおかげでいただけたんですがね。・・・・なんと幸運なんだろう。
d0181492_23241608.jpg
d0181492_23243304.jpg
d0181492_23244732.jpg
満足でございます。焼酎がこんなに美味しいとは、さすがに蔵元です。ここでいただいた焼酎は格別です。実に美味しい。
d0181492_23250399.jpg
d0181492_23252033.jpg
久保貴大君と一緒に頂きました。ご案内いただきました松山弘幸先生に感謝申し上げます。ありがとうございました。感動の美味しさでした。
d0181492_23253363.jpg
d0181492_23254835.jpg
d0181492_23260592.jpg
d0181492_23264132.jpg
d0181492_23265612.jpg
d0181492_23271106.jpg
d0181492_23292357.jpg
d0181492_23294062.jpg
d0181492_23300177.jpg
d0181492_23302265.jpg
d0181492_23304529.jpg
ここなんだと思います。・・・・・なんとトイレなんですよ。その立派さにびっくりしました。
d0181492_23310122.jpg
d0181492_23311711.jpg
d0181492_23313242.jpg
実に素晴らしい蔵元見学でした。・・・松山弘幸先生ありがとうございました。松山弘幸先生直接の説明を受けました。

by fujitakikaku | 2017-11-02 07:00 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の鉄道写真@山陽本線の鉄道写真・・神戸にて・・貨物列車「桃太郎」

神戸空港での写真です。ソラシド・エアは熊本本社の飛行機です。くまモンの笑顔がラッピングされている飛行機か可愛いのですが。
d0181492_06425284.jpg
d0181492_06430723.jpg
神戸三ノ宮駅を通過する貨物列車「桃太郎」です。猛スピードで通過します。少し気を付けないと危ないです。
d0181492_06432214.jpg
d0181492_06433558.jpg
d0181492_06435862.jpg
d0181492_06443116.jpg
ここは神戸駅です。神戸駅は東海道本線と山陽本線の接点になります。・・・
d0181492_06445928.jpg
d0181492_06444632.jpg
d0181492_06451300.jpg
ここは次の駅元町駅になります。ここもなかなかの撮影ポイントです。
d0181492_06454741.jpg
d0181492_06461008.jpg
d0181492_06462658.jpg
d0181492_06464139.jpg
d0181492_06465722.jpg
d0181492_06471110.jpg


d0181492_06474737.jpg
d0181492_06480459.jpg
d0181492_06482337.jpg
d0181492_06483957.jpg
d0181492_06491256.jpg
d0181492_06493297.jpg
d0181492_06494471.jpg
d0181492_06500005.jpg
d0181492_06501472.jpg
d0181492_06504941.jpg
d0181492_06510578.jpg
d0181492_06512107.jpg
d0181492_06513674.jpg
d0181492_06515105.jpg
d0181492_06521081.jpg
神戸もなかなかいい写真撮影場所が有ります。近くなので楽しみにしています。「瑞風」の撮影のチャンスを今伺っているところです。

by fujitakikaku | 2017-11-02 06:59 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)
藤田八束の政治経済論@神戸製鋼の苦難と悲劇・・・狙われる日本の優良企業

神戸製鋼改ざん事件・・・
なぜ起こったのかこんなことがと思われるかもしれないが日本企業が狙われているということです。いまや日本の技術力はとんでもない世界に突入していると思われます。アルミがどうした、銅がどうしたと我々素人は思っていましたら、軍事用品、ハイテク機械の部品などに使われるアルミは特殊なもの、ロケットにも使われているという。
アルミサッシの原料と言われればそうかと思いますか、そんなところに使われているとは知りませんでした。そんな神戸製鋼所の発展を面白く思っていない人たちがいるということです。三菱自動車は日産に買い取られる運命をたどった。買い取られたと同時に息を吹き返したのが三菱自動車、まんまと日産に、ゴーンにやられたとしか言いようがない。シャープもしかり、東芝もしかり、そして神戸製鋼はどうなる。日本の行政も調子に乗って神戸製鋼を窮地に追い込んではいけない。これが外国の仕掛けた罠だとは思わないか。嬉しそうにJISの認定を取り消したと喜んでいるがそれは大きな間違い。ここで神戸製鋼を見殺しにしたらとんでもない日本の損失になる。これが素材メーカーだけに狙ってくるのが分かる。
どんな人間が神戸製鋼に入って来たのか、人でなく、コンピーターに・・・、どんな手段なのか知りたいものである。安倍総理は手を打つべきである。神戸が本社だから知らないというのなら安倍総理も終わりだ。力の見せ所がやってきた。森友・加計学園問題でざわついている国会は情けない。分かっていないよ、今世界がどんな動きに有るかを全く政治家たちは読めてないのだろうか。
d0181492_23353580.jpg
d0181492_23373143.jpg
d0181492_21031958.jpg
d0181492_18385545.jpg
d0181492_18392395.jpg


by fujitakikaku | 2017-11-02 06:58 | 元気な日本を創る | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku