人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

小保方晴子STAP細胞式研究の進め方論文の書き方、路面電車と観光事業くまモンも参加

小保方晴子STAP細胞式研究の進め方論文の書き方、路面電車と観光事業くまモンも参加

②STAP細胞研究論文から学ぶこと・・・・・2/4
論文の書き方・論文の読み方、
卒業論文のレベルでも、研究テーマの選定には時間をかけます。過去の研究者の業績を文献で確認する。学会の現状を把握し、同じ内容の、類似の研究をしている研究者と所属を調べる。研究計画を立てる。目的を確認してから、先生方の指導を受ける中で研究をする。途中経過は研究室で発表し、学内で発表し、学会へと望む。
そして、評価を受けて論文投稿に挑戦します。投稿してからも委員会の先生方からも指導を受けました。
こうした経過をたどって一つの論文として掲載されることになります。その間には多くの先生からもアドバイスを受けます。だから論文には最後に謝辞を書きます。研究は必ず指導者がいます。共同研究者がいます。そのユニットは論文の初めに掲載しています。一番初めの記名者がこの論文の実行責任者です。今回のように小保方さんだけが問題になることが常識的には考えられません。同じ研究室で、検討しながら研究は進められると思います。ねつ造改ざんがあったとしたら、ユニット全体で実行したことになりませんかね。一般的に一人ではできないはずです。また、そんなことを最高の教育を受けた日本人がいるなど全く考えられません。

ゆるキャラについて研究していますが、可愛いしぐさ、動きの切れ・・・とっても大切だと思います。熊本にもいくつかあります。くまモンは有名になりすぎましたがまだいますよ。
d0181492_2126821.jpg
d0181492_21254358.jpg
d0181492_21252774.jpg
d0181492_2125217.jpg

路面電車のラッピングはとってもいい感じです。観光事業にもつながっています。(熊本にて・・・・)
トラックバックURL : https://sakana114.exblog.jp/tb/20709072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by fujitakikaku | 2014-05-15 21:35 | 元気をくれる町、元気の欲しい町 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku