人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

2012年 04月 02日 ( 3 )

春、桜、やっと桜が咲きました・・・・阪急沿線の桜、阪急電車と桜、桜が開花西宮①
今年の桜は例年よりも一週間くらい遅れているということです。街路樹の桜はまだまた゛のようですが、この桜だけがなぜか満開になっていました。家内からの情報を受けまして見てまいりました。
お洒落なおうちの庭に桜の木が一本、こんなにも綺麗に咲いていました。
綺麗に咲いたお花をご紹介します。
d0181492_1439046.jpg
d0181492_14391046.jpg
d0181492_14392398.jpg
d0181492_14393334.jpg
d0181492_14394429.jpg
d0181492_14395631.jpg
d0181492_1440109.jpg
d0181492_14402135.jpg

桜の花にたくさんのミツバチがやってきて、一生懸命に蜜を集めていました。桜の木近くはミツバチの羽音が響き渡っていました。とても心地の良い、羽音でした。今日はミツバチたちはパーティーでしょうかね。春は沢山の恵みを届けてくれそうです。
d0181492_14403134.jpg
d0181492_14404210.jpg
d0181492_14405259.jpg
d0181492_1441245.jpg
d0181492_14413989.jpg

d0181492_1443236.jpg

d0181492_14464021.jpg
d0181492_14465134.jpg
d0181492_1447247.jpg
d0181492_1447155.jpg

d0181492_14482853.jpg

菜の花も咲いていました。いよいよ春の訪れです。気持ちもウキウキです。
by fujitakikaku | 2012-04-02 14:58 | | Trackback | Comments(0)
上海空港の夕焼け・・・・夕日に映えた、美しい上海空港、上海の街、元気な上海③
中国は、ちょうど戦後の日本が、苦しい時代を何とか乗り越え、東京オリンピックのあの時代を駆け足で登っているようなときと思います。中国ではいくつかの問題を抱えながらも前に進んでいると思います。食品流通でも問題は有りますが、日本ではもっと悲劇的な事故が過去には起こっています。こうした歴史があって今日があります。歴史を良く勉強すると、これまで日本にはそれを乗り越えるために懸命な努力をした賢人たちの姿を見ることができます。この賢人たちはどのようにしてこの国を変えていったのでしょうか。答えは明確に残されています。
d0181492_11394275.jpg
d0181492_11395684.jpg
d0181492_11401240.jpg
d0181492_11402384.jpg
d0181492_11403371.jpg

夕日が輝きながら沈んでいきます。沈んだ夕日はどこに行くのでしょうか。大昔の人は沢山の太陽があったと考えていました。はるかかなたにはたくさんの太陽が光を失い、墓場と化していたとも考えられていたみたいです。時代が変わり、いや落ちた太陽は大急ぎでもとに戻ったのだという。これなら一個の太陽ですむ。・・いろいろ思いを馳せることはこれもロマンなのかもしれません。
d0181492_1140432.jpg
d0181492_1141135.jpg
d0181492_11411722.jpg
d0181492_11413177.jpg
d0181492_11414410.jpg
d0181492_1141566.jpg
d0181492_1142642.jpg
d0181492_11421647.jpg
d0181492_11422621.jpg
d0181492_11423797.jpg
d0181492_11425234.jpg
d0181492_1143353.jpg
d0181492_11431454.jpg
d0181492_11432428.jpg
d0181492_11433679.jpg
d0181492_11434679.jpg

夕日が落ちるごとくいつかは経済状態は悪化するでしょう。そう考えるなら次の幸福の姿を描いておく必要があります。日本にはそれがなかったのでしょう。私たちには安定した老後の保証がそれでした。だから一生懸命に働いて年金をもらい、老後は暮らせる。そういわれて今日を迎えました。それがこの状況です。人をだましたら自分ではなく、子孫にその災いがもたらされると思います。これも歴史が明確に証明しています。
d0181492_11435723.jpg

好景気に沸いているときは人の力はあまりアピールできませんが、経済状態の悪い時は懸命にいい話を経営者は探します。人材も必要とします。ある意味、就職率は厳しいけど努力すればこんなチャンスはないと思います。世界に羽ばたける絶好のチャンスです。
環境は自分で探しましょう。じっとしては誰も提供してくれません。貴方程度の人は探さなくてもいます。でも、チャンスとみて挑戦する人はどこの会社も欲しい人材です。力を持っているが、「お茶くみも一生懸命誠意を込めてやります。」そう思って行動する新人社員大歓迎です。何事も熱意と誠意は必要です。お茶くみのチャンスをもらった。ならばお茶くみのプロになろう。そう考えることのできる人は大いに期待できます。チャンスをチャンスとして逃さない。そんな人材はいつの時代も必要としています。そんなエネルギーのある人こそがいい仕事に巡り合うと思いもすよ。

追伸:これは私の経験からですが。言われた仕事が嫌な時があります。いや、嫌なことの方が多でしょう。でも、そのことをチャンスと捕まえ、徹底的に挑戦すれば、その時に例え実にならなくても近い将来に絶対に役に立ちます。そして、真剣に挑戦すればその仕事は絶対に面白くなります。すべての仕事にはあなたを支える何かが絶対にあります。これが積み重なると誰にも負けない力となります。分からないことは先輩でも誰にでも教えてもらうこと。教えてもらうときに「こころからありがとうございます」といえる感謝の心が必要です。これは絶対に忘れないように。(藤田八束からのアドバイス)
by fujitakikaku | 2012-04-02 11:38 | 素晴らしい夕日、夕焼け | Trackback | Comments(0)
上海空港の夕焼け・・・・夕日に映えた、美しい上海空港、上海の街、元気な上海②
夕日に染まる上海空港を見ていました。広大な空港にたくさんの飛行機がありました。そして、ひっきりなしに離発着が繰り返されます。夕日はその姿を実に素晴らしい光景として演出していました。かって日本もこんな姿はあったのです。日本人が稼いだ多くのお金が投資として中国に回り、ひいては日本の経済を締め上げています。有力な投資家はもはや日本にはいません。こうして経済活性化を謳歌している国へと移っています。日本にお金がありながら使い道を知らない哀れな日本となっています。
復興資金も除染、瓦礫の処理などに膨大な費用をかけるのではなく、繁栄に向けるべきです。世界は動いています。何をしなければならないかは見て感じることでしょう。除染も、瓦礫の処理ももうお金がありませんよ。周りの日本人の目も変わって来ていると思います。明治維新の革命家たちですら見聞を広げたのです。食品の流通の仕組みも変わりました。仕組みの勉強を進めます。たまには評論家や有名人の話だけではなく、是非私たちのような、年寄りの私の話もためになると思いますよ。頑張れ若者達、弱者は元気な若者と私は思っています。年金生活者が一番安定している国、日本以外にどこにありますか。私は疑問です。
d0181492_1184554.jpg
d0181492_1185914.jpg
d0181492_1191779.jpg
d0181492_1193562.jpg
d0181492_1195187.jpg
d0181492_1110798.jpg
d0181492_11102082.jpg
d0181492_11103543.jpg
d0181492_11104910.jpg
d0181492_1111162.jpg
d0181492_11111483.jpg
d0181492_11112590.jpg
d0181492_11114563.jpg
d0181492_1112270.jpg
d0181492_11121769.jpg
d0181492_11123250.jpg
d0181492_1112474.jpg

太陽は誰が何といおうと一つです。そして、地球上のみんなに平等に光り輝いて応援しています。
チャンスは平等にあります。今、この国は変わろうとしています。若者たちに頑張ってほしいと切に願っています。勉強するのです。英語でのコミニュケーションは絶対にできないとダメ。その上に知識、見聞をつけていきます。君たちの未来は実に光り輝いていると思います。経済絶好調の時に会社は利益を上げますが、残念ながら人材は育たないのです。ただ、世の中がいいだけなのです。これわかりますか?
更に続きます。・・・・・・・
by fujitakikaku | 2012-04-02 11:31 | 素晴らしい夕日、夕焼け | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku