人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

藤田八束の鉄道写真@標津の町にSLが走る日、標津で出会った蒸気機関

藤田八束の鉄道写真@標津の町にSLが走る日、標津で出会った蒸気機関

この度の標津町地域HACCPの審査にはびっくりした。標津町の大塚様にお迎えを頂いた車中で、「標津にある蒸気機関車はどうしていますか?」そんな話から入りました。なんでそんな話になったかは分かりません。図書館の前に静置され動くことは二度とないとされた置物です。ところがそのSLが動いている、動き始めると言う。信じられない、嘘のような話でした。

このSLのことを知ったのはいつも標津に来た時には寄ることにしている「しのだ食堂」と「お食事処亀代」さんには絶対に行きます。しのだ食堂のメニューにこの食堂の前に標津駅が有ったと聞いていました。それからその話に興味津々その歴史と廃線のいきさつを標津漁業協同組合の今野真輔さんから教えてもらいました。このSLが走れたら、この白樺の中から現れたらと・・・イメージしながら悔やんでいました。誰がいつ廃線にしてしまったのか・・・と。

金澤町長にもこのSL何とかなりませんか、標津の財産になりますよ。ポー川遺跡もサーモン館も一気に観光の名所に変身しますから、SLを走らせてはしらせてください。そう言い続けてました。それを現実にしてくれた人が現れたのです。その列車が汽笛を鳴らし走るという。夢のような話の現実化です。私は私自身に対して感謝しました。あなたはまだまだ「運」が有るよと神様が言ってくださっているように思えてなりません。そして、SLの場所へ行きましたら保存会の会長、篠田様がいらっしていました。劇的な対面にありがとうございますと熱く、手を握ってしまいました。

ここは北海道標津郡標津町です。鮭の街としてとっても有名なところです。街にはこんな街灯が有ります。ナナカマドがこの季節とっても綺麗です。そんな町にとっても素晴らしい贈り物が有りました。

d0181492_00552995.jpg
標津町役場の近くにかって終着駅が有ったそうです。そこにSLが帰ってきました。
d0181492_00554482.jpg


d0181492_20131356.jpg
d0181492_20132820.jpg
釧路新聞に標津町のSLの事が掲載されていました。

篠田会長は、しのだ食堂の女将さんの息子さんでした。これもビックリでした。私がお会いできたのは夕暮れの時でした。SLを走らせる準備に来られていました。そこでお会いさせていただきました。

SLは夕日に映えてとっても綺麗でした。置物から生き物に、SLはすっかり元気な姿として復活していました。やっぱり違います。ただの置物と動くSLは、SLの笑顔が見えるようでした。

d0181492_00560060.jpg
d0181492_00561782.jpg
d0181492_00563076.jpg
d0181492_00564702.jpg
d0181492_00570053.jpg
d0181492_00572061.jpg

明日も来てください。昼間(13時頃)に来ますからと篠田会長様のお話に甘えてみることしました。明日が楽しみです。(沢山の素敵な写真を掲載していきます。)

このSLが動くのです。警笛を鳴らし、煙を吐いて・・・。素晴らしいタイミングで標津を訪問できました。明日以降に沢山の関連写真を用意し、アップします。見て下さい。


トラックバックURL : https://sakana114.exblog.jp/tb/25827305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by fujitakikaku | 2017-10-08 07:00 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku