人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

藤田八束気仙沼訪問@被災地の復興を祈り・・・大船渡線で気仙沼へ、素敵な気仙沼プラザホテル

藤田八束気仙沼訪問@被災地の復興を祈り・・・大船渡線で気仙沼へ、素敵な気仙沼プラザホテル

仙台から一関へ・・・一ノ関駅で再度乗り換えて大船渡線に乗り換えます。と言っても大船渡までの線路はありません。あの大震災の影響を受け、気仙沼がターミナルとなりました。と言うことは大船渡線はおかしな不適切な路線名となっています。気仙沼線が今や正しい名称ではないでしょうか。
d0181492_09353191.jpg
大船渡線に乗って1時間20分で気仙沼に着きますがこの途中が絶景です。でも一番好きなのは春の桜の頃です。桜の花が各駅にいっぱいに咲きます。それは見後なものです。
d0181492_09402719.jpg
一ノ関駅での乗り換えの束の間でしたが貨物列車「金太郎」が元気に走りすぎていきました。
d0181492_09404542.jpg
d0181492_09410163.jpg
雪解け水は本当に綺麗です。鉄橋の情緒がこの素敵な情景を作り上げていました。
d0181492_09411424.jpg
d0181492_09412738.jpg
なんでもない風景なのに少し雪があるとなかなかいい情景になるものですね。
d0181492_09413946.jpg
d0181492_09474583.jpg
今宵の宿は大好きな気仙沼プラザホテルです。料理はおいしいし、温泉が良い、塩分を含む温泉は健康と美容にとってもいいと聞いています。ほっとくつろげる最高の時間を頂くことが出来ました。ありがとうございました。仙台から少し時間はかかりますが有り余るほどの満足感を得ることが出来ます。ホテルもとっても綺麗です。
d0181492_09461466.jpg
ホテルは高台にあり震災の影響をうけませんでした。このホテルからは気仙沼が一望できます。気仙沼の復興の様子がよく分かります。
d0181492_09415096.jpg
気仙沼の復興は進んでいますがまだまだ震災前には程遠いように見えました。これから気仙沼はどんな街になって復興するのか期待と不安でいっぱいです。この丘の上に思い切ったヨーロッパを思わせる町くらいは作ってほしいものです。水産業を中心の産業を核として観光の街が気仙沼には適切な町づくりの姿だと思っています。
d0181492_09420343.jpg
d0181492_09422042.jpg
d0181492_09423337.jpg
d0181492_09424746.jpg
d0181492_09430967.jpg
気仙沼が水産の街だということは日本の教科書にあり、子供たちも知っています。もはや世界のブランドになるべきです。それには町づくりが必要です。今回の震災は悲しいけれどこれをチャンスと考えてはどうでしょうか。水産業を中心に観光の町づくりです。統一した町づくりが必要です。ヨーロッパを見て参考にすべきです。バラバラではダメですよ。京都を水産の街と考えます。建物はヨーロッパを参考に、これがテーマです。不便な素敵な町が気仙沼にはピッタリです。
d0181492_09432287.jpg
d0181492_09433506.jpg
d0181492_09435364.jpg
d0181492_09440549.jpg
d0181492_09441647.jpg
d0181492_09443063.jpg
d0181492_09444273.jpg
d0181492_09445567.jpg
d0181492_09450766.jpg
d0181492_09451969.jpg
d0181492_09454039.jpg
d0181492_09461466.jpg
d0181492_09462973.jpg
d0181492_09464630.jpg
d0181492_09465989.jpg
d0181492_09472007.jpg
d0181492_09473519.jpg
折角の街づくりのチャンスです。みっともない防潮堤がなぜ必要なのか理解に苦しみます。世界遺産の街づくりのチャンスが来ているのに、知恵と行動力が必要です。負の遺産はいりません。何の役にも立ちません。お金をドブに捨てるようなものです。広島の原爆ドームは人間が起こしてしまった最悪の事例です。全然違います。人間の力で防ぐことが出来たのです。伝えるものが違います。このことは随分前に何回も書いています。見てください。間違っていなかったと更に確信が持てるようになりました。

トラックバックURL : https://sakana114.exblog.jp/tb/22833325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by fujitakikaku | 2016-02-11 07:00 | 藤田八束・鉄道研究会 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku