人気ブログランキング |

藤田八束の日記

sakana114.exblog.jp

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/

広島市中学校で食中毒発生デリバリー給食が原因、猛威を振るう恐怖のノロウイルスとその画期的対応策

広島の中学校で食中毒発生原因はノロウイルスか、猛威を振るう恐怖のノロウイルスとその画期的決定的対応策、恐怖のノロウイルス汚染と対策

広島の中学校で食中毒発生原因はノロウイルスか?
1/25NHKニュース放送で全国に向けて報道されていました。
d0181492_1811842.jpg
d0181492_18112433.jpg


広島市立の中学校で集団食中毒が発生、大量の食中毒患者が発生しています。原因はデリバリー給食である弁当を喫食したことが原因のようです。詳しい調査は広島市保健所で対応されているようです。
一般的にはこの寒い季節に食中毒というのは考えにくいのですが、ここ数年の食中毒発生件数の傾向を調べてみますと寒い冬場に発生する事例が急激に増えてきています。それも原因はウイルス、ノロウイルスによるものが多く発生しています。これまでの原因が腸炎ビブリオ、病原生大腸菌、サルモネラ属菌等のように細菌性のものが多かったのですが・・・。
食中毒発生に大きな違いがあります。それは次の事です。
①細菌性の食中毒の場合は食品中で細菌が増殖することで、その増殖した食品を食べてしまうことで食中毒にかかってしまうということです。発熱を伴った激しい下痢と嘔吐を発症します。
汚染した食品が高い温度の条件に放置されることが原因です。従って寒い時期でなく、温かい季節に原因となります。
②ノロウイルスの場合は汚染した食品を喫食したことでそのノロウイルスが体内(腸管)で感染し、増殖することで食中毒にかかってしまいます。発熱を伴った激しい下痢と嘔吐を発症します。
人間の体内で感染、増殖することから発症することから、食品に汚染していないこと。そして、身体の免疫が低下していないことが重要になります。
寒い時期は免疫力も低下します。感染しやすくなります。こうしたことから冬場にノロウイルスによる食中毒の原因が多くなります。

ノロウイルスによる僅かな汚染の食品でも、体内に侵入し、腸管で感染することで発症することになります。

原料にすでに汚染していたか、調理の過程で二次汚染したか、いずれかが原因ですが早期に汚染源が分かることが今後の防止対策には重要となります。一日も早い患者の皆様の回復と一日も早い汚染源究明が待たれます。

追加:とくに感染拡大の防止方法の
トラックバックURL : https://sakana114.exblog.jp/tb/20275555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by fujitakikaku | 2014-01-25 18:10 | 食中毒・食品事故 | Trackback | Comments(0)

フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/


by fujitakikaku