フジタ企画社長藤田八束が、出張先等で出会った素敵な景色やお宿を、趣味の写真満載でご紹介。HPはhttp://www.fujitakikaku.co.jp/
by fujitakikaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
気仙沼
北海道
青森
岩手
仙台
お勧め
スポーツ

飛行機・空港
京阪神
九州

四季の可愛い花
東北大震災・気仙沼
気仙沼水産関係の皆様へ
森進一さんのモニュメント
頑張れ東北!!
頑張れ気仙沼!!
大震災復興への応援
東日本大震災からの復興
夏の甲子園から
元気をくれる町
全日空便の旅
JALの旅
素敵な街、神戸
日本経済活性化計画
阪神競馬場
星空の素晴らしさ
気仙沼の街づくり
神戸、ハーブ園
素晴らしい京都の秋
近畿の秋、紅葉を迎えて
気仙沼、三陸の復旧と復興
優良食品工場紹介
北海道・標津町
藤田八束の素敵なお話
日本の未来、若者たち頑張れ
阪急沿線、神社・お寺
龍年、年頭にあたって
藤田八束、阪急電車の中で
阪神淡路大震災から17年
楽しい釣り日記
パワーリフテイング
素敵な阪急電車
私のHPからのお礼
電鉄、鉄道、廃線、頑張れ鉄道
気仙沼の復興を願って①
素晴らしい夕日、夕焼け
出雲の神様
青森県むつ市、下北半島
元気をもらえる甲子園球場
花のある町、そして鉄道
遺産の旅・お城
楽しみなお弁当
元気な九州・博多の街
お洒落で素敵な花園
素敵な料理、居酒屋、レストラン
頑張れ石巻!!
素敵な学校、自慢の学校
頑張れ若者達
素敵な博多のまち
夏バテはこれで解決!!
国の仕組みを変えてる
私もできる楽しい食事
感動の映画、映画は素晴らしい
季節の素晴らしさ・秋
元気な日本を創る
元気な商店街、頑張れ商店街!!
小樽運河の鮭
地域HACCPの町
世界の平和を願って
子供は国の宝です
国の仕組みを変える
日本を元気にする路面電車
日本のクリスマス
日本の伝統食品
藤田八束の安倍新政権に期待
ノロウイルス対策の決定的方法
藤田八束茂木経済産業大臣に期待
リサとガスパール展
巳年の年頭にあたつて
大阪駅都市計画
日本文化歴史遺産の旅
病原性大腸菌0157防止対策
賢いお母さんのための料理講座
食べ物は最高
美しい日の出と夕焼け
素敵な春の訪れ
気仙沼市地域HACCP復興計画
陸前高田の復興計画提案
素晴らしい日本の春
藤田八束・大好きな鉄道の旅
お寿司、弁当の美味しさ
新入社員教育
自然災害対応策
大阪の街、ちんちん電車
電車に乗って歴史を訪ねる
頑張れ阪神タイガース
安倍総理頑張れ!!支持します
お城、素敵な城下町
日本の祭り、素晴らしい文化
藤田八束・鉄道研究会
藤田八束・庭の花研究会
藤田八束・大学研究会
世界遺産と富士山
美味しい食品を賢くゲット
藤田八束・動物園研究会
藤田八束・お弁当研究会
原発問題研究会
北海道の初夏
藤田八束・素敵な飛行機
熱闘甲子園頑張れタイガース
楽しいゆるキャラ君たち
空港のおみやげ品
ゆるキャラと経済活性、ビジネス
おめでとう、イチロー選手
藤田八束・空港売り場研究会
2020年東京オリンピック
楽天イーグルス田中将大投手
宇宙開発
:py1j
目黒のさんま
気仙沼復興の姿
頑張れ!!維新の会橋下徹代表
輝く日本のアスリート
くまモンと熊本観光
頑張れ遠藤関
今日の新聞・報道から
楽天イーグルス優勝!!
日本の観光事業
素敵な仲間たち
日本の賢者たち
藤田八束 日本の秋
神戸の町
京都の秋
食中毒・食品事故
ウイルス対策
ソチ冬季オリンピック
日本の政治
日本の若者を育てる
歴史遺産神社仏閣の旅
地方創生
紅葉と素敵な日本の秋
阪神淡路大震災
藤田八束博士号・学会賞授与
災害対策と復興方法
熊本頑張れ!!
頑張れ熊本!!
以前の記事
最新のコメント
検索
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
by fujitakikaku | 2016-07-03 06:58 | 食中毒・食品事故 | Trackback | Comments(0)

尼崎の焼き鳥屋さんで食中毒が発生・・・カンピロバクターが原因

尼崎の焼き鳥屋さんで食中毒が発生・・・カンピロバクターが原因

梅雨のシーズン、じめじめとしていて高温、高温多湿の日本はこの時期食中毒に気を付けないといけません。
6月29日朝日新聞・朝刊で「尼崎の焼き鳥店 食中毒症状9人」の記事が掲載されていました。
お医者さん看護師さんたちが同店で鶏肝や鶏肉の刺身を食べたのが原因ではないかということでした。原因はカンピロバクターが貨車の便から検出されたと記載されていました。
できるなら生食は避けたいのがこの季節ですが、生ビールなどにはこうした生食がまたいいんですよね。加工業者(提供者)に食の安全の知識が必要だと思います。
食の安全は健康維持に最も大切なことです。
by fujitakikaku | 2016-07-02 06:58 | 食中毒・食品事故 | Trackback | Comments(0)

腸管出血性大腸菌0157による食中毒防止及び感染予防に「亜塩素酸水」開発される!!

腸管出血性大腸菌0157による食中毒防止及び感染予防に「亜塩素酸水」開発される!!

今年の猛暑は多くの人の体力を消耗しました。こんな年は秋口以降、食中毒に気を付けてください。特に食品加工業者の方は衛生管理に気を付け、加工食品を造るのに加熱処理ができない場合、原料に付着している食中毒菌の殺菌処理は非常に重要になってきます。
ここで紹介します殺菌料は、食品に付着しいる食中毒細菌を殺菌する殺菌処理を目的として開発された殺菌料です。
食品添加物殺菌料「亜塩素酸水」として厚生労働省より認可を受けた画期的なものです。ご検討をお勧めします。
本殺菌剤の開発に関与してきましたのでご紹介しておきます。

鹿児島市内を走る路面電車です。素敵な雰囲気を作り出していました。
d0181492_14545840.jpg

by fujitakikaku | 2014-08-14 15:59 | 食中毒・食品事故 | Trackback | Comments(0)

食中毒から子供たちを守る殺菌料「亜塩素酸水」の開発、冷やしキュウリに食中毒病原性大腸菌の脅威

食中毒から子供たちを守る殺菌料「亜塩素酸水」の開発、冷やしキュウリに食中毒病原性大腸菌の脅威

静岡市葵区で7月26日開催された花火大会で、露店で売られていた冷やしキュウリを食べたお客様が食中毒にかかり、その規模はここ10年間に見られたもので最大だという。原因は腸管出血性大腸菌0157だそうです。
子供たちに後遺症が残らないか心配です。患者数は449人に達したと聞いています。感染源を調べているが調理した人からも検出されていないようです。
問題は農産物であり、畑で栽培されているキュウリそのものに汚染していたと考えた方がいいと思います。
根本対策としては原料には汚染しているものとして対応します。その殺菌には食品添加物殺菌料「亜塩素酸水」をお勧めします。本殺菌料は野菜の殺菌料として開発されたものでもあり、腸管出血性大腸菌0157に対して素晴らしい殺菌効果が有ります。是非興味のある方は検討してみてはどうでしょうか。厚生労働省から新規に殺菌料として許可を受けたばかりです。殺菌料として食中毒防止の手段として期待されています。
昨年は北海道で、浅漬けで同じ腸管出血性大腸菌0157食中毒が発生し、可愛い命が亡くなっています。悲劇は決して繰り返してはいけないし、知識の無さが人を不幸にしないように努力、研鑽はされるべきです。美味しは勿論、その上に安全であることの検証を常にしておくことが大切です。京都の町でこの猛暑・・・・観光のお客様が冷やしキュウリを美味しそうに食べておられます。食の安全対策は万全でしょうか、観光地には特に大切です。

ローカル駅で電車を待っていました。かわいい電車が入ってきましたので写真撮っちゃいました。青い森鉄道です。(青森県 青い森鉄道 北高岩駅にて・・・ )
d0181492_10412527.jpg
d0181492_10414970.jpg
d0181492_1042611.jpg
d0181492_10423281.jpg

緑いっぱいの田園の中を青い森鉄道の電車が走っていました。美しすぎます。とってもグーな情景に感動しました。(青森県 青い森鉄道 八戸にて・・・ )
by fujitakikaku | 2014-08-12 10:35 | 食中毒・食品事故 | Trackback | Comments(0)

恐怖の腸管出血性大腸菌0157冷やしキュウリで食中毒、腸管出血性大腸菌0157を殺菌する「亜塩素酸水」開発

恐怖の腸管出血性大腸菌0157冷やしキュウリで食中毒、腸管出血性大腸菌0157を殺菌する殺菌剤「亜塩素酸水」開発される

花火大会で屋台の冷やしキュウリを食べた500人近い人が食中毒にかかり、入院したことを知りました。折角の花火大会が恐怖の花火大会になってしまいました。原因究明がされていますが、まだ明らかになっていません。関係者の検便を行っても検出されないようです。

この類の食中毒は原料にすでに付着していたと考えるべきでしょう。キュウリは畑で栽培されます。畑には肥料を与えます。肥料には動物の排泄物、発酵肥料も使うと思います。最近は化学肥料を控えます。こう考えると動物、とくに牛からの発酵肥料は腸管出血性大腸菌0157の汚染源と考えるべきでしょう。

キュウリに栽培中に付着しています。それを洗って一夜漬けにして冷やし食べます。どこにも殺菌の工程がありません。

昨年も北海道で同じ腸管出血性大腸菌0157による食中毒が浅漬けで起こり、死亡者が出ています。厚生労働省は浅漬け製造時の殺菌処理の必要性を指導しています。その中に食品添加物殺菌料「亜塩素酸水」が掲載されていることをご存じでしょうか。

原料には食中毒細菌が汚染しているものだと考えて、加工することが絶対に重要です。水洗いだけでは除去できないと事を知っておいてください。

この機会にご紹介しておきます。この殺菌剤は三慶グルーブが開発し、食品添加物殺菌料「亜塩素酸水」として厚生労働省から新規認可を受けたものです。関係する食品加工業者の方は検討されることをお勧めします。

本殺菌料の開発には私も関与いたしました。素晴らしい殺菌料としてお勧めいたします。



八戸駅を貨物列車が元気に通過していきました。沢山の荷物をしっかりと抱いていました。
d0181492_5455872.jpg

d0181492_5464898.jpg

d0181492_5462577.jpg

by fujitakikaku | 2014-08-10 22:26 | 食中毒・食品事故 | Trackback | Comments(0)

アクリフーズ事件農薬混入犯懲役3年6か月の判決、食の安全は確保と再発防止策に疑問

アクリフーズ事件農薬混入犯懲役36か月の判決、食の安全は確保と再発防止策に疑問
d0181492_050878.jpg


冷凍食品に農薬を混入させた従業員がいた。回収に遅れ健康障害を受けた犠牲者も出た。

会社は再発防止策を第三者委員会に委託、そしてその対応策を確立したという。監視カメラ5台から150台に増やし、製造ラインに人が近づくと警報が鳴る感知器を設置するなどの対応をとったという。「日本で最高水準の食品防御」と評価している。という新聞の記事で見ました。

なんかおかしくありませんか、事件というのはなぜ事件が起きるような会社であったかが問題だと思います。犯人は犯罪を起こすために知恵を絞ります。防御策はないと思います。

犯人となるものはその上を行きます。恨みつらみが強ければ強いほどです。人間が関与する限り、その会社の生き方に変わりがない限り再発防止など存在しないと思います。いよいよ従業員は信用できない。万全の防御策を講じました。と言われた瞬間に従業員はいくところがあればよその会社に移ると思います。しょせん人間がやること。従業員のご機嫌をとって、果ては従業員を無くし、解雇し、全員ロボットで作りたいと考える経営者である以上、正しい安全な食品はつれないと思います。なんかおかしいと思います。

食品は元来お母さんが家族のために作るものです。家族の健康と幸せのためにです。その精神が加工施設にないことが最大の欠陥だと思います。食品以外のものを作る工場へ転換したほうがいいとおもいます。食の安全とはその食べ物から明日の喜びと幸せを感じられることではないでしょうか。どう考えてもおかしいと思います。国民の皆様はどう受け止められルのでしょうか。

こんな会社を応援しますか。


d0181492_195463.jpg




by fujitakikaku | 2014-08-08 23:36 | 食中毒・食品事故 | Trackback | Comments(0)

危険な食品中国襲来、中国上海の「上海福喜食品」から日本に輸入、食品テロの危険性日本の食卓危機

危険な食品中国から襲来中国上海の「上海福喜食品」から日本に輸入、食品テロの危険性と日本の食卓危機

d0181492_1164834.jpg

食事のときは最高の幸せの時でもあります。なのにこんな時代なんでしょうか。食べ物は身近にあるべきですね。

今回の事件は輸入食品に対する危険性の問題を露呈したと思います。又、業務用の場合、皿に盛りつけられて出される場合が多く、産地、原料組成、添加物の種類など表示がお客様にはまったくわかりません。そこが最も危ないところです。スーパーや百貨店で購入する場合は表示があります。これを偽装するわけにはいきません。
消費者はこれを確認して購入することが出来ます。でも、外食産業ではそれが出来ません。出されたものを食べることになります。
こうした仕組みが利益を追う会社の最大の戦略となっていきます。利益を出すにはどうするのか、往々にして間違いを起こすのが、「国産だから高い、輸入品は安い。」そう思い込んでいる消費者に問題があります。高い原因は何かを考えてみることです。直ぐに人件費が上がってきます。そこが売る側のもっとも営業戦略として目を付けるところです。食品の原価は殆どが原材料費です。そして、次いで流通・輸送コストです。人件費はさほど影響しません。
原材料費が利益に直結します。今回の問題では肉の値段ですよね。・・・・・・・結果今の事故につながります。
安い理由、高い理由・・・・・賢い消費者になりましょう。
食品は本来家庭で作るものです。それを第三者が作るわけですから、信頼できる人にお願いすることではないでしょうか。「買ってあげている」という考えはやめましょう。感謝しながら購入しましょう。とっても大切なことだと思います。食の基本となります。
by fujitakikaku | 2014-07-28 01:15 | 食中毒・食品事故 | Trackback | Comments(0)