人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

鮭が教えてくれる命の大切さと自然への感謝、水産不漁の原因はどこにある温暖化だけではない・・・・水産不漁の原因

が教えてくれる命の大切さと自然への感謝、水産不漁の原因はどこにある温暖化だけではない・・・・水産不漁の原因

の遡上を見ることが出来ました。そして、川を上り詰めるとそこには生命の営みがありました。が獲れない獲れない水産関係者は嘆きます。この不漁は3年以上続いています。あの大量に獲れていたあの頃が嘘のようです。何がそうさせているのだろうか、その原因は・・・。有識者たちが調べていますが今一つはっきりしない。温暖化だと言い切ってしまう人がいるがそうだろうか。私は別の見方をしています。

気仙沼へ行きました。そして、廃線の跡を訪ねることにしました。かってはここは大船渡線の列車が走っていました。そして、今頃になるとコスモスの花が沢山咲いていたと思います。廃線の跡は街もさびれて行っているのを見ることが出来ます。
d0181492_18082716.jpg
d0181492_19434389.jpg
そんな淋しい思いをしながらも自転車をこいで散策した。一本の川を見つけた。小さな川ですが良く見ると鴨たちが楽し気に鳴いて泳いでいました。実に可愛いではないですか。そして、更に良く見ると川に大きな魚が見えました。何とです。の遡上のようです。
d0181492_19431070.jpg
d0181492_19435110.jpg
数匹が群れを作っていましたが、こちらの方ではどうやら産のようです。一尾の雄のが雌をゲットして産が始まるようです。美しい川の流れの中で生命の営みです。これには感動です。自然の中でこんなにごく自然に産状況を見るのは初めてです。心臓がはちきれそうに興奮ました。
d0181492_19440772.jpg
d0181492_19441626.jpg
d0181492_19442409.jpg
二尾の行動を静かに見ることにしました。・・・・・・
d0181492_19443396.jpg
d0181492_19444180.jpg
d0181492_19445933.jpg
d0181492_19451014.jpg
d0181492_19454931.jpg
d0181492_19455868.jpg
d0181492_19460612.jpg
d0181492_19461410.jpg
d0181492_19462300.jpg
d0181492_19463252.jpg
d0181492_19464193.jpg
d0181492_19464925.jpg
d0181492_19465873.jpg
が終わると雄は雌から離れ、更に上流へと泳いでいきました。周りを見ると川の護岸工事が行われていて川幅が小さくなっていました。かってのこの川はどうだったのだろか。人間が生活しやすいように環境がどんどん変わっていきます。人間に都合に良くなるとそれとは逆に都合よくない生き物たちがいる。それがこの川では達なのかもしれません。そんな川がどんどん日本の多くの場所で起こっているのではないでしょうか。
d0181492_19470653.jpg
d0181492_19471465.jpg
d0181492_19472316.jpg
懸命に子孫を残し、子孫繁栄に命を懸けるその産の様子を見るにの不漁に嘆いている時ではない。
d0181492_19473260.jpg
d0181492_19481904.jpg
の命をもらう私たちは達のために何が出来ているのでしょうか。不漁に嘆く前に何が出来ているかを考えてみる必要があるようです。



トラックバックURL : https://sakana114.exblog.jp/tb/27814694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by S.Konno at 2019-10-31 18:42 x
僕も標津前浜の魚達には鉄道の「鉄分」が欲しいのでは?
思ってしまうことがあります。
鉄道が走っていました頃は、鮭や氷下魚の大漁で賑やかでしたと思います。
Commented by fujitakikaku at 2019-10-31 23:43
> S.Konnoさん
今野様へ
温暖化だけではないと思います。そこに住む人たちが最も知っているのではないかと思います。なんでも科学的に処理するのではなく、人間の生活様式の変化をもっと考えてみることは絶対に必要と思います。日本も人口の減少で対策を立てていますがうまくいきません。鮭達も子孫を残そうと必死です。私たちは鮭の命を生計を立てるためにもらっています。さて、鮭のために何ができているのでしょうか。
藤田八束
by fujitakikaku | 2019-10-24 23:50 | 日本の水産業 | Trackback | Comments(2)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku