人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

2012年 04月 06日 ( 1 )

高松の素敵な電車、琴平電鉄・・・・高松、素敵な電車、琴平電鉄、高松城、栗林公園
d0181492_22124352.jpg

4月3日、全国を春の嵐が襲ったその日、高松へ参りました。帰りにフェリーにするかも考えましたがそれは無謀というもの、フェリーは欠航でございます。天気はすこぶるいいのですが、強烈な風です。海は大荒れです。


そんな中、そのほんの港近くに高松城がありました。このお城なんとまあ、優雅な感じのお城でしょうか。松の木と石垣、そして櫓がなんとお洒落で、素晴らしいのでしょうか。この調和感が素晴らしい。ちょっと見てみることにしました。城主は徳川家康の孫で水戸の徳川頼房の子、松平頼重だそうです。名門です。水戸光圀公のお兄さんだそうです。このお城次回にはもつと調べてくることにします。天守閣がないのに櫓がやたらと立派です。石垣もそんなに高くないのですが、とても品のある姿がありました。そして、その横に琴平電鉄の電車の始発駅がありましたよ。
d0181492_2224048.jpg

d0181492_2214211.jpg
d0181492_221430100.jpg
d0181492_22144052.jpg
d0181492_22145039.jpg
d0181492_22145976.jpg
d0181492_2215825.jpg
d0181492_22153047.jpg
d0181492_22154028.jpg
d0181492_22154918.jpg
d0181492_22155750.jpg
d0181492_22161162.jpg
d0181492_22162331.jpg
d0181492_22163652.jpg
d0181492_22164660.jpg
d0181492_22165833.jpg
d0181492_2217845.jpg
d0181492_22172046.jpg

ここの電車レトロな感じです。なんか野暮ったい感じなのですが、「頑張っているね。」と声をかけたくなるようなそんな電車でした。沢山の人が利用しているようでした。高松の町中を走り、とても市民に大事にされ、親しまれているようです。電車は住民が利用することで発展します。つまり、大切にし可愛がってあげることが大切です。これから桜の季節沢山の人がこのお城に来るのでしょうね。この電車に乗って。お城に電車とてもお洒落で素敵です。電車の色もとてもレトロでおしゃれ感を感じました。妙にピカピカよりも、こんな嬉しくなる、懐かしさを感じる電車も大切にしないといけませんね。そうだ、十和田観光電鉄の電車もここに来たらいいのに・・・。そんな思いが、つい馳せました。大切にされている電車は元気いっぱいです。街のとてもいい雰囲気作りに大きく貢献しています。嬉しくなってきました。電車は街の財産です。大切に、とにかく大切にしないといけません。今電車を大切にしている町はとても元気です。それは住民が大切にしているからです。廃線は住民が電車を無視しているからです。すたれていく街の象徴が廃線のように私は思えてなりません。
d0181492_22181993.jpg

d0181492_22225258.jpg
d0181492_2223169.jpg
d0181492_22231059.jpg
d0181492_22231995.jpg
d0181492_22232857.jpg

d0181492_22182996.jpg
d0181492_22183992.jpg
d0181492_22184970.jpg
d0181492_22185966.jpg
d0181492_2219752.jpg
d0181492_2219168.jpg
d0181492_22192513.jpg

d0181492_22233872.jpg
d0181492_22234972.jpg

城下町、高松の並木には桜が満開でした。ここの桜色も鮮やかなピンク色でございました。珍しいですね。とても綺麗でした。
次は栗林公園をご紹介します。
by fujitakikaku | 2012-04-06 23:48 | 電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku