人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

胡宮神社の歴史と紅葉「血染めのもみじ」の美しさ、織田信長と浅井長政の悲惨な戦い胡宮神社にその歴史

胡宮神社の歴史と紅葉「血染めのもみじ」の美しさ、織田信長と浅井長政の悲惨な戦い胡宮神社にその歴史


紅葉最高の季節に胡宮神社へ参拝しました。燃えるよな真っ赤な紅葉が本当に綺麗でした。

胡宮神社のHPに次のように紹介されていました。
「胡宮神社は敏達天皇の勅願とも言われ、多賀二座の一とも伝えられ、古くは青龍山頂の「磐座」崇拝にその起源をなしており、鎌倉時代には、天台宗敏満寺の鎮護の神として栄えた。48伽藍120坊の規模があり、浅井長政・織田信長の焼き討ちにあって衰退したが、1638年徳川家光により造営され復興を遂げた。三軒社流造りの県指定文化財。 山腹には無数の石仏谷(国指定文化財)があり、それを下ると広大な宿坊舎跡が確認される。」と紹介されています。
所在地:滋賀県犬上郡多賀町
JR彦根駅から近江鉄道に乗り換え、多賀大社前駅が終点でここで降ります。歩くとちょっと遠いです。行かれる場合は途中にこれまた素晴らしい多賀神社があります。ここによってから行くといいと思います。
タクシーで先ず先に胡宮神社を参拝し、帰りに多賀神社によられるといいと思います。そうするとタクシーで胡宮神社まで行かれることをお奨めします。歩くのにはちょっと遠いです。帰りは徒歩でいいと思います。
d0181492_17193249.jpg
d0181492_17195356.jpg
d0181492_17201031.jpg

しかし、そこに語られる歴史には戦国武将の激しい戦いの後が残されていました。この紅葉は「血ぞめのもみじ」と呼ばれています。織田信長がこのお寺を焼き払ったときにその武将たちの血で紅葉が真っ赤に染まったと言い伝えられています。その赤い紅葉は見事な赤さでした。紅葉の葉っぱの形も大きく、特徴ある形をしていました。
d0181492_17205131.jpg
d0181492_1721813.jpg
d0181492_17212316.jpg
d0181492_17214453.jpg
d0181492_1722865.jpg
d0181492_17222562.jpg
d0181492_17224573.jpg
d0181492_1723633.jpg

美しい紅葉の中に戦国の悲しい歴史が刻まれています。私たちはこの遺産を大切にして後世に伝えていかなければなりません。日本の平和は試行錯誤しながら築かれていったことが本当によく分かります。
d0181492_1724766.jpg
d0181492_17243656.jpg
d0181492_17245429.jpg
d0181492_17251369.jpg
d0181492_17253823.jpg
d0181492_17255961.jpg
d0181492_17263964.jpg
d0181492_17261883.jpg
d0181492_17265988.jpg

美しい紅葉は戦国の激しい戦いの歴史を伝えていました。
トラックバックURL : https://sakana114.exblog.jp/tb/21411394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by fujitakikaku | 2014-12-27 09:04 | 歴史遺産神社仏閣の旅 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku